« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »

「本が売れない」ホントの理由を知るための三冊

 本が売れなくなったのは、若者の読書離れのせい――そんなバカな!と調べたことがある。結果は真逆で、若い人ほど本を読むし、40年前の若者よりも、最近の若者の方が読んでいることが分かった。特にアサドク(朝の読書)のおかげで、学生の読書率はめざましい。しかし「本が売れない」ことは事実のようだ。というか、出版業界そのものが危ないらしい。本当なの?

本の現場 「本の現場」は、この疑問に対して、ファクトベースでずばり答えている。ここ30年で書籍の出版点数は4倍になったが、販売金額は2倍程度だという。ということは、つまり一点あたりの販売金額は、ここ30年で半分になったといえる。これが「本が売れない」の正体で、さらに、売れなかった分を帳簿上で相殺していくカラクリも明らかにする。新刊洪水は、起こるべくして起こっていることが分かる。需要は変わっていない、ただ供給過多に陥っているだけなんだ。

 詳細はここ→「本の現場」はスゴ本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本 「本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本」では、本との出合い方を再考させられるアイディアが盛りだくさんとある。「中身を見せない本」が強烈で、クラフト紙で本が包装され、中身はおろかタイトルすら見えない。包装紙に印刷された引用を頼りに選ぶ、一期一会な感覚が新鮮だ。あるいは、「手にした人に自由に書き込んでもらう本」も面白い。書き込みは本の価値を下げることへのアンチテーゼがビジネスアイディアなのだ。本は、決して「その中に書き込まれた何か」だけに限らず、本というオブジェクトであることに気づくべし。

 詳細はここ→「本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本」がスゴい

新世紀メディア論 「新世紀メディア論」はもっと過激で、紙メディアとウェブメディアをまたにかけたプロデュースの仕掛けが見えてくる。これからは、サンデー・ブロガーやパートタイム・パブリッシャーが、本業とは別にメディアを運営することになるという。しゃかりきに稼がなくても、副業として「趣味や嗜みの発表の場」としてのメディア=出版なのだ。「誰でもメディア」になれるこの状況が、メディアのデフレーションを招いているのかもしれない。

 詳細はここ→「新世紀メディア論」に触発される

 出版が危ないというよりもむしろ、「出版」という言葉を再定義する必要があるのかも。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

タバコとコドモ

 タバコ礼賛の批判を受け、販売中止になった児童書について。結論は次の通り。販売中止はやりすぎ。タバコを子どもから隠したってタバコそのものは無くならないから。むしろ、子どもとタバコについて話し合うきっかけにしたい。

 わたし自身、ヘビースモーカーから卒煙したこともあって、「吸う権利」と「嫌煙権」のどちらの意見も耳に痛い。おたがい配慮しあっていけたらいいのにと願うのだが、「禁煙ファシズム」 などの先鋭化した言説が飛び交っている。なかでも、タバコ礼賛の表現が不適切だとの指摘により、販売中止になった児童書がある。「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」という。これは喫煙礼賛のプロパガンダであり、健康被害の配慮に欠けるものだという主張があったようだ。福音館書店の「おしらせ」にはこうある[URL]

喫煙による健康被害と受動喫煙の害についての認識が足りず、このような表現をとってしまったことは、子どもの本の出版社として配慮に欠けるものでした。深くお詫び申し上げます。つきましては、「たくさんのふしぎ」2010年2月号『おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり』の販売を中止いたします。

 喫煙シーンは幾度もある……というより、パイプをくわえた姿がデフォルトなんだ。だから、「おじいちゃん」を描くと、どうしてもタバコが出てくる。坊主憎けりゃ式で、「子どもが読む本にタバコを堂々と描くなんて……」という発想になったようだ。たとえば以下のシーン。メシ食ってる横でタバコ吸うなよ!とツッコミ入れたくなる。
Tobacco1_1

「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」(太田大輔、福音館書店、2010)

 しかし、わたしには、「パイプをくわえたおじいちゃん」という一種の記号のように見える。シャーロック・ホームズにとってのパイプのように、いわゆる「アクセント」や「トレードマーク」のようなもの。「喫煙を推奨」したり、「子どもたちの受動喫煙を肯定」するような意図を読み取るには、かなり想像力を働かせないと難しい。

 確かにタバコによる健康への悪影響は否めない。少なくとも、わたしの体にとって害だった。やめたことで睡眠や食生活、ニオイや呼吸などで大きな改善が見られたから。だからといって、タバコが害だという理由でタバコを子どもから隠したからといって、タバコの害はなくならないことも事実。これは、戦争をテーマにしたゲームや、殺人事件のニュースと似ている。そうしたゲームやニュースを子どもの目から隠したからといって、戦争や殺人そのものはなくならない。わたしの場合、ゲームやニュースをきっかけに、子どもと話し合うように心がけている。

 実際、タバコを吸う姿を描いた絵本は沢山あるぞ。「分煙」なんてない時代は、今よりももっと日常的だったからね。例えば、「おじいちゃんの…」を出してる福音館書店は、こんな絵本も出している。朝いちばんに吸うタバコは、まずくてウマイのだが、そんなパパの様子を、調子をつけて歌うように語っている。
Tobacco2_2_2

「へへののもへじ」(高梨章/林明子、福音館書店、1993)

 「ペーテルおじさん」では、音楽や工作が上手なペーテルおじさんが登場する。子ども達に大人気で、異国の物語を聞かせたり、帆船をこしらえてあげたりするのだ。そんなおじさんが若いころ船乗りだった名残りとして、小道具の「パイプ」が使われている
Tobacco3_1

ペーテルおじさん(エルサ・ベスコフ、フェリシモ出版、2002)

 大御所、ピーターラビットにもある。ベンジャミン・バニーという厳格な紳士うさぎの雰囲気をかもすため、パイプとムチが使われている。受動喫煙よりも、このムチによるスパンキングのほうが問題になりそうな……
Tobacco4_1

ベンジャミン バニーのおはなし(ビアトリクス・ポター、福音館書店、2002)

 もっと豪快なやつもあるぞ。なにげない休日のおわりの、お父さんのお話。迷惑顔な子どもをよそに、タバコをふかし、鼻くそをほじり(ピンと飛ばし)、おならをする。ありきたりの休日が、どんなに大切だったかを、思い起こさせる。
Tobacco5_1

あしたは月よう日(長谷川集平、文研出版、1997)

 このように、タバコやパイプは、厳格さや成熟を示す記号として扱われたり、お父さんの臭いとして代替されている。タバコが害だからといって、「無いこと」にはできないし、「無かったこと」にもできない。嫌いなものを排除すれば、(その人にとっては)心地いいかもしれないが、好きな人もいるのだ。

 今回販売中止となった本書では、タバコのことを子どもに教える良い機会となった。わたし自身が中毒になっていたこと、やめてホントによかったこと、面白半分でも吸ってはいけないことを諄々と説いた。子どもは神妙な顔をして聴いていたが、中学・高校になったらまた話題にしてみよう。タバコは隠したってなくならないのだから。

 むしろ、わたしが「隠した」ことを真似して、子どもが「隠す」ようになることを恐れる。なぜなら、子どもは親の言うことなんて聞かないものだが、親のマネをするのは抜群に上手いのだから。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【PMP試験対策】 プロジェクトマネジメント・フレームワーク(その5)

 【PMP試験対策】は、PMBOK4版をベースに、PMP試験の傾向と対策をまとめるシリーズ。

─────────────────────────────────

 プロジェクトマネジメント・フレームワークの続き。プロダクトライフサイクル、プロジェクトライフサイクル、プロジェクトフェーズ、プロセスについて。

 プロダクト・ライフサイクルについて。製品のライサイクルだと考えればいい。新製品の開発から市場への導入、成長、成熟、衰退、そして撤退する一連のライフサイクルを、プロダクトライフサイクルと呼ぶ。プロジェクトの概念は、その中に内包される。つまり、新製品の開発という「プロジェクト」があり、市場への投入~拡大のための「プロジェクト」が存在する。

 プロジェクト・ライフサイクルについて。プロジェクトフェーズの集合を指しているが、業界・分野によって呼び名が異なる場合がある。例えば、次のプロジェクトフェーズを束ねたものが、プロジェクト・ライフサイクルと考える。建設業の場合、フィージビリティ、計画、設計、建築、引渡しとなるが、IT業界だと、設計、コーディング、テスト、インストール、引渡しとなる。

 プロジェクト・フェーズについて。成果物に着目してプロジェクトを区切った単位を、プロジェクトフェーズと呼ぶ。ひとつのフェーズの中に、次のプロジェクトマネジメントプロセスが含まれている。即ち、「立ち上げプロセス」「計画プロセス」「実行プロセス」「監視・コントロールプロセス」「終結プロセス」のこと。単独フェーズのプロジェクトもあるし、複数のフェーズによって分けられているプロジェクトもある。あるフェーズの終結が、次のフェーズのインプットとなる。注意したいのは、フェーズが分割されているからといって、線形に(リニアに)並んでいるとは限らないこと。p.21の図2-5の場合、設計フェーズと建造フェーズが重複している。設計が完全に終わっていない段階でコーディングや試験に着手することを考えると、容易に想像できるだろう。先行フェーズの完了前に後続フェーズを開始させることでスケジュールを短縮させる技法を、ファストトラッキングと呼んでいる。

 プロジェクトマネジメントプロセスについて。全体は以下の通り。

     ┌─→立ち上げプロセス
     │   ↓
     ├─→計画プロセス
     │   ↓
     ├←→実行プロセス
     │ 
     ├─→終結プロセス
     │
    監視・コントロールプロセス

 いわゆるPDCA(Plan Do Check Action)に立ち上げと終結が入っていると考えればよい。プロジェクトを立ち上げて、計画をする。計画されたものが実行され、ベースライン通りに行われているか、監視・コントロールする(Check & Action)。変更が必要な場合は実行プロセスへフィードバックされる。変更の影響範囲が大きかったり、プロジェクトそのものへの変更が必要な場合は、計画プロセスへフィードバックされる。ベースラインから大きく逸脱し、プロジェクトそのものの見直しが必要な場合は、立ち上げプロセスに戻る。全ての作業が実行されたり、プロジェクトを中止する場合は、監視・コントロールから終結プロセスへ移る。

 ここでわたしがやった間違いは、プロジェクトライフサイクルと、プロジェクトマネジメントプロセスを混同すること。「計画プロセス=設計プロセス」とか、「実行プロセス=コーディングと試験」なんて勝手に置き換えてしまったのだ。さらに、プロジェクトフェーズと混交させるとワケ分からなくなる。それぞれの関係を、一つの例として表すとこうなる。

新製品開発プロジェクト・ライフサイクル
 ┌――――――――――――――――――――
 │
 │調査フェーズ
 │  ┌―――――――――――――
 │  │   ┌─→立ち上げ
 │  │   │   ↓
 │  │   ├─→計画
 │  │   │   ↓
 │  │   ├←→実行
 │  │   │ 
 │  │   ├─→終結
 │  │   │
 │  │  監視・コントロール
 │  └―――――――――――――
 │    ↓
 │設計フェーズ
 │  ┌―――――――――――――
 │  │   ┌─→立ち上げ
 │  │   ├─  …略…
 │  │  監視・コントロール
 │  └―――――――――――――
 │    ↓
 │ 製造フェーズ
 │  ┌―――――――――――――
 │  │   ┌─→立ち上げ
 │  │   ├─  …略…
 │  │  監視・コントロール
 │  └―――――――――――――
 │    ↓
 │ 試験フェーズ
 │  ┌―――――――――――――
 │  │   ┌─→立ち上げ
 │  │   ├─  …略…
 │  │  監視・コントロール
 │  └―――――――――――――
 │    ↓
 │ 移行フェーズ
 │  ┌―――――――――――――
 │  │   ┌─→立ち上げ
 │  │   ├─  …略…
 │  │  監視・コントロール
 │  └―――――――――――――
 │
 └――――――――――――――――――――

 ただし、これは一例であることに注意。上はプロセス、フェーズ、ライフサイクルの大小関係を分かりやすく示したものであり、必ずこのようになるとは限らない。フェーズは線形ではなく重複する場合があるし(p.21)、そもそも「1プロジェクト・ライフサイクル=1プロジェクト・フェーズ」のプロジェクトだってある(p.19)。PMBOKを「巨大システム・建造物の構築」すなわち「ウォーターフォール」だと早とちりしてたのは、ほかならぬわたし。なお、プロダクトライフサイクルとの大小関係はこうなる(プロジェクトとプロダクトの「ライフサイクル」は省略)。

       プロセス⊂フェーズ⊆プロジェクト⊂プロダクト

─────────────────────────────────

PMBOK4日本語 【PMP試験対策】シリーズについて。

 ベースは、PMBOKガイド4版と、"PMP Exam Prep"、通称Rita本の2本立て。PMBOKガイドを傍らに一連のエントリを「読むだけで合格する」ようなシリーズにするつもりだ。過去の記事は、以下のリンク先が入り口となっている。PMBOKガイドの古い版が元となっているが、「PMIイズム」「PM的思考」は学べる。ぜひ参照してほしい。

   【PMP試験対策】 PMBOK2000版
   【PMP試験対策】 PMBOK3版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月7日 - 2010年2月13日 »