« 聴講(と飲み会)のおさそい「読書とはなにか」 | トップページ | けっこうアナログ「数覚とは何か」 »

大人の女の、いやな恋「パーマネント野ばら」

 ……という触れ込みでワクドキしながら読了、ためいき。

パーマネント野ばら スゴ本オフ(恋愛編)で出会ったのだが……これは……これは…これは詩だな。どうしようもない男に人生を振り回されながら、それでもオンナをやめるわけにはいかない。そんな彼女たちの負の情(なさけ)が、パステルカラーでほのぼの&セキララに描かれる。セリフのいちいちがグッと胸に迫り、感情の喫水線は上がりっぱなしだった。心が弱ってたら泣き崩れていただろな。

    けどなけどな
    私のことなんか誰も
    みてくれないしほめてもくれへん

    生きていくのを
    ほめてもらうのは
    あかん事なんやろか

 もっと大声で叫ぶような気持ちを、そっとつぶやくように告げる。作者が「わたし」に託しているのは一目瞭然だが、あまりにも"痛い"。自分の痛みを物語化して泣き笑い飛ばしてしまうつもりなのか。これ描いてるとき、サイバラさんどんな顔してたんやろな、想像すると胸がいっぱいになる。

 そして、子どもの存在。娘が一人いるということは、(そして二人で暮らしているということは)、かつてパートナーがいて、いまはいないということ。夜、娘を抱きしめながら、こんなこと考えるなんて。そして、とりとめもない日常を語り合う想い人の存在が、「わたし」に伝えるあたたかみ、その温もりが、"痛く"なる、ラストで。

    好きやずっとはどこにもないから
    わたしはまいにちうそをつく

うわー、と思ったね。"そういう話"だったんかと。誰もほめてくれないから、自分で自分をほめてみる、好きやずっとはどこにもないから、自分で自分にうそをつく。このホントの意味が明かされるとき、わたしは思わず頭を抱えてしまった。この狂おしさ、せつなさ、空虚(ウツロ)感、男のわたしにゃ重すぎる。でも嫁さんには読んで欲しくない。うっかり読んで「わたし、これ分かる」なんて言われたら、どうすればいいんだ……そういう意味で、女性向けやね。

 だが、男性陣が読んでおくべき箇所もある。セリフほのぼの、画は壮絶。

    20年で満タンになったんや
    女の心は、定期預金やからなあ
    あはは
    ひとつガマンのみ込むたびに
    金振り込んで

    そーですねん
    ある日急に
    満期になって自分でも
    びっくりしましたわー

    毎日ガマン飲み込んで
    こら永遠にいけるんかな
    思てたらー

    あはは
    急に帰ってくるもん
    金利もバッチリついて
    女の定期預金

 「女の定期預金」、これはケータイにでも刻んで、毎日復唱すべきやね。読むきっかけを作ってくれたともこさん、ありがとうございます。

|

« 聴講(と飲み会)のおさそい「読書とはなにか」 | トップページ | けっこうアナログ「数覚とは何か」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/49609483

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の女の、いやな恋「パーマネント野ばら」:

« 聴講(と飲み会)のおさそい「読書とはなにか」 | トップページ | けっこうアナログ「数覚とは何か」 »