« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »

物語るための技術と原則「キャラクター小説の作り方」

キャラクター小説の作り方 キャラクター小説(スニーカー文庫のようなヤツ)の作り方を通じ、物語るための原理原則が明らかにされている。ラノベに限らず、マンガの原作、シナリオライティングに有用な一冊。基本中の基本である物語の原則とはこれ→「主人公は何かが"欠け"ていてそれを"回復"しようという"目的"を持っている」

 スゴ本オフ@松丸本舗でオススメされ一読、こりゃいい、マネさせてもらおう(nobuさんに感謝、「物語の体操」も読みます)。何が良いかというと、きわめて具体的なところ。文章術や小説の書き方というヤツは、謳い文句に反して看板倒れなものがある。「100枚書け」とか「必読本100」とか、ハードルが高い作者の特殊なやり方を紹介しているものがある。それに比べ本書は、カードとエンピツだけで実践できる。

 その一つの方法はこれ、「カード&プロット法」と名づけてみた。「場面」をカードに書き込むのだ。B6サイズ情報カードに、一つの場面(シーン)を振り分けて、物語全体の構成を形作る。

  • ワンシーンにつき一枚のカード
  • 400-800字ぐらいのプロット
  • 物語の時間軸に沿って通し番号を振る
  • 書く内容は、通し番号、場所、時、登場人物、プロット、伏線、読者に伝えるべき情報
  • 最初は穴があってもいいので、最後のシーンまで書く
 そして、できあがったカードを以下の要領でチェックする。
  1. 同じ場所がくり返し現れていないか。くり返しが意図して効果を狙ったのでなければ、主人公たちがお芝居する場所に変化を持たせる(ストーリーの単調さが解決される)
  2. 長すぎるプロットは分割する、同じ内容を繰り返しているのでどちらかを減らす
  3. 伏線を受ける場面を用意しているか。ないなら新しく作る。そもそもその伏線はいらないか検討する
  4. 読者に伝えるべき情報がなにもない場面がないか、チェック。「伝えるべき情報」がそもそもそれでいいのか、疑ってかかる
 チェックを通じて、カードを増やしたり減らしたり、削ったり中身を書き換えたりする。ある程度進んだら、時間軸上の入れ替えをする。クライマックスを先頭にしたりすることで、物語を演出するのだ。自分のプロットを書く前に、著者は、お気に入りの小説をカード化することを提案している。「物語を破綻なく作る力」をレベルアップするというのだ。わたし自身、物語を書く予定はないが、この「小説のカード化」はやってみたい。プロの作家が、場面ごとにどのように作品を組み立てているかを解体しながら読むことができるから。

 では、どうやってプロットを出すか?本書は端的に「盗め」と言う。著作権法に触れるような盗作ではない。元ネタのキャラクターをいったん抽象化し、元ネタが属する世界観をとっぱらって、異なる外見や設定や時代背景を与えてやればいいというのだ。創作とは盗作であり、過去作・周辺作からいかに「パクる」かが重要なのだという主張は、マラルメの「すべての書(ふみ)は読まれたり」を思い出す(さもなくば、ボルヘス「疲れた男のユートピア」か)。わたしたちは、過去に触れた作品を通じ、現前の作品を理解する。通過した作品やそのときの感情を思い起こすような刺激を与える物語こそが、「面白い」と受け止められるんだ。

 このように、(書くつもりのない)わたしにも、思わず書きたくなる気を掻きたてるような手法や観方がわんさと紹介されている。その一方で、どうしても首を傾げたくなる主張もある。それは、日本の近代小説を二極化しているところ。

 自然主義の立場に立って「私」という存在を描写する「私小説」を一方の極に置いて、まんが的な非リアリズムによって描く「キャラクター小説」を反対側に据える。両者を検証しながら日本文学を批評するのは小気味がいいが、極端すぎやしないだろうか。なぜなら、社会派やSFといった舞台設定そのものがウリの小説が無視されているから。さらに、紀行や伝奇、時代モノなどの時空間の差異がテーマの小説が度外視されているのだ。

 もちろん、強引に「広義の私小説」(紀行、社会派)や「広義のキャラ小説」(SF、伝奇、時代)に持っていくことは可能だ。だが、同時に、社会現象や異文化といった持ち味が減殺されてしまう。小説とは、ヒトを描くだけでなく、歴史も、場所も、事象も表すことができると思っているわたしには、ちとモノ足りない。

マンガの創り方 著者と意見の分かれるところもあるが、この人の論をもっと読みたい、この人のテクニックをもっと盗みたい気にさせてくれる。がめつく読んで、モノにするつもり。類書に、「マンガの創り方」というネームに特化したスゴ本がある[レビュー]。これは、どちらかというと、演出の技術に重点が置かれている。最初のプロットを創りだすためには、「キャラクター小説の作り方」を、できたプロットをいかに面白くするかは「マンガの創り方」になる。ストーリー演出については、バイブル級の一冊なり。

 エロティックでグロテスクな恋愛を書きたいときに、参考にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スゴ本オフ@松丸本舗やったよ

 「いっしょに本棚めぐり&オススメしあう」コンセプトで、本屋オフをしたぞ。

 ふつう本屋は一人で黙々ハンティングするもの───この常識をくつがえし、いっしょに松丸本舗の本棚をいっしょに眺め、共同で狩りをしてみよう。この呼びかけに沢山の方に集まっていただき、嬉しい楽しい大好きな7時間と相なった。アドバイスいただいた松丸スタッフの方がたにも感謝・感謝。

 朝から夕方まで本屋にいたら、さすがに疲れるかと思いきや、アッという間だったので、やってるわたしが驚いている。棚を前にするオフ会だから話が具体的だし、何よりも「ホラここ」と指し示せるのが良い。

 ある本が単独で存在するのではなく、関連する書、関連する著者、ジャンル、研究が、星座のように連関している。松丸本舗の棚は、その関連性を生かした作りかたをしている。ドン・キホーテのような古本屋のような雑然とした雰囲気でも、本と棚の関連に魅入られているうち、宝探ししている気分になってくる。

 これを複数人数で周ると、まるで別の見方ができる。「わたしなこう見える」という、まるで違うリンケージをたどることができるのだ。あたかも、同じ星ぼしを見ているのに、違う星座を見つけているみたいだ。同じ棚を見ているのに、違う本をキーに連想する、その「違い」が面白い。

 いっしょに棚めぐりをした方から、沢山のオススメをいただいた。ありがたやありがたや。そして、いつもいつもオフ会で感じているように、わたしは、さっぱり読んでないや、もっと読みたい!と火を点けられている。いくつかメモしておく。

   芸術起業論(村上隆、幻冬舎)
   なぜあの人はあやまちを認めないのか(アロンソン、河出書房)
   小さな小さな魔女ピッキ(トーン・テレヘン、徳間書店)
   「やればできる!」の研究(ドゥエック、草思社)
   怖い絵(中野京子、朝日出版社)
   ドロヘドロ(林田球、IKKI)

 今回の棚めぐりで気づいたのは、「棚の流動性」。松岡正剛さんの千夜千冊に出てきた本=Keybooksをベースに、スタッフの方が新刊を追加しているだけだと思いきや、棚そのものが変わっているのだ。いわゆるテーマやステージの変動による「入れ替え」ではなく、本が移動している現象なんだ。さらに、本が増殖しているという珍現象も起きている。

 例えば、谷崎潤一郎の「細雪」の置き場所(3箇所ある)が移動してたり、ヴィットコップの「ネクロフィリア」は2冊から5冊に増えていたり。同じ本は同じ場所に積んであるのではなく、本舗のあちこちに、罠のように隠されている。スタッフによって得て不得手の棚があるのは分かるが、これだけ同じ本がバラバラの場所で見出されているということは、何かの意図を感じてしまう。

 来た!見た!買った!の勢いで、久しぶりにリミッターカットしたオトナ買いを目指した結果がコレ。「醜の歴史」(エーコ、東洋書林)とか、かな~り悩んだのだけど、結局棚に戻してしまったヘタレとは、このわたし。

Matumaru0807

 次回もやります、本屋オフ。複数の書店の棚めぐりとか、Twitter を用いた実況をおりまぜてみたいですな。無線LANが使える本屋さんってあるのだろうか……

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年8月1日 - 2010年8月7日 | トップページ | 2010年8月15日 - 2010年8月21日 »