« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »

物心の両義性を問う「パラドクスだらけの生命」

 著者とサシで殴り合える啓蒙書。パラドクスだらけの生命

 これは、書き手がわたしのレベルまで降りてきてくれているおかげ。著者アンドレアス・ワグナーはチューリヒ大学の生化学者なのだが、自分のフィールドに固執しない自由さを持つ。量子力学、論理学、哲学の分野をまたぎ、科学哲学を語る。ヒュームの懐疑論の周辺をうろうろした議論なので、かじったレベルでも喰いつける。

 本書は、かなりの大風呂敷だ。生物の物質的なふるまいから、集団としてのふるまいまで、様々なレベルで生命現象を説明している。だが、それぞれにおいて逆説的な観点を指摘する。つまり、生命のふるまいは、化学物質の視点から説明できる一方で、生命の"意思"による解説も可能だというのだ。ちっこい微生物や菌類、(メタファーとしては危険だが)遺伝子まで、この「モノとココロ」の両面性を持つという。

 さらにこれは、生物学の枠を出て、素粒子や気象のふるまいや、ゲーデルの不完全性定理まで拡張する。どうやら著者は、生物の世界にも非生物の世界にも、パラドキシカルな二面性があり、その両方の関係性(テンション/tenshion)のダイナミズムが創造性を生み出しているといいたいらしい。この「テンション」は、「緊張」ではなく、特別に「綱引き」という訳語が与えられている。「緊張」は単体でもできるが、両義性の引っ張り合いという意が含まれている。

 この両義性を、「自己と他者」、「部分と全体」、「リスクと安全」、「創造と破壊」のそれぞれのテーマにあわせ、生物学の最新の知見とともに一般化しようとしている。この生物学パートの部分はとても面白く読めた。

 たとえば、化学物質に従っているにもかかわらず、あたかも「意志」をもって「予想」しているかのように動作するべん毛のメカニズムは、SFのロスト・テクノロジーみたく興奮した。また、眼の生成過程で、水晶体、虹彩、ガラス体、角膜などの部品をつくるため、神経管と外胚葉という二つの細胞群が応対しあう様子を詳述する。著者の言うとおり、まさに「コミュニケーション」という名にふさわしい。さらに、アポトーシスの必要性―――「死」があるおかげで今の世界が生き残れたというメッセージは、かなりの説得力がある。

明日をどこまで計算できるか しかし、その一方で、生物学「外」の話になると、どこかで聞いたことがあるネタがでてくる。「明日をどこまで計算できるか?」でおさらいしたカオスの縁の話になる。「明日をどこまで…」では、「気象」、「遺伝」、「経済」の歴史と最新事例を引いて、複雑な方程式やモデリングで理論付けても、そこにあるのは人が理解できる主観が混じるストーリーに過ぎないと結論付ける。世界は一定の法則にしたがって動く機械だと解釈し、その法則は過去を観測することによって因果律を逆算するやり方は、初期値の微細な変化や多すぎるパラメータにより予測不能になる。

 著者は、カオスや複雑系の研究拠点であるサンタフェ研究所の客員教授でもあるのだから、この考えに与しているのは分かる。だが、因果律に「意味」を与えられるのは、単にスケールの問題ではないかと。眼の生成や微生物のべん毛のメカニズムは、いかに複雑とはいえ、分子レベルまで砕いたから説明できた。今の科学ではここらが限界だろう。観察者である人間が「意味」を与えられるまでスケールを拡大/縮小する操作を繰り返せば、因果律を説明できたことになるのだから。

 ところが、「気象」なら、この微視スケールのまま観測対象を丸ごと扱えるのであれば、厳密な予測が可能になる。ときに気まぐれに見える「遺伝」も、超長期スパンで測定できる実験室(きっと「年代」というスイッチがあるはずw)があれば、厳密に説明できるのでは……と期待してしまう。この時点でわたしの想像は科学者の傍らにおらず、遠くへスッ飛んでしまっているのだが、それはそれで面白い。著者は、科学者として正確かつ誠意的に応えようとするいっぽうで、わたしはそんな限界を超えることを企むのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚とは書店からの提案である「青山ブックセンター」

 図書館とAmazonがあれば完璧かというと、それは違う。だから、街に出よう。

 もちろん、ネットで受信した本を片っ端から予約したり注文すれば、それだけで一生読むに事足りる。しかし、それだけでは足りない。好みの定まった、似たようなものばかり読んで満足してしまうことになる。蛸壺で充分なら何も言うまい、だが、読む世界を拡張したいなら、リアルな出会いを求めるべし。

 その一つの方法が、雑誌などの本の特集を経由して、お気に入りの読み手を探索すること。「わたしが知らないスゴ本」を読んでいる人を探すんやね。雑誌を使った実例は、ananで読書通を探す。たいてい春先か秋口になると、こういう特集をちらほらしてくれるので、雑誌コーナーを物色すべし。人ん家(ち)の本棚を使った例だと、スゴい書斎とはこれだ「この人の書斎が見たい!」あたりが参考になるかと。こういうのは、定期的に書店に通ってナンボだと思う。

 もう一つ、わたしがよくやるのが、ブックフェアを狩場にすること。テーマを決めてスタッフがそれぞれの「こいつだ!」という本を持ち寄るブックフェアは、ハンターたちにとって絶好の狩場となるだろう。紀伊國屋書店でやってる世界文学ハンティングの絶好の狩場「ワールド文学カップ」は、ブンガクスキーは絶対行っとけと声を大にしたい。自分にとってのスゴ本の隣にある、未読本こそねらい目だから。無料で配布しているリーフレットには一生困らない分の世界文学作品の評が並んでいるぞ。

 さらに、これら二つを組み合わせたのが、お気に入りのブックスタッフを見つけること。つまり、ブックフェアで自分のお気に入りを集めているスタッフの勧める、別の本を狙うのだ。たとえば、今、青山ブックセンター(ABC)六本木店で、「外へ」という変わったテーマでブックフェアをやっている。これは、「外へ」というキーワードをスタッフが自由に解釈し、それに沿った本をコレクトするという楽しい企画だ。ここで、わたしの好みど真ん中の選書してくるスタッフがいる。リストはこうだ。

  1. 「Powers Of Ten」 フィリス・モリソン 日系サイエンス
  2. 「砂の女」 安部公房 新潮文庫
  3. 「ポーの話」 いしいしんじ 新潮文庫
  4. 「ムーン・パレス」 ポール・オースター 新潮文庫
  5. 「真鶴」 川上弘美 文春文庫
  6. 「犬たち」 レベッカ・ブラウン マガジンハウス
  7. 「夏の朝の成層圏」 池澤夏樹 中公文庫
選んだ方は、この「外へ」を「外は内にあり」と解釈したという。1,2,4,7 は既読なので、それを手がかりにメッセージを解読してみる―――これはスケールのことを言っているのではないか?つまり、「外」だの「内」だのを定義しているのは、それを観測する人によるのではないか。「Powers...」ならずばり撮影者だし、「砂」なら運命に巻き込まれた主人公、「ムーン」と「成層圏」はどちらも日常生活と宇宙の対照的な視点―――と、こんな風に、本を手がかりにして、スタッフの想像を想像してみる。選んだ人は、中山さんだという。次にこの方が選ぶ本は、要チェックやね。

 スタッフの役割は、書店によってかなり違う。スタッフ色を前面に出そうとしたり、逆にスタッフは黒子役に徹したりする。ABCはスタッフの"個の色"が棚によく出ているので好きだ。既読本の組み合わせでも、並べ方によっては、思いもよらぬ化学反応を起こしたりする。境界を超えた「読み」を提案する、一種の"乱暴さ"にグッとくる。

 いくつか撮ってきた。化学反応具合を堪能してほしい。これらの棚は、書店からの提案なのだ。

�山��������������� on Twitpic

�山��������������� on Twitpic

�山��������������� on Twitpic

 重要なのは、この演出、リアル書店にしかできないこと。本をフラットに並べるのではなく、立体的に演出する。ディスプレイの平らな画面では、なかなか難しい。ウソだと思うなら、ご自分の眼でお確かめあれ。

 電子書籍がもてはやされているが、リーダーがリアルブックに取って代わったら、ますます本がフラットになってしまう。何を読んでいいのか途方にくれてしまい、「とりあえずベストセラー」か、「とりあえずタダのやつ」ばかりが売れる(というかダウンロードされる)のではないかと。そこで需要があるのは、本の目利きであり、本のソムリエになるだろう。お気に入りのソムリエを探すために、外へ出てみては?シャットダウンして、街へ出よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »