« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »

「読書とはなにか」まとめ+スゴ本オフ@赤坂

 国民読書年記念シンポジウムとやらで、国会図書館まで行ってきた。その後、スゴ本オフという名の飲み会をしてきた。嬉しい課題を沢山もらえたので、ここにまとめる。以前のエントリ、聴講(と飲み会)のおさそい「読書とはなにか」の結果レポートだね。

 まずシンポジウム。「発表」というよりも、「物語る」スタイルの松岡正剛さんのしゃべりは、1時間ほど。ネタのほとんどは近著やネットで知ってたが、どこに力点を置いているかが、直接伝わった。結論に近づけば近づくほど、優しい話し方から離れ、ほとんど激しているといってもいいくらい強い口調になってゆく→結論:「読書とは、世界の裂け目にわが身を置くこと」

 「読書」とは、分かるようで分からないものだという。これがスポーツや言語なら、それなりの規則や道具が揃っている(rule,role,toolと韻ふんでた)。ところが「読書」となると、それらを吸収しているようでいるにもかかわらず、あらためてそのメソドロジーをとりあげて研究することは少なかったというのだ。読書の王道となるオーデン「わが読書」ですら、読書の"しくみ"にまで届いていないと―――そこでGoogleると、まさに千夜千冊にヒットする。オーデンが正統派だとすると、セイゴォは逸脱派とキレイに対照的になるようだ。未読というか、存在すら知らなかったのでチェックしよう【課題図書1】。

  • 書き手と読み手の間に"読書"があり、それは editorship が関わっている
  • 読書とは自己と他者の出会うインタフェースである
  • 自己の内側に、沢山の自分が出会う先(創発先)を見つける行為が読書
  • 読書とは、ただ本を読むことだけではない。五感をフル動員し、触覚知覚感覚…を準備し、あらゆる知覚快楽経験に基づく行為なのだ
 あたりが、「読書とは何か」に対する応答になるが、ずばりでいうと、彼のキメセリフ「読書とは編集である」になる。セイゴォ氏によると、世界は裂かれており、読書を通じてその裂け目を見つけろというのだ。ひょっとすると自分が割れてしまう、傷つけられるかもしれない。それをおそれるなと声をはげます。スゴ腕の狩人ならではの叱咤なり。
Photo
 面白いなーと気づいたのが2つ。ひとつはボタンだ。真っ白のシャツに真っ黒のジャケットを合わせるのが、いつものスタイルなのだ。が、問題は白シャツのボタン。いつもは第三ボタンまで外して胸元をくつろげているちょいエロにもかかわらず、今回は一番上のボタンしか外していない。やっぱり国会図書館だからかと思って微笑む。

 もうひとつは、「本のめくり方を撮れ」という主張。テレビや雑誌の撮影で、ラーメンとかフレンチをいかにも美味そうに写しているにもかかわらず、本はそうでない。カメラマンは、本の姿を撮るのが本当にヘタだと顔をしかめる。そんなものかと思い返してあっと気づく。松丸本舗のスクリーンで、セイゴォ氏のインタビューが流れている。彼の手元で本が触られているのだが、その触り方がいやらしいのだ。手のひらで撫で、背表紙をちょっと支え、ページをめ・く・り、つつっと指を走らせる仕草は、愛でるというより弄る。ほらアレだ、気をヤっている彼女の秘処を指その他で可愛がるあのまんま。「阿刀田高や藤沢周平の本のめくり方・触り方を、だれも知らない。これは損失だ」と断ずる。本を撮るのは難しい。本を、いかにも面白そうに読む(捲る・触る・置く・持つ・触れる)演出家というかカメラマンがいたら、出版社に引っ張りだこやね。「箸上げ女優」ならぬ「本読み女優」かもありかと。

 正剛氏の講演が終わり、後を継いだディスカッションはちと残念。読書のプロを3人呼んで、それぞれ20分のプレゼン→パネルディスカッションという流れだったのだが、時間足りなさすぎ。3人ともメイン張れるくらいのボリュームなのに、20分だとどうしてもマシンガントークになってしまう……さらに、テーマが巨大すぎるので、まとめが大変(というか無理)。司会さんえらく苦労してたにもかかわらず、報われてなかった。

読書の歴史 唯一耳が立ったトークは、橋本大也氏のやつ。デジタル化により本の未来を憂えるのは間違いだという。事実は逆で、「本はモテ期に入った」とぶち上げる。つまりこうだ、昔は同じ本を読んだ人どうしで盛り上がるのは、とても難しかった。せいぜい2人か、数人の仲間うちだった。ところが今や、本はブログやamazonレビューで取り上げられたり、リンクされることで、数人から数十人、数百人の単位で「読んだことがある」「興味がある」が可視化されるようになったというのだ。出版社や書店の仕掛けられた方法ではなく、「実際に読まれている人」どうしのつながりが広がっている。「読書のデジタル化によって、内面に隠されていた読書体験が外ににじみ出てくる(見える化)」という主張は至言だと思う。まさにわたしのブログがそうだ。

 そして、ネット伝聞を通じて読み替えられ、新しい解釈が読者の時代・能力・願望によって生まれていく。マングェルが「読書の歴史」で語った、読み替えによる豊饒化を、デジタル化は加速していくというのだ。この本、何度も借りては読みきれてないので、この際きちんと付き合おう【課題図書2】。
Photo_2
 歴史は分かった、未来はどうなる?という問いに、橋本氏は答える。本という一定のボリュームのあるまとまりから、断片化され、分断化されたカタマリ(章単位)に流通するのではないかと予見する。いままでの1冊が1章単位で書かれ、編まれ、流通され、読まれるというのだ。この発想は新しい(というか、わたしが古いのですな)。確かにモノとしての「一冊」の分量は、画面のインタフェースだと大きいような気がする。わたしの経験だと、DS日本文学全集。「山月記」の再読は普通だったが、「吾輩は猫である」は苦痛だった。一気に読み通せる量が、「1」とカウントされるんだね。

読書の歴史 お次は、スゴ本オフ@赤坂の話。アイリッシュパブの雰囲気なのに、店員さんは可愛らしい娘さんというミスマッチ。毛がもじゃもじゃの太い腕でビアサーブされるのかなー、と期待してたので、嬉しい裏切りであった。予約なしのゲリラ的オフに集まったのは5名。ほとんどが先のシンポジウムを聴講していたので嬉しいかぎり。でもって、(あたりまえだが)話すネタは本ばかり。「正剛さんってスゴい読み手だけど、書くほうはイマイチじゃない?」と暴論ぶちかますわたしに、半ば呆れ顔で「ちゃんと読んでます?『フラジャイル』か『白川静』あたりを読んでみて」とオススメいただき、ありがとうございます。まず「フラジャイル」をチェックします【課題図書3】。

ベッドルームで群論を そして皆さん、いい本読んでますな。「最近、いい本あります?」(いい子います?のノリで)という問いに、「ベッドルームで群論を」が出てきて嬉しくなる。最高レベルの科学エッセイで、紹介を見ると、ストラスブールの万年時計、ランダムさ、貧困、戦争、地理学、遺伝学、歯車比、分割問題、命名法、群論と、ひじょうに沢山のテーマを楽しめそう。自分が惹かれている本を、「読んでる、面白いですよ」と言われると、ヤキモチのような、トモダチのような気持ちになるね。「退屈なページなど、一ページもない」という帯文句は偽りなしという。

水源 さらに、「これはスゴい!」という本として、アイン・ランド「水源」が出てきたのにはのけぞった。電話帳ぐらいあるやつで、何度も挫折したものだ。それを、「自分が生きたい/行きたいように思いっきりやることが、結果的に社会への貢献になる、なれるんだと確信をもてます」と断言されると、うむ、今度こそと気負ってくる【課題図書4】。

 族長に、「あなたはマツオタカシに似ているね、そっくりだ」と指摘される。誰だろう?タレントさんならさぞかし色男だろうとウキウキしながら帰ってGoogleってこうべを垂れる。

Google画像検索結果「松尾貴史」

 講演+オフ会で気づいたら8時間。すばらしい夕べと、スゴい本、そして教えていただいた皆さまに感謝・感謝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10月23日、松岡正剛さんに会える

 生セイゴォを堪能できるらしい。

 先日の対談(松岡正剛&小飼弾)でナマ正剛さんにご挨拶できたのだが、ちゃんと人間だった。思ったより小柄で細身の印象を受けた。千夜千冊・知の巨人のイメージばかり頭の中で膨らませていたようだ。ホントは気さくで親しみやすい感じ。ただ、ご本人はたいへん忙しい(かつ夜型)の方で、お会いできたのは運と縁に恵まれていたとしか思えない。

 ところが、松丸本舗twitterによると、来る10月23日、セイゴォさんに会えるらしい。しかも「読書人生相談」というお題で、相談に乗ってくれるとのこと。つぶやきをまとめると、こんなふうになる。

   日時 10月23日(土) 13時から21時
   場所 松丸本舗
   題目 松岡正剛が「読書人生相談」を受け付けます!

 こういう場はありがたい。そもさん・せっぱとスゴ本をぶつけられるから。ずばり、「このテーマで、こんなスゴ本があるぞ」と投げかけると、きっと「それを凄いというのなら、コレなんてどうだ?」のコレが直接聞けるのだから。人生は短く、スゴ本は多い。ぜんぶ読んでる時間はないから、惹かれる人のオススメ本を手にしよう。セイゴォさんのオススメは、深くて広くて濃密すぎるから、わたしの質問からフィルタリングしてもらおう。で、こんなテーマで訊いてみるぞ。

■ 劇薬小説を教えてください

 読んだことを後悔するような小説、読後感サイアクの作品を教えて欲しい。「期待して読んだら外れだった」ではなく、「読んだという記憶を消し去りたい」と思うくらい嫌あぁぁな気分にさせてくれるもの。不快、不愉快、気持ちわるい、吐きそう、夢に出そう、呪われそう、生きる気力が失せた……ホラー、マンガ、ノンフィクション、ジャンル不問で。読書は毒書、以下、珠玉の劇薬モノ(興味本位で読まないように)。

  • 真・現代猟奇伝(氏賀Y太)
  • 隣の家の少女(ジャック・ケッチャム)
  • 忌中(車谷長吉)
  • 骨餓身峠死人葛(野坂昭如)
  • 城の中のイギリス人(マンディアルグ)
  • 狂鬼降臨(友成純一)
  • 児童性愛者(ヤコブ・ビリング)
  • インスマウスの影(ラヴクラフト)
  • 地獄の子守唄(日野日出志)
  • 消された一家―北九州・連続監禁殺人事件(豊田 正義)
忌中城の中のイギリス人真・現代猟奇伝

■ 海の栄養過多について

 ハーバー・ボッシュ法により、大気中の窒素を人工的に肥料にすることができるようになった。これで、100年前の農法ではとうてい養えないほどの人口を賄えるようになった(賢者の石か、悪魔の契約「大気を変える錬金術」)―――のはいいけれど、言い換えると、ここ100年かけて流れ出した養分が海に集まっているのではないか?昔ながらの転作や輪作ではなく、化学肥料を用いたやり方は、要するに土壌のドーピング。その全てが農作物になるわけでなく、当然水とともに流れ出し、海に注ぎ、(比重が重いから)深海に溜まっているのではないか?そんな問いを発しながら読んでいる本がある。他に読むべき本は?

  • 土の文明史(デイビッド・モントゴメリー)
  • ミミズの話(エイミィ・ステュワート)
  • 大気を変える錬金術(トーマス・ヘイガー)
  • 銀むつクライシス(ブルース・ネクト)
土の文明史ミミズの話大気を変える錬金術

 当日はわたしもウロウロしてますぞ(2回目のスゴ本オフ@松丸本舗ですな)。赤いウェストバックを斜めにかけたおっさんを見かけたら、それはわたしです。お気軽に声かけてやってくださいませ。

 おまけ、10月20日に、「読書とはなにか」というテーマで国会図書館にてシンポジウムがある[参考]。わたしは聴講するつもりなんだけど、聞いたらきっとしゃべりたくなる。ので、一人でオフ会してます(セイゴォさんはいません)。赤いウェストバックを斜めにかけたおっさんを見かけたら、たぶんわたしです。好きにからんでくださいませ。キャッシュオンスタイルなので、予約とかしません。時間を気にせず、ふらりと寄れますぞ。

   日時 10月20日(水) 18時から20時
   場所 82 ALE HOUSE エイティトゥ エールハウス 赤坂店
   題目 読書について、スゴ本について、アツく語りましょう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢者の石か、悪魔の契約「大気を変える錬金術」

大気を変える錬金術 地球そのものが栄養過多になっている? 読了したときの感想というより不安。

 100年前は10億人だったのに、現在では60億を超えている。人口爆発の理由として、様々なテクノロジーや開発の成果が挙げられるが、著者はずばり、「ハーバー・ボッシュ法のおかげ」という。水素と窒素を反応させアンモニアを生産する方法で、「空気をパンに変える方法」とも呼ばれ、「賢者の石」を探す旅になぞらえたりもする。なぜなら、この方法により、自然にあるものよりも、はるかに大量の肥料が、ほぼ無尽蔵に得られるからだ。同様に、この方法により、無尽蔵に火薬を得ることもできる。

 まえがきで著者は断言する。人の生死にかかわっているという視点からふり返ったら、ハーバーとボッシュは、歴史上もっとも重要な功績を残したと。彼らは都市レベルの工場を建て、巨額の財を成し、何百万人もの人の死に手を貸し、何十億もの生命を救ったというのだ。いくらなんでも吹き過ぎだろうと読み始めたのだが、読み終えたときには納得していた。著者独特のレトリックを拝借すると、「いまの世界の人口の半分は、彼らの開発したもののおかげで生きている」になる。あるいは、もっと身近に実感したいなら、自分の体を見ろという。「あなたの体の窒素の半分は、ハーバー・ボッシュ法によって作られたのだ」。

 窒素は大気の8割を占め、無尽蔵にある。大量にありながら、ほとんどの生物は大気中の窒素を直接利用できない。できるのは窒素固定細菌と呼ばれる微生物の一部だけで、あとは稲妻や火山活動により、「固定窒素」が作られる。それをあらゆる生物が利用し、あらゆる生命が維持されている。だから、ハーバー・ボッシュ以前に戻るなら、地表のすべてを農地に変え、全員ベジタリアンになったとしても、人類の半分が飢えることになるというのだ。そう考えると、「何十億もの生命を救った」人物だということが分かる。

 では、「何百万人もの人の死に手を貸し」たのは?殺人ガスの開発だ。自分の工場を・工場を・財を守るため、それまで用いられいた催涙ガスではなく、塩素を用いた人を殺すガスをつくり、提供したのだ。殺人ガスによる攻撃が成功すれば、戦闘をすばやく終結させることができ、結果的に「何人もの命が救われるのだ」とハーバーは強行する。科学が、政治、権力、プライド、金銭、そして個人的な欲望と対立したときにどうなるか、嫌というほど思い知らされる。科学を邪悪にするのは人の業なんだろね。

 そう、前半は硝石の文化史、後半はハーバー・ボッシュの開発史の構成となっているが、本書を裏から読むと、人類が科学をいかに食い物してきたかが見える。ライバル会社の特許を無効にするための訴訟の丁々発止やら、敗戦国(ここではドイツ)の化学技術を奪い合うあさましさ、自分の工場を守るためナチスに全面協力した経緯が克明に記されている。ここまで「科学=銭金」を体現する人物に不快感を抱くかも。

 ハーバー・ボッシュ法による、指数的に増加する人口爆発の秘密は分かった。しかし、そのために人類が支払った代償は、本書に書かれているだけではないと思う。ナチスや火薬や化学兵器がもたらした悲劇に済まないと考えいる。というのは、最近のわたしの中の疑問───栄養過多になる地球───があるから。本書によると、本来地球上に生きながらえる数の2倍を養っているということは、大量の化学肥料がバラまかれていることになる。全てが土地や植物に吸収されるはずがないから、川に運ばれ、海に注ぎ、(比重が重いから)深海へたどりつく。仮に、「地球上の栄養分の分布図」マップが作られるのなら、深海こそ滋養たっぷりになっているのでは。化学肥料でドーピングされた養分が海へ流れ出す。いわゆる赤潮の被害の元はコレだったのではないか、と密かに考えている。

 化学と銭のイヤらしさとともに、新たな知見を識ることになった一冊。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月10日 - 2010年10月16日 | トップページ | 2010年10月24日 - 2010年10月30日 »