« むしろ初心者におすすめ「プロフェッショナル・プレゼンテーション」 | トップページ | 詩は別腹「終わりと始まり」 »

「ちょっとピンぼけ」はスゴ本

ちょっとピンぼけ 戦争ルポルタージュの傑作といえば、開高健の「ベトナム戦記」だッ(断言)。だが、本書はこれに匹敵する。作家のマナコと写真家のファインダーには、それぞれ違う戦争が映ったが、砲声と血潮と吐瀉物は一緒。胃の腑に石を詰める読書になる。

 War Photographer すなわち戦争写真家の地位を確立した、ロバート・キャパの、あまりにも有名な波乱万丈のレポート。第二次大戦のアフリカ、イタリア、ノルマンディー、パリ、ドイツの激戦区を、キャパとともに疾走する。

 キャパは報道写真について、ドキュメンタリズムについて、強いメッセージを送っている。被弾して車輪が下りず、胴体着陸した爆撃機に駆け寄ってカメラを構えたキャパに、「写真屋!どんな気で写真がとれるんだ!」と罵声が飛ぶ。あるいは、「登ってゆくほど、死体と死体の間隔はせまくなっていく」文字どおり死体の山を踏み分けてゆく。そんなとき、キャパはこう考えている。

怪我したり、殺されたりしている場面ぬきで、ただのんびりと飛行場のまわりに坐っているだけの写真では、ひとびとに、真実とへだった印象を与えるだろう。死んだり、傷ついたりした場面こそ、戦争の真実を人々に訴えるものである。
 戦場は異常で、写真はニュースになるのだ。その一方でキャパは、解放された捕虜収容所の人々の写真を【撮らない】。他の写真家が群がって、残虐さを際立たせるように撮っているにもかかわらず、キャパはカメラを向けない。なぜなら、こうした気の毒な人たちの将来のことなんて、誰も目を向けなくなることを「知って」いたから。戦争の現場を撮るのが自分の仕事なんだという自負が見える。戦争を憎むことと、戦争の写真を撮り続けることは、矛盾しないのだ。

 見返しにあるポートレイトからすると、コクがある人懐っこい顔立ちで、「おちゃめ」みたいだ。どんなにピンチのときでも、ユーモアを忘れない。そう、キジ撃ち(分かるね?)の最中に、そこが地雷原であることに気づいたときの話なんざ、ハラ抱えて笑わせてもらった。もちろん彼は飛び上がらなかったし、身動きもしなかった。いや、できなかったんだ、ズボンがずり下がっているからね。彼がどうやって助けられたかは、読んでのお楽しみ。

 ただし、読者を楽しませようとする、キャパ一流の大風呂敷もある。ぬかるみがあまりに深いので、「一歩進むたびに、二歩も後ろにすべった」と大真面目に吹いたり、戦場でトルストイの「戦争と平和」を発見し、五日五晩、懐中電灯の明かりで読みふけったなんてくだりは、ホントかなァと首をかしげたくなる。

 じっさい、書かれた全てが本当に起こったことではないそうだ。中村良則によると、キャパは面白くするために、もろもろの話をつくったり、あるいはふくらませたりしたらしい(p.100 Foresight Nov 2009)。原著のカバーの断り書きには、こうあったという。

真実をそのまま書くことはあまりにも厄介なので、私は真実を伝えるため、ときにはあえて真実をちょっぴり逸脱することも大目に見た
 たとえば、1943年7月、米軍空挺部隊とともにシチリア島に落下傘で飛び降り、木に引っかかって一晩ぶらさがっていた、というシーンがある。これは作り話なんだそうな。実は補給船に乗って上陸していると聞いて、びっくりするやらほっとするやら。訓練なしで飛び降りる、出たとこ勝負なキャラクターが、実は慎重だったと聞いて、さもありなんと思ったり。でなければ、あれだけの死線をくぐり抜けることはなかったから。

ベトナム戦記 そんなキャパも、1957年のベトナムで地雷の爆発に巻き込まれて亡くなっている。その際も、カメラを離さなかったという。「ベトナム戦記」とともに、ルポルタージュの傑作を知るに値する一冊。

|

« むしろ初心者におすすめ「プロフェッショナル・プレゼンテーション」 | トップページ | 詩は別腹「終わりと始まり」 »

コメント

はじめまして!
「週刊アスキー」の記事から、このブログを見つけて、読ませていただきました~!

いや~、スゴいですね、圧倒されました!
ノンフィクションから「とらドラ!」まで……!

ところで、最近私が読んでみてのオススメは……

アン=ライス
「呪われし者の女王」、
機本伸司
「神様のパズル」
滝本竜彦
「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」

の三作品です。
読まれてますでしょうか?

一応、私のブログ、
「筋肉少女帯の奇跡」
(http://ameblo.jp/amethysta2020)
は音楽の話題中心のブログですが……
時々、書評みたいなのも書いてますので、良かったらのぞいてみて下さい。

(http://web2.nazca.co.jp/amethystamethyst/matome2009.htm
に、今年前半に書いた記事のまとめリストがあります。)

ではでは、「書評文化」を盛り上げて行きましょう!(笑)

失礼しました~。

投稿: 黒水川ゆない | 2009.11.09 16:30

「地雷を踏んだらサヨウナラ」一ノ瀬 泰造
「泥まみれの死―沢田教一ベトナム写真集」沢田 サタ
なんかにも、同じテイストを感じますね。
戦争カメラマンてのは、冷静でお茶目で無鉄砲で
妙に軽やかで、かっこいい。

投稿: 完全防水 | 2009.11.10 00:26

>>黒水川ゆないさん

オススメありがとうございます。3つの中では「神様のパズル」のみ既読です。アン・ライスなら「夜明けのヴァンパイア」から読まないとなー、と思っています。

宇宙は作れるか?「神様のパズル」
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2007/07/post_2f73.html


>>完全防水さん

  > 冷静でお茶目で無鉄砲で妙に軽やかで、かっこいい

ああ、確かにそんな面もあります>キャパ
「地雷を踏んだら」は以前から気になっていたので、これを機に手を出してみようかと。

投稿: Dain | 2009.11.10 01:33

dainさん、コメント返しありがとうございます!

ちなみに、アン=ライスの「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズは
第二作目の
「ヴァンパイア・レスタト」
から読むのがオススメです。
「夜明けのヴァンパイア(インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア)」
は実はあんまり面白くない……
(^-^;)

記事に全く関係ないコメントでごめんなさい。

では。

投稿: 黒水川ゆない | 2009.11.10 18:15

>>黒水川ゆないさん

ほほー、「夜明けの」はそんなに面白くないのですか…教えていただき、ありがとうございます。アン・ライス作品に手を出すときに、思い出しますね。それから、スパムでない限り、どんなコメントも歓迎しますよ。

投稿: Dain | 2009.11.11 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/46715723

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょっとピンぼけ」はスゴ本:

« むしろ初心者におすすめ「プロフェッショナル・プレゼンテーション」 | トップページ | 詩は別腹「終わりと始まり」 »