« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »

終わらない終わり/終われない終わり「城」

城 死ぬときに後悔しないための読書。

 余名宣告を受けて「あれ読んでおけばよかった…!」と後悔しないために、昔からの課題図書をシラミつぶしに読んでいる。もっと早いうちに読んどけばよかった…と思う一方で、このトシまで積んできたからこそ「読める」読み方があったり。

 今回は、カフカ「城」。

 測量士として「城」に招かれたKが、なぜか「城」に入れなくて悪戦苦闘する不条理を描いており、職業が唯一の存在形式となった現代人の疎外を抉り出す――70文字で紹介するとこんな風になる。この「城」とは何かについて、さまざまな解釈がなされてきたが、残念ながら、わたしには文字どおりにしか読めなかった。

 エラい小説家が誉めているから、ありがたがって寓意を見つけようと頑張ったのだが、「意味」なんて無かった、というのがわたしの結論。そこに意義を見つけるから、その定義に縛られるという見方をしてもよいのなら、「掟の門」になぞらえてもいい。しかし、掟の門は個人の話で、「城」は村全体を覆うように存在している。物理的にだけでなく、村人を唆して、ある家族を八分にするほどの影響力を持っている。

 いや、これはちがう。アマーリアの家族が村八分にされたのは、彼女を口説こうとした「城の役人」を手ひどく拒絶したから。いやいや、これも誤りだ。アマーリアは拒絶したのは、「城の役人」というよりもむしろ、「城の役人の使者」であり、拒絶したというよりもむしろ、役人の誘いの手紙をバラバラに破いて投げつけたことなのだから。

 …うーん、それも間違っている。「役人の誘惑の手紙」なんて言いまわしは、よっぽどオブラートに包んだ言葉で、中身は卑猥な言葉を並べた半分脅し文句のようなメモだったという――これを、「信頼できない話し手」がKに告白するのだ。Aだといい、次にAでないといい、さらにAでないのは嘘だという。話が進むたびに、以前の発言、性質、事象の解釈が変えられ、曲げられ、訂正されていく。

 そのため、「城」を読み手の何かに照応させた次の章で否定されることになる。わたし自身、最初は「城」を官僚機構の象徴だと思ったが、次にはフラットさや柔軟な(ほとんど気まぐれな)一面を見せる。

 ストーリーをほどいても、一緒だ。つまりこうだ。主人公であるKが出会う人びとに順に焦点があたっていくのだが、前の人の印象が、「いまKと相対する人物」で上書きされてしまう。天使の素直さと献身は計算尽くめの表れだったり、悪意のカタマリだった発言は、過去の悔改からくる叡智のように、感じられる。これは、Kがどう思うかが問題ではなく、読み手にどういう効果を及ぼすかが重要。だから、「城とは――だ」といった瞬間、それはウソになってしまう(言うのは勝手だが)。

 その人の「存在感」が次の人によって否定され、別モノに作り変えられていくことで、「あの人は一体、何だったんだろう」という印象を読み手に持たせる。濃密な時間を過ごしたのに、淡白な反応しか見せないK自身に対しても、読者は不満感を募らせていくに違いない――ここからはわたしの妄想だが――そしてついに、Kそのものも別人が描写しだすことにより、K(だと読み手が思っていたキャラクター)が上書きされていく。まるで、ほうきを持って後ろ向きに歩きながら、自分の足跡を消して廻っているような読後感になるだろう。そして、最初から、「城」なんてものはなかったことに気づくのだ。

 あるいは、この後退を無限に続けるために、この物語の出口は最初から破壊されていなければならない。物語が「はじまりとおわり」という構造を持つことを否定するために、カフカの書いたものは未完を運命づけられているのかもしれぬ。

 「城」は唐突に終わってしまっているため、どういう結末になったのかは、推して知るべし。ただ、「終わりのない終わり」もしくは「終わらない終わり」こそ、ふさわしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいそうなおう「リチャード三世」

 死ぬときに後悔しないための読書。

 嫁さんはステキだし、子どもは愛おしい。忙しい毎日だけど、「このヤマを越えたら、みんなで遊園地にいくんだ」…どう見ても死亡フラグです、ありがとうございます。なので、いきなり余命宣告を受けてもいいように、「読んどきゃよかった」読書を実践中。今回はシェイクスピア、有名どころなので「おはなし」として知ってはいたけれど、戯曲そのまま接したことはなかったので、新訳にて読了。

リチャード三世 暴力と血と呪いにまみれたおぞましさを堪能する。主人公であるグロスター公リチャードを、世紀の極悪人とする評判を聞くが、おおいに疑問だ。醜く生まれついた自らを呪い、世を呪い、権謀術数を弄して、野心と復讐心の赴くまま殺しまくるリチャードは、たしかに「悪」を成している――が、そんなに悪人だろうか?

 妻を殺し、友を殺し、部下を殺し、幼い皇太子兄弟を殺し、ついには国王にまでのぼりつめる。その厚顔さや残忍さは非道だろう。だが、彼がやっていることは、冒頭で結着のついた権力闘争の「続き」であり、王位に就けるチャンスを最大限に生かそうとしただけのように見ることはできまいか。

 たとえば、強制的な廃嫡、血と暴力が入り混じった交渉術、裏切りの裏切りなんて、「ヘンリー四世」の舞台でいくらでも見出すことができる。権力闘争に膿み疲れ、和睦をしようとした両家の隙に付け入ったことは、まさにその闘争のスーパースターだったリチャードとして、ごく自然なこと。

 なので、むしろ主人公の墜落っぷりに同情しながら読んだ。嘘と裏切りを重ねた挙句に、ついに誰も――自分自身をも信じられなくなる瞬間が怖い。内に生まれた良心すらをも信じられなくなるシーンでは、こう独白している。

     とんでもない、ああ、俺はむしろ自分が憎い、
     自分がやったおぞましい所業のせいで!

     俺は悪党だ。嘘をつけ、悪党じゃない。
     馬鹿、自分のことはよく言え。馬鹿、へつらうな。

     俺の良心には千もの舌があって、
     それぞれの舌がそれぞれの話をし、
     そのどの話も俺を悪党だと非難する。

 巻末の解説を読むと、シェイクスピアのペンの向きがよく分かる。時の権力者へのサービス精神により、史実からフィクションへの書き換えがなされた可能性があるようだ。仕立て上げられた、「悪人リチャード対善人リッチモンドの構図からテューダー王朝が生まれたとする物語」を、「テューダー神話」と呼ぶそうな。

リチャード三世は悪人か 読んでわかったのだが、中島かずきの脚本「朧の森に棲む鬼」をリチャード三世に喩えたのは間違いですなw。三人の魔女が出てきたりするところから、むしろ「マクベス」を思い出さないと。あと、わたしと同じ疑問がタイトルの「リチャード三世は悪人か」(小谷野敦著)があるが、猛烈におもしろそう。ああ、こうして「後悔しないための読書」にまた一冊、増えるわけね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

【PMP試験対策】 PMIイズムについて(その1)

 【PMP試験対策】は、PMBOK4版をベースに、PMP試験の傾向と対策をまとめるシリーズ。

─────────────────────────────────

 一言、「プロジェクト」といっても多岐種々に渡る。

 もちろんPMBOKガイドには「プロジェクトの定義」だの「PMの役割(立場)」が挙げられているが、その大きさや距離感は人により・経験により、まるで違う。だから、自らの知識・経験でもって答えようとすると、必ずといっていいほど間違える。だからといって自身の経験が「誤り」というのではないのが痛くて痒いところ。

 そうならないための「考え方」というものがある。これはPMBOKガイドに明確に書かれているものから、ガイドから「類推して」推定できうるものまで、たくさんある。Rita本ではこの考え方のことを、「PMIイズム」と呼んでいる。

 これは、PMIの考える「あるべきPMの姿」や「(想定される)プロジェクト感覚」のことで、知ると知らぬとではかなりの差がつく。それなりに勉強したにもかかわらず、「Fail」の結果になった人は、このPMIイズムではなく、自分の経験に照らして答えていたからではないかと推察する。

  1. プロジェクトの「大きさ」について。PMBOKガイドで定義されるプロジェクトとは、「有期性、独自性、段階的詳細化」だろうが、その大きさは、「かなり」のもの。もともとPMBOKガイドの母体がNASAのプロジェクトマネジメントのため、それなりのデカさを誇る。途上国での灌漑プロジェクトや、化学プラントの建設プロジェクトといったものを想像してほしい。Rita本では、「200人程度が携わる多国籍プロジェクトで、最低でも一年、100万ドルの予算」だという
  2. 組織形態にもよるが、権限のないPMを経験していると、「プロマネとは、プロジェクトをサポートし、各担当に何をするべきかを告げてまわる人」という誤解を生じることがある。権限の強い弱いはあるけれど、PMは「プロジェクトをマネジメントすることに責任を負い、その権限を有する個人」のこと。プロジェクトをマネジメントすることとは、全プロセスの権能を有し、全プロセスを遂行することを指す。ただし、全部PMひとりで、というわけじゃないから、安心して
  3. PMはプロジェクト立ち上げ期に任命され、プロジェクトのどのプロセスをどの順番・タイミングで行うのか(さらに、なぜその順番なのか)熟知している(ものとみなされる)。さらに、PMの主要な仕事は、見積もりとプランニングとマネジメント、そして「スコープ/タイム/コスト/品質/リスク/リソース」のコントロール、および、顧客を満足させることである。それだけのリソース(権限)を任されているのが「あるべきPM」なのだが、現実はかなりかけ離れている場合が多い…が、現実に即して答えるとミスるので要注意
  4. 組織はPMO(プロジェクトマネジメントオフィス)を有しており、プロジェクトへの権威付けを行う。さらに、組織はプロジェクトマネジメントのポリシー、方法論、リスク管理や品質管理の手法、過去の教訓をアーカイブしており、PMはそれらを適用ことができる――はずなのだが、はずなのだが、実際はそうではないね。PMOはPMのフキダマリだったり、会社が用意するマネジメント手順書はゴミだったり――だけど、「あるべきPMO」はこれなんだ
  5. WBS(ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー)は全てのプロジェクト計画の基礎となるものであり、どんなプロジェクトでも有用なものである。さらに、WBSは階層構造をもっており、単なる「ToDoリスト」ではない
  6. ステークホルダーはプロジェクトにより「損得が発生する人」であり、プロジェクト全体を通じてかかわってくる。ステークホルダーの要望は計画時とコミュニケーションマネジメント時に考慮・反映される。あるいは、ステークホルダーの意見は、リスクを洗い出す際にも用いられる

─────────────────────────────────

PMBOK4日本語 【PMP試験対策】シリーズについて。

 ベースは、PMBOKガイド4版と、"PMP Exam Prep"、通称Rita本の2本立て。PMBOKガイドを傍らに一連のエントリを「読むだけで合格する」ようなシリーズにするつもりだ。過去の記事は、以下のリンク先が入り口となっている。PMBOKガイドの古い版が元となっているが、「PMIイズム」「PM的思考」は学べる。ぜひ参照してほしい。

   【PMP試験対策】 PMBOK2000版
   【PMP試験対策】 PMBOK3版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »