« ゲームで子育て「レッド・デッド・リデンプション」 | トップページ | すごい言葉 »

ちょいエロからキッツいのまで「独身者の科学」

独身者の科学 独身者の「科学」と書いて「セックス」と読ませる。独身者のたしなみ、あるいは独身者の超常識が展開される。ていねいで穏やかに、刺激つよめの論と画が並ぶ(モノクロなのが残念無念)。語り口と内容のギャップがでかいので、人を喰ったような印象を受けるかもしれぬ。

 まず、独身者の定義がユニークだ。著者によると「独身者」はかなり拡大される。つまり、以下の一つでも思い当たるならば、未婚だろうと非婚だろうと離婚だろうと死に別れていようと、「独身者」になるそうな。

  • おちゃめである
  • お調子者である
  • 研鑽家である
  • 倹約上手である
  • 指先上手である
  • いじめられたい
  • いじめたい
  • 機転がききすぎる
  • 発明家である
 ひとり上手を想定しているんだろうね。「愛はレッスンだ」という主張に激しく同意。キモチよくなり方は、自分で開拓するものだし、いくらでも深堀りできる。快楽の追求に貪欲であれと激励するいっぽう、他人の指技にとりつかれて、自分の技術の研鑽に怠るなかれと叱咤する。自慰であれ他慰であれ、練習もせずに上手くなろうなんて、ムシが良すぎる。精進あるのみ。

 真偽のほどは別として、エロス・トリビアなるものが満載されている。たとえば、世界初のダッチワイフは、古代エジプトの神官エレクチオンが作ったそうな。たまたま部屋にあった板切れを人型にくり抜き、その部分に直径3センチの穴をあけて性器を挿入したんだと。さらに、「この板のダッチワイフは今もエジプトの学者が大切に所持し、時々使っていることです」と続き、歌舞伎町の板越しプレイまで言及する。どこで眉唾すればよいやら。

 いわゆる「痛い」やつもある。ファスナーを縫いこまれたり、針と糸で縫い合わされた女性器が紹介されている。リアルかつショッキングな画になっている。また、首吊りプレイを一人でやっていて、誤って本当に首を吊ってしまったドイツ人の写真は「痛い」。以前にご紹介した「デス・パフォーマンス」まんまやね(わたしのレビューは、命がけのオナニー「デス・パフォーマンス」は劇薬 【成人・紳士限定】をどうぞ。首吊りプレイはいいのだろうか?とぁゃιぃ好奇心が湧き上がってしまうが、くわばらくわばら。

 最後に、本書で知ったマーク・トウェインの言葉を引く。これも真偽のほどは後の楽しみにしておこう。

    見よ!ペニスは剣より強し
    熱き言葉に鞘より飛び出す
    ――――マーク・トウェイン

 ちょいエロからキツいのまで、お楽しみあれ。

|

« ゲームで子育て「レッド・デッド・リデンプション」 | トップページ | すごい言葉 »

コメント

こんにちは。以前国会図書館の後にご一緒したものです。

> 首吊りプレイはいいのだろうか?

個人的な経験からいえば、呼吸を維持しつつ頸動脈を絞めるのは、痛くも苦しくもなく、いい感じにトリップしますよ。聞いた話では柔道で落とされるのが好きになる人もいるそうですし、楽しんで頸動脈の血流を遮っているうちに死んでしまった人もいるそうです。

首つりプレイは経験ありませんが、そちらは痛かったり苦しかったりしそうなのでいやですね。そういう趣味の人がいることは承知していますが。

投稿: asm | 2010.11.19 19:04

>>asmさん

経験談ありがとうございます。「ちょっとだけ」ですが気になります。安全に遊ばせてもらえるのなら、ちゃんとおカネを払ってやりたいです。死なない程度に精進しますね。

投稿: Dain | 2010.11.21 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/50068407

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいエロからキッツいのまで「独身者の科学」:

« ゲームで子育て「レッド・デッド・リデンプション」 | トップページ | すごい言葉 »