« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »

「ヴァインランド」はスゴ本

 もちろん持ってますぞ、「V.」も「重力の虹」も新潮社の「ヴァインランド」も。

ヴァインランド そして、どれも最後まで読んでないwww たまに発作的に、「いつかは、ピンチョン」とつぶやいて、あのずっしり詰まったハードカバーを手にとるのだが、イメージの濁流に呑み込まれて読書どころでなくなる。注釈と二重解釈と地文と話者の逆転とクローズアップとフラッシュバックと主客の跳躍に翻弄され、読書不能。まれに、「読んだ」「面白かった」という方がいらっしゃるが、どうやって読んだのだろうあやかりたい頭借りたい。

 逃げちゃダメだ逃げちゃダメだと河出書房の新訳に手を出す。今回は池澤解説(ピンクの投げ込み)と池澤書評[URL]で予習したからバッチリさ――とはいえ、極彩色で蛍光色の【あの】60年代70年代を、ゲップが出るまでたっぷり喰わされる。ロック、ドラッグ、サイケデリックな【あの時代】を駆けぬけ突きぬけくぐりぬけてきた人なら、諸手をあげてラブ&ピース(「友愛」ですなwww)と讃えるだろう。訳者はご丁寧にも注釈で唆す――ネット動画検索等に役立つよう、固有名詞の多くを英語表記する――ので、Youtubeを傍らに読むとノれる。

 わたしといえば、【あの時代】の残滓と微妙にシンクロしており、「初体験リッジモンド・ハイ」のフィービー・ケイツのおっぱいを思い出して愉快になったり、「ブレードランナー」の大富豪のエレベーター(詰みチェスのシーン)もかくありやなむと感慨ぶったり。あるいは'84ゴジラの武田鉄矢「でっかい顔しやがってこの田舎もんがッ」を思い出すし、ピンクに染まった加藤茶の「ちょっとだけよ~」のBGM(テンテケ・テンテン・テンテンテン~)に浸る一瞬も!

 ページをめくるたびに登場する新キャラとエピソードと、複雑に折れ曲がってゆく展開と、現在、過去、大過去を一瞬で行き来する自由度、さらには、独白と会話と一人称と三人称と神の視点と信用できない語り手とピンチョンのコメントが入り乱れ、ついには誰の何の話なのかどうでもよくなる。原書読んでないけれど、訳文から察するに、何の断りもなく過去を現在形で書いたり、話の途中で主客を変換してるんじゃぁないかと。

 脇役が主となるエピソードの脇役が主となるエピソードの脇役が……という因果の連鎖が続き、人物や場所にまつわるエピソードから別の人物や場所にリンクさせるので油断ならない。カメラワークで物語を転がす映画的手法はありがちかもしれないが、この跳躍は尋常じゃない。タランティーノの「パルプ・フィクション」やガイ・リッチーの「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」のような、めまぐるしいシーンの切り替えに戸惑う。読み落として、なんでコイツがこんなことヤってるの???と不思議に思うこと幾度か。

 ちょうど、TVのチャンネルを替えるかのように話が変奏していくのだ。別のチャンネルにさっきの人がちゃっかり登場したり、あるいは、キライなCMを見ないようにチャンネル変えたらまさにそのCMが始まるところだった――といった感覚に囚われる。

 エピソードと人物の連鎖は、ちょうど物語の最深部、ロックンロール人民共和国の崩壊を境に、二つ折りのようにシンメトリックに並んでいる。ダブルミーニングやおふざけワードだけでなく、構成そのものからも仕掛けがある。ストーリー追いかけるだけなら単純な筋を二つ三つ押さえているだけでいいが、これは、物語性を蒸留したりナントカ思想を抽出するようなシロモノじゃないね(やったら死にまする)。ハマる音楽は「聴く」というよりも身を「委ねる」ように、これは読むというよりも「ひたる」「もぐる」感覚を楽しむべし。

 運命に抗おうというよりも波にノって上手くヤっていこう的なノリが【あの時代】の若者っぽい。けれども、ヒッピーをハッピーできるのはわずかな間だけ。いつまでも「若者」ではいられない。トシとっても子ども気分を味わっていたいピーターパンはゾイド・ホィーラ、逃げ回る母親役ウェンディはフレネシ・ゲイツ、海賊フック船長はブロック・ヴォンドにダブってくる。さしずめ、トリックスターのプレーリィは、ティンカー・ベルといったところか。この14歳のプレーリィがまたカワイイんだ、こんなイカすセリフを吐いているぞ。

(「入力と出力に責任をとれない人間は入れるべからず」という規則に)「口から入れるものは自分で稼げ、お尻から出すものは自分で始末しろ、ってこと?あたしなら大丈夫。もう何年もそれやってきてるもん」
欲望の赴くまま公権力を暴走させるブロック・ヴォンドの名ゼリフはコレ。
「いいかね、二つの世界があるんだよ。どこかにカメラがかならずある世界と、どこかにかならず銃がある世界。見せもののゴッコの世界とリアルな世界だ。そのはざまに、いまきみは立ったんだと思ってごらん。さあ、どっちの世界を選ぶんだね。ん?」
 パラノイアに満ちた読むドラッグに懐かしんだり酔っ払ったりしてるうち、カリフォルニアの架空のこの街「ヴァインランド」は、「ネバーランド」に見えてくる。あるいはヴァインランド(VINELAND)ではなくヴェインランド(VAINLAND=虚栄の世界)に空目してしょうがない。

 以下、訳者解説より引用した自分メモ。一昨年から出る出ると噂されていたピンチョン全集がじきに刊行開始となるそうな。現時点でのピンチョンの全著作の概要は、以下の通り。

V. 1956年のニューヨークを基地とし、謎の「女」の暗躍を追って世界史の複数の地点(サイト)に飛んでいく物語。1963年発表。

ナンバー49の叫び声 1964年か65年のカリフォルニアに、17世紀以来、歴史の陰で暗躍してきた対抗コミュニケーション・システムが浮上してきたようすが幻視される。1966年発表。

重力の虹 V2ロケットの降り注ぐ1944年初冬のロンドンから翌年初秋の焼け跡のドイツを舞台とするが、帝国主義下の軍と産業カルテルの進展を追いつつ、話の蔓はアフリカ、アラビア、ロシア、東欧、アルゼンチン、アメリカの便器の奥、地球内部、天国の死者たちへ延びる。1973年発表。

ヴァインランド 1984年のカリフォルニアを現在として、60年代闘争期にズームイン。1990年発表

メイソン&ディクソン 独立戦争前のアメリカに、後に国を二分することになった線を引いていく天文学者と測量技師の物語。面妖なキャラクターが実在の建国の父たちに混じって登場する。珍妙な擬古文体によるポストモダン歴史大作。1997年発表。

逆光 1890年代から第一次大戦直後まで、荒々しい資本主義発展期の地球を、複数の物語がかけめぐる。2006年発表。

Inherent Vice 1970年、カウンターカルチャーの「祭りの後」を舞台とした探偵小説。「内在する愚」と直訳されるタイトルは「もともと傷物」(なので保険の適用なし)という意味の業界フレーズ。2009年発表。

 本書の訳者、佐藤良明氏は、現在「V.」の新訳中で、その後「重力の虹」に取り掛かるという。「ピンチョン・コンプリート・コレクション」がそろうまでに、わたしの本棚の肥やしを読みきれるか――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分でエラーに気づくために「失敗のしくみ」

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか 現場のリスクマネジメントの好著。「失敗」の原因と対策について、ケアレスミスから重大な過失まで幅広くカバーしている。見開き左右に本文+イラストの構成で非常に分かりやすい。

 仕事上、センシティブな情報に触れることがあるし、失敗の許されない作業もある(この「許されない」とは、失敗したら損害賠償という意)。クリティカルな作業は、複数人でレビューを経た手順を追い、チェックリストを指差呼称するのがあたりまえ。それでもミスを完全になくすことはできない。テストファイルを本番環境に突っこんだり、間違ったスクリプトを実行したり、ヒヤリハットは忘れた頃にやってくる。

 ありえないミスとして、単位の取り違えも有名だろう。1999年に起きた火星探査機の墜落事故は、メートルとフィートを間違えたことが原因だし、2010年早々に発生した「2000年問題」は、10進数(10)と16進数(0x10)を取り違え、2009年からいきなり2016年になったことが発端らしい。

 日常生活でもうっかりミスはある。わたしの場合、エレベーターに乗ってて扉が開く→降りる→違う階だった!というボケから、駐車券探すためにいったんエンジン止めて、見つけたのはいいけれど、今度はエンジンかからなくてパニック!(シフトがDのままだった)という恥ずかしいやら情けないやら。

 こうした日常生活や現場レベルでのミスを減らすには、どうしたらよいだろうか?

 さまざまな「気づき」が得られたのは、「絵でみる 失敗のしくみ」。ついうっかり「まちがえた!」「忘れた!」というとき、認識はどのように働いていたのか(いなかったのか)が、過去の事例とともに紹介される。つまり、「ドジ」「度忘れ」「勘違い」のメカニズムが明らかにされるのだ。

 著者によると、人は間違えるのが正常だという。「勘違い」とは即ち入力ミスであり、「度忘れ」は記憶や判断ミス、「ドジ」とは出力ミスだとカテゴリを分け、それぞれの防止策を解説する。本書によると、エレベーターで降りる階を間違えるのは、「出力ミス」になる。動作パターンを体が記憶しており、習慣化に慣らされた体が、逆にその習慣に乗っ取られた事例だそうな。対策はセルフモニタリング、自分の行動をふりかえる「癖」をつけよという。鍵かけ指差し呼称や、宛先はメール送信直前に入れるといった応用が利く。失敗が影響を与える前に気づき、検知する仕組みを習慣化するわけ。

 また、相手を巻き込む「確認会話」の提案は有効だ。わたし自身も実践しているテクニックだが、意外とこれでミスを発見できる。「確認会話」とは、「相手が使った言葉とは違う表現で返す」こと。たとえば、相手が「来週火曜の夜7時にしよう」といったら、「来週の火曜日は……1月26日の19時ですね」と応えるのだ。単なるオウム返しではない「言い換え」により、相手のいい間違いと、自分の聞き違いが一度に分かる。

 本書で知った事例なのだが、2008年に徳島で起きた医療事故が痛ましい。ホルモン剤を投与するつもりの医師が、間違えて筋弛緩剤を処方したため、患者が亡くなったのだ。ホルモン剤は「サクシゾン」という名称で、筋弛緩剤は「サクシン」という。

 病院は「サクシゾン」を常備リストから外すなどの予防処置をしていたが、医師は転勤したばかりで知らなかったこと、処方プログラムの先行入力(最初の数文字を入れると候補が出る)でカン違いしたことが重なったという。点滴を担当した看護師は不審に思い、「サクシンでいいのですか?」と確認したのに、医師は何を聞き間違えたのか、「20分でお願いします」と答えたとある。もちろん医師のミスであることは間違いないが、そもそもそんな紛らわしい名前にしていることの方が問題だろう。この事故の後、筋弛緩剤は「スキサメトニウム」と改名されている。

 著者が強く主張しているのは、「失敗を裁くな!」ということ。懸命にやった上でのミスは、懲罰では防げないという。ミスをした人が逮捕されたり、有罪になったりすると、同業者は意欲をなくしてしまうおそれがある。さらに、日本社会は、技術的エラーにもっと寛容になるべきではないか?と問いかける。

 もちろん、職務として与えられた役割を放棄していた(規範的エラー)のであれば、その怠慢は責められるべきだろう。しかし、行うべき職務を果たしたものの、結果が要求される水準より低かった(技術的エラー)場合を厳罰にするのはおかしいというのだ。「医療事故→医師有罪」を立式して煽るマスコミへ、釘を刺しているように見える。

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか 大惨事のレベルになっても、ミスやエラーの本質が変わっていないのが興味深い。「最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか」では、飛行船墜落や原発事故、ビル倒壊など50あまりの事例を紹介している。誰がどのように引き起こしたか、食い止めたか、人的要因とメカニズムがドキュメンタリータッチで描かれている。「エラーを起こすのは人、くい止めるのも人」というシンプルな結論は、その対策も巨大化しているだけで本質は同じ。全てのエラーはヒューマンエラーになる。わたしのレビューは「最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか」を参照のこと。

 失敗を不必要に怖がるべきではなく、むしろ、失敗から学ばないほうが怖い。ミスを減らす特効薬は、過去のミスから学ぶことなのだから。転ばぬ先のなんとやら、日常/仕事を問わず、「ミス」を確実に減らしていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

【PMP試験対策】 プロジェクトマネジメント・フレームワーク(その3)

 【PMP試験対策】は、PMBOK4版をベースに、PMP試験の傾向と対策をまとめるシリーズ。

─────────────────────────────────

 プロジェクトマネジメント・フレームワークの続き。制約条件、OPM3、ステークホルダーについて。

 「制約条件」について。プロジェクトを縛るものとしてさまざまな制約条件が挙げられる。スケジュール、コスト、リスク、スコープ(仕様)、品質、リソース、顧客満足度など、さまざまな要素がある。先に「縛る」という比喩を用いたが、見方を変えるとこれら制約条件は、要求達成度を測るモノサシとして定義することができる。つまり、制約所受けとはプロジェクトを縛るものではなく、測るものなんだ。

 制約条件には優先度が伴う。リリース日が譲れないのなら、機能を削減するか、コストを追加するといった対策が必要だ。そして、制約条件の優先順位を決めるのが、上級マネージャーの役目になる。

 あたりまえのことなんだが、これを理解できていないぼんくらは意外に多い。このぼんくらは、特に上司や発注元に集中しているのはナントカの法則ともいうべきだろう。スケジュールを短縮したら、コストや品質に悪影響を及ぼすなんて、常識以前の問題だろう。「すべて最優先で!」などと、精神力でナントカさせようとするその精神が狂っている。

 プロジェクトが開始された途端、制約条件は追加・変更される。制約条件が変わらないプロジェクトなど、ありえないといっていい。そして、変更要求が制約条件へどのような影響を与えるかを分析するかは、PMが責任を負っている。全ての変更要求は、統合変更管理を経て精査される。これは「べき」論ではなく、あたりまえの手続きだと受け取ったほうがいい。ぼんくらどもの要求圧力は、統合変更管理という公の場で吟味され、優先順位とトレードオフが決められる。舞台裏での「貸し/借り」は、ないのだ。

 「OPM3」とは、"Organizational project management maturity model" の略で、「組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル」と訳される。プロジェクト、プログラム、ポートフォリオをマネジメントする組織的能力や成熟度を測るためのモデルで、「標準化」「測定」「コントロール」「継続的改善」の4つの改善段階を踏むとされている。

 「ステークホルダー」について。ステークホルダーとは何ぞや?よく「プロジェクト関係者」と表されるが、要するにプロジェクトに影響を与える人や組織のこと。この「影響」はポジティブでもネガティブでも関係なく、PM、顧客、スポンサー、チームをはじめとし、マネジメントチームやPMOもステークホルダーとして含まれている。

 Rita本では、ここで注意が入る。「ステークホルダーとは、プロジェクトチームの手助けをする人たちだけではない」と忠告する。もし、「ステークホルダー = チームのアシスタント」と思っているのなら、大きな勘違いをしているそうな。PMP試験は危ういし、プロジェクトそのものの成功もおぼつかないとまで言う。

─────────────────────────────────

PMBOK4日本語 【PMP試験対策】シリーズについて。

 ベースは、PMBOKガイド4版と、"PMP Exam Prep"、通称Rita本の2本立て。PMBOKガイドを傍らに一連のエントリを「読むだけで合格する」ようなシリーズにするつもりだ。過去の記事は、以下のリンク先が入り口となっている。PMBOKガイドの古い版が元となっているが、「PMIイズム」「PM的思考」は学べる。ぜひ参照してほしい。

   【PMP試験対策】 PMBOK2000版
   【PMP試験対策】 PMBOK3版


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月10日 - 2010年1月16日 | トップページ | 2010年1月24日 - 2010年1月30日 »