« 2010年6月13日 - 2010年6月19日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »

「転校生とブラックジャック」はスゴ本

転校生とブラックジャック 心脳問題を対話により深堀りした名著。二読したけど三読する。

 若いとき、一度はかぶれる独在論。つまり、この宇宙にひとりだけ「私」がいるということの意味を追求する。あれだ、2chやtwitterで見かける「おまえ以外bot」を世界レベルまで拡張したやつ。

 自分自身を指差して、私だということができる。でもそんな指差しなどせずに、世界中でただ一人、ただそこにいる<私>は、他の誰でもないし誰でもありえない。誰かが「私」といくら言おうとも、ここに、例外的な<私>が存在する―――この<私>が「私」であることを論理的に証明しようと問いつづける。

 たとえば、「心と体が入れ替わってしまった二人を、天才外科医ブラック・ジャックが元に戻したらどうなるか(転校生とブラックジャック)」とか、「自分自身の記憶と身体を丸ごとコピーして火星へ転送したら<私>はどうなる(火星に行った私は私か)」といった、SFチックな思考実験で追求する。

 本書を面白くかつユニークにしているのは、全編をダイアログ形式にしていること。著者自身をモデルにした「先生」と、12人の学生A~Lがこの問題を議論する。A論B駁といった感じで、議論が転がっていく・掘り下がっていく様子がよく見える。

 実はこの学生、著者の分身のようなもので、それぞれの側からの問答のフィードバックループをつなげた試みらしい。自説を曲げない人や、「解答」を欲しがる人がいて妙にリアルだけど、「自分の考えに近いのは誰か?」「その学生はどのように『問い・答え』をくり返しているか」探しながら読むと楽しい。ただ、出てくる議論は(カブれた人なら)既知のものばかり。主張の目新しさではなく、その問いに対し、どう格闘するかが大切なのだ。

 これ読むまで、哲学とは、ドグマを吸収することだと思い込んでいた(だから、たくさん知ったかぶれる人ほど、"哲学してる"と信じてた)。ところが、本書のおかげで、哲学とは、対話しと内省のくり返しの中で考え抜くという、もっと動的な行為だということに気づいた。哲学は、ダイアログの上に立っており、書かれたものは、そのダイアログを転がすための燃料や空間にすぎないのだと分かった。そんなダイナミズムに触発されたのは、本書の最大の収穫。

 ただ、残念(?)なところもあった。意図的か不注意か分からないが、あるべき議論が抜けている。「転校生とブラックジャック」という作品を学生に読ませ、そのセミナーをするという形式で話が進むのだが、この「転校生とブラックジャック」という作品自体が、一人称で書かれているのだ。

ブラック・ジャックはおれを手術台に固定して、いきなり手術しはじめたのだが、なんと、彼は麻酔というものを使わないのだという。おれは頭部に激痛を感じた。なんということだ。おれはこれからの手術中、ずっと意識があり、この激痛に耐えねばならないのだ!
 さらに、ブラック・ジャック曰く、「おれ」の記憶は入れ替わっていた「あいつ」のやつを植えつけておくから心配要らないという。もちろん「あいつ」の記憶も「おれ」で上書きするから、完全に元通りになるというのだ。では、「おれ」はどこにいる?―――その議論がまた面白いのだが、「設定」にムリがある。

 この独白が、誰に向けて、どのようなメディアで語られているかの検証がないのだ。インタビューであれば語り手がいるし、小説であれば書き手(と書き手が騙る語り手)がいる。一人称独白体という時点で、「おれ」が限定されてしまう。

 そして、インタビューであれば、「「おれ」はその痛みの記憶ごと創られていた」でファイナルアンサーだし、小説であれば、「「「「おれ」はその痛みの記憶ごと創られていた」という妄想だった」という妄想……」になる。なんなら最後の「妄想だった」を陰謀でループしてもいい(岡嶋二人「クラインの壷」あたりを思い出す)。

 いずれにせよ、「おれ」が過去のことを「語って」いることがこの形式自身によって規定されてしまっているため、読者は常にそこに疑いを見出すことができる。「先生」があとづけで「この物語全体は誰の記憶によっても保証されていない」「そもそも記憶ではない、端的な事実ということにならねばならない」と説明しているが、学生の議論を成り立たせるための巧妙な罠に見える。

 なぜなら、議論をスタートさせる前に、「これは『お話』ですか?」と質問してしまうと、前提が覆ってしまうから。もし『お話』なのなら、それを語る人へ視線が行くから。そして、語る人の位置から「おれ」「あいつ」が再設定されるから。その再設定で、語る人=「おれ」(インタビューの場合)であれば、「おれ」とは、他人が自分をさしていう「私」になる。いま、このblogを読んでいる<私>、すなわち「唯一無二の、ほかならぬこの<私>」には成り得ないのだ。そして、語る人≠「おれ」(小説の場合)であれば、「おれ」とは、書き手が定義した「私」になる。『お話』のなかでどんなに唯一無二の<私>だと主張しようとも、それは、いま、このblogを読んでいる<私>ではなくなる。移入して議論せよ、といってもこの「おれ」はいつ語っているの?という疑問に停止してしまう。

 問題は、誰かが自分を指して言う「私」と、このblogを読んでいる<私>の、カッコ「」< >の中の文字が一緒だというところ。学生の議論のなかで、<私>は端的にあるのに、それを表現しようとすると、一般化の「私」に陥ってしまう罠が出てくるのだが、まさにこの「私という文字が一緒」の呪いを受けているように見える。

 つまり、「私」と<私>と上手いこと分けて言ったつもりなのに、カッコの中は 私=私 になっているから紛らわしいのだ。一般的な一人称の「私①」と、このblogを読んでいる唯一無二の<私②>について、たまたま同じ文字である 私 が割り当てられていることが間違いの元じゃないの、と思えてくる。で、私②は少なくとも一つあるけれど(このblogを読んでいる私②だけが、その"少なくとも一つ"になる)、私②の外側に向かって自分を指すときに私①と称しているにすぎない。私①、私②とまた紛らわしいなら、私②を、「トゥイードルディ」とでも称すればいい。違うものを同じ名前で呼ぶことで陥っている言語ゲーム地獄から脱出するわけ。

マルドゥック・スクランブル1マルドゥック・スクランブル2マルドゥック・スクランブル3

 そのうえで、「トゥイードルディ」がどうなったら「トゥイードルディ」でなくなるか考えるのだ。体が不自由でも「トゥイードルディ」たりえるだろうが、首が分離したらどうなるか?とか、別の「トゥイードルディム」の行動意識を移植したらどうなるか?とかね。例えば脳だけになって、意識と記憶が、外側からしか観測できず、表現するための術を持たなかったら、あるいは、表現の術(すべ)が別の身体だったなら―――この思考実験は、SF「マルドゥック・スクランブル」で作品化されている(レビューは「マルドゥック・スクランブル」はスゴ本)。他に、この多体問題を深めるためにあたってよいヒントが隠されている(ルーン・バロットの体感覚など)。

17人のわたし 机上だけで独在論を弄るのではなく、フィクションやサイエンスを援用してみては……とツッコミを入れたくなる。「マルドゥック」シリーズのほかにも、「17人のわたし」あたりが考える手段となる。これは、虐待で多重人格障害となった女性が、精神科医の助けにより、人格を統合するまでを綴ったノンフィクションで、多数の人格が生まれた理由、記憶の共有や人格の入替えメカニズム、人格を統合する方法を追いかけることができる(わたしのレビューは衝撃のスゴ本「17人のわたし」)。

 しかし、そうしたわたしの姿勢そのものが邪教なのかもしれない。徹底的にロジカルにあらゆる角度から考え抜いて、「もうそうあらねばならない」「そう考えるしかありようのない」状態にまでもっていくのが「哲学すること」なのだから。

 これは入不二基義「哲学の誤読」(レビュー)と、分裂勘違い君劇場「ネットに時間を使いすぎると人生が破壊される。人生を根底から豊かで納得のいくものにしてくれる良書25冊」で知ったもの。お二方に感謝、おかげで良い本にめぐりあえました。

 三読したら四読する、そういうスゴ本。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

すぐおいしい、すごくおいしい数学「aha! Gotcha ゆかいなパラドックス」

 マーチン・ガードナーの懐かしすぎる名著が復刊。

 Gotcha は俗語で、「わかった!」という意。思い返すと、わたしにとっての数学の原典は、この論理パズルだったなぁ。自己言及のパラドックスや、直感に反する確率、ホテル無限、雪片曲線の長さなど、今でも楽しませてくれるパズルは、ぜんぶ本書で「わかった!」もの。ただし、今でも悩まされるところをみると、本当に Gotcha! したかはアヤしい。

aha_gotcha_1aha_gotcha_2

 たとえば、ウソツキのパラドックス。
エピメニデスは、「クレタ人はみんなウソつきじゃ」と言ったので有名です。でも、エピメニデスはクレタ人でした。彼の言ったことは正しいでしょうか?
 これは有名なパラドックス。エピメニデスはクレタ人、つまりウソつきだから、「クレタ人はみんなウソつきじゃ」という彼のセリフは、ウソでなければならない。しかし、この発言がウソであるならば、クレタ人はホントつきになり、したがってエピメニデスもホントつき。だからこのセリフは正しくなってしまう―――というパラドックスが紹介されている。

 ところが、今回読み返してみて、この「ウソつきのパラドックス」の中にパラドックスがあることに気づいた。即ち「ウソつきのパラドックス」はパラドックスではないという矛盾を見つけたのだ。それは、「クレタ人は『みんな』ウソつきじゃ」という点。この『みんな』に着目すると、エピメニデスの『ウソ』はこう書ける。

   1. クレタ人は、全員ウソつきではない(つまり全員ホントつき)
   2. クレタ人は、全員が全員、ウソつきではない(ホントつきもいるよ)

 そして 1. と 2. によって、パラドックスが発生したりしなかったりするのだ。もしも 1. の意味であれば、全員ホントつき→エピメニデスもホントつき→彼の発言もホント→おや?(矛盾が生じる)、つまり最初に紹介したパラドックスだ。しかし、 2. であれば、エピメニデスがホントつきになり、矛盾が生じないのだ!さらに、 2. でかつエピメニデスがウソをついたとしても矛盾にならない(エピメニデスが言ったことが本当かどうか分からない)となる。中学生の自分が見過ごしていた「パラドックスのパラドックス」に気づけたので妙に嬉しい。

 また、「エレベーターのパラドックス」は似た話を聞いたことがある。最上階に近いフロアにオフィスを持つハイ氏は、エレベーターで下に行きたいとき、必ずといっていいほど上行きになるため、腹を立てている。一方、下のほうの階で働くロー氏は逆になる。最上階のレストランに行きたいときは必ずといっていいほど下行きのエレベーターとなり、これまたおかしいと感じている。なぜ?という話だ。

┌──┐
│■■│
│■■│
│■■│←ハイ氏は下に行きたいが、エレベーターが
│□□│  ■■にいる確率よりも□□にいる確率のほう高い
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
┘□□└─

┌──┐
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│□□│
│■■│←ロー氏は上に行きたいが、エレベーターが
│■■│  ■■にいる確率よりも□□にいる確率のほう高い
┘■■└─

5分でたのしむ数学50話 これは、「スーパーでレジの列に並ぶと、自分が並んだ列が遅くなる数学的証明」と似ている。直感に抗う確率というやつ。「5分でたのしむ数学50話」で出てきた話で、わたしのレビューはわかる瞬間が楽しい「5分でたのしむ数学50話」。カラクリはこうだ。

  1. たとえば、レジ1~4の列を考えてみる
  2. レジ係の能力はほぼ一緒だとする
  3. 待ってる人たちの買い物の量は偏りがないとする

 つまり、だいたい同じスピードでレジ列が処理されていると考えるのだ。こう仮定すると、「あなたが並んだ列(レジ3)が、他のレジ1、2、4よりも真っ先に進む可能性」は、1/4だろう。すなわち、このレジ列では、1/4の確率で、「早い」といえる。

   レジ1の列 ○○○○○
   レジ2の列 ○○○○○○
   レジ3の列 ○○○○○        ←●あなた
   レジ4の列 ○○○○○

 しかし、人生で列に並ぶのは一度きりではない。あなたは、レジ列にn回並ぶたびに、勝率1/4の勝負をするとする。すると、「レジ列が早い」というためには、(1/4)^nの確率になる。nが大きくなればなるほど、レジ数が増えれば増えるほど、勝てない勝負となる。すなわち、自分が並んだ列が必ずといっていいほど遅くなってしまうのだ。

 学校の勉強としての「数学」から離れてずいぶん経つが、いまだに数学の(というかパズルの)魅力にハマっているのは、その面白さを「aha! Gotcha」で知ったから。やりなおし数学というよりもむしろ、最初から好きだったんだね。

 完全に見過ごしていたのは本書のタネ本として、ホフスタッターの「ゲーデル、エッシャー、バッハ」が幾度となく紹介されていたこと。これは、「自己言及」をテーマに、ゲーデルの不完全性定理が、エッシャーのだまし絵やバッハのフーガをメタファーとして渾然と展開される超弩級エッセイ。中学生のわたしは、これをスゴ本だと気づけなかったのだ。数年前から積読山に刺さってるんだけど、あのとき手を出していれば―――違った世界を手にしていたか、さもなくば知恵熱で憤死してたかもw

 すぐおいしい、すごくおいしい数学をどうぞ。
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第3回スゴ本オフのお知らせ(7/16)

 みんなで本を持ち寄って、まったりアツく語り合うスゴ本オフのお知らせ。

 ネット越しではなく、リアルにオススメあいましょう。ただ消費されるため過剰に生産された本でなく、自分にとってのスゴい本を熱っぽくネチっこく語りましょう

 これまで、「SF編」「恋愛本」とオフ会をやってきて分かったこと→まだまだわたし、良い本、スゴい本を、ぜんぜん、まったく、これっぽっちも知らないね、ということ。知らない本に会う喜びもさりながら、知ってた本の別の"読み"が提案され、「そうクるかー!?」と認識を新たにするのも愉しい。そして、。「それがスゴいなら、これなんてどう?」と紹介される「これ」こそが鉱脈になるのだ、人も本も。

 今回のテーマは「夏」、夏をイメージする本、夏のおもいで本、夏といえば○○に当たる本を持ってきてくださいませ(納涼つながりでホラーもOK)。これは結構悩ましい。わたしも考えたのだけれども―――いかにも暑苦しい、重苦しい、熱帯夜の汗みどろ血みどろ本ばかりが連想されてしまう。さわやかなヤツがないか、も少し記憶を探ってみる。「いかにも定番」を持ってくるか、その裏をかくか、本を選ぶのは楽しいなぁ。

 日時は、7/16(金)19:30~21:30です(19:00開場)
 場所は、半蔵門KDDI Web Communicationsさん会議室です
 参加費は、一人千円です(軽食にあてます)

 詳細と申込は、Book talk cafeからどうぞ

 FAQをまとめました、以下を参考にしてください。

  1. 「勉強会なの?」→【非】勉強会です。好きな本を持ち寄って、みんなで語り合う会です。本を介して新たな読み手を知ったり、人を介して知らない本に触れるチャンスです
  2. 「マンガとかあり?」→ありです。テーマに沿っていれば、小説、コミック、エッセイ、ハウツー、詩歌……なんでもOKです。重要なのは、その本への思い入れなのです
  3. 「ブックシャッフルって何?」→「本の交換会」です。オススメ本をランダムに交換しあいます。交換する本は「放流」だと思ってください。「秘蔵本だから紹介はしたいけれど、あげるのはちょっと……」という方は、「紹介用」と「交換用」、別の本にしてください
  4. 「ネットに公開するの?」→ネットで広がります。Ustream/Twitter/Blogで、オススメ合いをさらに広めます。抵抗がある方には、「見てるだけ」「透明人間」も配慮します
  5. 「オススメがかぶったら?」→よくありますが、無問題です。大事なのは、その本がいかに自分にインパクトを与えたかということを語れるか、なのです

 Twitter のハッシュタグは #btc03 です→皆さまのつぶやきをお待ちしております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月13日 - 2010年6月19日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »