« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »

「ファウスト」はスゴ本

ファウスト1ファウスト2

 「死ぬまでに読みたい」シリーズ。人生は有限だが、この事実を忘れることが多い。

 古典として名高い分、敬遠してきた。もちろん新潮・岩波に手を出してヤケドしたこと幾度か。けれどもなぜか、あらすじとあの文句は知っている→「時よ、とどまれ、おまえは美しい」。ためしにGoogleってみるといい。いつもならAmazonが鎮座ましまする最上位にWikipedia「ファウスト」が居るのは、それだけ皆が本を回避してきた証拠のようにみえてくる。

 それが、さっくり・すんなり読めてしまった。これには、ワケがある。

 実は、今回手にしたのは、歌劇であり詩劇ではなく、散文「ファウスト」なのだ。これは訳者・池内紀氏のおかげ。氏曰く、「ファウスト」には場面に応じたさまざまな詩形が使われており、それだけでもゲーテは天才だといえる。しかし、そいつを日本語にした瞬間、彼が苦心した一切が消えてしまう。韻律が極端に乏しくなり、まるで別の構造を持った日本語においては、詩句を踏襲しても、どこまで再現できるか、疑問だというのだ。

 そのため、詩句をなぞる代わりに、詩体を通して伝えようとしたことを、より柔軟な散文でとらえたのが、この集英社「ファウスト」だという。名前だけ知ってて読まれることのない『名作』を祀りあげる代わりに、「いま・ここ」の言葉であらわそうというのだ。スペクタクルなとこは山本容子の挿絵で広げ、最低限の知識のみ注釈で補う。ダブルミーニングや韻律の妙を細かく解説のではなく、まず読んでみなされ、と誘っているのだ。

 おかげで、裏読み・深読みの苦労は皆無だった。時空が錯綜する第二部もつまづくことなく、解釈の迷路に行き惑うことなく、ところどころに仕掛けてある韻文すら楽しむ余裕まである読書だった。そのいっぽう、詩としてとらえず、音感を無視した分、ビジュアル面が強調された読書となった。

 輝きと彩りとカタチにまみれたイメージの奔流と、英雄魔物半神怪物のどんがらがっちゃんのお祭り騒ぎが、いっぺんに挿入(はい)ってくる感覚。文字から得られるイメージは、映像の記憶を強烈に呼び覚ます。字を追っていくうちに、過去の映画のワンシーンが唐突に浮かんでくるといった、奇妙な体験をする。

 たとえば、嬰児殺しによる斬首が「首のまわりの赤い線」で暗示されているグレートヒェン。ここでは、映画「女優霊」でいるはずのないフィルムの中の女優の登場シーンをフラッシュバックのように思い起こさせる。あるいは、第二部ホムンクルスの章。エーゲ海を舞台した火と水によるエロスの祭典なんて、「崖の上のポニョ」の咲き乱れる魔法のシーンと重なってしょうがない。フラスコの中の人の雛形とビンに閉じこめられた人面魚がオーバーラップしてくる。

 極めつけはラストのファウストの昇天。ファウストの魂を奪い合う悪魔メフィストvs天使軍団の誘惑バトルは、量産型エヴァに喰われる弐号機を思い出す。もちろん「ファウスト」がモデルのはずはないのだが、わたしの記憶に勝手に接続してくるのは愉しいような恐ろしいような。

 ただ、なんでもかんでも二元論にもっていこうとするのに辟易する。韻律の基本「対比」に乗せることができるからだろうか、神と悪魔、創造と破壊、光と闇、男と女……いくらでも対比イメージが浮かんでくる。伏線や章立てや二部構成も、それぞれ照応するように書いてあるので、研究したらいくらでも掘れそうだ。

 わたしの場合、いたるところに「男と女(とエロ)」に満ちている、と感じた。ファウストとグレートヒェンといった分かりやすいものだけでなく、悪魔と天使のバトルすら交接のメタファーのように見えてくる。もちろんわたしがエロいからなんだろうが、ゲーテもかなり助平で安心した。これは、人生のそれぞれの読む瞬間(とき)に応じて、くみ出せるものが変わってくるんだろうね。

 なので、「死ぬまでに『もう一度』読みたい」スゴ本になっている。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

【PMP試験対策】 プロジェクトマネジメント・フレームワーク(その2)

 【PMP試験対策】は、PMBOK4版をベースに、PMP試験の傾向と対策をまとめるシリーズ。

─────────────────────────────────

 プロジェクトマネジメント・フレームワークの続き。プログラム、ポートフォリオ、PMO、目的によるマネジメントについて。

 「プログラム」とは何か。プログラムとは、プロジェクトをグルーピングしたものであり、複数のプロジェクトの協調させ、調和が取れるようにマネジメントする。一例として、ロケット開発プログラムでは、ロケットエンジン、本体、衛星のそれぞれの開発プロジェクトを協調させながらすすめる必要がある。

 ただし、プログラムには反復的および周期的業務も含まれることに注意。PMBOK3版p.16の例によると、公共事業では、年次「建設プログラム」と呼ばれるが、これは毎年積み重ねで実施される一連の建設プロジェクトのことを指している。プロジェクトは周期性を持たないが、プログラムは周期性を持つ業務「を含む」のだ。

 「ポートフォリオ」とは何か。ポートフォリオとは、プログラムとプロジェクトをグルーピングしたものであり、ビジネス上の戦略的目的を達成するためにまとめられている。ひとつのポートフォリオに、複数のプロジェクト、プログラム、定常業務が含まれている、と考える。

 「プロジェクトマネジメント・オフィス(PMO)」とは何か。ともすると分散しがちなプロジェクトのマネジメントを集中化させるたに、次のような役割を果たすオフィス。①組織におけるPMポリシーや方法論、テンプレートを提供する。②組織においてプロジェクトをマネジメントするためのサポートやガイダンス、トレーニングを行う。③プロジェクトマネージャを提供し、プロジェクトの結果に責任を負う。

 PMOが超越的な権限を持っている人だと考えてはいけない、あくまでも一組織だ。そして、組織によって様々な役割を果たす。たとえば――プロジェクト間の相互依存関係を調整したり、プロジェクトを終結させたり、組織のルールとしてコンプライアンスをモニタリングしたり、教訓を収集して組織内で共有化したり、変更管理委員会として働いたり、ステークホルダーそのものとなったりする。

――とRita本にあるが、PMの吹き溜まりとなってやしないだろうか?かつては敏腕を鳴らしたPMでも、技術革新に取り残されたり、貢献に見合うポストが提供できなかったりの理由で、PMOに「安置」させられてやしないか?PMOを設置してこれで大丈夫だと胸を張る経営者を見ていると、そんな疑問が頭から離れない。

 そんなわたしの疑いに応えるように、Ritaはこう述べている。PMOは最近のトレンドだが、まともに働かせるためには、①役割の明確な定義づけ、②なんにでも関わらないこと、③有資格者(PMP)が携わること、④トップマネジメントのコミットメントと関与が必要などと述べている。そもそも、PMO自体が適切なプロジェクトマネジメントを要するので、「組織をつくればOK」という経営者が安易過ぎることがよく分かる。ああ、誰かさんに読ませてやりたいナリ。

 「目的」とは何か。プロジェクトマネジメントにおける「目的」とは、「そのプロジェクトの結果、生み出されるサービスや製品」だけではないことに注意。目的は、プロジェクト憲章など、プロジェクトを通じて生み出されるものを含む。目的は、立ち上げ時に特定され、計画時にブラッシュアップされる。つまり、そのプロジェクトで何を目指すのか?が最初に決められるのだ。

 目的が、「予定通り」であれば、それは上手くいっているプロジェクトと呼んでもいい。逆に、目的に適っていないプロジェクトは、それをやめさせる理由にもなる。そのため、プロジェクトに対する要求と目的は、トレードオフの関係になることがよくある。言い換えると、「目的」とは、作業が向かうべき方向であり、達成すべき目標であり、取得すべき所産や、産出すべきプロダクト、実行すべきサービスだったりする。

 また、「目的によるマネジメント」(MBO/Management by Objectives)とは、次の3ステップによる。①具体的な目的を確立し、②その目的に適応しているか、定期的にチェックし、③必要に応じ是正処置を施す。

─────────────────────────────────

PMBOK4日本語 【PMP試験対策】シリーズについて。

 ベースは、PMBOKガイド4版と、"PMP Exam Prep"、通称Rita本の2本立て。PMBOKガイドを傍らに一連のエントリを「読むだけで合格する」ようなシリーズにするつもりだ。過去の記事は、以下のリンク先が入り口となっている。PMBOKガイドの古い版が元となっているが、「PMIイズム」「PM的思考」は学べる。ぜひ参照してほしい。

   【PMP試験対策】 PMBOK2000版
   【PMP試験対策】 PMBOK3版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月27日 - 2010年1月2日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »