« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

ボリウッド的おとぎ話「ぼくと1ルピーの神様」

ぼくと1ルピーの神様 ご都合主義がいっぱい。ただしハリウッドではなくボリウッド色。

 流行りものにでも手を出してみるかと選んだのがこれ。アカデミー賞をはじめ、世界の映画賞を総なめした「スラムドッグ$ミリオネア」の原作。現代のおとぎ話として読めばたのしい。

 映画なら、ラジニカーント「踊るマハラジャ」とシュワルツェネッガー「バトルランナー」を交配させたようなもの。あるいは、加藤伸吉「国民クイズ」にコエーリョ「アルケミスト」を混ぜるとこうなる。滅茶苦茶だって?うん、マサラムービーそのものやね。ロマンスあり、コメディアリ、アクションやスリラーといった、娯楽要素を詰め込めるだけ詰め込んでいる。

 「ああ面白かった」でポイできるような一冊だが、せっかくだから、本書がなぜ、世界16ヶ国語に翻訳されるほどのベストセラーとなっているか、分析してみよう。

 まず、ひとつのミステリとなっていることがページをめくらせる動機となっている。巨額の賞金が賭けられたクイズ番組に出場した主人公は、全ての問題に正解する。スラム出身で、教育を受けたこともないのに、なぜ?それぞれの問題の「答え」をめぐる回想が物語の主軸となっており、読み手は謎を解くためにも強烈に先を知りたくなる仕掛け。

 次に、驚きの要素が必ず入っている。一章読んだ分の「ごほうび」として、ちょっとしたサプライズエンドが待っている。そして一冊のラストには、ちゃんとドンデン返しも準備されている。窮地に陥れば陥るほどドキドキハラハラなのだが、だいじょうぶ。語り手=主人公なのだから、ちゃんと生き抜いている証左。しかも極貧から始まり、一歩一歩じぶんの才覚と運を使いこなしながら生き抜いていく姿に共感を得て、安心して読み手を投影できる。

 さらに、構成がいい。面白い物語の基本「途中からいきなり」が効いており、主人公が逮捕されるところから始まっている。読み手は否応なしに取り込まれ、「なぜ?なぜ?」の疑問にいちいち答えるようにお話が転がっていく。また、回想が時系列でないので、「あのときのあの人はどうなった?」や「結局その事件の顛末は?」といった謎が伏線の形で残っていく。でも大丈夫、ミエミエだけど回収しているよ。

 そしてラスト、多くの人が受け入れやすいエンディングとなっている。ダークでハードなラストが大好きなわたしは、リチャード・バックマンの「バトルランナー」のような9.11的エンドを求めるのだが、いかんせん訴求層が違う。ベストセラーは、ふだん本なんか読まないような人が買うのだから、「ベストセラー」になるんだね。

 わたしの読書傾向なのか、それとも世界・世代レベルでの変動なのか分からないが、主人公の有色率が上がっているのかも。十年単位で調査すると、いわゆるWASPなキャラクターが影を潜めている――ような気がする。「ベストセラーにおける人種の変遷について」なんて、どこかの学者さんが研究してそうだ。この仮説が裏付けられるのなら、読者層の推移も考慮されているに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

水瀬伊織がやって来たよ ヤァ!ヤァ!ヤァ!

アイドルマスター こんにちはこんにちは、新米プロデューサーのDainです!

 不思議なもので、「罵ってけ!へんたいたーれん」を1000回聴いて、CDじゃなくて箱○を買ったのでござる。もちろん偽装はカンペキで、嫁さんには「バイオハザード5のため」と拝みこんで許可を得たよ。

 だから起動できるのは子どもが寝付いた後で、嫁さんが起きているときはバイオ5。一緒に、「わー」とか「ひええ」と叫びながら、チェーンソーで喰らったり、ワニに喰われたりしているが、殺られても殺られても何ともないない。

 で、金曜日の丑三つ時。嫁さんは寝入っている。ハードな一週間だった。丸太のように眠りたい気分。でもプロデューサーに、俺はなる!目立つにはどうしたらいいの?友情よりも愛情?性格よければいいなんて、嘘だと思わないか?――古いリフレインが叫んでる。

 ついに起動。ネット界隈では、ゆきぽや美希の義兄が多いようだが、わたしにとって伊織以外に考えられない。「ど変態!」キミの言葉がまだ離れない。凍りついた時間が、逢えないままどれくらい経ったのだろうか。釘宮病の自覚症状はあるが、Ti型ではなく、I型なんだということを、いまさらながら思い知る。

 初仕事で緊張する伊織、パイタッチなんてできないよ!初オーディション合格のときは一緒になって踊ったよ!恋のチカラここにある。もうぜんぶ全部あげるからと、誰にも見せなかった「とっておきのボク」をさらけだす。

 で――だ。なじみの読者サマならお察しのとおり、もちろん嫁バレしたよ。そのへんの経緯はつまらないから省略ー、「リコンかな?かな?」と訊いたら、「慣れた、というかあきらめた」との御返事。開き直るその態度が気に入らないのだって。両手をついて謝ったって許してもらえそうもない。

 嫁さんは真で始めた。真かわいいよ真。嫁さん曰く、「子どもの前でやったら刺すからね。これ(iM@S)は、バイオ5よりも有害なんだから、いろんな意味で」。そしてボクは途方に暮れる。

 夫婦でiM@S、人生へのささやかな凱歌を、心の中であげる。ただ泣いて笑って過ごす日々に隣に立っていられることで、ボクが生きる意味になる。嫁さんに捧ぐこのアイドルマスター。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ヒト臭くない知性「雷神帖」

雷神帖

 本についての本は、池澤夏樹がいい。

 いい本を探してくるし、紹介のしかたが上手い。古典と新しい本とのバランス感覚にすぐれ、私見や体験をおりまぜて「この本が好き」な理由を語りだす。その語りが好き。じっさい、珠玉のブックガイド「読書癖」はお世話になった。生々しい人間臭い読書から距離をおきたいとき、重宝する。

 で、今回は「雷神帖」。「風神帖」と対を成しているが、立ち読みでこっちに決めた。いつものように気の利いたメタファーが並んでいて安心して読める。

よく書かれた小説はもっとも高密度の、人間的な、具体から抽象までの幅広いスペクトルを持つ、叡智のパッケージである。この本についてならぼくはまだいくらでも、かぎりなく、読む人がうんざりするまで、考えを展開することができる。ぼくはこういう読書の記憶を何百冊分か持っている。

 プリズムを通した分光スペクトルのイメージが浮かぶが、よく分からない。スペクトルの語源「像」を想定して使っているのだろうか。小説一般ではじめながら、具体的な目の前の一冊でも示してみせる(ここではトニ・モリスン「パラダイス」)。あたりまえのことを上手い表現で再解釈させる。そこに「気づき」をもたらし、思わず手にとってしまう仕掛けだ。

 あるいは、ジョイスについて。「ユリシーズ」はすごいすごいと聞くけれど、ちょっと手が出せない(理由はお手にとっていただければお分かりだろう)。これを、ジョイスからの問いかけだという。「読むとは何か?」という問いを、実作を提出することで読者に突きつけているのだというのだ。そしてジョイスになり代わってこう述べる。

読みはじめて、登場人物の運命に一喜一憂し、やがて最後のページに至る。それが読むということだと信じているナイーヴな通俗小説のファンに対して、「読む」という知的行為はどこまでも拡張することができる

 このように、時には読み手を挑発しながらも、読書の世界へいざなう。幾度か挑戦しては挫折してきたが、もういちどやってみようかという気にさせられるから不思議だ。

 いっぽうで、ハテナと思わせる主張もある。トシとって色が出てきたか、もともとついている色にわたしが気づくようになったのか。たとえば、ケヴィン・カーターが撮影した「ハゲワシと少女」[google画像]について。餓死寸前の少女をハゲワシが狙っている構図で、ピューリッツァーを受賞している。この写真が公開されると、写真を撮るだけで彼女を助けなかったとして、撮影者は強烈な批判にさらされた。ピューリッツァー受賞後、自らの命を絶ったケヴィン・カーターを、池澤は擁護する。それは一つの主張としてかまわないのだが、その立論が半分しか立っていないので大いに戸惑う。

今ぼくは彼を非難した人々を非難したい気持ちでいる。彼が撮らなければその地域の基金のことは外部に知られなかった。それがフォト・ジャーナリズムの使命だ。そのたった一人の少女を助けてどうするのだ?それはその場かぎりの偽善ではないか。見えるものに対してはセンチメンタルになるけれど、その背後にある見えないものを思う想像力は大衆にはない。

 池澤の「非難したい気持ち」は分かるが、立論がおかしい。撮影者が非難されている理由は、「したこと」ではなく、「しなかった」ことなのだから。「写真を撮ったことで災禍を知らしめたのだから評価すべき」は理解できるが、だからといって、彼女を放置してよい理由にはならない。「ジャーナリズムか人道か」の問題ではなく、「したこと」で「しなかったこと」を正当化させるリクツが歪んでみえる。

 写真には絶対に入らない「撮影者」を見たからこそ、大衆は非難したのではないか?むしろ、「無責任な大衆に裏切られたのがケヴィン・カーター」と丸める方が、よほどセンチメンタルに見える。Wikipediaを参照すると、「母親が傍にいた」説もあるが、あえて本書で展開されている「事実」で考えてみる。

 サン=テグジュペリの再評価、岡本太郎批判など、数十年の幅をもち、文化や政治まで踏み込んだ議論に、読み手も触発されるに違いない。無邪気に同調するのではなく、逆に著者との温度差・青白さに鼻白むこともあるかも。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »