« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

ゲームで子育て「ロードランナー」

 まさかこのレトロゲーにハマるとは…そして負うた子に浅瀬を教えられるとは!

 XBOX360でネットにつなぐと、「お試しダウンロード」ができるゲームがある。無料でやってみて、気に入ったら完全版を購入してね、というやつ。で、懐かしのレトロゲーをいくつかやってるうちに、わたしと息子の両方が夢中になってしまったのが、「ロードランナー」。

 SHARPのX1のはカセットテープだったよなぁ…ロードのたびにガチャガチャいってたよなぁ…と、わたしは懐かしみ、セガサターン版だと敵が自キャラをムシャムシャむさぼり喰う音が怖かったよねぇ…と、嫁さんが遠い目をし、ロードが一瞬(HDDだもん)、ポリゴンで描画された最新のロードランナーに目ぇキラキラさせている息子がいる。見た目は変わったとはいえ、こんなに昔のゲームを今やる(しかもハマる)のは、不思議なもんだ。

 どんなに美麗になったとしても、ゲームシステムは四半世紀前のと同じ。知らない人もいるだろうから説明する。ダンジョン内に配置された金塊を全部とって、出口から脱出すれば一面クリアというゲーム。敵キャラが自分を捕らえたらミス。自分は左右の床に穴を掘り、敵を誘導して落とすことができる。上手に穴を掘らないとたどり着けない金塊もあり、パズル的要素もある。いわば、平安京のエイリアン+倉庫番やね。

 「ロードランナー」が徹底しているのは、ゲームの基本要素「反復」と「パターン化」に忠実だというところ。プレイヤーは反復してパターンを編み出し、最も安全な動作を最適化する。一筆書きの効率性を追求する(短時間クリアでボーナス)一方で、敵の行動アルゴリズムを逆手にとって誘導する戦略性も求められる。面が進むにつれて、だんだん難しくなってくる。そのバランスが"絶妙"の一言に尽きる。これよりも難しいゲームバランスだと、くじけてしまうだろうし、易しすぎるならプレイしなくなるだろう。

 ゲームルールが単純なことと、この"だんだん難しくなる"のが病みつきになっている親子がいる。息子は、やみくもにトライ&エラーをくり返し、「クリアできるパターン」を作り出そうとする。少しオトナのわたしは、敵の行動や金塊を取る順番をアタマで考え抜いた上で、実地で試してみる。試行錯誤が多い分、当然のことながら息子のほうがペースが遅くなる。「ちょっとは考えてみようよ」と誘い水を向けてみるのだが、「敵がいるから無理。パズルモードならゆっくり考えられるのに」とのこと。

 で、ああでもない、こうでもないと親子で協力しあってパズルモードに耽る。ほとんど敵が出てこず、金塊を全部を取ることを純粋に追求したパズルとなっている。凹部にハマりこんだり、穴に閉じ込められたりしてもミス扱いなので、より慎重に操作する。一面一面、だんだん、相当むずかしくなっており、クリアしたときのヤッター感はちょっとしたもの。

 このカタルシスを味わわせたくて、ゲームをすすめるのだ。「ゲームばっかりやってると”ゲーム脳”になる」と脅す方がいらっしゃるが、これ長時間やってるとかなりアタマ(と指)が疲れるぞ。むしろ、淡々黙々とプレイできる能力のほうを高く買いたい。なんであれ、上達するには熱中する必要がある。その「熱中できる才能」のために、ゲームをやらせたいのだ。

 「反復によるパターン化で、ゲームがクリアできる」ことを理解したなら、「リアルの○○をゲームにできる」ことに気づかせるだけ。あとは反復練習のみ。漢ドも計ドも、「漢字ゲーム」「計算ゲーム」なのだ。もっと極端にいうなら、受験勉強も、与えられた時間(6・3・3の12年)で目標レベルに到達するための「ゲーム」だし、サッカーや水泳の選手になることも同じ。もちろん、才能や運の要素もあるが、「熱中できる才能」が凌駕する。そんなことを考えながら、パズルモードをひたすらやりこむ。

 そして、ある面で詰まる。2機の敵はかわせるが、どうしても金塊までたどり着けない。自分はジャンプできないし、穴を飛び越えることもできない。どうあがいても絶対ムリ!な場所が2つもあるのだ。うんうん唸るわたしをよそに、「まず、やってみようよ」と、黙々と失敗をくり返す息子。何十回目だろうか……めげない息子の操作をぼんやり眺めていたら、なんと敵の頭を踏み台にして穴を越えたのだ!その発想は無かった!「敵=触れたらミス」に凝り固まったアタマには斬新すぎる…旧作にもあったっけ?といぶかしむわたしに、息子は一言、

 「パパ、マニュアル読まなきゃ」

 最近のゲームはマニュアル読まずに始めてるからなぁ……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松丸本舗にて松岡正剛さんと小飼弾さんの対談を聞いてきた

松岡正剛の書棚 お二人とも、深く・濃く・柔らかく、驚きと閃きとトキメキ(?)に満ちた一時間だった。上田さん、お誘いいただき感謝しています。「松岡正剛の書棚」の電子書籍化にちなんだ会だったが、そこはサラリと流し、「本を読むとは何か」について若かりし昔話から大胆な未来予想図まで飛び出す。以下、自分メモよりふくらませてみよう。

 これは鋭い、と感心したのは、弾さんの「本とは締めたメディア」という一言。たとえばブログなら、いくらでも書き直しが利く。永遠に終わりがない。しかし「本」という形態だと、いったん編集し出版したら、バラせなくなる。他にも「殺したメディア」という表現をしていたが、言いえて妙。もちろん改訂や"自炊"により変更・細分化することは可能なのだが、知をパッケージ化したものが「本」である限り、バラバラにすることはできないからね。

 これについて、松岡さんが、「『本』の単位ではなく、もっとセグメント化された形の付き合いになるかも」と予想する。Googleの向こう側に『本』を置いて、必要に応じて断片を引っ張ってこればいい、という考え方だ。わたしにとっては、Tumblr なんかがそうだなぁ…… そして、本というものが「文字」という形に依拠している限り、たとえ電子書籍化がどんなに進んでも、「本-文字」というメディアへアクセスするオプションが増えただけの現象にすぎないという。それは紙というメディアだったり、声(読み上げ)だったり、誰かの批評なのかもしれない、そこに「画面」というインタフェースが増えるだけなのだと。じっさい、iPad を用いなくとも、ケータイの液晶やPCのディスプレイを通じて、「本-文字」に接するのが自然になる(すくなくともわたしは)。そして、松岡さんは「本」の本質を簡潔にこういいあてる。

  1. ダブルのページ(見開きの窓)
  2. パッケージ化
  3. ランダムアクセス
  4. 直近にインデックス(章節の小見出しや目次)

 さらに、弾さんの「本は電源がいらないメディア」という一言は、電子書籍に踊る人なら忘れてはならないだろう。

 古典の「使い方」も興味深い。松岡さんの、「自分の認知構造や解釈の感触を確認するために、古典が格好の相手となる」という主張は、その著書で知っているとはいえ、ナマで聞くと利くね。さらに弾さんの「自然科学において、古典が古典になっているのは、大転回がなされているから」という話は深かった。つまり、今の常識が「常識」でなかった時代に、その「常識」を発見したのが古典となるのだから。ニュートンのプリンキピアを読むのは、万有引力の法則が常識でなかった時代に戻るためなんだと。

 古典ネタをもう少し。松岡さんの「古典には、時代や場所が特定されないように書いてあるものがある」という一言にピンときた。たとえば、伊勢物語には「伊勢」が出てこないらしい。読み手が、自分の時代背景に応じて、置き換えて読むことが可能となっているというのだ。普遍性は入れ替え可能から来るのか。「源氏名なんて、まさにそうでしょ?」のユーモアには笑った。

 この話を聞いて思い出すのは、村上春樹の作品。どこかで聞きかじったのだが、翻訳された彼の作品を読んだ人は、「これはまさに、わたしの国の話だ」と思うそうな。ロシア人、アメリカ人、韓国人、みな「これは、現代のロシア/アメリカ/韓国を描いた小説だ」と読むらしい。これはまさに、入れ換え可能な普遍性をもっているといえるだろう。村上春樹が書くのはファンタジーにすぎないが、素材を現実に求めているから、その幻想性が隠蔽される。SFの別名を「サイエンス・ファンタジー」と呼ぶように、「リアル・ファンタジー」とでもいうべき。とっくに地域性を越えているから、あとは時代を経て読まれるなら、「古典」たる資格ありだろう。

 わたしの与太はさておき、弾さんのトドメに戻ろう。「松岡さんは打率3割というが、高すぎ。スタージョンの法則はSFに限らないから」という一言に笑った&激しく同意。ケナすのは得手ではないが、わたしの打率はスタージョンに従う。ただ、「ダメな6~7割にどうつきあってゆくかが、"3割"に影響する」というセリフには参った。松岡さんが一言で言い切っている→「ムダな必要」。そう、必要悪とかいうのではなく、そうしたムダを読んできたからこそ、"3割"の手ごたえが分かるんだよね……もっともわたしはもっと低いかと。

 なんでも同意、というわけでもない。松岡さんの「本はノートブックである」は同意したいのだが、できない。図書館派、しかもヘビーユーザーなのだから。ただ、「本は二度読め」とか、「書棚は頭の中を可視化する」とか、大きく頷く。弾さんの言うとおり、「読書の問題はいずれ、不動産の問題になる」は事実なのだから。

 最後に、ニュースをいくつか。松丸本舗の「○○さんの書棚」コーナーが増殖するらしい…これは楽しみ~。そして、今年の暮れあたりから、「かつて世界の誰もやったことのないレコメンデーション」を展開するとのこと。割目シテ待テというやつやね。

 そして、これは思わず踊ってしまうほど嬉しかった情報なのだが……「情報の歴史」の新しいのが出るらしい。わーい、ずーーーーーーーーーっと欲しかったんだ!「時代を結び、情報をつなぎ、歴史を編集する前代未聞の情報文化史大年表。世界と日本が一緒に読める」は真実ナリ。ナニソレ?という人は図書館へ、絶対欲しくなるスゴ本なり。ただし、amazonへ行ってはいけない。トンでもない値がついているから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

けっこうアナログ「数覚とは何か」

数覚とは何か 数学的センスのようなものだと予断してたら、大きく外れた。味覚や視覚のような感覚の一つとしての「数覚」という意味なのだ。

 そして、驚くべきことにこの数覚、生得的なものとして扱われている。つまり、この数学的感覚は生まれながらにして備わっているというのだ。ええー、数学は得手じゃなかったんだけど……「数学は暗記科目」として逃げてたわたしには、にわかに信じがたい。

 さらにこれ、人間だけのものでないそうな。数を数えたり、グルーピングしたり、量の比較をするといった操作は、生物の遺伝レベルで仕込まれているという。「数学」なるものを人類の財産として崇め奉っていたわたしには、ちょっとした衝撃だった。人知を超えた数秘術から、より生臭い存在としてつきあえそう。

 この数覚なるもの、非常にアナログ的だという。たとえば、数字の大小比較の実験で、その非デジタルさが明らかになる。「4」と「5」の大小を判断するよりも、「1」と「9」を判定するほうが短時間になる。心の中の比較アルゴリズムは、あたかも天秤が「数を測っている」ようなものなのだという。確かに重さ「1」と「9」よりも、「4」と「5」のほうがフラフラしそう。

 本書ではもっと詳細な実験をレポートしている。2つの数字を比較する場合、どれだけの時間がかかるかを測定した実験で、31から99までの2桁の数字を提示して、65よりも大きいか、小さいかを分類してもらう。同時に、被験者の反応時間をミリ秒単位で測定したのだ。提示された数字が65に近くなるにつれて、反応時間が漸次的に長くなってゆく。これを距離の効果と呼んでいる。

 この「距離の効果」でピンとくる。わたしが数に接するとき、countable な存在というよりも、むしろ measurable なものとして捉える場合が多い。概算要求が72兆円とか、東京ドーム120杯分とか、1990円飲み放題とか。そこにはもちろん、正しい(数えられる)値があるにはあるが、わたしはいちいち気にしない。数字が出ると、値打ちやリスクやコストのボリュームとしてみなすのだ。そして、この量としての数を、概念上の数(この文脈では整数)に置き換えて考える基底に「数覚」があるんだ。以前、「やりなおし数学」の一環で、整数と実数が実感として理解できたとき、数直線が穴だらけに見えて慄然としたことを思い出す(スケールとして見ていた数直線に数という点をプロットし始め、0と1の間に無限を感じたから)。

 この、数と量に対する直感的感覚は、人に限らず動物も持っているという。そして、動物や人の計算能力に関するレポートを通じて、数学の能力は「生物学的な前駆体」があることを主張する。数は「思考の自然な対象」であり、それによって世界をとらえる生得的なカテゴリーであるという。数を理解する基底には、生物進化の過程で身についてきた能力―――視覚、嗅覚、聴覚、触覚の他に「数覚」があるというのだ。

 断層撮影を用いた脳そのものへのアプローチも豊富に紹介している。だが、この分野はあやしげな脳学者や、うさんくさい脳言説がまかり通っている。著者もその弊を注意深く避けており、「脳のココが数覚を司っている」などと特定しない。せいぜい、数の処理のために、下頭頂野内が関わっていると述べるにとどまる。

 ここから面白くなるのは、著者の「数覚」へのアプローチだ。生得的な感覚としての数覚を元に、数字や文字の視覚的認知が、頭頂・側頭領域に特殊化され、掛算には左の大脳基底が関係することまでは分かっている。しかし、人が字を読んだり記号を用いて計算するようになったのは、ここ3000年にすぎず、脳自体が進化の過程でこの機能を構造化するには短すぎると考えるのだ。アインシュタインの脳も、ラスコー洞窟の壁画を描いたヒトの脳とほとんど変わらない。遺伝形質がゆっくりと変化するのとは対照的に、文化はもっとずっと早い速度で進む。だからどこかで、文化的進化と生物学的限界の折り合いがついていると考える。もともと別の用途に割り当てられていた皮質回路を、新たな認知能力が乗っ取っているというのだ。神経細胞の可塑性もさることながら、「乗っ取られた」のが何であるか非常に興味がある。だが残念なことに、本書では明かされていない。

 著者は「数覚」を外堀からも埋めていく。「1」の1らしさ、「2」の2らしさ、そして「3」の3らしさは、実際に数えることなく計算できる認知的量だという。それは、「赤い」とか「暖かい」といった感覚属性に名前をつけるのと同じくらい容易だったに違いないと考える。そして、「1」、「2」、「3」という最初の三つの数が非常に古くて、特別な地位を占めていると主張する。格と性の語形変化を持つ言語では、「1」、「2」、「3」だけが語形変化のある数詞だし、古代ドイツ語では2は数えるものの文法的性によって、"zwei" にも "zwo" にも"zween" にもなる。英語の序数のほとんどは「th」で終わるのだが、"first"、"second"、"third" だけは違う。漢数字も一緒だね。「一」、「二」、「三」までは、漢字の形が、並んだ棒の数と一致しているから。文化的な共通項から、生物的な条件をあぶりだすのだ。

 ここから脱線(?)してゆくフランスの算数教育批判とか、アングロサクソンの数詞よりもアジアの方がエレガントな数え方をするといったエピソードがいちいち面白い。アメリカの子どもよりも、中国や日本の子どもの方が算数の能力に秀でているのは、「基数を10にとる十進法が、文法構造に完全に反映されている」からだというのだ。たしかに、一から九までと、十、百、千、万…で表現できるのはエレガントかも。"eleven"、"twelve"、"thirteen" といった特別な序数を持つ英語や、70を「60と10」と言ったり、90を「20×4と10」と言ったりするフランス語は苦労するだろう。

 そして、ベンフォードの法則から逆算的にわたしたちの数を用いた認知システムを暴いてゆく。ベンフォードの法則とは、自然界に出てくる多くの数値の最初の桁の分布が一様ではなく、およそ

  1で始まるのは、31%
  2で始まるのは、19%
  3で始まるのは、12%
  ……
  …

 12本のエンピツについて語るより、1ダースにまとめる。1そろえのトランプというのを好み、52枚のトランプとは言わない。数の表記に関する文法が、私たちに小さな数をよく生み出すようにさせているというのだ。世界を小さな集合から成り立っているように把握しようとするのは、感覚的認知的システムがもたらす幻想なんだと。いちいち(感覚的に)納得できてしまうのが面白い。数とはデジタル=デジットなものとして予断してたら、もっと感覚的=アナログなものとして受け取るようになった。心が数を操る仕組みはけっこうアナログだ。

 自分の脳に関するというより、自分の数に対する態度が変わる一冊。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »