« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »

「ヴァギナ」はスゴ本 【全年齢推奨】

 知ってるつもりのヴァギナが、まるで違ったものに見えてくる。

ヴァギナ のっけからのけぞる。モザイクかかっているものの、ヴァギナそのものが誇らしげに表紙に掲げている(遠目だとちゃんと認識できる)。表紙だけでなく、子を産むヴァギナや、常態のヴァギナなど、普通では見られない写真や図版も豊富にある。写真だけでなく、科学や宗教、歴史、神話と伝承に、文学と言語、人類学、芸術の幅広い資料から徹底的に調べ上げている。

 そして、偏見と妄想をとっぱらったヴァギナを多角的・広角的に紹介する。同時に、ヴァギナに対する文化的・科学的バイアスを指し示すことで、どれだけ歪んだヴァギナ・イメージに染まっているかをあぶりだす仕掛けになっている。これを読むことで、男女問わずヴァギナ観がガラリと変わることを請合う。

 まず、神話や伝承、民俗学では、恐れ敬われ、魔よけともなる力強い姿が紹介される。さまざまな神話や伝承が示す、着衣をまくりあげ、ヴァギナを見せるメッセージとは、女性器はあらゆる新しい命の源であり、世界の起源と豊饒を象徴しているというのだ。

 たとえば、あらぶる海を鎮めたヴァギナ・ディスプレイや、スカートをまくりあげ、女性器を見せつけることで悪魔を退散させる絵図がある。天岩戸に隠れたアマテラスを呼ぶ話の顛末は知らなかった。アメノウズメが衣をたくし上げ、集まった神々に女性器(陰=ほと)を見せつけたという。神々は大笑いして喝采し、天地が揺れたのだ。フツーに宴会していたかと思いきや、そんな伝説があったとは知らなんだ。その勢いで、邦画「お天気お姉さん」のスカートまくりシーンや、ストリップ劇場でのペンライトショーを紹介し、日本にはヴァギナ・ディスプレイが息づいていると息巻く。

 言語学方面からは、さまざまな文化におけるヴァギナの名称とその由来が語られる。ナボコフの「ロリータ」で「生きた肉鞘(にくさや、と読む?)」という理由も、ここで腑に落ちた。ヴァギナという言葉の由来には、剣をおさめる「鞘」という意味があったそうな。ラテン語圏だけでなく、中国語やヒンズー語、日本語なども同じ目線で評価される。面白いのは、西洋と東洋のヴァギナ観だ。地獄の門とか、厄介ごとの種とか、男の堕落のきっかけと呼んでいるのは西洋世界になる。いっぽう、生の源とか玉門いった、ポジティブな呼び方をしているのは、東洋世界だそうな。呪われる対象と、崇拝される対象、同じものでも偉い違う。

 この、女性器を蔑むものとみなし、セックスは罪深いものだという考えを植えつけたのは、キリスト教だという。アウグスティヌスは「われわれはみな大便と小便のあいだから生まれでた」という言葉で、そのヴァギナ観を明らかにしている。女性器を「大きく口を開けた地獄への入り口」とたとえ、教会はヴァギナを無視するか、恥ずかしく思うように仕向け、イチジクの葉を押し付けたというのだ。そして、マスターベーションの害を防ぐためにクリトリスの切除が行われたり、ヒステリー治療のためにヴァギナ・マッサージが医師の手によって施された事例を紹介する。バイブレーターはもともと医療機器で、通販で手軽に買えていた時代があったそうな。

 女性(器)蔑視の文化は科学にも影響を及ぼしたという。生殖器に関する語彙の歴史を詳らかにすることで、本来違うものに対して同じ名前をつけられたり、無視されてきたことを指摘する。女性が男性を反転させたものだという考えのせいで、女性の生殖器は発育を阻害された男性の生殖器だとみなされたというのだ。こうした誤謬と誤解に満ちた歴史を解きほぐし、矮小化された女性生殖器の真の姿を示そうとする。

 著者曰く、ヴァギナは単に精子と子どもの通り道だけではない。父親となる相手の決定に関して、性交の前にも最中にも後にも支配力を振るっているというのだ。女性器の発達過程を振り返り、ヴァギナの本来の機能を洗い出す。それは、自分にとって最も適合する精子を見つけるために、精子を集め選別すること―――これこそ、メスの生殖器の本当の機能なのだという。メスの生殖器は受動的な入れ物ではなく、子孫の健康を保証し、さらには種の生存を保障するという、生命の最も重要な仕事を納める聖堂だというのだ。ヴァギナを入り口だとばかり思ってたわたしは反省すべき。あれは、未来の出口なんだね。

 また、クリトリスについて理解を新たにしてもらった。快楽のための「点」から、頂部と体部と脚部をから構成され、三次元の広がりと奥行きを持つ巨大な器官であるという認識に変わった。クリトリスはラムダ(λ)型ではなく、むしろY型なんだって。見えている頂点だけでなく、むしろ体内に沈んでいるほうが、はるかに大きい。つまり、あの豆みたいなやつは氷山の一角であり、脚部はヴァギナ本体から骨盤に至るまで密接につながっている。女性の前面で骨盤のぐりっと出ているところがある。そこを刺激すると好成績を残すことは経験的に知っていたが、まさかクリトリスとつながっていたとは……! その構造を知ることは、次の性交に必ず役立つだろう。

 さらに、著者のクリトリス論に驚く。「クリトリス=女のペニス」だと思っていたわたしは、誤っているというのだ。著者曰く、クリトリスとペニスを比較するのは解剖学的に正確ではない。クリトリスはペニスの相同器官ではなく、むしろ、男性にクリトリスがあるというほうがより正確だという。それは陰茎海綿体。陰茎海綿体の尖先端は亀頭表面に隠されて目に見えない。要するに、ペニスの上半分に埋め込まれて存在しているのだ。

 これ言うと、ヘンタイ扱いされるだろうから……と言うのをはばかっていたことが、ここでは堂堂と主張されている。ひとつは、「ハート」の秘密だ。ハートって、心臓の象徴として用いられているけれど、違うのではないか?本当は大陰唇を指でピラッと広げた形じゃないのかな……誰にも言えず密かに思っていたが、本書でちゃんと検証されている。口絵で紹介されている、常態のヴァギナ画像をいくつか見ていると、「ハート型」そのもの。ただ、大陰唇のメタファーという考えは、これだけハートが一般化したいま、駆逐されてしまったといえよう。でないと来週のプリキュアが観れない、恥ずかしくて。

 もうひとつは、「ヴァギナの匂い」だ。嫁さんに限らず、女性からココナッツのような粉っぽい匂いや、白桃の微かな匂いがするときがある。デオドラントではない。人工的な香りはすぐソレと分かるが、明らかに違う。汗や皮脂や血漿のように、「香り」ではなく、「匂い」なのだ。著者は自分の経験を語る。月経周期の4目くらいから排卵の日まで、豊かで甘く深みのある香りがして、排卵日を過ぎると果物のような香りに変わるという。おおっぴらに語られることはめったにないが、これは、ヴァギナのバルトリン腺や皮脂腺、アポクリン腺が分泌する粘液の匂いなのだという。著者は、「親密でエロチックな香り」と評価するが、わたしはいつも、「あからさまな匂い」としてドキドキしてしまうのだ(すごく好きだけどねー)。

 この本を読むことは、自分の持っている、ヴァギナに対する誤解や偏見を見直すことになる。わたしが初めてナマで対面したときには、神々しさとグロテスクさで胸がいっぱいになり、思わず「はじめまして、よろしくお願いします」と挨拶したものだ。その後のお付き合いで、自分のではないとはいえ、ある程度は慣れ親しんだつもりだった。しかし、本書を読了すると、より愛おしく、いっそう美しく、もっと懐かしく感じることになった。嫁さんのに手を合わせ、「これからもよろしくお願いします」と一礼したことは秘密だ。

 そうそう、ヴァギナには縁がないというのはウソだ。人は、だれもみな、少なくとも一度はお世話になっているから。その意味でいうなら、この世界を作ったのはヴァギナだといえるし、この未来を作りだすのもヴァギナなんだな。

 ヴァギナ観を一変させる、決定的な一冊。

| | コメント (17) | トラックバック (1)

電子書籍に騒ぐ人へ「書物の秩序」

 電子書籍だ黒船だと騒ぐ人、まぁ餅つけ。いまに始まった話でもなし、シャルチエ師匠と考えてみよう。

Shomotunotitujo ロジェ・シャルチエは、フランスの歴史学者。写本から印刷物まで、「記されたもの」の浸透が社会に与えた影響を検証し、どのように新たな思考様式生み出していったかをテーマに、多数の研究成果を発表している。紙から画面に代わるとき、どんな変化が起きるのかを、十年・百年単位で考えるのに良いかと。ドッグイヤーじゃなく、腰をつけて。

 実はシャルチエ師匠、9月7日に国会図書館で講演をする。タイトルは、「本とは何か。古代のメタファー、啓蒙時代の諸概念、デジタルの現実」。さらに福井憲彦氏と長尾真氏を交えて鼎談をするので、腰をつけて考える人にはうってつけ。わたしは申し込んだけど、先着順らしいのでお早めに↓

  国民読書年記念ロジェ・シャルチエ氏講演会「本と読書、その歴史と未来」

 そこで、予習のつもりの一冊目が「書物の秩序」。グーテンベルク革命のなか、手写本から活字本へのドラスティックな移行がどのように統御されていったのかを考察する。いわゆるテクスト論に閉じず、モノとしての書物の変遷や、書物に働きかける読者をグルーピングした「読者共同体」、さらには「壁のない」普遍的図書館(いまなら迷わず"電子図書館"と訳すだろう)までを視野に入れた論を展開する。
 
 とても挑発的で、最初にわたしが持っていた、「読書」に対する予見じみたものに揺さぶりをかける。読者を煽るのではなく、読者の持つ「読むということ」そのものへの疑問を、読み手自身が抱くようにしむけるのだ。

 たとえば「著作者」とはそのまま、その本を書いた人だとわたしはとらえる。だが、「著作者」とは、王権が与えていた出版独占権を書籍商が防衛する中で、作品に一貫したアイデンティティを与えるために誕生した概念だと指摘されると、ハッとする。極論言うなら、主体であればいいのなら、人でなくてもかまわない、ということだ。ネットにつぶやくbotだろうと、言語解析プログラムの出力だろうと、「著作者」たりうるのだ。

 さらに、著作者についてもっと自由にとらえて良いのなら、人でもプログラムでもなく、「束ねるもの」になる。すなわち、(書いた人という意味での)著作者そのものではなく、その著作を示す「束ねるもの」に焦点があたるのだ。すべての本はオリジナルではなく、多かれ少なかれ、遠かれ近かれ、書いた人が通り過ぎた思想なり物語の援用・引用になる。ある本のモトとなった本を束ねているのが、著者ということになるのだ。

 もっと推し進めると、レビューしたり誉めたりけなしたりする「人」が、それらの本を束ねていることになる。そして、その「人」と自分との好みの位置や思想的距離によって、その「人」が束ねている本と自分の相対的な位置・距離が決まっていく。これはあたりまえのことかもしれない。読む動機は、そのテクストを示すレビュー/人/宣伝と自分の距離で決まっていくものだから。だが、その「あたりまえ」が可視化される。興味というポインタが赤い糸のように自分から伸びているのを、Augmented Reality を通してオーバーレイされる感じ。そこでの「本」は、ノードのように写っているだろう。

 グーテンベルクの出版革命により、収拾がつかなくなっただろうか?否。むしろ逆方向に働く力も出てきたことが指摘される。大量の本がバラバラに撒き散らされるのではなく、むしろ精選され、削ぎ落とされ、摘要される方向のダイナミズムは、グーテンベルクのユートピアだけでなく、いまも、これからも働いていくだろう。現在のスナップショット風に表すなら、ブログやTwitterのようにバラ撒かれる言説を、Tumblrや「まとめ」サイトが選別していくように。

 本書が世に出た1994年にはTwitterもTumblrもないので、シャルチエ師匠は、1771年に著された未来小説「二四四〇年」をひっぱり出してくる。そこで、国王図書館の司書の発言を引用する。莫大な書物を収めた伽藍ではなく、たった数点しかない部屋を前に曰く、

「くだらない、無用、危険」と判断されたすべての書物を焼き払う前に、二十五世紀の開明的な人たちは、最も重要なものをよけておいた、それらはわずかの場所しか取らない。私たちは公正さを欠いておらず、また名著で風呂を焚いたサラセン人とは違うので、選別したのです。(中略)私たちは、最も重要なものの要約を作ったのです。
 本はフローであり、流れ去っていくもの。その中で、エッセンスともいうべきものが残る。主に古典と呼ばれるものがそうだが、そこに新たな作品が加わり、さらに淘汰され取捨される(古典ならすべからく残るべし、はウソ)。引用され、参照される「箴言」「摘要」こそが選別されてゆく。最低限残るのは、「タイトル」になる。詠み人しらずの詩や、手垢にまみれた詭弁佞言はあれど、「その言説が何であったか」を指し示すポインタ―――名前やね―――がどうしても必要になる。モノとしての本が消失したとしても、「かつてそういう言説を唱えた○○という本があった」というためには、その○○こそが残っていなければならない。つまり、本の本こそが、残る本たりうる。

 ただ、急いで書き添えなくてはならないのは、「誰のための選択?」になる。当時は王立図書館が百科全書的に収集・選別をくり返せばよかった。その選択条件は一律で、国家や学術のオフィシャルな目的に沿っていた。しかし、現在と未来は、もっとプライベートな基準により峻別される(公開非公開というよりも、個々に、という意味で)。本が多様化するのではなく、選択の基準と方式が多様化する。

 ここでGoogle先生やamazon御大を持ってくるのは簡単だが、しない。人気ランキングや関連性の強さによる重み付けプログラムが、プライベートになった選択基準に沿うとは考えられないからである。もちろん、ベストセラーしか読みませんというカラッポ人ならamazon御大に任せて安心かも。だが、プライベートな選択は、ほんとうに一つのアカウント、一つのメディアからでしかもたらされないのだろうか?

 ちがうよね。読むことを動機づける情報元は、必ず複数チャネルある。それこそネットに限らず、テレビや目に入った広告、キーワード、頭から離れないフレーズ、ふと思い出した主張など、いくらでもある。RSSやiPhoneといったサービス/デバイスによる違いがあるかもしれないが、チャネルを束ねているものに依存していない(はずだ)。なにもかも一つのインタフェースで解決しようとするのは、それこそ十年・百年の世界になる。

 今の騒ぎは、デバイスやマーケットのネタが先行されすぎてて、とてもわたしには追いつけない。長い目で見れば、現在はチャネルが増える程度の変化に見える。むしろ、むかし世間を騒がせた、マルチメディア狂想曲や次世代ゲームバトル、さもなくばパーム戦争の焼き直しのようにも見えるのだ。そういや、Pipin @. や Apple Newton は今いずこ……(遠い目)。

 この文章、十年後に「答え合わせ」したいなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スカッと、さわやか「潮騒」

 鮮やかな夏小説、三島由紀夫「潮騒」

 夏をテーマに選書した20冊のうちの一冊を、ン十年ぶりに再読してみる。しかもシチュエーションは午後の浜辺、波の音をBGMにしてみたところ……期待を裏切らず、鮮やかなワクワクドキドキ感覚を味わう。結末は分かっていても、恋物語はいいねぇ。

 伊勢湾の歌島を舞台にした、田舎の純朴なボーイ・ミーツ・ガールのストーリーなのだが、なんといっても読みどころは、おっぱいを始めとするカラダの描写だろう。この一文に触れるために、「潮騒」を通読しても損はない。

それは決して男を知った乳房ではなく、まだやっと綻びかけたばかりで、それが一たん花をひらいたらどんなに美しかろうと思われる胸なのである。
 薔薇いろの蕾をもちあげている小高い一双の丘のあいだには、よく日に灼けた、しかも肌の繊細さと滑らかさと一脈の冷たさを失わない、早春の気を漂わせた谷間があった。四肢のととのった発育と歩を合わせて、乳房の育ちも決して遅れをとってはいなかった。が、まだいくばくの固みを帯びたそのふくらみは、今や覚めぎわの眠りにいて、ほんの羽毛の一触、ほんの微風の愛撫で、目をさましそうに見えるのである。


 そう、処女のおっぱいは、「冷たい」のだ。あのひんやりとした感覚は、男を知らないからこそ。幾度かの交接を経ることによって、中に「灯」を入れることができるのだ。さわってアツくなるのは男を意識した後の話で、知らないからこそなる無防備さに、若い男の初読者は翻弄されるだろう。ひらがなで開いている部分と、わざと漢字で締めている部分が、憎いほど上手い。小説かくなら、こういうおっぱい描写は何べんも書写すべきだろう。

 他にも、ヒロイン・初江のツンデレじみた振る舞いに萌えてもよし、ファーストキスを、「ひびわれて乾いた唇の触れ合い」で、塩辛さを強調したリアリティにハァハァしてもいいカンジに仕上がっている。

 本作は、他の三島モノと一緒で、静止画的な写実に満ち溢れている。色彩鮮やかで匂いが一切ないところは、好き嫌いの分かれ道となっている。柔肌の「熱さ」はあっても、湿気を伴った「暑さ」が無いんだよなー。だからこそ、耽美フェチに愛される所以なのかもしれない。ネットを漁ってみたところ、写実ばかりで、ストーリーが面白くないからミシマはダメだという意見が平成生まれの若者(?)から出ていたが、そんなキミには「夏子の冒険」とかベタにオススメ。ストーリーに転がされる読みではなく、「なぜ・どうして?」とか「ボクならこうするのに」とはぁはぁできる。たとえばこう……

 逢瀬を重ねながらも、用心深く振舞う初江は、ずる賢いといってもいいぐらいだ。火を飛び越えるシーンは、その美しさばかりが喧伝されるが、「なんであのときヤらなかったのだろう」という疑問は、ちょっとどころか、何度でも考えるに値する。深夜、全裸、嵐の夜。おさえきれない恋心、二人を隔てるものは、焚き火だけ。犯りゃヤれちゃったのに、なぜ?

 ケモノになれたのに「あえて」しなかったのは、男にとっては経験不足。ナニをどうすればかは、身体なら知っているだろうが、そこへもつれこむためにどういうプロセスを経るのか分からない(彼のライバルの強引なやり口が対照的だ)。いっぽう少女の方が冷静だ。一時の熱情に駆られて身を任せたとしても、いずれ誰かの口の端に登る。狭い田舎だ、噂になったらいられなくなる。どちらもカラダが反応しつつ、この男女(なんにょ)のコントラストがいい。カレの純粋さが愚鈍さに、カノジョの清純さが狡猾さに見えてくる。

 それにしてもミシマは上手い。あわやという場面では、「若者」「少女」で描写し、痴情シーンを抜けると、「新治」「初江」に戻るところなんて、再読した今回気づいた。固有名詞をかなぐり捨てて、お互いが迫りあう感覚に、著者自身が寄り添っていることがよく見える。もちろん計算して書いていることが分かってても、思わず吸い込まれてしまう。

 こんなオッサンちっくな読みをしなくても、ちゃんと嬉しいラストを用意してくれる。ハッピーエンドを飾る、少年の真っ白いシャツが眼に沁みる。ビジュアルにも構成的にも秀逸なので、次の夏はバラバラに解剖して読んでみよう。

 読んで爽快な夏小説を、どうぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »