« ゲームで子育て「ダンボール戦機」 | トップページ | 安くて野蛮でやたら旨い「檀流クッキング」 »

食べることは、色っぽい「飲食男女」

 みだらで、せつなくて、うまそうな掌編たち。

飲食男女 食べること、味わうことは、なにも「食」に限らない。「食べる」「味わう」には、男と女の味がする。「食」も「色」も同じショク、食事も色事も同じ事か。男と女の艶話に、食にまつわる伏線が、張られ絡まれ回収される。

 少年時代の甘酸っぱさは「ジャム」に注がれるレモン汁に象徴され、性春のひたむきな欲情は、「腐った桃」の、ゾッとするくらい甘い匂いに代替され、酸いも甘いもかぎわけた行く末は、「おでん」の旨みに引き寄せられる。同時に、イチゴジャムに喩えられた血潮の鮮烈なイメージや、山茱萸にべっとり濡れた唇が「あたし、いまオシッコしてるんだ」とつぶやく様は、いつまでも読み手につきまとって離れないだろう。

 ありそでなさげな、でもひょっとしたら…というポリウレタン的寸止め感覚にぞくぞくする。ファイト一発的な青い性よりも、(書き手の年齢からくるのか)ちょっと疲れた年齢の、それでもやめることができない色話が多め。ハルキのように寝たがる女たちと、チェホフのように深刻な関係に陥る、困った男たち。

 一頁目でガツンと犯られろ。信じるか、信じないか。

ぼくは、女の人のもう一つの唇が物を言うのを聞いたことがある。ずいぶん昔のことだが、ほんとうの話である―――
 虚実の境目を探すのが面白いし、さらに、虚を自分の体験や妄想で上書き保存すると、さらに愉しい。

 「桃狂い」と「とろろ芋」が秀逸だ。食べるものが、ストーリーにも、行為にも、ダイレクトに絡んでくる。危ないのは、「桃の匂い」「とろろの痒み」を自分の記憶として上書きしてしまうこと。次に実際に桃やとろろが出てきたときに平静でいられるか。メタファーが経験に影響してくる。

 「色」のアイテムとしての「食」は、メタファーとしても使える。古くて申し訳ないが、映画「ナインハーフ」の目隠し冷蔵庫プレイを思い出す。フルーツの fresh と 果肉と肉欲の flesh と、あまり知らない相手との新鮮なセックスを、"掛けて"いたのだろう―――いまさらながら、思い当たる。

 さらに、開高健の作品を思い出す(夏の闇か?)。行為の前に、よく熟したオレンジを一果、半分に切って、そこに振り掛けるとよろしいそうな。体液と混ざると、たまらなく良い芳香を放ち、むしゃぶりつきたくなるらしい。ただ、間違ってもレモンはダメで、すえたような臭いになるそうな。

 料理と一緒、思わずやってみたくなる。危うくて美味しくて、涙の味がする読書。

|

« ゲームで子育て「ダンボール戦機」 | トップページ | 安くて野蛮でやたら旨い「檀流クッキング」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/52508575

この記事へのトラックバック一覧です: 食べることは、色っぽい「飲食男女」:

« ゲームで子育て「ダンボール戦機」 | トップページ | 安くて野蛮でやたら旨い「檀流クッキング」 »