« 読書の夏で20冊、夏をテーマに選んでみた | トップページ | 「神話の力」はスゴ本 »

究極の本棚「松岡正剛の書棚」

松岡正剛の書棚 まさにわたしのために作られたMOOK。嬉しすぎる。

 東京駅で時間がつくれそうなとき、欠かさず必ず通っていたのが八重洲ブックセンター。だが、昨年から180度方向転換し、出口は八重洲口ではなく丸の内北口になった。目指すは丸善4階、松丸本舗である。

 ここが危険なのは、放し飼い状態になること。いつもは複数の図書館をやりくりしたり、勇気の人差し指でamazonポチっとしていたのが、完全開放される。新刊本に餌付けされている飼い犬から、リミッターカットされたハンターになる。財布におカネ入れてなければ買えなかろうと思いきや、カードOKというデンジャー・ゾーンだ。しかも週末の家族サービスの合間を縫って訪れるので、真昼のゲームのよう(もちろん、夜ならホット・サマー・ナイトになる)。

 ここでは、書物への偏愛は吐息のように漏れでる。書有欲(≠読書欲)の炎をぬけて、行き先のない旅に身を投ずるのだ。ありのまま起こったことを話すと、30分だけのつもりが、ハッと気づくと2時間近く経っている。時が飛ばされたに違いない。放置された子どもは怒りMaxになっている。

 これではイカンと、デジカメとハンディカムで店内を撮影する。動画と静止画の両方、2時間かけて全部の棚を撮りつくす―――のだが、いかんせん薄暗い店内では、肝心の背表紙が見えない。かろうじて良く撮れたのが、「松丸本舗のさまよいかた」で紹介した数枚になる。本の撮影は難しいナリ。

 そんなタメ息に応えたかのように、「松岡正剛の本棚」が出た。これは、松丸本舗の写真集ともいうべきMOOKで、可能なかぎり書影が識別できるようになっている。「ただ本が並んでいる」ような画像ではダメなのだ。書棚の「並び」が命の写真集なのだから、書名ができるだけ鮮明に見えるように、仕掛けが施されている。

 すなわち、棚2~3段ごとに撮影した写真を「貼り合せて」構成している。棚の全景を一枚の画像として撮ったものではないのだ。そのため、よーく見ると画像がズレている部分がある。あたりまえだ。松丸の本棚は「平面」ではなく、でっぱっていたりへこんでいたりしている。さらに曲面構造の本棚もある。そんな凸凹を、一枚の平面に写し取れるわけがない。おかげで、一冊一冊の並びがクッキリと見える。どういう"意図"でこれらの本を並べたのか、想像するだに愉しくなる。一見して不明なのは、ちゃんとト書きが記されている。

 松岡正剛は言う、「たった一冊で人の人生は変えられる。世界も入る。そういう本のあり方を一人でも多くの人に伝えたい」。この思いは、棚の前に立つと分かる。大きいか小さいかは分からないが、わたしの人生を一変させてしまうようなスゴ本は、この棚のなかにある。そう確信させる本力があるんだ。

 究極の本棚を、ご覧あれ。

 【お知らせ】 スゴ本オフ@松丸本舗をやります

 いつもの「Book Talk Cafe」でやってる発表会形式ではなく、松丸本舗の本棚をいっしょに眺め、「これはスゴい」とヒソヒソ声でオススメしあいます。ふつう、本屋は一人で黙々とハンティングするもの―――この常識をくつがえし、一緒に棚を観察しましょう。その棚のどこに着眼し、どう目線をすべらせていくかを、お互いにコメントしあいましょう。もちろん、他のお客さまの迷惑にならないよう、極力気ィ使います。「コレハ!」というのを見つけたら、買いでしょう。来た!見た!買った!でいきましょう。

 日時 8/7 10時ごろ~夕方までの、お好きな時にどうぞ
 場所 松丸本舗([URL] (丸善丸の内本店4F)

 特に受付とかありません。店内を終日ウロウロしているわたしを見つけて、声をかけてください。一緒にウロウロしましょう。このオフ会は開始も終了もありません。あなたが「こんにちは」と言うときがスタートで、「さようなら」と言うときがエンドです。好きなときにきて、飽いたらお帰りは自由です(本屋ですもの)。U-Stream も Twitter もなしで、ユル~くやっています。ビールが恋しくなる時刻まで居座っているので、赤いウェストバックをしているオッサンを探してください。

|

« 読書の夏で20冊、夏をテーマに選んでみた | トップページ | 「神話の力」はスゴ本 »

コメント

いつも更新楽しみにしております。

「松岡正剛の書棚」素晴らしいですよね。この本を買ったから松丸本舗に行かなくて済むかと思いきや、余計に行きたくなるのが危険。なにしろ行ったら手ぶらじゃ帰れませんから。

スゴ本オフ、行きたいところですが8月7日は旅行の予定。残念……。でも最低週イチでは行っているので、どこかでお会いしているかもしれませんね。

実はこのMOOKの発売記念トーク・サイン会というのにこの間行ってきまして、松岡氏の面白いお話がいろいろ聞けました。オアゾ4階はこれからもっとすごいことになるようですよ。

あと、松丸本舗にはブックショップエディターさんという「本のソムリエ」の方々がいらっしゃいますよね。いっそ声をかけて、堂々案内してもらっても良いかと。あと、不定期で「本の読み方」のワークショップなどもやっているらしいですよ。私もタイミングが合わず参加できていないんですが、ご参考まで。

これからも「スゴ本」紹介、楽しみにしています……って、こちらのブログもまた、私にとっては「買いたい本が増える」危険な場所なんですが。

ではでは、長文失礼いたしました。

投稿: hachiro86 | 2010.07.31 23:15

>>hachiro86さん

コメントありがとうございます。最近は「一番下の棚」に興味があります。その棚の趣旨とはちょっと外れた、でも「あるある!!」と手を叩きたいようなラインナップです。しゃがんでスカートを覗くようなポーズで、下段を眺めているオッサンがいたら、それはわたしですw

「本のソムリエ」のお話も幾度か聞きましたが、無私の立場から「松丸本舗と棚の紹介」でした。もっと「私」を前面に出して、一冊の本への思い入れとか語ってくれると嬉しいですね。

投稿: Dain | 2010.08.01 09:36

スゴ本オフ!
身近に本について語れる人がいないので行きたい!!
と思っても万年金欠&青森に住んでいる私には夢のまた夢・・・。
もし行けたとしても変に緊張してDainさんを見かけても
走って逃げてしまいそうです。

>>hachiro86さん
たしかに「読みたい!」と思うようなスゴ本がたくさん
紹介されているのでかな~り危険な場所ですよね。
お財布のヒモがゆるみすぎて大変なことになるくらい・・・。

今から素敵なオフになるようにお祈りします。
それでは♪

投稿: sis | 2010.08.02 11:32

>>sisさん

「変に緊張して走って逃げて」……はい、そういうシャイボーイ・シャイガールな方もいらっしゃるようです。んが、実際に会ってお話しすると、「これほどの変態とは思わなかった」という賛辞(?)も頂いておりますのでご安心を。

投稿: Dain | 2010.08.03 23:06

初めまして。

明日、午後から松丸本舗に寄ろうと思ってます。

来た!見た!買った!

宜しくお願いします。

投稿: 家鴨 | 2010.08.06 20:44

>>家鴨さん

了解です!
赤と黒のウェストバッグをナナメ掛けしているオッサンがいたら、声をかけてやってくださいましえ。

投稿: Dain | 2010.08.06 20:55

はじめまして。いつも拝見しております。
明日、10時の朝一で寄りますのでよろしくお願いします。

投稿: nobu | 2010.08.06 23:06

魔窟というかびっくりするほどユートピアから帰還しました。イヤー楽しかった!皆さんありがとうございました。ヽ(´▽`)/

お勧めした本、アマゾンリンク張っておきます。


ドゥエック
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%82%84%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B-%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E2%80%95%E8%83%BD%E5%8A%9B%E3%82%92%E9%96%8B%E8%8A%B1%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%8A%9B-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AD%E3%83%AB-S-%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4794216807/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1281172119&sr=8-1


アロンソン
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%81%82%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3/dp/430924470X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1281172271&sr=1-1


タレブ
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8C%E2%80%95%E6%8A%95%E8%B3%87%E5%AE%B6%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%81%E9%81%8B%E3%82%92%E5%AE%9F%E5%8A%9B%E3%81%A8%E5%8B%98%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%96/dp/4478001227/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1281172342&sr=1-1

参考 「びっくりすりほどユートピア」実写版
http://www.youtube.com/watch?v=juUHu2I-YGk

投稿: nobu | 2010.08.07 18:20

リンクはクリックできる状態ではれないんですね・・・。
あと会話中触れた本はこれです。 ではー。(◎´∀`)ノ

「物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン」
大塚 英志
タロットカード的なストーリーを作るための本です

「2000年間で最大の発明は何か」
ジョン ブロックマン
干草理論が刺激的

「ねじとねじ回し-この千年で最高の発明をめぐる物語」
ヴィトルト・リプチンスキ
ねじの偉大さを感じるならこれ

投稿: | 2010.08.07 20:14

オフ会、お疲れさまでした。

初めて松丸本舗に伺ったのですが、その本の量と質と配置に思わず目を取られてしまいました。気づいたら帰宅時間で、Dainさんを探すのを忘れていました。すいませんでした。また機会があれば参加させてください。

ちなみに今日は、

『松岡正剛の書棚』
『本を読む本』
『空の思想史』
『異端の数ゼロ』
『梵漢和対照・現代語訳-法華経上・下』

を購入しました。
この夏はこれで乗り切れそうです。

投稿: 家鴨 | 2010.08.08 00:37

Dainさん

オフ会おつかれさまでした。
本好きのみなさんのお話がうかがえて楽しかったです♪
Dainさんが本棚を持っていらっしゃらないというのは
かなりの衝撃でした! そういう方法もあるんですね~

途中自分の本探しに入ってしまい、はぐれたまま
ご挨拶もせずに失礼することになってしまいました。
すみません(勤務中に立ち読みはさすがにアレなんでつい…)

またぜひお立ち寄りください&参加させてくださいませ^^


(本日の収穫)
『アジアの形を読む(形の文化誌)』
杉浦康平、森毅、伏見康治、養老孟司(工作舎1993)

普段何気なく目にしている文様や形にも背景があって
そこから見えるアジアも面白そうだなあと。
最近多重多層なアジアにはまっています!

投稿: おおのこてつ | 2010.08.08 04:14

>>nobuさん

ドゥエックなどのリンク、ありがとうございます。早速チェックします。
nobuさんの語りが面白すぎて、この調子で丸善の全フロアを巡ったら、さぞかし積本が増えるだろうなぁ、と思います。松丸だけでなく、他の書店でもやるつもりなので、そのときはよろしくお願いします。


>>家鴨さん

いえいえ、「異端の数ゼロ」はわたしも探していたので、ニアミスしていたかもしれませんね。わたしの収穫は、

  アンナ・カレーニナ(トルストイ、光文社古典新訳)
  百年の孤独(マルケス、新潮社)
  細雪(谷崎潤一郎、中公文庫)
  ひきこもれ(吉本隆明、だいわ文庫)

です。たのしみたのしみ……


>>おおのこてつ

ハイ、本を一時的に保管する場所はあるのですが、基本的に本はフローになっているのです。それから、わたし自身も参加された方をおっぽってブックハントに没入してしまってました(てへ)。

投稿: Dain | 2010.08.08 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/49009018

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の本棚「松岡正剛の書棚」:

« 読書の夏で20冊、夏をテーマに選んでみた | トップページ | 「神話の力」はスゴ本 »