« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

死なない家「三鷹天命反転住宅」

三鷹天命反転住宅 そこに住めば
 どんな人も
 死なないというよ

 誰もがみな
 住みたがるが
 はるかな値段

 その家の名は天命反転住宅
 三鷹にあるユートピア

 戯言兎角、死なない家があるらしい。[三鷹天命反転住宅]という。凸凹の床、歪んだ居間、球形の休憩室。極彩色の外観・内装は、この世のものとは思えない。帯の文句を信じれば、「人間の可能性を作り変えるほどの建築」になる。

 これまで、垂直と水平でできた四角い箱空間に安住してきた。この箱空間にぴったりと合う四角形の規格品があふれており、それらを使い慣れてきた。マンネリ化の結果、わたしたちは、各人の能力のほんのわずかしか活用できていないという。

 しかし、この異形な棲家に住まうことで、生命としての能力を最大限に発揮させるそうな。これまでの生涯を通じて身に着けてきた「先入観」を解体+再構築し、心=身体(心体)を甦らせ、再生させることを目的とした住宅。われわれが生活をするとはどういうことなのか?生きているとは?身体を動かすとは?身体を横にするとは一体どういうことなのか?根底から再考を促しかける巨大な装置。

 面白いのは球形の書斎。床が平らではないので、滑り落ちてしまう。そこで声を出すと、ものすごく大きな声が、コンマ何秒で拡大された声として、再び自分の耳に戻ってくる。もう一人の大きくなった自分と同居している感じになる――体験生活した人の話を聞くと、乱歩の鏡地獄を思い出す。あれは360度凹面鏡だったが、これは音の装置といったところか。室内を着るというか、部屋と一体化する感覚が生まれるようだ。

 もうひとつ。家の中はほとんどが家族の共有空間であり、プライバシーの保護に無関心どころか、取り去ってしまおうという意志が感じられる。シャワーブースは透明だし、トイレはドアがない(ちょっと隠れたところにあるが、共有空間と隔てられていない)。住宅は「ひとり」という単位で考えておらず、そこにすまう生命体トータルで、ひとつとカウントされているように見える。家族であり仲間なのだが、その一部分が排泄したり洗ったりするする感覚か。

 荒川氏はこの住まいを「ミキサー」とたとえる。

あそこは、ミキサーのような。ミキサーを大きくして、人体を入れて、人体を傷つけずにジュースにするような、感覚をジュースにするような、そういう部屋に入れられたわけだ。それで、君の感覚はどんどん広がっていって、からだはそのままのようだけど、重心を失う。不可思議な偏在の場に入っていって、何もせずに、ぐるぐる回っているだけなのに、君の記憶とか体験が、どんどんどんどん消えていく。
 荒川修作とマドリン・ギンズは、「死に抗する建築」と称するが、秘密はそこらへんにあるようだ。人を「ひとり」でカウントすると、当然のことながら、一箇の生命体としての死は避けられない。しかし、そこに住まう共同体を「ひとつ」として数えるならば、家族や仲間の再生・再構成を経て、新陳代謝があるだろう。また、その集団内での感覚や情報の共有があり、時空を超えて保ち続けるのであれば、それは「不死」と呼べなくもない。

 じっさいに住んだ人の日記[三鷹天命反転住宅 再訪記]を読むかぎり、感覚的なものが感性に影響を与えていくのが分かる。家賃は20万円程度。住まいを変えることで自分が変わるのなら、安いのか高いのか。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

数学の本質は抽象化「分ける・詰め込む・塗り分ける」

分ける・詰め込む・塗り分ける 情報源として読むとAHA!の宝庫だが、ぜんぶ理解しようとするとレベル高すぎ。

 目のつけどころが面白い。ケーキの切り分け、靴紐の幾何学、箱に缶詰をぎっしり詰める、チェスの千日手(Threefold repetition)など、一見、数学とは無関係の切り口から位相学、整数論、多面体定理の応用まで幅広く紹介する。逆に、実社会とは無関係に見える理論が、現場の作業手順を極限まで効率化している実例もある。

 たとえば、地図の塗り分け。なんだ四色問題かとみくびるなかれ。本書では地球と月の両方にまたがる「帝国」を想定した四色問題で、かなりの難題。「地球」「月」「帝国」「塗り分け」といった概念を抽象化し、シンプルなモデルにする。これが素晴らしい。数学的思考はこの抽象化ができる/できないにあるのだな、と感心する。

 現実の問題はさまざまにデコレーションされており、その本質は埋もれて見えないのが普通。このデコレーションを取り除くのではなく、本質をつかみだし、モデルに対応付けるところが、本書のキモだね。「地球と月の四色問題」のモデル図を見てしまえば、ああなるほどと思えるのだが、そのモデリングこそがいちばんセンスの要るところだろう。

 そして、同じモデルを「半導体基盤のショート検査」に適用する発想は天才のレベル。「短絡検査を効率化する」といった問題なら試行錯誤の上でモデリングは可能だろう。けれども、電子回路のモデルと四色問題のモデルを同列に扱うには、さらなる抽象的な視点が必要になる。おかげで12万回かかる検査が、わずか4回にまで劇的に減らすことに成功している。「数学によるコスト削減」の好例やね。

 もっとベタに、ケーキの切り分けが面白い(原書のタイトルは、"How to cut a cake")。完全に等分にすることが目的なのではなく、「あいつのケーキが大きい」とならないように、恨みっこなしで切り分けるにはどうすればよいか?これが、二人でケーキを分けるときなら簡単だ。「わたしが切って、あなたが選ぶ」になる。

 では、三人なら?五人なら?――というのが本書。これは難しい。答えは"切る"というより"削りとる"方法なんだが、一応リクツが通っているものの、実行したら、もはやケーキになっていないと思うぞ。

 「ケーキはいくらでも細かく切れると仮定する」という前提がいかにも数学的だが、現実的な問題にも応用している。それは「複雑な地形の分割」で、当事者が満足し、なおかつ余剰地ができる方法が明かされている。さらに、「第二次世界大戦の連合国によるドイツ分割」、「イスラエルとパレスチナの紛争元となった土地分割」まで発展させている。

 ただ、かなり高度で、ついていけないものもある。たとえば、トランプのシャッフルを繰り返していくうちに、最初の並びに戻ってしまう話。この手品を追求していくうちに、整数論における「フェルマの小定理」が出てくる。さらに、二つの泡がくっついたときの形状を数学的に「予想」する話。平均的な泡の姿の計算を進めるうちに、「オイラーの多面体定理」が顔をのぞかせる。「分かる人には分かる」書き方なので、歯ごたえありすぎ。

 身近な切り口から、高度な数学の世界へ。窓口広く、奥深し。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »