« 第2回スゴ本オフのお知らせ | トップページ | 脱怒ハック「怒りについて」 »

こころの保険「ゆるす言葉」

ゆする言葉 怒りについて、考えなおしているいま、ダライ・ラマ14世の「ゆるす言葉」を読み直す。

 初読は、北京オリンピックでチベット問題がクローズ・アップされていた2008年のこと。聖火リレーをめぐって世界各地で混乱が起きていたころ、ダライ・ラマのインタビューが読めると聞いて手にしたのだ。日本と中国の微妙な関係に配慮しており、政治的大人かつ茶目っ気のあるところを見せてくれる(でも70越えた爺ちゃんなんだよね)。

 今回は、怒りについて彼の意見を訊く。怒りをどう扱うか、こう断言する。


    怒りと憎しみこそが、私たちの本当の敵なのです。

    これこそ私たちが全面的に立ち向かい克服すべき相手なのであり、
    人生に時として現れる一時的な「敵」は、真の敵とはいえないのです。


 それぞれの発言は、もちろんチベットの現状を踏まえたものに見える。誰に向けたメッセージかによって、「一時的な『敵』」が誰なのかが変わってくるように受け取れる。いや、そういうわたしの「読み」が狭いのだろう。政治的事情を考えなくても、この発言は普遍性を帯びている。まさに「わたし」に向けたメッセージとして読めばいい。本書は写真+名言集のような体裁なので、「ことば」とPhotoが一緒になって記憶される。ダライ・ラマのシルエットや、チベットの自然の写真、破壊された寺院の写真の傍らに、こころに届くことばが並んでいる。

 いちばん響いたのは、次のことば。


     ゆるしの気持ちを身につければ、
     その記憶にまつわる負の感情だけを心から手放すことができるのです。

     ゆるしとは「相手を無罪放免にする手段」ではなく、
     「自分を自由にする手段」です。


 「怒り」に対し、「ゆるす」とは、自分を解放する手段だという。怒りという苦しみから楽になるために、「ゆるす」……これはなかなか難しい。なぜなら、「わたしは許せるだろうか?」という質問に答えなければならないから。天邪鬼なわたしは、常に極論を持ってくる。曰く「自分の身体が傷つけられてもか?」、曰く「わが子がむごたらしく殺されてもか?」―――はっきり言って、ムリだと思う。だが、上のことばを知っているのと知らないのとでは、そういう極端なことに陥ったときの反応が違うと思う。人を恨み、怨む自分を呪って自身を追い詰めるとき、このことばが思い出せるかどうかが、その後のわたしに大きな影響を与えると信じる。おそらくわたしは、「ゆるす」ことができないだろう。しかし、「ゆるすことができる」という選択肢がある、ということを、このことばによって、思い出せるかもしれない。

 もうひとつ。これは、若いころのわたしに贈りたかったことば。今はもう"大丈夫"なのだが、一時期、わたしは、わたし自身を、本当に嫌っていた。憎んでいた、といってもいいぐらいだ。それでいて外面は「ひとに思いやりを」なんて仮面を(意識せずに)被っていたのだから、自己欺瞞もはなはだしいものよ。


    ほんとうの意味の思いやりは、
    まず自分自身に対して向けられるべきものだと思います。

    まず自分自身に思いやりを持ち、
    それを周りの多くの人たちに向けて広げていくのです。

    つまり、自分自身を忌み嫌い、嫌悪しているような人は、
    他者を思いやることなど不可能なことだからです


 ああ恥ずかしい。何が恥ずかしいかというと、このことばを耳にし目にするために、自分を憎んでいた「わたし」が蘇ってくるから(しかも何度でも!)。「まず自分を思いやれ」というアドバイスは、子どもに向けてやろう。

 こころが苦しいとき、弱ったとき、いつでも思い出せるようにしたい一冊。

 追記 : ダライ・ラマ14世はTwitterをやってる(@DalaiLama)。ずっとフォローしていきたい方ナリ。

|

« 第2回スゴ本オフのお知らせ | トップページ | 脱怒ハック「怒りについて」 »

コメント

いつもこのサイトのリストを参考にさせてもらってます。
夜と霧にあえたのはこのサイトのおかげです。
「自分自身を忌み嫌い、嫌悪しているような人は、
 他者を思いやることなど不可能なことだからです

これと似たことがエーリッヒ・フロムの「愛するということ」にありました。自分の偽り方について分類していたのがあり、興味深かったです。

投稿: yan | 2010.04.23 16:01

>>yanさん

コメントありがとうございます、フロムの「愛するということ」は読んだはずなのですが……ご指摘の箇所が思い出せません。「汝のごとく汝の隣人を愛せよ」の件かなぁと思いつつ、再読します。良い機会をくださって、感謝しています。

投稿: Dain | 2010.04.24 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/48157015

この記事へのトラックバック一覧です: こころの保険「ゆるす言葉」:

« 第2回スゴ本オフのお知らせ | トップページ | 脱怒ハック「怒りについて」 »