« 「ヴァギナ」はスゴ本 【全年齢推奨】 | トップページ | スゴ本オフ@BEAMS(8/27)の視聴について »

「論理トレーニング101題」はスゴ本

 「東大教授が新入生にオススメする100冊」に、必ず登場する名著。

論理トレーニング101題 本書は、安直ビジネス書に群がり、カモにされているカモリーマン向けではない。週末にナナメ読んで、「なんとなく分かった気分になる」自己満足を目指していない。1問1問、エンピツとノートを準備して、101問すべてに取り組むべし。「解説書なんかいくら読んだって論理の力は鍛えられない。ただ、実技あるのみ」のとおだ。やれば、やった分だけ向上する。

 大きく2部に分かれており、前半は、接続詞に注意して正確に議論を読み取り、その骨格をつかまえるトレーニング。そして後半は、演繹と推測の適切さを論証し、さらに論証を批判的にとらえる訓練をする。すべて、①練習問題→②自力で解く→③解説と答えあわせのくり返し。章末に、ちとムズめの問題が待ちかまえており、③の理解を確かめることができる。200ページたらずの薄手の本なのに、中はどろり濃厚で、「飛ばして」「ナナメに」読まれることを拒絶している。ちょっと紹介してみよう。

   問71  次に含まれる論証の隠れた前提を取り出せ

  1. テングダケは毒キノコだ。だから、食べられない
  2. 「さっき彼と碁を打ってただろ、勝った?」「いや、勝てなかった」「なんだ、負けたのか、だらしないな」
  3. 吠える犬は弱虫だ。うちのポチはよく吠える。だから、うちのポチは弱虫だ
 順番に考えてみる。 1. は簡単だろう。「毒キノコは食べられない」という前提が隠れている。「A=B、B=C、ゆえに、A=C」の論証のうち、「B=C」が省略されたもの。 2. は少してまどった。隠れた前提なんてあるの?としばし悩んだのち、「勝ってない≠負け」に気づく。将棋なら千日手、囲碁だと持碁があるからね。

 解けなかったのは 3. だ。ショボーンとしながらも解説で慰められる、これは難問らしい。正解をマウス反転させておくので、ご自身で考えてみてほしい。言い換えると、これが解けるようなら、本書をクリアできる論理力はあることになる。答え→ポチが犬だとはどこにも書いていない。もし、「うちのポチ」が虎だったらこの論証は成り立たない。そして、解説が素晴らしい。隠れた前提のパターンは、次の3つに大別されるという。

  1. すべてのAはBだ。だから、このaはBだ ⇒ 隠れた前提「このaはAだ」
  2. AはBだ。だから、AはCだ ⇒ 隠れた前提「BはCだ」
  3. Aではない。だからBだ ⇒ 隠れた前提「AかBのどちらかだ」
 著者は、この前提について、大きな疑問を投げかける。自明視している前提が、ときに誤りの元凶になるのだと。独善的な論証ほど、問題のある前提が隠されているというのだ。

 たとえば、 2. は藁人形の基本で、某センセが上手に使うのを目にする。相関関係を因果関係にまで拡大し、さらにキャッチーなセリフで「AはCだ!」と言い切る。その文句が耳にイイので、かなりの人が騙されている。この場合、隠れた前提に対する質問「ホントにBはCなの?」が強力なカウンターとなる。あるいは、 3. は善悪論にからめて流れを持っていかれる。「アタシが悪いってわけ?」→「いや、そうは言ってない」→「じゃ、アンタが間違っているんじゃない!」という展開。これは、 2. と 3. の複合技やね。これは、そこまで怒らせたわたしが悪いので、論証を批判してはいけない。

 本書は、いわゆる「詭弁術」を追いかけるものではない。論理的に考え抜こうとする態度が、結果、論理のフリをした詭弁を明るみに出すのだ。因果関係と相関関係のねじ曲げは、この問題にも見られる。

   問91  次の推測において、他の可能な仮説を考えよ

幼児を自動車に乗せる場合、チャイルドシートをつけなくてはいけない。1993年からの5年間に、6歳未満の幼児が乗車中に死亡した事故は、チャイルドシート着用時の死亡者が1人なのに対して、非着用の場合は72人というデータが出ている。このデータから見ても、チャイルドシートの安全性は明らかである。

 データからの推論のおかしさはすぐに気づくが、「他の可能な仮説」は少し悩んだ。答えと解説はマウス反転するので、考えてみて→チャイルドシート着用時の死亡者数が少ないのは、単純にチャイルドシートを着用している子が少なかったから。数ではなく、率で比較すべき。極端な場合、チャイルドシートが存在しなかった50年前には、チャイルドシート着用者の死亡件数は、当然ゼロになる。

 二つのタイプの現象AとBが伴って生じているとき、そこには少なくとも次の四つのパターンが考えられるという。すなわち、

  1. 単なる偶然
  2. AがBの原因
  3. BがAの原因
  4. AとBの共通原因Cが存在する
 になる。 1.2.3 はよく取りざたされるのに、 4. は無視されることが多い。ふつう、人は、梅が咲くことが桜が咲くことの原因とは考えない。しかし、ゲームにハマるから引きこもりになるという主張を、すんなり受け入れてしまう人がいるのは面白い。

 さらに、論証を批判的にとらえるチカラもやしなえる。相手の主張に反対したり、対立することではない、本来の意味としての批判ができるのだ。つまり、相手の立論の論証部に対して反論することができる。相手を批判することは、必ずしも異論につながるとは限らない。相手と結論を共有しつつ、論理の部分の穴をみつけ、ゆさぶりをかけるのだ。結果、その批判こそが、立論を強化することになる(いわゆる建設的な批判というやつ)。

   問100  この立論に対して批判せよ

あなたたちは新空港の工事に反対していた。その反対運動にも関わらずいまや新空港は完成した。あなたたちは反対していたのであるから、この新空港を利用すべきではない。
 この問題は、あらゆる議論の場で形を変えて現れる。曰く、増税イヤなら日本を出て行け、社畜に反対なら辞めてしまえ云々。こうした感情論が入り込みそうな場合、その意見が「賛成」なのか「反対」なのかばかりに目が行き、そもそもの議論の前提だとか、立論の根拠が落とし穴になる。この問題だと(解答マウス反転)→空港そのものを否定していたのではなく、空港の「工事」に反対していたのだ(立論の穴)。つまり、空港のないところに空港を作る是非という問題と、空港がすでにあるところでその空港を利用するかどうかという問題は、別問題である。林野を開いて空港を作ることに対する反対は、空港の利便性への反対を意味するものではない。

 ほとんど詭弁かもしれないが、論理の穴を見つけ、そこを衝いている。本書いわゆる議論に「勝つ」ためのハウツーではない(著者自身がラストで戒めている)。相手の立論を正しく読み取り、その論証を批判的にとらえるための地道なトレーニングなのだ。

 論理力は感性ではなく訓練で身につく。問題をやっただけ、向上すること請合う。

|

« 「ヴァギナ」はスゴ本 【全年齢推奨】 | トップページ | スゴ本オフ@BEAMS(8/27)の視聴について »

コメント

今回はガチな本をぶつけてきましたなぁ。
昔問題も解かずに読んだきりですわ orz
買ってきて問題ときます・・・・。

投稿: nobu | 2010.08.23 13:17

この本の問題自体は普通の人ならほぼ正解できるレベルです。問題を解くことより、その論理的な説明を参考にすべきだと思います。

投稿: | 2010.08.23 14:46

>>nobuさん

本書は買った後、幾度も挑戦→挫折をくり返し、ようやくやり終えました。
単に読み流すだけでなく、正答を考え考え進めるので、えらく苦労しました。


>>名無しさん@2010.08.23 14:46さん

そうですか。

投稿: Dain | 2010.08.24 07:01

>この本の問題自体は普通の人ならほぼ正解できるレベルです。

ほとんどの日本人は論理展開する手法やリテラシーが欠けてるよ。だから言いあいですぐ感情的になったり外交実績が乏しい。その辺をもっと認識しないと。

投稿: ha | 2010.08.24 09:10

問71-1
食べられないと取り決められていて、自発的に普通の人は食べないだけ。

問71-2
互戦なのか、先なのか、置碁なのか、コミの有無について議論がなされていない。「勝ってない≠負け」と推論するなら対戦者に実力差があるだろうというにしか及ばない。

問71-3
字面だけで、屁理屈こねるなら誰でもできる。


一見すると、論理的にみえて実態を表していない。
この手の問題には、閉鎖的空間の限定条件下(情報)で質問が許されない状態で判断をするという「定義」があって成立するチンケなものじゃないのかな。

柔軟な思考や勉学を育むとは思えない。
そういうモノだとして教養の一種としての価値は有るだろうけれど。

投稿: | 2010.08.24 09:13

こんにちは。
今回の紹介された本には賛否両論ですね。

でも、問7だけ見てだからこの本はダメだって理論は成り立たないわけで。

また、設問の設定がまずいと言うだけであって分かり易い設問にしようとしたら極端になるような場合もあるのではないかと。

論理の構造を理解して矛盾があるのではないかとひらめける経験値を積むと言うことが目的で屁理屈や揚げ足を取るためのものではないと思われ。
まぁ、使いようなのではないかと思いますがどうでしょうか?

ふつーの人じゃ無いのでどうもこういった理論的な考えが出来ないのか出題の問題が解けない様な私が言うのもなんですけれど。

投稿: 浮雲屋 | 2010.08.24 15:43

屁理屈こねてケチつけるというのも論理トレーニングになっていますね。間違いなくスゴ本ですわ。

投稿: にこちゃん | 2010.08.24 16:02

言葉遊びですな

問100に答えてみました。
「私たちは空港の工事に反対していた。
 しかしあなた方はその反対を押し切って建設したのだから、
 むしろ私たちにただで利用させるくらいのサービスがあって当然だ。」

問101は上記の立論に対して批判をしてください。

投稿: add | 2010.08.24 21:58

問71の1が全く理解できない。

>テングダケは毒キノコだ。だから、食べられない

毒が入っていても食べる事は出来るよね?
だったら、この論理は崩れるよ。


>「私たちは空港の工事に反対していた。
>しかしあなた方はその反対を押し切って建設したのだから、
>むしろ私たちにただで利用させるくらいのサービスがあって当然だ。」


工事関係者1「空港利用をセルフサービスでご利用頂けます。」
工事関係者2「じゃあ、工事建設を中止したら、逆にどんな事してくれるの?」

っと冗談はさておき、解答としては
工事に反対していただけなので建設された空港は無関係ってところですかね

投稿: mmdd | 2010.08.24 22:44

>>haさん

haさんに同意です。いろいろな意見がありますもの。


>>名無しさん@2010.08.24 09:13

穿った見方、ありがとうございます。


>>浮雲屋さん

リクツに屁が付くか付かないかの違いはただ一つ、「周りを巻き込めるか」になります。リアルでもネットでも、その心得をおさえている人は強いですね。特にマッキンゼーとかコンサルの人は瞬発力が違います。
いろいろな方がいらっしゃるのは、夏だからです。わたしの経験ですが、夏になると、ユニークな意見がでてくるようです。


>>にこちゃんさん

はい、ケチをつけるその「ケチ」が強弁などではなく、整合性があるのなら、論理トレーニングになりますね。


>>addさん

批判のトコは、たしかに言葉遊びかもしれませんね。
問101は、ぜひご自身の眼でどうぞ。


>>mmddさん

どこにツッコムかという問題なのかもしれません。
ツッコミどころはTPOというところで。


投稿: Dain | 2010.08.25 00:33

To: 名無しさん

>一見すると、論理的にみえて実態を表していない。

って、何を言ってるんですか。

「一見すると論理的に見えて実態を表していない」という発言自体が致命的に矛盾してるじゃありませんか。これがもし「一見すると現実的に見えるが実態を表していない」というのなら話はわかりますけどね。だって論理的かどうかと実態を表しているかどうかは別問題でしょ? そのへんを混同していませんか。

たとえば、「全ての人間が不死身であるなら、人間であるソクラテスも不死身である」という命題は論理的には真ですが現実には全く即していません。(不死身の人など現実にはいませんから)

こんなことは中学生でもわかりそうなもんですが・・

投稿: ほげ | 2010.08.25 09:02

To: mmddさん

>毒が入っていても食べる事は出来るよね?
>だったら、この論理は崩れるよ。

だから、そこを見抜きなさいというのがこの問題の主旨なわけでしょ? 既にこの記事の本文中にも解説が書いてありますが・・・ 読んでらっしゃらない?

投稿: ほげ | 2010.08.25 09:08

>>ほげさん

 >こんなことは中学生でもわかりそうなもんですが・・

ご明察。

投稿: Dain | 2010.08.26 00:30

もにょもにょしてますなぁ。
この本はあくまで「形式論理で考えるとどうなるか?」のトレーニングの本であって、「一般的に通用する(説得できる)論理か?」は対象じゃないですよね。

空港の例ならば形式論理で考えれば空港工事に反対することと利用することは無関係です。(ただし、空港の存在そのものに反対していた場合はどうなんでしょうね?「われわれは空港など要らない!」みたいな反対運動とか)

しかし世間一般的な考えではおかしいと考えられるでしょう。

それは形式論理には価値観が含まれませんが、世間一般の考えには「取得に反対するやつは成果を得るべきでない」というような価値観が背後にあり、空港の例を評価するときにその価値観が持ち出されているので、形式論理だけで考えた例がおかしく思えるわけでして・・・。

まあ、形式論理を使って考える場合は形式論理というフィルターで考えており、常識で考えている場合は常識というフィルターで考えてるわけで、究極的にどっちが正しいというわけじゃないんですよね。この本は形式論理で考えるトレーニングだから断然形式論理で考えるべきですが、状況に応じて形式論理を使うか常識を使うかは考えねばなりませぬ。こういう本を読むといつでもどこでも形式論理(他人から見れば屁理屈)を振り回したくなるので要注意ですw

投稿: | 2010.08.26 11:32

(上の長文書いたアホは私です。すみません)
というわけで論理トレーニングをこなして
論理病にかかったらこんな愉快な処方箋もあるわけです。
『論理病をなおす!―処方箋としての詭弁』
『論より詭弁 反論理的思考のすすめ』
香西 秀信

レトリックの専門家だけあ」って、華麗なレトリックと精緻な論理で論理信仰を切りまくります。

投稿: nobu | 2010.08.26 11:42

>>nobuさん

あああ、ありがとうございます。キチッと説明していただき、感謝しています……ただ、現在「夏」ですので、理解していただけるかどうかは微妙かと。
香西センセのはいくつか手にしたことがあります。反論の技術として懐にしのばせておきたいです。

投稿: Dain | 2010.08.26 23:37

このえんとりを見て、早速本屋に行ったところ、
同じ野矢先生の『新版 論理トレーニング』が
目に入りました。

中を見ると、序論が「論理とは何か」で、以下の記述があり、衝動買いしてしまいました。

・論理力とは思考力ではない
・思考の本質は飛躍と自由にあり、これは論理の役目ではない
・論理は、むしろひらめきを得た後に必要となる
・論理力とは、思考力のような新しいものを生み出す力ではなく、
考えをきちんと伝える力であり、伝えられたものをきちんと受け取る力に他ならない

全体構成もかなりシンプルで、古典的な論理学(論の組立方;ディアレクティケー)を思わせるものがあります。

独習向けで回答も記載されているので、
みなさんもよろしければどうぞ。

投稿: TMN | 2010.08.27 20:33

最近まで論理学に非常に抵抗がありました。設問がワザと意地悪に作ってあるものが多くて。

でも最近、A、Bと記号に置き換えて考えられるものなんだと言うことが分かってからすっきりしました。意地悪には相変わらず抵抗があることはあるのですが(笑)。

「常識」などのように、思わず設問の中に設定されていないものを自分で前提にしてしまって、そこで問われている論理を見られなくなるような問題を出していることが多いのですよね。

この本は未読ですが、そこは十分練られているように感じます。

こういったこと(ある種の頭脳ゲーム)に対して「本気で」怒ってしまったりするところが、まだまだ日本人には論理力が足りない気がします。

投稿: n_shimizu | 2010.08.28 02:06

>>TMNさん

新版ですかー、これは未読なのです。ずっと旧版ばかり積読状態だったのですが、ようやく読めた次第なのです。新版はそのうちチェックして比較したいですね(問題よりも解説が主?)。


>>n_shimizuさん

コメントありがとうございます。
言葉遊びや頭脳ゲームは、それを面白がってメタ化できた人の勝ちだと思います。怒る/怒らないについては、以下がスゴ本だと思います↓

「怒らないこと」はスゴ本
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2010/04/post-9436.html


投稿: Dain | 2010.08.29 00:24

『新版 論理トレーニング』の「はじめに」には、ほとんど旧版を書き直した、
旧版には退場してもらうことにした、旧版より3割方パワーアップした、とあります。
具体的には、
・練習問題には解答・解説を付した(独習用対応)
・理論構成をシンプルに(あまり使わない概念は導入しない)
・問題の入れ替え(大学入試の現代文は観賞用、いっそう実用的・実際的な文章へ)
とあります。

目次
Ⅰ 接続の論理
 1 さまざまな接続関係
 2 接続の構造
 3 議論の組み立て

Ⅱ 論証
 1 論証の構造と評価
 2 演繹と推測
 3 価値評価

Ⅲ 演繹
 1 否定
 2 条件構造
 3 推論の技術

Ⅳ 議論を作る
 1 批判への視点
 2 論文を書く

投稿: TMN | 2010.08.29 16:44

もともとは
『論理トレーニング』という本があり、
それを問題集として再編したのが
『論理トレーニング101題』です。

そして
『新版 論理トレーニング』は
『論理トレーニング』の解説の不備な部分を修正し問題を刷新し増やした本です。

いわば『トレーニング』は問題はありますが説明重視で『101』は問題重視です。どちらもいいほんです。はい。

あと香西先生は論理とかレトリックで何冊も出しているのに各本で内容がはぼ被ってません。どれを読んでも中身があるのです。著者紹介の写真も従来の怒ったような顔から『論理病をなおす』では笑顔になってます。先生は進化してるのです。 

投稿: nobu | 2010.08.29 18:00

>>TMNさん、nobuさん

なるほど、そういう違いがあるのですね。「解説本」から「問題集」へと、自分の著書を乗り越えるような出し方をしていて、とても好感が持てます。
論理病……というか詭弁のワナにハマりこんだとき(自覚症状はあります)、紐解いてみます>香西センセ

投稿: Dain | 2010.08.29 18:26

>「A=B、B=C、ゆえに、A=C」の論証のうち、「B=C」が省略されたもの。
これはちょっとおかしいような気がします。
「テングダケ=毒キノコ」とは言えないのではないでしょうか?また、「毒キノコ=食べられない」とも言えないでしょう。
イコールで結べるのは等価(2つのものがまったく同じ)であるときだけですから。
テングダケ以外にも毒キノコはたくさんありますし、毒キノコ以外にも食べられないものはたくさんあるでしょう。
毒キノコという概念はテングダケより範囲の広いものであり、食べられないものという概念もまた毒キノコという概念よりも範囲の広いものです。
アメリカ人=人間と言ってしまうようなものではないでしょうか。日本人やフランス人も人間であることは明白です。
わたしの指摘が正しいかどうかは分かりませんが、ブログのコメント欄なので気軽に書き込んでみます。

投稿: | 2011.07.29 09:13

>>名無しさん@2011.07.29 09:13

正しいです。「厳密に言えば」その通りだと思います。イコールで結ばれるのは、「厳密に言えば」等しいものなので、突き詰めると、イコールで結んでよいのは数値になってしまいます。なので、「厳密に言えば」数値以外の論理にイコールを持ってくると、不適切になりますね。「テングダケは毒キノコ」と「テングダケ=毒キノコ」は、「厳密に言えば」違うことになります。

投稿: Dain | 2011.07.29 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/49225575

この記事へのトラックバック一覧です: 「論理トレーニング101題」はスゴ本:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010.08.23 07:21

» [書評][表現]論理的日本語を書くための最初の一冊 [凹レンズ 〜まとまりのない日記〜]
今までわかりやすい文章についての書籍をいくつか読みましたが、いまいちピンときませんでした。センテンスを短くするだとか、飛躍がないように文章を続けるだとか書いてあるんですが、結局のところどう書けばよいのか?どう読めば良いのか?は謎のままでした。しかし、野矢... [続きを読む]

受信: 2010.08.23 11:15

» 張子の虎と間抜けな鳩 [気ままな雑記帳]
無責任な奴がえらそうに喋ると腹が立つ。 だから鳩山にいまさら何を期待しているの? 本人もよくまぁ恥ずかしげもなく出てくるよな。 [続きを読む]

受信: 2010.08.24 22:52

« 「ヴァギナ」はスゴ本 【全年齢推奨】 | トップページ | スゴ本オフ@BEAMS(8/27)の視聴について »