« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

松岡正剛さんオススメの劇薬小説

 読書は毒書。読んだことを後悔する、トラウマ本を正剛さんにぶつけてみた。

 10月23日、松丸本舗でお話できるチャンスがあったので、食いつく。まず、わたしの渾身の劇薬小説をリストアップし、正剛さんの反応を見る。次に、そこからオススメ本をディスカッションするという流れ。

 まずはわたしのターン!

 読んだことを後悔するような小説、読後感サイアクの作品を教えて欲しい。「期待して読んだら外れだった」ではなく、「読んだという記憶を消し去りたい」と思うくらい嫌あぁぁな気分にさせてくれるもの。不快、不愉快、気持ちわるい、吐きそう、夢に出そう、呪われそう、生きる気力が失せた……ホラー、マンガ、ノンフィクション、ジャンル不問で。そして、[この記事]をプリントアウトしたのを渡す。

  • 真・現代猟奇伝(氏賀Y太)
  • 隣の家の少女(ジャック・ケッチャム)
  • 忌中(車谷長吉)
  • 骨餓身峠死人葛(野坂昭如)
  • 城の中のイギリス人(マンディアルグ)
  • 狂鬼降臨(友成純一)
  • 児童性愛者(ヤコブ・ビリング)
  • インスマウスの影(ラヴクラフト)
  • 地獄の子守唄(日野日出志)
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件(豊田 正義)

地獄の子守唄隣の家の少女消された一家
忌中城の中のイギリス人真・現代猟奇伝

 セイゴォ師、「ほォ……」とニッコリ笑う。口もとはほころんでいるけれど眼ぇは炯炯としているからちょっと怖いよ!そして、やおらペンを取り出すと、「車谷長吉」「マンディアルグ」「ラヴクラフト」にチェックを入れる。なんだ、結構読んでるじゃないか、とつぶやく。

 松岡氏 「車谷長吉は痛いよね、『赤目四十八瀧心中未遂』は読んだ?」
 わたし 「いえ、まだです。覚悟キめて読むつもりです」
 松岡氏 「では、コンラッドの『闇の奥』は?」
 わたし 「読みました」
 松岡氏 「ゴールディングの『蝿の王』は?」
 わたし 「読みました、そのうえで、このリストの選外にしています」
 松岡氏 「じゃあ、ジョージ・マクドナルドの『リリス』なんてどう?」

 おっ、それは読んでいないぞ嬉しいぞ。曰く、とても西洋的な恐怖があるんだと。同行していたデザイナーのMさんが読んだというのでさらに嬉しくなる。で、一緒に探してもらう。なんか黄色っぽい背表紙の文庫で、女の子の表紙だったなぁ……松丸のあの辺にあるだろうなぁとウロウロするのだが、見つからない。松丸本舗って探すと逃げるんだよなぁ、放っておくと寄ってくるのに…とグチると、「女の子といっしょですね」と言われる。うーん、逃げられたことはあれど、寄ってこられたことがないので、肯定できない。

 松丸本舗は、折に触れて大々的に棚の入れ替えをするので油断がならない。バラバラになって移動するのではなく、ある一定のカタマリを保持しつつ、新たな本も飲み込みつつ、流動するような感覚。さながら溶岩の流れか、蠕動する消化器官をくぐりぬける食物といったところ。結局、スタッフにお願いして探し出してもらう。

 というわけで、次なる劇薬課題図書。

赤目四十八瀧心中未遂リリス

 持ち時間は5分だったけれど、ものスゴく濃密かつ強烈(そう)な本が出てきた。企画していただいた松丸本舗のスタッフさま、同行いただいたMさん、そして応えていただいた松岡さん、ありがとうございます。またやりますぞ、本屋オフ。ちなみに、次のスゴ本オフは「ミステリ」。詳しくはスゴ本オフ@ミステリをどうぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

酒と本があれば、人生何とかやっていける「本に遇う」

 とうとう出たので白状する。このブログの種本といっていいのがこれ。

本に遇う 雑誌「選択」の「本に遇う」というコラム十年分を一冊にしたもの。書き手は河谷史夫氏。朝日新聞の素粒子で有名かも。書評というよりも、ある本をとりあげ、その本にまつわる話を紡ぎだす手法だ。それは現場記者やってたときの生々しい記憶だったり、読み終えたばかりの興奮まじりの絶賛だったり、大嫌いな人物への強烈な面当てだったりする。具体的で尖った書き口が好きで、挙げられた本をつまんで読んではこのブログで紹介してきた。もちろん他チャネルもあるけれど、「流行の本」を除いた良本は、だいたいここから教わっている。

 ただし、著者に全面賛同というわけではない。その狭窄を哂ったり、専横な様にツッコミ入れながら読んでいる。読書の範囲はもちろん違う。マンガや古典、数理ものはほとんど入っておらず、ノンフィクション、エッセイ、昭和史、詩句集が、著者の土俵になる。その「わたしとのズレ」が絶妙に微妙で、同じ本を違う風に読みながら、「これは良い」と評価できる。その差異がまた面白い。似てるのに違うところが、土俵を拡張する糊代になるんだろうね。

 たとえば、「遅読のすすめ」を手放しで誉めちぎり、書き手である山村修の言を借りて立花隆を批判する件がある。必要なページだけつまみ食いして足れりとする読み方は、いわゆる資料読み。速読なんて読書じゃない「遅読のすすめ」で書いたとおり、わたしも同感だ。なのだが、絶賛する前に書き手のやっかみに鼻白んでしまう。速く読める人は、ゆっくり読むこともできる。速度は「選べる」のだ。にもかかわらず、遅読をもてはやすあまり速読が攻撃されると、辟易してしまうのだ。

 あるいは、柳原和子著「がん患者学」の紹介。ごまんとある「ガンの本」のうち、読むべきものは少ないが、この本は例外だという。「癌について知るべきことはほとんど全部この中に書かれている」と持ち上げるので、そうかと読み始めすぐにぶつかった。「長期生存した人たちのルポ」と銘打っているが、もう一つ、書き手のフィルタリングが見える。つまり、「現代医療 vs 代替医療」の構図が透け見え、現代科学の医療はアテにならぬというメッセージが響く。も少し医者を信頼し、自分の人生のことに集中したほうが良いのでは?と思ってしまう。

 このように反発もしつつ、つい読んでしまうのは、河谷氏の目利きが効いてるから。いい本を嗅ぎ当てる感覚は、わたしより遥か上。S.ハンターの「極大射程」も、藤沢周平「蝉しぐれ」も、山田風太郎「人間臨終図巻」も、ぜんぶここで知った。

 スゴ本の種本、隠れた狩場のガイドとなる一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スゴ本オフ@ミステリのお知らせ

 好きな本をもち寄って、まったりアツく語るスゴ本オフのお知らせ。

  日時  12/3(金) 19:00開場、19:30開始~21:30終了予定
  場所  麹町のKDDI Web Communicationsさんの会議室
  参加費 千円(軽食と飲み物が出ます)
  懇親会 終了後、近くの居酒屋へなだれ込みます(ワリカンで四千円くらい)
  申込み Book Talk Cafe の申込フォームからどうぞ

 今回のテーマはミステリ、ミステリといえば……の定番モノを持ってきてもよし、ダークホースな一冊で皆をアッと言わせてもよし、きっと・かならず丁々発止となるでしょう。曰く、

  「それが一番なら、これは?」
  「いや、そのプロットだと、むしろアレの方が…」
  「ちょっと!それはコレ読んでないからそんなこと言えるんじゃ」

わいわいリストアップしていくうちに、ベストミステリが誕生するかも。「ミステリ」の枠を締めるようなことはしません。自分判断でOKです。面白すぎて徹夜したもの、ドンデン返しに頭ガツンとやられたもの、ラストに唖然とし、思わず最初に戻って読み直したもの、この戦慄、この瞠目、誰かに言わずにゃいられない、プラチナ・ミステリの狩場ですぞ。オフ会の内容はこんな感じ…

  1. テーマに合わせ、めいめい好きな本を持ち寄って、みんなで語り合う会です。本を介して新たな読み手を知ったり、人を介してぜんぜん知らない本に触れるチャンスです
  2. 今回、持ち寄る本のテーマは「ミステリ」。自分が「ミステリだ!」と思うものでスゴい奴を持ってきてください。ちなみに、これまでは「SF」「愛」「夏」「POP」がありました。本に限らず、CDやコミック、詩や雑誌、写真集なんてのもアリ
  3. ブックシャッフルやります。「ブックシャッフル」とは、いわゆる本の交換会。オススメ本をランダムに交換しあいます。交換する本は「放流」だと思ってください。「秘蔵本だから紹介はしたいけれど、あげるのはちょっと……」という方は、「紹介用」(見せるだけ)と、それとは別の本で「交換用」を準備してください
  4. ネットと連動します。Ustream/Twitter/Blogで、オススメ合いをさらに広めます。「その本が良いなら、コレなんてどう?」の反響は、時間空間を超えて広がります。顔出し抵抗がある方には、もちろん「見てるだけ」や、声オンリーの「透明人間」もアリ
  5. オススメがかぶることがありますが、よくあります、無問題です。大事なのは、その本がどんなに自分にとってスゴいかなので、それを熱く語ってください

 スゴ本の狩場へ、いらっしゃい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »