« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

ハードウェア・チップによるサイバー攻撃と、「ホワイト・ハウスの暗殺者」

フォーリンアフェアーズ2月号

 サイバー攻撃の常套手段といえば、マルウェア(悪意あるソフトウェア)を用いるものと思っていた。攻撃コードと防衛コードのせめぎあい、プログラマ vs プログラマの闘いのようなものを思い描いていたが、違っているようだ。

 「フォーリンアフェアーズ」2月号の、NATOの元軍事司令官によると、ハードウェア方面の防衛対策が遅れているらしい。誤動作を起こすよう欠陥を埋め込まれた集積回路が流通し、あるタイミングで「発火」する。もっとも、脅威と認識するからには上手く利用されているようだ。2007年9月のシリアへの核関連施設へのイスラエルの空爆が成功したのは、遠隔操作による監視レーダーを停止させる「キルスイッチ」が奏功したからだと報告されている。

 こうしたハードウェア・チップを用いた攻撃には、ソフトウェアと違ってパッチをあてて修復することはできない。普段は何事もなく動作しており、いざとなればテロリストに化ける、究極の「スリーパー・セル」のようなものだという。このレポートでは、はっきり「時限爆弾のようなもの」と表されている。

 数年前、IBMのパソコン事業の売却が取り沙汰される際、米政府が安全保障上の懸念を示したことを思い出す。あるいは、米政府が使用するPCやネットワーク機器を、中国から調達することに反対する動きがあった(ソース失念、The Economist だったかも)。その結着は見極めていなかったが、「安いから」というだけの理由で安易に決定していたとするならば、ここに示すようなリスクが混入していた可能性がある。

 かなり古いが、「ホワイト・ハウスの暗殺者」(ジョン・ワイズマン/1984)というミステリがある。アメリカ大統領の前で、ひとりの青年が銃を抜くという事件から始まる。青年はすぐに取り押さえられるのだが、彼の経歴は何の問題もなく、そもそもそんなことをするような人物ではなかったのだが……これは某国で洗脳された冬眠テロリストの例だが、ロボットのように、スイッチのように人格を切り替えられている。

 ハードウェア・チップとしての「トロイの木馬」は、存在するだろう。しかし、その発動は、わたしのあずかり知らぬところ。最悪のタイミングで、何かが誤動作したり、あるいは全く動かなかったという"故障"が起きる。仮にその結果が報道されるとするならば、それは"事故"として扱われるに違いない。

 レポートではインフラを多様化させてリスク管理せよと強調する一方で、防衛はソフトウェア側よりも難しいと結論付けている。「ホワイトハウスの暗殺者」はもちろんフィクションだ。しかし、これだけ"懸念"がおおっぴらに議論されているところ見ると、「木馬」はすでに展開されているのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ハタチのわたしに読ませたい「うらおもて人生録」

 憎悪と劣等感のカタマリだった、昔のわたしに読ませたい。

うらおもて人生録 雀聖・阿佐田哲也が、人生のセオリーを語りかける。裏街道で修羅場をくぐった人だけに、どんな厳しい箴言があるやと恐る恐る読むのだが、あたたかい、やさしいまなざしに満ちている。

 たとえば、ばくち打ちを例に挙げて、「勝てばいい、これは下郎の生き方なんだな」と断ずる。自分だって博徒だったのに、と当然のごとくツッコミ入れたくなるのだが、ここは逆に考えてみる。博徒だったからこそ、鉄火場で生きのびたからこそ、そう言い切れるんだ。そして、「勝てばいい」下郎のロジックを推し進めた場合、どんな運命が待っているか、淡々と伝えてくれる。目先の勝ち負けに踊らされる下郎だった、20代の"わたし"に読ませたい。

 あるいは、優れた企画なのに通らないといって嘆く友人に、「それは貴方が、ただで説得しようとするからじゃないか」とアドバイスする。この「ただで」が肝心で、企画の善し悪しは関係がなく、「いいものだから納得しろ」というやり方では絶対うまくいかない。ここはいったん相手にリード点を贈って、動いてもらうよう"演技"せよというのだ。要するに「もちつもたれつ」なのだが、同じ事を、あるコンサルタントが理論化している [影響力の法則]

 もう手遅れかもしれないが、それでも実践してみようと思ったのは、「欠点」の件。よく、「長所を伸ばせ」とか「短所をなおせ」とか言われるが、そうではない。若いうちから意識的に守り育て、適当で洗練された欠点を持て、というのだ。「生きにくくてなやむくらいでちょうどいい、その欠点を自分でつかんで飼っていないとね」という言葉にはハッとさせられる。良いことと悪いことは表裏であるとか、禍福はあざなえる縄とか、そんなことは知っている。だが、それを自分の人生にどう活かすか、ということに、ついぞ気が回っていなかった。

 こういう「つぼ」のようなものは、なかなか言ってもらえないもの。親子なら気恥ずかしさや上から目線が邪魔をするだろうし、上司部下だと立場が屈託して伝えづらい。この本を読むことは、行き付けの飲み屋の常連さんと、ふと親しくなって教えてもらうようなものだ。ましてや、どこかの自己啓発本に太字で書いてあるわけがない。言葉で伝えることが難しいことを、経験談や相手の応答を測りつつ、一対一で、手渡すもの。

 著者が伝えたいことを「まとめ」るのは、それこそ簡単なこと。西部邁の解説を読めばいい。でも違うんだな、サマリだけで分かることはできない。相手の経験と、自分の経験を照らし合わせながら、納得できるところ、できないところ、分からないところをコツコツ拾い上げるんだ。西部解説とわたしが反応したところが、かなり合ってて、ちょっと可笑しかった。たとえば、このあたり。

魅力とは、自分が生きているということを、大勢の人が、なんとか、許してくれるようにさせるような力量のこと。勝ちも負けもどこかに魅力がないと駄目だ。人がなんらかの意味で許し認めてくれるようなものでないとね。

原理原則は愛嬌のないものだと知りつつ、わかる、ってことは、どういうことかというと、反射的にそのように身体が動くってことなんだ

当たり前のことを憶えるためには、大勢に関心を持ち、白紙の状態に還って、あらゆるものの下につくが、そのかわり、ひたすら眺めている(博打でいう見[けん]の状態)。そしてなによりも、大勢を好きになることで、自分の感性の枠を広げろ
 これは読み手の年齢というか、経験値によって反応するところが違ってくるのではないか、という気になってくる。20代の"わたし"だと絶対にピンとこなかっただろうが、いま読んでハッとさせられた文の最たるものがこれ。いくつか線引きをしたので、未来の読み返しが楽しみだ。
生きている、というだけで、すでになにがしかの運を使っているんだな
 本書を知ったのは、[finalventの日記2009-09-10]より。finalventさん、ありがとうございます。おかげで良い本にめぐりあえました。変わるというより、意識して効いてくる、それも後になって分かってくるような感覚です。


| | コメント (7) | トラックバック (1)

ちょっと昔へ「写真で読む世界の戦後60年」

 地続きの歴史を体験する写真群。

写真で読む世界の戦後60年 「マグナム・フォト」[MagnumPhotos]をご存知だろうか?ロバート・キャパが創設したフォトジャーナリストの多国籍集団で、写真史に残る名作を数多く発表している。もうすぐ休刊する新潮社のクオリティ・ペーパー「フォーサイト」の表紙を飾る写真といえばピンとくるかもしれない。その膨大な作品群から300点を選りすぐった戦後60年史がこれだ。

 もちろん、オレンジ革命や9.11など、いわゆる「歴史の瞬間」を切り取った写真もある。しかし、ジャーナリスティックなものよりもむしろ、その場のスナップ、いわば「時代の空気」を吸い取った映像の方が多い。それぞれの写真には短いコメントやメッセージが添えられており、膾炙して手垢にまみれたセリフもあれば、初めてお目にかかるのにドキっとさせられるものもある。

 たとえば、「人間、二人に一人は女である」あたりがそう。「人類の半分は女」もいっしょだろう。これは、ウーマンリブ運動華やかなりしころのスローガンだったそうな。気勢を上げる女性陣に、「国際婦人年」のキャッチが入っている(1975)。

 隔世の感をいや増すジミー・カーターの言葉もある。レンガぐらいの携帯電話とゲームボーイ(初期型)を操るカップルの写真に、こうキャプションがつく。「グローバリゼーションは結構だが、インターネットや携帯電話やコンピューターは、地球の半分にとってはかかわりのないものだ」――1998年ごろの言葉とあるが、ケータイ電話もゲームもすっかり様変わりしてしまった。

 あるいは逆に、時の波に洗われてない、変わらなさにガクゼンとするのもある。スペースシャトル・コロンビア号が初飛行したのは、なんと1979年なのだ。どんどん改良されているのだろうが、当時の"最先端の設計"で、今でも飛んでいるのだ。

 また、たしかに同じ時代を生きたはずなのに、記憶がない出来事を知った。ボーパールの大惨事(1984.12.2)だ。インドのボーパールで史上最悪の事故で、殺虫剤工場で爆発し、イソシアン酸塩メチル40トンが街に流出、3万人が死亡し、多くの住民が後遺症と障害を負ったのだ。アメリカの多国籍企業、ダウ・ケミカルはいまなお、この未曾有の人的・環境被害に対する賠償を求められている。チェルノブイリ(1986.4.26)が強烈すぎて霞んでしまったのだろうか。

揺れ動く世界 時代を活写した写真集なら、「世界を変えた100日」[参照]や「揺れ動く世界」[参照]を紹介したことがあるが、これらはどちらかというと、ジャーナリスティック寄りを狙っている。決定的瞬間や記憶に残す構図を目指し、"出来事"を残そうという意図が透けている。いっぽう本書では、「あんな時代もあったね」という"思い出"を残そうとしているように見える。決して笑って話すことはできないが、過去を思い出すための手段として使いたい。

 報道写真のマグナムが過去と決別し、キャパ作品など20世紀の歴史的写真を売却したというニュースがある2010年2月5日AFP。キャパの代表作となったスペイン内線や第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦の写真も、地続きの歴史として鑑賞できるようになるに違いない。ドッグ・イヤー、いや、マウス・イヤーと呼ばれる現代、過去をどんどん失われたもの、「亡きもの」にしていく風にあらがって、同じ空気、同じ場所であることを取り戻す。

 昔と今は、たしかにつながっていることを実感させてくれる一冊。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »