« ジワジワ傑作「笑う警官」 | トップページ | 「読書の歴史」はスゴ本 »

少女と記憶とアイデンティティ・クライシス「少年は荒野をめざす」

 あらゆる少女マニアにオススメ。

 いわゆる澁澤的「少女マニア」を脱し、今度は父としての立場から娘を育てている。ピンで止めてガラスケースに陳列するのではなく、生きて動いて大きくなる存在だ。もう幼児ではない娘を見ていると、記憶の彼方の少女を探すのか、それとも未だ見ぬ「少女」をシミュレートすべきか、分からなくなる。

12
 そういうわたしにとって、「少女とはどんな存在か」を見える物語で示してくれる吉野朔実はありがたい。これが野郎になると、耽美とか処女性とか象徴的な語りに陥ってしまう。少女とは「女の子ども」や「処女の娘」で囲い込める存在ではない。

 もっと端的に言うなら、「少女」とは欠けた存在だ。その欠片は、世間体(親も含む)を繕うための外聞だったり、自身を安定し充足させるための何か―――才能の発露や生活基盤、"わたし"という確固たる存在そのもの―――が相当する。だから「少女」は生き難い。自分とは何か?をつかみきれないまま、世間との折り合いをつけるやり方を模索しなければならない。

 ところがオトナは放っとかない。欠けた部分に勝手に物語をあてはめたり、欲望や願望の対象としてレッテルを貼り付ける。記号化された「自己」を自分だと思い込み、愛される"条件"という矛盾に気づかぬまま状況に委ねるのが「ECCENTRICS」(レビュー)になる。いっぽう「少年は荒野をめざす」では、オトナの視線を上手にかわしながら、あやういところで「少女」にとどまろうとする。その狩野(主人公の名前だ)の奮闘が、いじらしい・かわいらしい。

34
 狩野は「少女」だ。記憶や身体の不完全性を満たして欲しい―――すなわち「愛されたい」という欲望が、呪いのようについてまわる。その欲望が、「女として」という条件付になるのなら、狩野は「少女」のままでいられるのか?意志の力で生理を止めてしまった(らしい)彼女だから、きっとやってくれるはず(笑)。しかし時は絶ち、少年はオトナになり、少女は成長する。不安定な精神と、不自由な身体に囲われて、それでも狩野は模索する。自分に足りないものを、偶然であった少年・黄味島に探そうとする。

   好きな人達の
   目に映る自分は
   自分が感じる自分より
   確かな気がした

 ここで面白く/怖くなってくるのは、普通のガール・ミーツ・ボーイでないところ。狩野がであうのは、少年というよりもむしろ、自分にそっくりの存在だ。まるで双子のように似通った二人。ここから吉野朔実の真骨頂のアイデンティティ・クライシスにひた走る。自分そっくりなら、「自分」って何よ?要らないんじゃないの?自問自答から始まり、幼年期の「自分が代わりをした兄」の記憶がちらつく。互いの瞳の中に、失った"兄である自分"を見出したり、"解放されている自分"を求める二人が手を取り合った行く末は―――「ECCENTRICS」のエンディングを想像してゾッとなる。

 いま、わたしの娘は無条件にわたしの愛を求める。わたしは無条件に愛を与える。だっこしたり、ハグしたり、その他なにやかやと世話を焼いてやる。「無条件の愛」だなんておかしな言葉だが、娘から何も期待しない。ただただ喜ぶ顔を見たいだけだ(これは息子も同じだな)。しかし、与える/得るの連鎖に満ちた生き難い世間サマと向かい合うとき、わたしの娘も、狩野と同じような居心地の悪さを感じながら、「自分」を満たそうとするのだろう。

 (娘をもつ)父親がこれ読むと、いろいろ考えさせられるね。「ECCENTRICS」で騒いでたわたしに、「それが良いならこれは?」オススメしてくれた嫁さんに、マヂで感謝。

|

« ジワジワ傑作「笑う警官」 | トップページ | 「読書の歴史」はスゴ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/50579370

この記事へのトラックバック一覧です: 少女と記憶とアイデンティティ・クライシス「少年は荒野をめざす」:

« ジワジワ傑作「笑う警官」 | トップページ | 「読書の歴史」はスゴ本 »