« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

がんを考える、自分事として、「カシオペアの丘で」

 人間の死亡率は100パーセント。そして、その可能性が最も高いのは、がんになる。

 わたしががんになったら、何が起こるのか。具体的な症状や療法よりもむしろ、わたし自身がどう受けとめ、家族にどんな影響を与えるのか。この小説を読みながら、嫌が応でも主人公とわたしを重ね合わせる。

カシオペアの丘で(上)カシオペアの丘で(下)

 重松清は初めてなのだが、上手いな、この人と思わせるのは、単純な闘病記や家族ドラマに留めなかったところ。読者へのサービス精神なのか、フィクションのチカラを利用して、殺人事件やミステリ要素を盛り込んでおり、ページを繰る手を休ませない。要所要所でグッとくる仕掛けもよくできており、伏線回収の情景もドラマチックだ。「きこえ」は悪いがエンタメ的なり。

 しかし、主旋律はしっかりとしている。40歳、仕事もあれば、家庭もある男。まんま、わたしにあてはまる。レントゲン検診で「要再調査」となり、精密検査でかなり進行していることを告知される。否定や怒りを経て、受容までの各段階や、家族の反応、封印された「思い出」への再訪、そして自分自身をゆるすこと―――人生の残された時間をいかに過ごすか。早すぎるがんの進行にあわせた展開のテンポが絶妙で、こころにくいほど。

 彼の反応は、わたしのものだ。うっかり同化して、思わず涙ぐむ。めちゃくちゃぐちゃぐちゃにされるのは、わが子へどう伝えるか。主人公は、小学四年生の一人息子がいる。「死」はもうわかる年頃だ。パパの楽しい思い出を残すだけで、ホントのことを言わずに死んでいくか、それとも、ありのままを伝え、きちんと「別れ」を告げるか、彼の煩悶はそのまま、わたしを身悶えさせる。タイトルでもある「カシオペアの丘で」、彼が、息子に、伝えた言葉のひとつひとつが、わたしの胸を撃つ。わたしの胸に刻み込まれるような読書になる。

 わたしなら、どうする?

 自分がもうすぐ死んでしまうことよりも、自分が愛する人に悲しくて悔しい思いをさせてしまうことが、悲しくて悔しい―――彼の嗚咽はわたしのものだ。本のドラマが終わったあと、わたしができることは、この思いを予約しておくこと。死は避けられないし、がんになるかも分からない。であれば、そうなってあらためてイチから考えはじめるのではなく、いま、ここで、この感情をリザーブしておくこと。その思いを抱えながら、きょうを生きること。子どもには、死の教育を施しておくこと。

  子どもに死を教える3冊
  子どもに死を教える4冊目
  がんを覚悟する生き方

 痛勤電車が読書タイムであるわたしには、かなり辛い読書になった。周りの人はさぞかし気味悪かっただろう。平日朝から嗚咽こらえるオッサンはどう見ても変態だ。なので、これから読む人は、必ず独りで読むように。

 それから、わたし自身への気づきを得るため、「生活目線でがんを語る会」に参画する。7/23 六本木で行われる会合で、身近な病としてのがんについて体験者のお話を聞く。募集は既に締め切っているが、U-Streamで視聴可能だ(19:30~)。

  「生活目線でがんを語る会」 U-Stream
  「生活目線でがんを語る会」 Twitter (ハッシュタグは #ganlife )

 他人事ではなく、自分事として、がんを考える。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

「夏を感じる」スゴ本オフ

 第3回スゴ本オフの話。

 7/16に麹町でオフ会をする。会場を貸していただいているKDDIコミュニケーションズ様、やすゆきさん、大木さん、ずばぴたさん、ともこさん、ありがとうございます。「オススメ本を持ち寄って、まったりアツく語り合う」コンセプトで始めたオフ会だ。わたし単品だったらゼッタイ無理だったこの企画も、はや3度目。どんだけ感謝してもし足りない。

 で、ヤる度にびしびし感じるのだが、本読んでないね、わたし。読んでないというより、ハナっから知らない。知らない本がザクザク出てくる。ふつう、ほとんどの本は知らないだろう常識的に考えて―――というツッコミごもっとも。でも、そうじゃないのだ。自分の好きな範囲なら、たとえ未読であっても、「少なくともタイトル/作者は聞いたことがある本」だろう。だが、自分の観測範囲ですら知らない本がたくさん出てくるのだ。つまり、目に入っていながら見てすらいない。

 それが、「このテーマならコレ!」という形でプッシュされる。あるいは、プレゼン時に、「ソレが良いならコレなんてどお?」なんて提案される。今回のテーマは「夏」、その戦利品としてコレクトされた本は、以下の通り。

Sugohonoff3_1_2

Sugohonoff3_2

Sugohonoff3_3

  • 【Dain】 よつばと!/あずまきよひこ/アスキー・メディアワークス
  • 【Dain】 欲望という名の電車/テネシー・ウィリアムズ/新潮文庫
  • 【Dain】 Air/桂遊生丸/カドカワコミックエース
  • 【Dain】 蝉しぐれ/藤沢周平/文春文庫
  • 【チャーリー】 青が散る/宮本輝/文春文庫
  • 【サンペーリ】 WORLD WAR Z/マックス・ブルックス/文藝春秋
  • 【サンペーリ】 えんにち(こどものとも傑作選)/五十嵐豊子/福音館
  • 【ユースケ】 パイの物語/ヤン・マーテル/竹書房
  • 【ユースケ】 姑獲鳥の夏/京極夏彦/講談社文庫
  • 【マチノ】 初秋/ロバート・B・パーカー/ハヤカワ・ミステリ文庫
  • 【清太郎】 庭のつるばら/庄野潤三/新潮文庫
  • 【清太郎】 しずかな日々/椰月美智子/講談社文庫
  • 【ケンタロー】 城崎にて・小僧の神様/志賀直哉/新潮文庫
  • 【春子】 百物語/杉浦日向子/新潮社
  • 【春子】 オフシーズン/ジャック・ケッチャム/扶桑社ミステリー
  • 【春子】 墜落遺体/飯塚訓/講談社プラスアルファ文庫
  • 【点子】 午後の曳航/三島由紀夫/新潮文庫
  • 【点子】 高丘親王航海記/渋澤龍彦/文春文庫
  • 【点子】 DIVE!!/森絵都/角川文庫
  • 【ぽかり】 鉄塔武蔵野線/銀林みのる/新潮文庫
  • 【???】 夏と花火と私の死体/乙一/集英社文庫
  • 【たなべ】 スティル・ライフ/池澤夏樹/中公文庫
  • 【うすい】 夏の花/原民喜/集英社文庫
  • 【うすい】 ナツノクモ/篠房六郎/IKKI COMICS
  • 【おぎじゅん】 悲しみよこんにちは/フランソワーズ・サガン/新潮文庫
  • 【ばん】 あまんちゅ!/天野こずえ/BLADE COMICS
  • 【ばん】 サマーバレンタイン/唯川恵/幻冬舎文庫
  • 【はやしだ】 はじめての - ひと夏の経験-/久保田裕子/伊藤隼也/英知出版
  • 【マツモト】 ロストハウス/大島弓子/白泉社文庫
  • 【モギー】 素晴らしきラジオ体操/高橋秀実/小学館文庫
  • 【モギー】 バシズム/日本橋ヨヲコ/講談社ヤングマガジンKC
  • 【モギー】 海を抱く/村山由佳/集英社文庫
  • 【ともこ】 海街diary 1 蝉時雨のやむ頃/吉田秋生/小学館
  • 【ともこ】 夕凪の街 桜の国/こうの史代/双葉文庫
  • 【ずばぴた】 サウスバウンド/奥田英朗/角川書店
  • 【ずばぴた】 冒険者たち/斎藤敦夫/岩波少年文庫
  • 【やすゆき】 蝿の王/ゴールディング/新潮文庫

 夏本なので、さわやかなーとか暑苦しいーとかホラーな話になるかと思いきや、「死」のネタに反応する。夏といえば生命力あふれる季節である分、むしろ「死」がコントラストされるのだろうか。お盆とか、原爆とか、終戦記念日とか、御巣鷹山とか、夏と死を結びつける話になる。飯塚訓「墜落遺体」や、志賀直哉の「城崎にて」、原民喜「夏の花」、こうの史代「夕凪の街 桜の国」について話していくうち、生きているというこの事実は、実は偶然にすぎないことに気づかされる。夏とは、偶然に生きた自分と、偶然に死んだ誰かを思いやる季節なのだろうか。

 知っているけど手を出していないという本もいっぱい。単なる食わず嫌いか、いまの積読本に押しだされている作品がある。たとえば、天野こずえ「あまんちゅ!」とか吉田秋生「海街diary」とか。そいつを、「コレはスゴいぞ」と目ぇキラキラさせながらプッシュされると→「読みます、読めば、読もう」となる。面と向かって人からオススメされた本は、優先順位が上がる傾向になる。次にあったとき「面白かった」or「それならコイツをオススメだ」を言いたいから。

 読書とは、独りぼっちで書き手と向かい合う行為だと思っていたが、こんなに仲間がいるなんて!「それがスゴいなら、コレなんてどう?」「あの人がオススメするなら読んでみよう」と、読書は「つながり」で増えていく。そのリアルが共有できて、楽しすぎる場ですな。恋バナならぬ本バナが、こんなにも楽しいなんて!「読書会」というと有志のクローズドな雰囲気だけど、ネットを上手くつかってオープンにしているところが、スゴ本オフの特徴。といってもこれは、やすゆきさんと、ずばぴたさん、大木さんのおかげ。ありがとうございます。この楽しさをおすそ分け、Twitterの発言をずばぴたさんがまとめたものをどぞ→「第3回スゴ本オフ・ Book Talk Cafe 夏篇まとめ」

 これまでのオフ会は以下の通り。

 スゴ本オフ(SF編)
 スゴ本オフ(恋愛編)

 次回は8/27、お題は「ポップ」、場所は変わって、BEAMS原宿店でヤります。受け付けは、あらためて告知しますので、楽しみにしてお待ちください。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »