« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

「フォーサイト」の次は、これに決めた!

 新潮社のフォーサイトが休刊するにあたり、代替を探していた[URL]。たくさんの有益なアドバイスをいただき、とても感謝しています。リサーチと呻吟の結果、以下の雑誌を定期購読することに。

  フォーリン・アフェアーズ・リポート
  COURRiER Japon

フォーリン・アフェアーズ・リポート まず、フォーリン・アフェアーズ、これはスゴい。アメリカの外交問題評議会によって創刊された外交・国際政治専門誌で、最も影響力のあるそうな[Wikipedeia:フォーリン・アフェアーズ]。「フォーサイト」でいうなら、巻頭リポートに相当するネタが3倍入っている。さらに、ホット・イシューに対応する「特集」が3-4本の論文、フォーラム、対談形式で集められている。マネジメント層(しかもかなり上の)での政策決定の材料として充分。

 たとえば今号(2010年1月)の「中国の台頭の戦略的意味合い」を読むと、中国をステレオタイプに描く日経○○との差が際立つ。中国に対するパワーバランス形成を視野に入れつつ、エンゲージメント政策(軟)とリスクヘッジ政策(硬)を展開する米国、対日路線をソフトパワーにシフトさせている中国、国内問題に囚われ役割を果たせないでいる日本が、明快に語られている。

 この大局観はかなり参考になる。「アメリカが関与しなければ、基本的にアジアは、中国が支配的な影響力をもつ一極支配構造になっていく」という主張は、好む好まざるとにかかわらず、実現性の高いシナリオだ。もちろん鵜呑みは禁物だが、影響力ある多くの人がこれを読んで判断・決定しているということを忘れないように。

 ただ、悩ましいのが価格。2,200円/冊はフトコロに厳しい。近場の図書館にも置いてないし、通販オンリーなのもハードルが高い。わたしの仕事とはこれっぽっちも関わらず、単に好奇心とアンテナを満たす(磨く)ためだけに、これだけの出費は実に痛い。さも自分で発掘してきたかのような顔をして、このblogのネタにしようかなwww 書評とエロに満ちたこのblogに似合わぬ政治経済ネタが並ぶようになったら、元ネタはコレだと思ってほしい。

クーリエ・ジャポン お次は、COURRiER Japon、悩んだがコストパフォーマンス的に一番有効なのだ。決め手は山形浩生のエコノミスト解説と、町山智浩のアメリカ評。これまで山形コラムを立ち読みでごまかしてきたが、この際ちゃんと買って読もう。

 クーリエのいいところは、ワールドワイドのニュースソースを揃えて、「いいトコどり」をしているところ。フィナンシャル・タイムズ(英)、タイム(米)、レブブリカ(伊)、ガーディアン(英)、ディ・ヴェルト(独)、ジェニク(ポーランド)、エコノミスト(英)……ほぼニュースの数だけニュースソースがあると考えていい。これだけの多様性を束ねるメディアは面白い。

 要するに、世界のクォリティ・ペーパーの寄せ集めなんだ。それも、ただ集めるだけではなく、号ごとにテーマを決めて、それに沿った記事を集めてくる。編集者の技量と、ニュースの蓄積がハンパではない。「ワールドワイドに展開しているメディア」ではないところが重要なのだ。世界じゅうに広がるメディアではなく、それぞれの地域・経済圏で影響力を持つメディアの「積分」が、クーリエの強みになる。

 しかし、その一方で、「残念」もあった。昨年の何号か、著名人を招聘して「○○責任編集」と銘打った特集をしていたが、まさにこれが大便。名前はメジャーだが空っぽの芸能人のオヌァニーを、一誌丸ごと読ませるのかと思ってたら、局所的だったので許す。インテリ芸能人を呼ばないと雑誌が成り立たないのだろうか?またやるようなら、立ち読みに戻る。

 これで、国内情勢を知る雑誌がゼロになった。一時期は「フォーサイト」「選択」「FACTA」の3枚看板だったが、これを機会に"卒業"しよう。つまり、国内の方向性を決める要因は無い、と割り切るのだ。マスコミは煽るだけで、なんの判断材料も取ってこれない。国内ニュースの速報や確度はネットで充分。この国には、パワープレイヤーやトリックスターはいない。いや、昔からいなかったというべきかも。この国の方向を決めるのは、昔も今もガイアツ。漂えど沈まず、なるようになっていくだけなのだから。

 では、なぜ「日経新聞」なんて購読しているのかって?それはもちろん、上司と話を合わせるため。雑談の「あれ見た?」のネタのため。プロ野球の結果や流行りのドラマと同じように、一面や新製品情報に目を通す。いっぽう、ニュースの真相と深層を知るため、いわばニュースのオリジンをたどるため、フォーリン・アフェアーズを読む。これからは、人と合わせるための日経新聞、人を出し抜くためのフォーリン・アフェアーズとなるのかも。

 Foresight の代わり、どうする?でアドバイスをいただいた方に、薄謝をしたいと思っています。はてなポイントをお渡しするのが簡単なのですが……教えていただけないでしょうか?「はてな入ってないよ!」であれば、指定してくださいませ。

  Physさん
  terrorism583さん
  kdmsnrさん
  eveninglandさん

| | コメント (10) | トラックバック (1)

大人のための数学「変化する世界をとらえる」

大人のための数学2

 やりなおし数学シリーズ。

 ガチャピンの名言に、こんなものがある→「すごい!うみには、ふしぎな生き物がたくさんいるね」。うむ、きみのほうがよっぽど不思議だ。同様に、微積分を易しくかみ砕きながら、「sinを追いかけるcos波の高さが、sin波の(接線の)傾きだということは、不思議だよね」という著者に、同じセリフを贈ろう。

 数学のプロフェッショナルでありながら、同時に数学へのワンダーを口にする、いわゆる「天然」なのだろうか。あるいは逆で、その「不思議さ」を感じ取れるように人だからこそ、数学の第一人者となったのだろうか。さておき、今回も愉しい数学の復習だった。わたしが高校生だったころ、微積分あたりから授業のペースについていけず、理解ではなく暗記ばかりでテストを乗り切っていた。その復習をしているだけで、なぜこんなにも面白いのか。

 まず、分かるまでくりかえす姿勢だろう。単に数式の操作だけで証明するのではなく、メタファーと例えを重ねることで、実感として納得させようとする。さらに、「○○は明らかだから」とサラりと流さず、しつこいくらいにやり直して考えさせようとする。微分・積分、三角関数、指数・対数、導関数……やっていることは数IIA(って今でもあるのかな?)のおさらいなのだが、分かりやすさは半端ない。そして、本質が分かった瞬間の快感は射精感に近いものがある。

 たとえば、自然対数の底(てい)をあらわした指数関数の感覚を、次のように想像させる。y=e^x のxに対する近似値をとるのだ。

x が

   1,5
   10
   20
   50

となるにつれて、y=e^x の値は、

   2.7
   148.4
   22026
   485165000
   5100000000000000000000

と、途轍もない値をとる。これは、グラフを見て想像する度合いをはるかに超えている。この「途方もなさ」感覚は、著者の手にかかるとこうなる。

1cm の目盛のグラフ用紙を使った場合、 x=10 のときの y=e^x のグラフの高さは 220m となり、 x=20 になると 5000km に近づく。これは、子午線に沿って赤道から北極までの半分くらいの距離になる。そして、 x=50 になると、地球から銀河系の近くに達するくらいまでの距離になる
 もちろん実証的に数式を分析する手は抜かないが、その一方でこのような感覚的な把握を促すような「たとえ」を用いてくれる。おかげで、微分と積分の本質がようやく理解できた。微分も積分も、変化する世界を測定する方法だったんだね。微分は瞬間(一点)を、積分は積上げで全体をとらえようとするアプローチの仕方が異なるだけで、やろうとしていることは同じだ。

 つぎに、数学は自由だ、というメッセージがビシバシ伝わってくるところ。教科書だと定理を導いたり証明したりして、はい、お終いになる。しかし本書だと、別のアプローチや、異なる概念の結びつきを重視する。例えば、sinを微分するとcosになることについて。ふつうは加法定理で示すらしいが、本書ではもっと直感的に、単位円上にsin(x)とsin(x+h)を記し、相似となる三角形から導き出す(p.70)。hがだんだん小さくなるにつれ、三角形が相似形になる様子が鮮明に浮かんでくる、すばらしい説明だった。

 ちなみに、「一般的な加法定理」のほうは、本書にはない(googleって分かったのだが、習ったはずだが忘れてた)。思い出すためには余弦定理(参考 : KIT数学ナビゲーション)まで遡る必要があった……このリンク先のサイトが典型的で、「数学的に正しい」ことを追求するあまり、無味乾燥な数式の羅列となっている。これらは簡潔で美しいともいえるが、追いかけるのは耐えがたい「作業」で、久々に数学の「辛さ」を思い出す。メタファーに満ち溢れた本書とは対照的だな。

 つまりこうだ。教科書的なやり方だと、sinの微分を求めるために、加法定理を使う。加法定理を使うためには余弦定理を、余弦定理を使うためにはピタゴラスの定理を理解する必要がある……積上方式なんだ。学校の数学とは巨大なピラミッドで、下のほうの石が不安定だと、崩れてしまう。これを、「教科書に載っているということは、どうせ"正しい"ことなんでしょ」と割り切って、基礎を「覚え」てしまうこともできる。すると、安定はするが、積み上がるものは限られてくる。

 いっぽう、本書の方法は違う。もちろんsin、cosの基礎はキチっと説明するが、あとはより図形的で感覚的なアプローチを用いる。本書の目標、つまり「微分と積分の本質を伝える」があるのだから、そこへ到る楽しいルートをたどる。面白くないわけがないのだ。

 思い起こすと、数学の授業は、いわゆるペースメーカーだった。質問したり「不思議」を感じる場ではなかった。デキる奴はさっさと大数(大学への数学)を進め、デキない奴は青チャートの暗記、そしてオチコボレは内職に精を出す。分かることよりも、(問題が)できることの方が優先された。理解よりもテクニックが優先され、それがよしとされていた。

 「分からなかった」のは、時間が足りなかったから(と弁明したい)。制限時間内で問題を解くのが数学ではない。自分のペースで探索し、すでに解決された定理を自らの手で再解決する「エウレカ!」を味わう。どうしても分からなければ、いったん飛ばして、あとで戻ってこればいいんだ。まわり道も無問題だし、道草上等、そんな数学が欲しかった。

 それをかなえてくれるのが、結城浩「数学ガール」と志賀浩二「大人のための数学」シリーズ。期末テストもセンター試験もないのだから、ゆっくり、じっくり、つきあっていこう。これは、暗記暗記で逃げていたわたしへの、ささやかな復讐なのだから。でも、この復讐、楽しすぎるんだけどww

 大人のための数学シリーズは、以下の通り。

すべてのテトラちゃんへ「大人のための数学1/数と量の出会い」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »