« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »

スゴ本オフ@ミステリ報告

 ミステリを語るのがこんなに難しいなんてッ

 12/3に麹町で実施。好きな本をもちよって、まったりアツく語り合うオフ会、今回は「ミステリ」がテーマだったのだが―――ネタバレなしでミステリを紹介するのが、こんなに難しいとは思いもよらなんだ。

 もちろん、画面に向かって独り語りする分には問題ない。ブログの読者と、紹介本の読者を想定して、どこまで出すかを線引きする。で、そのラインぎりぎりを狙って放つか、あるいは全く異なる次元で描写するといった遊び方ができる。

 しかし、面と向かって反応を確かめながらだと、線引きが難しい。しかも聞き手の中には、読んだ人が混ざっている。この、読んだ人にも未読の人にも面白く(かつネタバレなしで)語るのは苦行そのものだった。(未読の方むけの)作品の魅力にとどまらず、既読の方には「オレはこう読んだ、犯人はホントは○○じゃね?動機は…方法は…」としゃべりたいがしゃべれない。のたうちまわる。この会では「犯人はヤス」方式を採ったぞ。

 わたしが紹介したのはこの3冊、共通するのは「親殺し」

白夜行悪童日記カラマーゾフの兄弟

 「カラマーゾフ」だと犯人はヤスだということは定説(というか常識)となっているが、わたしはそうではないと考える。ヤスに教唆した人物を犯人だとすると、サイコスリラーになる。普通の犯人探し→法廷モノという展開が、whodunit をずらすだけでメタミステリを帯びてくる(あの会話がなかったら犯行はありえなかった→「あの会話」を読者が目にしなかったら……)。「白夜」と「悪童」は、なぜそんなことをしたのか(Whydunit)?に着目すると、前者は哀しく、後者はぞぞッとなる。そして、両者ともその後の人生を決定付けてしまうが、ヤスは覚悟完了の上。どちらも一気読みの徹夜本なので未読の方がうらやましい。

 皆さん、ネタバレを上手に回避しつつ、うま~く魅力を伝えている。いわゆる「王道」は少なめで、変化球を追求した作品が目立った。中でも気になったのはこの5冊。


笑う警官虐殺器官サクリファイス
11人いる洗礼

 やすゆきさんオススメの「笑う警官」は、実家の積読山に埋もれているはず。当時の琴線に掛かって入手したまんま幾年月。なつかしいのと、やはり面白いのか!との確信にて、再入手するつもり。佐々木譲氏の奴じゃなくって、スウェーデンの夫婦作家マイ・シューヴァル/ペール・シューヴァルの共著なので要注意。カネヅカさんが推した「虐殺器官」と「サクリファイス」は読もう。このブログのコメント欄やtwitterで、しつこくオススメされていたんだけど、なんとなくオチが見える読書になりそうだったので手を引いてたの。スレた目を外して洗いなおして読むつもり。「サクリファイス」については、「ミステリであり、スポ魂であり、感動モノという珍しい作品」だそうな。ずばぴたさんオススメの「11人いる!」が紹介されたので飛びつく。萩尾作品だし、SFだと思い込んでいたら、「これぞミステリ!」と断言されたので信じる。ずっと未読だった(はず)なので、これを機に読むべし。twitterから参加のぽかりさんの「洗礼」も気になる。コメント欄やはてなでオススメされたこと幾度もあるし、「楳図かずおの大傑作」といわれたら読まざるを得ない。正月読書になりそう。
1
2
3
 以下、紹介されたミステリたち。
  • 【Dain】 白夜行(東野圭吾、集英社文庫)
  • 【Dain】 悪童日記(アゴタ・クリストフ、ハヤカワepi)
  • 【Dain】 カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー、新潮文庫)
  • 【Dain】 殺戮にいたる病(我孫子武丸、講談社文庫)
  • 【やすゆき】 深夜プラス1(ギャビン・ライアル、ハヤカワミステリ)
  • 【やすゆき】 笑う警官(シューヴァル、角川文庫)
  • 【カネヅカ】 サクリファイス(近藤史恵、新潮文庫)
  • 【カネヅカ】 十角館の殺人(綾辻行人、講談社文庫)
  • 【カネヅカ】 ドグラ・マグラ(夢野久作、角川文庫)
  • 【カネヅカ】 虐殺器官(伊藤計劃、ハヤカワJA)
  • 【ゆーすけ】 鉄鼠の檻(京極夏彦、講談社文庫)
  • 【でん】 神は沈黙せず(山本弘、角川文庫)
  • 【でん】 オーディンの鴉(福田和代、朝日新聞出版)
  • 【でん】 コズミック(清涼院流水、講談社ノベルス)
  • 【まち】 彷徨う日々(スティーヴ・エリクソン、筑摩書房)
  • 【まち】 ひらいたトランプ(アガサ・クリスティ、ハヤカワ)
  • 【ようぎらす】 小さな魔女ピッキ(トーン・テレヘン、徳間書店)
  • 【ズバピタ】 告白(湊かなえ、双葉文庫)
  • 【ズバピタ】 11人いる!(萩尾望都、小学館文庫)
  • 【pocari0415】 洗礼(楳図かずお、小学館文庫)
 ずばぴたさん、twitter実況ありがとうございました。信じられないほど美味な肉まんに感謝です、ともこさん。鉄板U-streamありがとうございました、大木さん。もっとブログ等で宣伝しますね。会場を貸していただいて、感謝です、KDDI ウェブコミュニケーションズさま。セッティングありがとうございます、あべさん。主催ありがとうございます、やすゆきさん。そして、参加いただいた方、視聴いただいた方、twitterやブログで見ていただいた皆さま、感謝・感謝・感謝です。スゴ本をじゃんじゃんご紹介することで、お返しができたらと思います。

 企画をいくつか。「企画から参加したい!」という方がいらしたら、大歓迎ですぞ。企画会議という名の飲み会が待っておりまする。ふるってご参加あれ。

  • ねこ本オフ(猫と戯れつつ猫本を語る)
  • エロ本オフ(大人の、大人による、大人のためのエロス)

  • ネタバレありのミステリ(事前に本を決めておく。本が好き読書会「往復書簡」が理想)
  • スゴ本オフ@ビジネス・自己啓発書(罵倒あり/罵倒禁止)

 Ustreamの状況はこちら。

 今までのスゴ本オフはこちら。

 2010/04/07 【Book Talk Cafe】スゴ本オフ@SF編
 2010/05/14 【Book Talk Cafe】スゴ本オフ@LOVE編
 2010/07/16 【Book Talk Cafe】スゴ本オフ@夏編
 2010/08/07 スゴ本オフ@松丸本舗(7時間耐久)
 2010/08/27 【Book Talk Cafe】スゴ本オフ@BEAMS/POP編
 2010/10/20 スゴ本オフ@赤坂
 2010/10/23 スゴ本オフ@松丸本舗(セイゴォ師に直球)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

「逆光」はスゴ本

 終わるのがもったいないし、終わらせる必要もない。ずっと読んでいたい。

逆光1逆光2

 辞書並みの上下巻1600頁余から浮上してきたときの、正直な気分。読了までちょうど1ヶ月かかったけれど、この小説世界でずっと暮らしていきたい。死ぬべき人は死んでゆくが、残った人も収束しない。エピソードもガジェットも伏線もドンデンも散らかり放題のび放題(でも!)いくらでもどこまででも転がってゆく広がってゆく破天荒さよ。

 ストーリーラインをなぞる無茶はしない。舞台は1900年前後の全世界(北極と南極と地中を含む)。探検と鉄道と搾取と西部と重力と弾圧と復讐と労働組合と無政府主義と飛行船と光学兵器とテロリズムとエロとラヴとラヴクラフトばりの恐怖とエーテルとテスラとシャンバラとデ・ニーロがぴったりの悪党と砂の中のノーチラス号と明日に向かって撃てとブレードランナーと未来世紀ブラジルとデューン・砂の惑星とiPhoneみたいな最終兵器とリーマン予想とどうみてもストライクウィッチーズな少女たち(でもありえない)。

 いちお、SFちっくなガジェット―――鶴田謙二「チャイナさんの憂鬱」に出てくるようなやつ―――が満載なのでピンチョン初のSFと評する人がいるものの、これサイエンス・フィクションでも「すこし不思議」でもなく、「すげー不可思議」の略だろう。こんな奇天烈な小説は比するものがない。荒唐無稽なガジェットも疾風怒濤のエピソードも、ピンチョンが思う存分遊び倒したのが分かる。

 第一印象を一言でいうならヘビ、しかも複数のヘビが互いの尾を飲み込んでいるようなやつ。しかも、普通の一本のウロボロスではなく、しっぽや頭がいくつも分かれているnマタの多頭オロチが、何匹もからまりあって、飲み込みあっている。遠目には巨大な塊で、近寄ると蛇身がストーリーライン、ウロコの一枚一枚が輝く描写の一つ一つとなっている。「ヴァイランド」ほどではないが、それでも山ほど出てくる登場人物は、意外にこの蛇身に沿って行動するので、誰がナニか見失うことはないだろう(←ピンチョンにしてはリーダビリティが高い、といわれる所以)。

 この飲み込み/呑まれ感覚にめまいする。さっき描写していたエピソードが、今度は登場人物が読む三文小説としてカリカチュアライズされる。作中作とその読者が言葉を交わすシーンは、ずばりドン・キホーテの後編。のめりこんだ物語から顔をあげるとき、現実に息つぎするものだが、これは息つぎしようと頭を振ったらまた別のストーリーにフェード・インするようなもの。光と意識の具合で瞬時に地と図が反転する感覚。3D立体視を小説で実現させる。混ざるのでなく交じる。もつれあい、からみあう物語のダイナミズムが、そのまま前へ、上へと転がりだす。挿話と格闘していくうちに、くんずほぐれつ巻き取られる。

 転がってゆくうち、下がどこか分からなくなる。重力は一方向にしか働かないはずなのに、ここではさりげなくシカトされる。同時に時間の方向も無視される。なにげない会話の行間で知らぬ間に一晩たってたり、写真を"微分"することで過去に、"積分"することで未来を逆転させる。一葉の写真に世界を再現させる手腕は、かつてセガ・サターンでハマったMYST(ミスト)を彷彿とさせる。

 この時間軸の遡上や図地反転を意識して、つまり、逆行(ぎゃっこう)という音を考慮して原題"Agains The Day"を「逆光」と訳したそうな。原題には、いわゆる「逆光」と、も一つの意味「裁きの日に備えて」が隠されている。訳の多寡は分からんが、原著は手をだすのが無謀というもの。だから、生きてるうちに読めて幸せ。

 わたしの滅裂な妄言よりも、Pynchonwikiの「Against-The-Day」に集められた画像を眺めているほうが、イメージが湧くかと。Pynchonwikiの翻訳はtwitterにて@snowballarcさんがやってますぞ。

 いつかはピンチョン、そう言ってるうち人生終わる。だからいま読む、ピンチョンを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »