« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

【PMP試験対策】 試験の傾向

 【PMP試験対策】は、PMBOK4版をベースに、PMP試験の傾向と対策をまとめるシリーズ。

─────────────────────────────────

 PMP試験は、知識だけでなく、PMとしての分析力や応用力を試されるもの。単なる定義の記憶と再生を問うものではないので、ご注意を。およそ150問は、ある状況が与えられて、「あなた(=PM)なら、どうする?」と訊かれる問題だ(situational questions)。これは、実際のPMの現場に携わっていないと、正答するのが難しい。いわゆる「常識的に考えて」が通用しない場合があるからだ。例えばこんな問題になる…

Q1 : プロジェクトに必要な調達物資の一部の納入が遅れることが分かった。次にすべきベストな打ち手は何か?

 A. 無視して進める
 B. 上司に報告する
 C. 顧客に連絡し、善後策を検討する
 D. チームを召集し、代替案を検討する

 答えは、D(反転表示)。この場合、現実の「あなた」がどんな風に対応しているかは、あまり問題ではない。ひょっとすると、「あなた」はPMではなく、メンバーの一人であるかもしれないからだ。「客や上司には言わなくてもいいの?」と反論したくなるだろうが、「次にすべき打ち手」ではない。

 とはいうものの、PMBOKガイドのインプット・アウトプットが「そのまま」出る問題もある。Rita本によると、およそ10-12問だそうな。これは覚えるしかないが、出やすいところというものはある(品質保証と品質管理といった"まぎらわしいもの")。

 さらに、8-10問は、計算問題(コミュニケーションチャンネル、機械コスト)が出題され、10-12問はアーンドバリュー(EV)関連の問題が出る。EVは確かに計算問題になりやすいが、必ずしも計算の形で問うとは限らない。また、事例や計算問題のデータが被る場合がある。つまり、同一の事例やデータが、複数の設問に流用されているというわけ。

 Rita本によると、ほとんどの解答者は、200問中40問は「あやふや」なまま回答しているそうな。また、多くの受験者は2時間30分でひととおり終わり、残りを見直しているという。わたしの場合、3時間かかって200問終えた。残り45分くらいで見直して、「もう大丈夫」と自信があったので、試験を終了したなぁ…(ENDボタンを押すと、いつでも試験終了→採点できるのだ)。

 消去法で解くべき問題もある。一見したところ、設問とは関係なさそうに見えるのだが、「もっと関係のない」選択肢も並んでいる。一つ一つ消していくと、残ったものが正解となる。例えばこうだ。

Q2 : 熟練労働者により、扉の部品コストは10%減らすことができることが分かった。会社側は次期の製造コストとして、扉3,000あたり21,000ドルかかると見積もった。これが意味するところは

 A. 学習サイクル
 B. 収穫逓減の法則
 C. 80/20の法則
 D. 係数モデルコスト見積もり

 答えはD. (反転表示)。10%だの、21,000ドルだの、それっぽい数字が出てくるが、ダミーなんだ。上の状況において、関係なさそうなものを消していって、残った一つが正解、というカラクリ(いわゆる消去法)。

 出題文が不必要に長ったらしい場合もある。状況を説明し問題を解説する文章がだらだらと続く。文中に人員数や予算といった形で「数字」が出てくるため、心配になってくる。だが、こうした数字が問題の本質となっていることは、ほとんどない。すべきことは一つを選ぶだけ。だから、「結局何が問われているのか?」だけを考えて、状況説明文をナナメ読みしてしまうのも吉。

─────────────────────────────────

PMBOK4日本語 【PMP試験対策】シリーズについて。

 ベースは、PMBOKガイド4版と、"PMP Exam Prep"、通称Rita本の2本立て。PMBOKガイドを傍らに一連のエントリを「読むだけで合格する」ようなシリーズにするつもりだ。過去の記事は、以下のリンク先が入り口となっている。PMBOKガイドの古い版が元となっているが、「PMIイズム」「PM的思考」は学べる。ぜひ参照してほしい。

   【PMP試験対策】 PMBOK2000版
   【PMP試験対策】 PMBOK3版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新米パパのための3冊

 敬慕する切込隊長殿にジュニアが誕生したとのこと。おめでとうございます!

 わたしのblogから、とーちゃん一年生にお役に立ちそうなエントリをピックアップしてみる。刹那的な人生感覚から、生きることに貪欲になったのは、嫁さんと子どものおかげ。「親になって一人前」というセンシティブな言葉があるけれど、すくなくともわたしにとっては真だった。親をやらせてもらっているおかげで、わたしは「まとも」に生きていられるのだから。

 まずは、夜泣き対策。[入門編][応用編]がある。個人差があるので必ず、とは言えない。けれど、泣き続ける子どもに殺意を抱かないために、こういう対策がありますよと伝えたい。

赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ 世の中は便利になったもので、ズバリまんまのこういう本がある「赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ」。とりあえずいま泣いている赤ちゃんを静める方法(お包み+シーッ)は有効だった。「抱っこして限界まで歩き続ける」とか、「自動車で深夜ドライブ」といった忍耐と精神力を試すような方法よりも、まず本書をお試しあれ。

 それから、一部の育児書にあるけれど、「泣いてる赤子は、押入れなどに閉じ込めて、ずっと放っておけ」というアドバイスには不賛成。理由は、次の通り。

 どんなに泣き叫んでも誰もこないならば、赤子は泣き寝入りするだろう。「死にゃしない」と考えるのは勝手なのだが、そういう風に育てられた子どもは大きくなると、ある傾向が見受けられるという。

 それは人を信じる心が欠けていること。「泣く→めんどうを見てくれる」の繰り返しによって、赤ん坊は「泣いたら世話してくれる」ことを知る。さらに「泣いたら助けてくれる存在=親」を信じるようになる。

子どもへのまなざし どんなに泣き叫んでも誰もこなかった夜が繰り返されると、赤ん坊はついには絶対に泣かなくなる。「泣いても助けてくれない」ことに諦めてしまう心ができあがる。この子は長じて「人を信じる」という心が抜け落ちてしまっている――これは、「子どもへのまなざし」の受け売り。「育児書」のコーナーにいくと、山ほどこのテの本がそろっているが、パパ一年生にとって最も重要な一冊はこれ。

 子育てというと、「対子ども」に視線が移りがちだが、むしろ重要なのは嫁さんとの関係。恥ずかしながら、「嫁さんをいたわる」とは具体的にどういう行動かを、本書によって思い知った。

子どもの話にどんな返事をしてますか? 親マニュアル本としてなら、「子育てハッピーアドバイス」という鉄板を立ち読みすればよろしい。けどあたりまえのことがあたりまえに書いてあるので、隊長殿には物足りないかと。「子どもの話にどんな返事をしてますか?」がオススメ。親を自覚するようになると、ハッとすることを沢山見つけるに違いない。

 たとえば、正しい怒り方。感情を噴出させる方法があり、自覚しながら正しく怒る。子どもに激情をぶつけ、自分がスッキリするために怒るのではない。親にも堪忍袋の緒というのがあることを理解させ、すべきこと/してはいけないことをハッキリと思い知らせるために、怒るのだ。正しく怒るため、次の3つの準備をしておく必要がある。

  1. 子どもの相手をしていると、怒りを感じるという事実を受け入れる(わたしたちは聖人ではない)
  2. 罪の意識や恥を感じることなく、怒る権利を持ち、感じたことを表現する権利がある(怒りは悪徳ではない)。
  3. ただし、怒りを表現するとき、子どもの人格や性格を攻撃してはならない。怒りはコントロールできる。怒ることを止めるのではなく、正しく「怒る」
 いっぽう、最高にまちがった怒り方は「どうして…なの!」。それは質問ではなく、「おまえは…なんだ!」と強烈なメッセージを送っている(決め付けている)。決め付けられた子どもがそいつを改めると思うだろうか?自分に当てはめてみるとよく分かる。

 「親になったら読みたい○冊」シリーズでいくつか紹介してきたけれど、実用度と有用度のベスト3冊は、上述の通り。がんばって、新米パパ!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

嫁と「ラブプラス」

買った。ラブプラス

これは、巨大な力を秘めている、あの言葉ぐらいの。

どんな言葉だって?

――落ちついてよく聞くんだ

あの言葉を思い出して

ぼくも いっしょに言う

ぼくの左手に手をのせて

おばさんたちの縄は切ったよ


                         時間だ! 答えを聞こう

続きを読む "嫁と「ラブプラス」"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »