« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

カフカ「失踪者」でリアルな悪夢を

失踪者 理不尽とは、人の姿をしている。

 となりの職場に、こんな人がいる。自分の話しかしない。雑談ではなく、仕事の話でだ。一方的に、徹底的に、自分の立場を主張し、相手には耳を貸さない。命令と依頼が仕事の全て。

 もちろん論理的な説明などできず、エンドレステープのようにしゃべるだけ。自分の仕事にプラスになるときのみ反応し、後は一切、聞こえない・訊かない・反応しない。take-takeもしくは「ずっとオレのターン」な人。

 まるで、立場が服を着て立っているようで、不気味だ。論理がなく、ルールがない。だから、彼に渡った仕事はすべて止まる。誰にもどこにもバトンタッチされず、ひたすら仕事は腐っていく。間違った相手に誤った依頼を繰り返し、忌避されていることに気がつかない。周囲は「ああ、あの人か」と苦笑するだけで、関わらない。

 いや、もちろん狂っていないのだが、そういう人に相対するとき、どういう気分になるだろうか?話は最初からかみ合わないし、何を言っても相手の都合のいいように受け取られる。善悪の判断は常に相手が握っている。俺様論理が押し付けられ、自分の声は抹殺される。ああ、これぞ会社、社会、会社、社会、だ。

 カフカの小説は、いつもこんな気持ちにさせられる。

 いわれなき罪を追求されるのに、最後まで「いわれなき」だったり、なぜ虫になったのか一切の説明がなかったり。本書も一緒。「失踪者」の昔のタイトルは、「アメリカ」だったのだが、主人公に対して、「アメリカ」はとんでもなく理不尽に働きかける。彼は必死で応えようとするのだが、いかんせん歪んだ世界にはピント外れの結果しか生まない。世界はわたしが考えるほど、調和も取れていないし、筋が通っているわけでもないことを思い知らされる。

 たとえば、描かれる「女」が女らしくない。いわゆる女性らしさという意味ではなく、女という前にまずもって人間らしくない。普通なら濡場になるところが緊迫した格闘シーンとなる。とめどなく転がる展開に合理的な説明は一切なく、全て主人公の外側で決まる。

 あるいは、主人公の叔父が経営している会社がおかしい。情報の仲介業者みたいなのだが、なにもしないのに全てが決められていく感じがする。あるいは、そこだけまっとうな世界のフリをしているような感覚――映像でたとえるなら、「未来世紀ブラジル」の情報局そのもの。

 監督のテリー・ギリアムはピッタリの言葉を残している。「ぶざまなほど統制された人間社会の狂気と、手段を選ばずそこから逃げ出したいという欲求」――そう、この欲求が、見事に小説になっているのが、「失踪者」なんだ。時代もストーリーも違うが、この居心地の悪さは共通している。「ブラジル」は狂気の世界を用意したが、「アメリカ」は狂うことすら許されない。

 リアルな悪夢を見ている、そんな毒書をどうぞ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

人体売買の告発書「ボディショッピング」

もぎたてフレッシュ!角膜  $30,000
つみたてフレッシュ!肝臓  $130,000
とれたてフレッシュ!心臓  $150,000
あなたの生命          priceless

 人の臓器や細胞、組織が売買されている。

ボディショッピング 赤ん坊から遺骨まで、あらゆる人体組織が商業目的で用いられている。肉体の商品化とマーケットの実体を明らかにしたレポートをいくつか読んできたが、本書は類書と明確に一線を引いている。大勢が賛成もしくは条件付き容認している一方で、本書は明確に反対の立場をとっている。すなわち、遺伝子や体内組織を加工し、販売して利益を得ることについて、警告し、抵抗することを目的としている。

 たとえば、精子バンクと卵子バンク。別々に精子と卵子が選ばれてきたものを、まとめて選べるようになっただけだから、新たな倫理的問題が発生するわけではないという主張がある。これを、ワンストップショッピングだと断じ、赤ん坊を露骨にカネで買うことだとバッサリ。

 あるいは、卵子を売ることで生計を立てる女たちは、献血をするのと同じ感覚で、提供したあとは忘れてしまうと非難し、「単純に、預金や株式などの財産と同じように考えていいのだろうか?」と疑問を投げかける。

ビューティー・ジャンキー また、「ビューティージャンキー」[レビュー]を例に挙げ、美容整形手術の行き着く先は、「新しい顔を買う」行為だとする。「ほんとうの私」を取り戻すための自分探しはどこまで追及されるのかと疑問を呈し、フランスの顔面移植手術を非難する。化粧品を買うようにフェイスショッピングできるようになるのも時間の問題だという。

 提示される金額はどうであれ、人体組織の売買は搾取だと言い切る。それは、人間をモノとして扱い、人間の尊厳を傷つけることだと主張する。遺伝子が特許化され、卵子が「収穫され」、さい帯血が「バンクに保管され」ている昨今に、それらに対する違和感は見過ごされているそうな。

 しかし、「反対」という立場は分かるのだが、その理由が伝わってこない。あるいは、どこまで反対なのかも分からない。たとえば献血。売血は批判しているものの、自己犠牲を動機とした献血は否定しない。では献血の見返りに、ちょっとしたドリンクやお菓子が渡されたら?透析のリスクを免れるため、腎臓の提供を求めることは、「人間の尊厳を傷つける」ことになるのだろうか?子どもがほしい夫婦の不妊治療は「悪」なのか?――疑問点は出てくるが、本書では論点の対決を回避している。

 おそらく、議論のトリガーとして「こういう事例がありますよ」という立場なのだろう。リスクに注目させ、非人道的扱いを指摘し、違和感を掻きたてるだけで目的達成としており、読み手はフラストレーションに陥る。現実と(書き手の)理想のギャップは分かった、じゃぁどうする?がないのだ。高らかに告発する「No!」は聞こえても、前提や範囲が見えない。

 こうした議論に入る前に、わたしは「もし自分の身に降りかかったら…」と考えてしまう。人間の尊厳は守られるべきだが、それはわたしのいかなる部位にも宿っているのだろうか?といった観念論から、自分が透析に苦しむようになったら、光を失ったらといった仮定の話、さらには、自分ならまだしも、わが子の命ならどうする――といった極端な想像までしてみる。

闇の子供たち もちろんわたしが想像するぐらいだから、既に誰かが書いている。強烈なやつは「闇の子供たち」[レビュー]。類書では華麗にスルーされている臓器闇市場が、たとえフィクションの形でも、ありありと描かれているのが生々しい。

  日本人母「息子の心臓病のドナーを待ってられない」
  ↓
  ブローカー「4,000万でいかがっすかぁ」
  ↓
  NGO職員「生きた子から心臓を移植することになるッ」
  ↓
  日本人母「ウチの息子に死ねというのですかッ」

 ステレオタイプなキャラが青年の主張をする後半があざといが、上記のやりとりは、お話の中とはいえ、想像したくないもの。同じ境遇に立たされた場合、ためらうことなくわたしはこうした行動を取るだろうか。

中国臓器市場 より現実に即したルポルタージュなら、「中国臓器市場」[レビュー]が白眉。「早い・安い・上手い」のどこかの牛丼屋のようなキャッチコピーがぴったりなのは、いわゆる「死刑囚ドナー」のおかげだ。交通事故など不慮の死によって、突発的にもたらされるドナーに頼っている某国とかなり違う。「人道的」や「人間の尊厳」に目をつぶれば、こんなメリットが挙げられる。


  • 若くて健康な臓器が用意できる
  • 事前検査を行うため、肝炎やエイズウィルスなどの感染を防止できる
  • 死刑執行の日時や場所が事前にわかるため、摘出直後の移植が可能
  • 死刑は毎年大量に執行されるため、ドナーが途切れることがない

 「死刑囚ドナー」という仕組みそのものが大量供給を可能としており、その結果、新鮮な臓器を必要なタイミング(ジャスト・イン・タイム)で供することができる。死刑囚の家族には謝礼が渡され、病院は良い外貨稼ぎになり、(カネ持っている)患者は待たずに移植が受けられる。その是非は議論されていないが、こうした「市場」が存在することは事実。

ベビービジネス 赤ちゃん売買も盛んだ。「ベビービジネス」[レビュー]によると、金に糸目をつけず、子を切実に求める需要がある限り、そして、それを供給できる医療技術やサービスがある限り、市場は成立するという。肌・目・髪の色や遺伝特質を予めセットアップされた、「デザイナーベビー」 や、遺伝的に劣位な胚を除外する生殖補助サービスを見ていると、人間はどんなことまでもやれてしまうものなのだということを思い知らされる。

 既成事実は、わたしの想像の先を行っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

14冊の理系の名著

世界がわかる理系の名著 「世界がわかる理系の名著」ではなく、「世界がかわる理系の名著」だね。

 なぜなら、ここに挙げられた本は、人類の価値観を根底から覆し、世界を文字通り変えたものばかりだから。こうした本のおかげで、人類は「世界がわかる」ようになったのかもしれない。

 いわゆる文系の名著とされる戯曲や小説は、少なくとも生まれた時代に迎合する必要があったから。「時代を先取りした」形容詞は釣書きにすぎず、真に先進的ならば、ノイズに埋もれ後世に残らない。

 しかし、この14冊の本は違う。世に出たとき、まともに取り合ってもらえなかった。むしろ、当時の大勢の「空気読め」攻撃にさらされ、無視・弾圧・発禁扱いされてきたものもある。

 たとえばファーブル。「ファーブルの昆虫記」なら日本人の誰でも知ってそうだが、本国フランスではほとんど受け入れられなかったという。犬よりも小さな生物は目に入らないお国柄で、さらに、発売当時の十九世紀では、昆虫とは悪魔がつくったものであると信じられていたからだ。

 あるいは、ガリレイ。地動説を主張した「星界の報告」が教会の反発を買い、宗教裁判にかけられたことは有名だが、時の権力者・メディチ家を後ろ盾とするため、木星の衛星に「メディチ星」という名前を贈っている。保身のための「保険」だね。

 当時の圧力に負けず、真理をうたったものであれば、後の世にその正しさが示される。ファーブルはユクスキュルへ。ガリレイはニュートンへ。ただし、これは「真理」に限らない。単に正しいからといって、必ず再評価されるとは限らない。

 それは、真理のみならず、情熱があったから。後の時代に残った本に共通して、世間が何と言おうと、わたしはコレを信じる、という強い想いが伝わってくる。「世の人は我を何とも言わば言え我がなすことは我のみぞ知る」というやつだね。

 14冊の名著は、以下の通り。本書では、書いた人のエピソードや、本が世界に与えた影響、さらに本のさわりがピックアップされており、「読んだフリ」ができる親切設計となっている。「昆虫記」と「沈黙の春」しか読んでいないわたしは、「生物から見た世界」「相対性理論」に手を出してみるつもり。

  生命の世界

    1. ダーウィン「種の起源」
    2. ファーブル「昆虫記」
    3. メンデル「雑種植物の研究」
    4. ワトソン「二重らせん」

  環境と人間の世界

    5. ユクスキュル「生物から見た世界」
    6. バヴロフ「大脳半球の働きについて――条件反射学」
    7. カーソン「沈黙の春」

  物理の世界

    8. ガリレイ「星界の報告」
    9. ニュートン「プリンキピア」
    10. アインシュタイン「相対性理論」
    11. ハッブル「銀河の世界」

  地球の世界

    12. プリニウス「博物誌」
    13. ライエル「地質学原理」
    14. ウェゲナー「大陸と海洋の起源」

重力のデザイン さらに、本書では、名著からつながる、現代の名著まで紹介されているところがユニークだ。バヴロフの条件反射は、「アンビエント・ファインダビリティ」につながっており、ユクスキュルの「生物から見た世界」からは、ローレンツの「ソロモンの指環」が導出される。ガリレイつながりで紹介された「重力のデザイン―本から写真へ」が抜群に面白そうなので、これも手を出してみよう。

 名著は、単体で歴史に浮かんでいるだけではない。原理を通じて、たった今にも連綿と伝えられていることが、よくわかる。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »