« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

まだ科学で解けない13の謎

まだ科学で解けない13の謎 科学の大発見をしたときの最初の言葉は、「わかった(エウレカ!)」ではない。「こりゃおかしい」だ。

 このアシモフの名言は、まんま本書に当てはまる。歴史をひも解くまでもなく、パラダイムシフトになる大発見は、「あたりまえ」「常識」とされている中の、説明がつかない場所に潜んでいる。そうした、変則事項(アノマリー/anomaly)の最もホットなやつを十三編の物語にして紹介している。膾炙した知見に反証実験や、現時点では説明できない(でも厳然たる)事象をジャーナリスティックに描く。

  1. 暗黒物質・暗黒エネルギー : 存在しない宇宙の大問題?
  2. パイオニア変則事象 : 物理法則に背くパイオニア号
  3. 物理定数の不定 : 微細構造定数の値は百億年で変わった?
  4. 常温核融合 : あの騒ぎは魔女狩りだった?
  5. 生命とは何か? : 合成生物は生物の定義となるか
  6. 火星の生命探査実験 : 火星の生命反応が否定された理由
  7. "ワオ!"信号 : E.T.からのメッセージとしか思えない信号
  8. 巨大ウイルス : ウイルスは真核生物の老化解明の鍵?
  9. : 死ななければならない理由が科学で説明できない
  10. セックス : わざわざセックスする理由が科学で分からない
  11. 自由意志 : 存在しない証拠が山ほど、信じる・感じるもの?
  12. プラシーボ効果 : 偽薬で効く証拠、効かない証拠
  13. ホメオパシー : 不合理なのに世界中で普及している理由
 楽しいのはこの著者、体当たりなところ。ネットと論文とインタビューでお終いではないのだ。「自由意志」を否定する実験では、脳への刺激で体を操る実験の被験者となってピノキオの気分を伝えたり、プラシーボ効果を試すための電気ショック実験を受けたり、だんだん気の毒に見えてくる。インタビュー先で「やってみます?」なんて、いたずらっぽい笑みを受けたんだろうなぁ、何度も。想像して微笑む。

 驚くような「疑問」も提示される。あたりまえすぎて、問うこと自体を忘れてしまったもの。「常識」への挑戦に、こっちまで発奮させられる一方で、反証を受け入れようとしないオーソリティの頑迷さにさもありなんと頷いたり。そうだよね、新常識が通用するためには、けっこう長い時間がかかるし、その「新常識」がさらに覆ったりするから。

 たとえば、3章「そもそも『定数』って、誰が決めたの?」という問いかけに驚いた。物理定数や物理法則って、本当に一定不変のものなの?物理の教科書に真っ向からケンカ売るようなジョン・ウェブの研究結果が紹介されている。それによると、微細構造定数α(アルファ)の値が変化しているらしい。つまり、120億年前は今より小さく、20億年前は今より大きいそうな。

 ……ということは、定数が時間・空間の両方によって変動しうることを意味している!? とジタバタしたくなる。残念ながら彼の研究は袋叩きにあい、無能のレッテルを貼られるか、完全に無視されているという。トンデモ扱いなのかなぁ……ジョン・バロウ「宇宙の定数」という本がよさげなので、ちょっと図書館行ってくる。

 あるいは、10章の「なんでセックスするの?」という疑問には、体ごとのけぞった。理論的に見ると、セックスつまり有性生殖は、欠陥だらけの生殖法なんだって。有性生殖では、相手が必要だし、自分の遺伝子を半分しか伝えられない。おまけに(無性生殖と比較すると)子孫の数は半分になる。

 つまり、セックスとは、「二倍のコスト」が伴い、繁殖速度も半分で、なおかつ遺伝学的に半分しか伝えられられない非合理的な行為になる。こんな非効率な生殖法が、なぜ淘汰されずに今も残っているのか?この疑問に科学はうまく答えられない。もちろん、様々な主張や理論や実証実験が挙げられているが、あちらが立てばこちらが立たず状態になっている。「きもちーから」というのは後付けになるだろうね、「なんでセックスをきもちーくしたの?」という別の疑問が被さってくるし。

 読んでいくうち、つくづく、研究とは「問い」に尽きると思えてくる。バカバカしい、と一笑に付すのは簡単だ。しかし、あたりまえすぎて意識すらしていなかった事実の「なぜ」を探っていくことで、大変革が起きている。わたしが子どものころ、思いついただけで考えることを放棄していた「問い」は、ちゃんと今でも生きている。たとえば、「アンドロメダ星雲は、自分の遠心力でバラバラにならないのはなぜ?」とか、「科学法則は、本当に宇宙のどこでも通用するのか?」とか。前者はダークマター(1章)、後者は人間原理(3章)で解説されている。

 本書のなかでも、ちゃんと研究するべきなのは、「プラシーボ」と「ホメオパシー」だろう。どちらも明らかに不合理なのに、「なぜ信じられているか?」「なぜ普及しているか?」は、トドメ刺すうえでも合理的に説明できるようになるべき(分子や化合物のふるまいの話ではなく、マインドコントロールの成果が出そうだが……)。

 経験や常識や権威を、あらためて疑ってみる。これがセンス・オブ・ワンダーなんだな。そういうことに気づかされる一冊。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

この恐ろしくも美しい未来「Build the Future」

 この世のものとは思えない。

Build the Future


 ロストテクノロジー話のラスボスで、世を統べる神のような存在は、こんな姿をしているんじゃない?現実離れした造形、悪魔的工学は、人の造りしものとはかけ離れている。手術衣のようなもので全身を覆った技術者は、アーキテクトというよりもアルケミストのようだ。

 種明かしをすると、これは岐阜県にある核融合科学研究所の大型ヘルカル装置。核融合ではプラズマを一億度以上にする必要があるが、そんな高温に耐えられる物質はない。そこで磁場によってプラズマを容器から浮かせることで超高温度を達成しようと考え、磁場によるプラズマコントロールを追及した結果、このような特異な形になっているそうな。

 テクノロジーの薀蓄はさっぱり分からないが、底光りするモリブデン鋼の螺旋構造体を眺めているとゾクゾクしてくる。高度に発達したテクノロジーは魔法と区別がつかないといったのはクラークだが、わたしには螺旋力を溜め込んだウロボロスに見える―――怖いのだ。

 そういう、人の造りしものとは思えない設備、装置、機械、構造物を、わんさかわんさとレナウン娘並みに撮ってきたのが西澤丞。工場萌えとかのレベルをはるかに超えており、シビれるというより畏怖するように魅入る。巨大構造物なのだから工学的・力学的に効率を追求しているはず……にもかかわらず、先端科学技術というよりも、むしろアートの一形態のように見える。撮り手もソコを意識しているようで、テクノロジーの中に生態系的というか魔術的な"なにか"を写し取ろうとしているような構図がちらほら。

 たとえば、首都圏外郭放水路の立ち並ぶコンクリ柱群は、そのままヨセミテ国立公園のセコイア・ジャイアント杉をほうふつとさせる。精緻を極めた建築物なのに、まるで巨大生物のように見える。そこでは、人の方が異物じみてくる。ギーガーが泣いて喜びそうな光景だ。あと、大強度陽子加速器施設とかスゲえぞ、直径500mのメインリングを2秒間で30万周する粒子は、ミクロン単位でコースを外れない。10億分の1の精度で、どういう魔法を使ったらそうなるのか見当もつかない。巨大かつ繊細な顕微鏡、その加速器は、プラグインされたドラゴンの胴体のように見える。

 SFだとか未来予想の範囲を超えており、素直に科学万歳と喜べない、寒気すら感じる。いっそ、異世界だとか未来人のテクノロジーだとか言ってもらったほうがいいくらい―――それほどわが目を疑うものばかり。畏怖と恐怖のほかに、究極の構造美を受け取るだろう。

 「Build the Future」の紹介ページはフォトグラファー西澤丞のサイトをどうぞ。小さい画像だが一部を見ることができる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゲームで子育て「釣りマスター」

 そもそもの始まりは、「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」だった。

 本編も面白かったが、ゲーム内ゲームであるフィッシングに燃えた。Wiiコントローラーをロッドとリールに見立てたシミュレーションだ。ヒットすると振動がビビッとくる感覚はリアルで、家族全員で夢中になってやりこんだのだが、その結果、ここに立つことになろうとは予想だにしなかった。


大きな地図で見る

 ちょっとした台風並の風が吹き荒れる午前6時。寒い。手はイソメ臭い。季節を先取りしたつもりのTシャツ一枚でガタガタ震えながら餌をつける。(頭を取ることを知らなかったので)噛みつかれる。痛い。思わず振った手に飛ばされたイソメが鼻に当たる。顔がイソメ臭くなる。大ダメージ。「パパぁまだぁ」何十回目かの督促に殺意を覚えつつ、そうか、海はさえぎるものがないからな、と沖を見やる。もうすぐ満潮ナリ。

 道具の買出し、仕掛け・餌の準備。ドライバー、運搬係、セッティングとすべてをこなし、嫁さんと子どもにそれぞれ渡す。キャストしたら忍の一字……というのは昔の太公望で、今はちょいちょい踊らせながら巻くのが常識らしい。で、ダメならポイントを変えてあちこちアタリを探し歩くのが堤防釣りだそうな。とーちゃんが昔やった川釣りとはずいぶん違うなぁ……とはいうものの、イソメの体液ってキジそっくりの臭いだね。

釣りマスター ゼルダから「釣りマスター」へ飛びつくのに時間はかからなかった。例によって嫁さんがはにかみながら「コレ欲しいんだけど……」の上目遣いに撃たれて即購入、家族全員でやりまくる。さすが専用ゲーム、ヒットが分かりやすく、振動が生々しいぞ。ラインのテンションと魚の弱り具合をトレードオフさせており、「魚を釣り上げる」ゲーム性がアクション仕立てになっている。早く巻きすぎるとラインが切れるし、遅すぎるとバレてしまう。その加減の難しさ=魚の難易度になっている。釣り場やターゲットが非常に豊富で、レア、大物、超大物に達成感もひとしお、コンプリート魂に火をつけられる。

 で、ひととりクリアすると、当然のことながらゲームでは満足できなくなる。「ホンモノ」が釣りたいとの嫁子の要望に屈する。しかしだ、ゲームとリアルはずいぶん違うのだよ……餌付けは臭いし、仕掛けはからまるもの。寒いし暑いしなかなか釣れない。そう、待っても変えても粘っても、釣れないときはつれないもの。息子は「おかしい、ゲームだったらすぐ食いつくのに」と言い出す。ククッこのゲーム小僧め、現実は違うのだよ現実は!ボウズの恐怖を思い知るがいいわはは~などと笑っていられない。空気がどんどん険悪になる。娘涙目。これはマズい、おねがい、神サマ、子どもたちに釣らせてやって!

 わたしの願いが通じたのか、嫁さんの執念なのか、ハゼ、メバル、ギンポがそれぞれ全員に釣れた。やれやれだぜ。帰りの道みち、「釣りマスター」はゲームだから釣れるように作ってあるんだよと説明する。でもホントの海はとっても広くて、魚も散らばっている。食いが良い時間は決まっているし(マズメ、潮どき)、アタリの瞬間はゲームみたく「シャキーン!」なんていわない。

 そう、ゲームとは、リアルを抽象化したコピーなんだ。抽象化の過程で、さまざまな要素が切り捨てられる。この寒さも、風も、イソメの生臭さも、隣の人とのオマツリも、ゲームの中には持ち込まれない。ゲーム性を際立たせるため、魚が食いつくまでの時間すら省略されている。「釣りが面白い」とは、そういった、カットされたもろもろの側面をぜんぶひっくるめて、受け入れることなんだ……

 子どもらは神妙に訊いてはいるものの、アタリのコツコツした感覚や、ググッという反応がよっぽど楽しかったらしく。また来ることを約束させられる。その後、「釣りマスター」をしなくなった。まぁ、リアルの感触のほうが楽しいよな。次は釣った魚をさばいて料理するトコまでやってみよう(てんぷらが楽かな)。

パパ、釣りに行こ ちなみにポイントはこれで調べた。ファミリーフィッシングやピクニック気分でいけそうな釣り場を探すのに最適な一冊ナリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月23日 - 2010年5月29日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »