« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

Foresight の代わり、どうする?

 新潮社のクオリティ・ペーパー「Foresight」が休刊する[参照]

 な、なんだってーΩΩΩ!一般紙と比べ割高とはいえ、良質の記事が並んでいるので重宝していたのに… そういやここ数ヶ月、「らしからぬ」妙な酒やら証券会社の広告が増えていたな。お約束のように、「昨今の厳しい出版事情」と「インターネットの台頭」が休刊理由として挙げられており、不謹慎ながら笑った。

 さておき、どうしよう。これで、「定期購読までして読みたい雑誌」が消えてしまうことになる。ほとんどの雑誌は立ち読み or 図書館 or 特集により購入で済ましてきたけれど、Foresight は一通り読んできたからなぁ。「今年の派遣村がないのは、指導者が国家戦略室に取り込まれているから」とか、「政治家のウソを組織的に暴く politifact.com が米国で人気らしい」といったネタが一誌で得られるのは、Foresight ぐらいだろう。

 Foresight 難民となったわたしが、代わりを探すために、つらつら書いてみる。◎は定期購読の有力候補、○は特集次第、△は微妙、×は間違っても買わない。あ、これらは、「わたしの財布で買うか?」という基準なのでご注意を。図書館にあるヤツは、(必要に応じて)図書館でチェックしているから。さらに、立ち読みで充分なヤツは、相対的に価値が低くなる(世評を逆評価するために活用)。

 ◎ Economist 英語力不足でナナメに読めない&ネット版でお腹いっぱい
 ◎ COURRiER Japon 特集次第で買うが、定期購読するほどの魅力は?
 ○ Newsweek(日本語版) ネット版とfinalvent氏のフォローで充分でしょ
 ○ 東洋経済 車内広告でもいいけれど、たまのamazonネタが面白い
 △ FACTA 玉石混交すぎる、玉1石9とも(ただし玉はスーパー特ダネ)
 △ 文藝春秋 芥川賞チェック用、書評だけなら立ち読みで充分
 △ 中央公論 山形浩生書評が復活し、他の評者が消えるなら買う
 △ ダイヤモンド 車内広告で充分、たまのビジネス書特集が便利
 × TIME これ読むなら Economist にするよ
 × 選択 内紛前は◎だったのに…日経に盾突いた代償は大きい
 × WEDGE 団塊世評を知るためだけの価値
 × 日経○○全て 上司が次にカマすことを予測するためだけの価値
 × エコノミスト 広告で充分
 × PRESIDENT 広告で充分
 × Forbes 広告で充分
 × AERA 駄洒落が一番

以下、未チェック

 - Newsweek(本家) 10月の全面刷新後は未チェック
 - エルネオス 未チェック(目次を見る限り不要)
 - テーミス 未チェック
 - THE21 未チェック(立ち読みした限り不要)
 - ベルダ 未チェック(一誌だけお試し読んだが、微妙)
 - 経営予測エイジ 未チェック
 - 国際ジャーナル 未チェック

 こうやって並べるとわかる。わたしが紙の雑誌に求めているのは…

  1. 即応性でなく分析力(斬り口・深度・加工技術)
  2. 国内より国際(この国を動かしているのは、昔も今もガイアツ)
  3. 2万円/年(情報にお金を出せる目安)
  4. 非コモディティ(約2-3ヶ月で国会審議に載るぐらいの確度と鮮度)
  5. 書評が秀逸・充実(←これ重要)
 そして、重要なのは、「紙のメディア」であること。「COURRiERはiPhoneで読めるよ」とか知ってるけれど、紙がいいのだ。必要なトコはベリっと破いてポケットに突っこんで読みたいので。「ネット経由で読める」というのは、この場合、むしろ悪材料。言い換えると、「紙に落とす価値がある」のと、「定期購読する価値がある」のは、裏表だったりする。

 いいのがあったら、アドバイス願います。大穴があったら、薄謝どころか厚謝いたしますぞ。あるいは、「オレは○○へ移ったぜ!」というのがあれば、参考にいたします。

 追記 : はてな人力検索でも募集してみる(ポイントはずみますぜ)

  「Foresight」の代わりになるような雑誌は何があるでしょうか?


| | コメント (8) | トラックバック (0)

プロジェクト・アンチ・パターンの集大成「アドレナリンジャンキー」

アドレナリンジャンキー 一兵卒は必携、プロジェクトの腐臭を嗅ぎとれるようになる一冊。むしろ、「アドレナリンジャンキー」だったわたしに読ませたい

 「アドレナリン・ジャンキー」とは、モーレツ社員(死語)、もしくはモーレツ社員で構成された組織のこと。すべての仕事は最優先で、全ての送信メールは、【!緊急!】で始まる。作業の順番は重要性ではなく、切迫度によって決められる。したがって、長期的な見通しは存在せず、全ての仕事は、ある日突然、「緊急」になるまで放置される。

 こういう人や組織があることを知っておくと、「そこに染まりやすい」危険性も予測できる。だから、回避も可能だ。そもそも知らなければ、回避する/しないの判断をすることなく、あなたもアドレナリン・ジャンキーの仲間入りとなるだろう。

 あるいは、「死んだ魚プロジェクト」。人は結構いるのに、妙に静かなオフィス。入ったばかりのあなたに対し、チームメンバーは気の毒そうな顔で応ずるか、目をあわせようとしない。あなたは程なくして気づく。関係者は誰もプロジェクトの成功を信じておらず、納期・コスト・品質・仕様のいずれかか、全部を犠牲にしないと、どうにもならない。

 プロジェクトは既に死んでいるのに、社内を漂う腐臭に気づかない(気づこうとしない)上司。「できません」と言おうものなら、「証明してみろ。できない理由を説明してみろ」と問い詰められる。期日やスコープ(のデタラメ具合)を話そうものなら、泣き言だとか人のせいにするとか罵られる(でなければ、「善処する」という言葉で放置される)。

 本書は、こうしたプロジェクトのパターン/アンチパターンを集大成したもの。類書に「オブジェクト指向開発の落とし穴」や、「プロジェクト・アンチパターン」があるが、これはソフトウェア開発プロジェクトにひそむ罠を解説したもので、いわば「べからず集」というべき。

 いっぽう「アドレナリンジャンキー」は、そうした罠にハマったプロジェクトがどのような振る舞いをし、どんな傾向が見られるかをパターン化している。「このプロジェクトは最悪の事態に向かっている気がする」という直感から、「気がする」を取り除くことができる。だからといって事態は好転しないが、すくなくとも現状を正しく把握することはできるはずだ。

 さらに、救えるパターンであれば、その施策を処方してくれる。ポイントは、「救えるパターンであれば」というところ。いわゆる「詰んだ」パターンであれば、やれることは「みんな逃げて!」でしかない。さもなくば、そもそもそんな臭いのするトコには近づかない。そのための予防手段としても使える。

 たとえば、「悪いニュースが伝わらない」理由と対処が挙げられている。悪いニュースを告げる人に、「原因は?」「対処法は?」とやみくもに問い詰める上司がいることが元凶だ。あたかも、「改善策がないならば、悪いニュースはもってくるな!」と言わんばかりの態度を取り続けていると、メンバーは「真実をゆっくり告げる」ようになるか、または「スケジュール・チキン」的な行動をとりだす。「スケジュール・チキン」とは、自分の問題を、他人の問題の影に隠すことだって。

 どうすれば良いか?元凶を正すしかない。「伝える人を恨むべからず」という呪文を実践するしかない。マネージャーは悪いニュースをすぐに知りたいと「宣言」するだけでは不十分で、そのように「行動」せよという。

 そのためには、悪いニュースへの対処を二つに分けねばならない。(1) どう対処するかを決定し、それとは別に、(2) 何が原因かを考えるべきだという。そして、チームが回復プランを思いつき、適用することに集中しなければならない。建設的な是正措置に重点を置けば、批判や懲罰とは受け取られにくいため、将来、悪いニュースが隠されたりゆがめられたりする可能性は低くなるというのだ。「原因を徹底追及しないと、対処が分からない」と魔女狩りに勤しむ上司の下では、ニュースは改良されつづける。あるいは、伝達者は人身御供として扱われる。

 もう一つオマケ。株式会社「はてな」のユニークな経営形態に一石を投じるパターンがあったので紹介する。p.120 から始まるパターン40「裸の組織」だ。「はてな」の組織運営は、フラットで透明だと聞いたことがあるが、完全オープンの方針は、しだいに進歩を止めることになるという。

 つまり、メンバーは情報不安に陥り、多すぎる情報を抱え込んでしまうそうな。「情報不安」とは、他のメンバーが知っているのに、自分だけ知らないことへの恐怖だ。どの情報にもアクセスできるため、それを「見ている」と見なされてしまうのだ。「見ている」にもかかわらず、反論なり応答がなければ、「沈黙=同意」が成立してしまうという。「ファウスト的条件」といった小洒落たネーミングがついているが、要するに「なんでそのとき言わなかったの?」というカウンターへの不安感がついてまわるのだ。

 組織においてソフトウェア開発に携わってきた人なら、「あるあるwww」ばかりだろう。または、これからそうしたメンバーになるというなら、予防のため、ぜひ眼を通しておきたい。

 本書を一番オススメしたいのは、十年前のわたし。わたし自身「アドレナリンジャンキー」だったし、「死んだ魚」も「伝達者は人身御供」もみんな思いあたる。「逃げろ!」と警告するのではなく、本書を渡して、「いつ撤退するか、自分で決めろ」と伝えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »