« 【PMP試験対策】 PMIイズムについて(その1) | トップページ | 終わらない終わり/終われない終わり「城」 »

かわいそうなおう「リチャード三世」

 死ぬときに後悔しないための読書。

 嫁さんはステキだし、子どもは愛おしい。忙しい毎日だけど、「このヤマを越えたら、みんなで遊園地にいくんだ」…どう見ても死亡フラグです、ありがとうございます。なので、いきなり余命宣告を受けてもいいように、「読んどきゃよかった」読書を実践中。今回はシェイクスピア、有名どころなので「おはなし」として知ってはいたけれど、戯曲そのまま接したことはなかったので、新訳にて読了。

リチャード三世 暴力と血と呪いにまみれたおぞましさを堪能する。主人公であるグロスター公リチャードを、世紀の極悪人とする評判を聞くが、おおいに疑問だ。醜く生まれついた自らを呪い、世を呪い、権謀術数を弄して、野心と復讐心の赴くまま殺しまくるリチャードは、たしかに「悪」を成している――が、そんなに悪人だろうか?

 妻を殺し、友を殺し、部下を殺し、幼い皇太子兄弟を殺し、ついには国王にまでのぼりつめる。その厚顔さや残忍さは非道だろう。だが、彼がやっていることは、冒頭で結着のついた権力闘争の「続き」であり、王位に就けるチャンスを最大限に生かそうとしただけのように見ることはできまいか。

 たとえば、強制的な廃嫡、血と暴力が入り混じった交渉術、裏切りの裏切りなんて、「ヘンリー四世」の舞台でいくらでも見出すことができる。権力闘争に膿み疲れ、和睦をしようとした両家の隙に付け入ったことは、まさにその闘争のスーパースターだったリチャードとして、ごく自然なこと。

 なので、むしろ主人公の墜落っぷりに同情しながら読んだ。嘘と裏切りを重ねた挙句に、ついに誰も――自分自身をも信じられなくなる瞬間が怖い。内に生まれた良心すらをも信じられなくなるシーンでは、こう独白している。

     とんでもない、ああ、俺はむしろ自分が憎い、
     自分がやったおぞましい所業のせいで!

     俺は悪党だ。嘘をつけ、悪党じゃない。
     馬鹿、自分のことはよく言え。馬鹿、へつらうな。

     俺の良心には千もの舌があって、
     それぞれの舌がそれぞれの話をし、
     そのどの話も俺を悪党だと非難する。

 巻末の解説を読むと、シェイクスピアのペンの向きがよく分かる。時の権力者へのサービス精神により、史実からフィクションへの書き換えがなされた可能性があるようだ。仕立て上げられた、「悪人リチャード対善人リッチモンドの構図からテューダー王朝が生まれたとする物語」を、「テューダー神話」と呼ぶそうな。

リチャード三世は悪人か 読んでわかったのだが、中島かずきの脚本「朧の森に棲む鬼」をリチャード三世に喩えたのは間違いですなw。三人の魔女が出てきたりするところから、むしろ「マクベス」を思い出さないと。あと、わたしと同じ疑問がタイトルの「リチャード三世は悪人か」(小谷野敦著)があるが、猛烈におもしろそう。ああ、こうして「後悔しないための読書」にまた一冊、増えるわけね。

|

« 【PMP試験対策】 PMIイズムについて(その1) | トップページ | 終わらない終わり/終われない終わり「城」 »

コメント

初めまして
リチャード3世ということで、ひとこと。
小説ですが、ジョセフィン・ティ著の「時の娘」がお勧めです。
結局、あの時代、一番、悪いのは、リチャードではなくという展開になります。
現代の警部が、病室で、真実にたどり着くという形式をとっています。

投稿: ざわ | 2009.09.30 12:19

小谷野敦氏に「リチャード三世」の本がありましたか。
ご存知とは思いますが、
小谷野氏は比較文学を専門にしている方で、
通説とは違ったユニークな発想の本が何冊もあります。
例えば、夏目漱石は英文学の影響を考えるのが普通ですが、あえて歌舞伎などの江戸文芸の影響をみたり、
和歌、随筆といった女流中心のわが国の文学史を、
男色なども組み込んだ男中心の文学史としてとらえなおしてみたり、通常の学問と全く違った、とても面白い説を述べてみせる方です。
「リチャード三世は悪人か」もぜひとも読んでみたいと思います。
それと、劇団新感線つながりでいうと、
「リチャード三世」は、劇団新感線の専属演出家、いのうえひでのり氏の演出で看板役者の古田新太氏の主演の舞台のDVDが出ています。(作者はシェイクスピアなので、残念ながら、中島かずき氏は関係ありませんが)
新感線テイストの「リチャード」を味わえるので、よろしければどうぞ。

投稿: よしぼう | 2009.09.30 21:27

>>ざわさん

了解です!教えていただき、ありがとうございます。Armchair Detective というやつですね。さっそく図書館に予約しておきました。

>>よしぼうさん

なんという財布オープナーな情報を…
ぜひ探し出して見たいです。「リチャード」は、読み手にとって様々な「解釈」が生じるホンですね。小谷野敦氏なら、「もてない男」あたりを読んだ覚えがあります。(信条は別として)マトモな学者さんという印象でした。

投稿: Dain | 2009.10.01 00:52

”中島かずき”に悪い意味で引っかかりました(ごめんなちゃい)

中島氏は、昔から古典を下敷きにして戯曲を書いております。例えば、古事記のスサノオウなんかもトレースしていました。

ここで私の立場を明確にしなければならないんですが、私は劇団新感線があんまし好きではありません、いや、どっちかって言うと嫌いです(笑)

話を戻しますが、よって中島氏は、20年、いやもっとそれ以上に古典のトレースだけをやってきたかも。ちなみに劇団新感線の演出は、吉本新喜劇とドリフターズコントのトレースです。劇中で使われる音楽は、ヨーロピアン・ハードメタルロックのジューダスプリーストのトレースです。

なぜこんな愚痴を言うかと言えば、昔、大阪の扇町ミュージアムスクエアという小さな劇場で新感線の舞台を見たことがあるんですが…派手な学芸会&音楽お笑いコントってな感じでした(笑)。おそらく今も変わらんと思う。

最近観た20世紀少年の方がアイデアが斬新でおもしろいです。トレース以上ですばらしいのが浦沢さん。トレース以下で所詮ものまねか?と思わせるのが中島氏てな認識です。やっぱ麻原彰晃を漫画化しちゃうところなんてスゲーよ浦澤さんの方が。誰も考え付かないこれこそ良い意味でのトレース越えだと思いますゥ。

投稿: シュークリーム | 2009.10.01 18:42

>>シュークリームさん

なるほど。知らないわたしにとっては、とても参考になる情報です、ありがとうございます。

もともとはアニメの脚本で魅せられて手にしたのですが、「朧の森に棲む鬼」といい、「花の紅天狗」といい、面白く読めました。グッとくるセリフに惹かれています。一方で、「古典のトレース」「ドリフのトレース」は、たしかにそう思わせる風もありました(ホンを読む限り、ですが)。

ただ、舞台を観ずにはナンともいえないので、その機会をうかがいつつ(嫁さんの機嫌をうかがいつつ)、楽しみに待っています。


投稿: Dain | 2009.10.02 07:11

中島氏や新感線の演出に深く影響をあたえたのが、つかこうへい作・演出「蒲田行進曲」だと思います。舞台→小説化→映画化されてますね。

中島作品の登場人物のセリフのかっこよさも、多分につかこうへいさんの影響を受けているかも。例えば映画「蒲田~」の風間杜夫演じる銀ちゃん・平田満演じるヤスのセリフのかっこよさ、とか。

中島氏は「西遊記」もトレースしていました。きっと中国文学の分析・解釈という観点ではなく、テレビドラマで夏目雅子演じる三蔵法師、堺正章の孫悟空に影響されたんじゃねーのかな、と。もちろんチャンバラもありますしド派手に舞台化しやすい。あ夏目堺のセリフのやりとりは、ちょっとしたコントかも。

舞台料金は9千円前後も金とられますぞ!「こんなんに数千円も金払うんやったら、どんだけェ映画館やツタヤで映画が観れるねん?本だっていっぱい買えるでェ…」とぼやいた、ぼやいた。演出(装置・照明・音楽や衣装)は奇抜だけど、なんだかなぁ~って感じでした。

俺、どんだけ~~~新感線嫌いなんだよ~トホホ…。

投稿: シュークリーム | 2009.10.02 18:13

こんにちは。
わざわざ、図書館に予約なんて申し訳ないです。でも、ミステリの古典で必ず名前があがっている作品なので、そこそこ読みがいがあると思います。(^_^)

シュークリームさんの便乗で申し訳ございませんが、

劇団新感線の舞台は、「阿修羅城の瞳」と「髑髏城の7人」を見ました。両方とも市川染吾郎さん主役で有名どころの役者さんをそろえた舞台で、活劇あり、笑いありでおもしろくみました。
まあ、演劇、映画、漫画、小説などのエンターテイメントは、どうしても、主観的な見方しかできないので、人それぞれの感想を持つのであたりまえですが、頭をからっぽにして楽しい舞台を見たいという方には、そこそこ楽しめるような気もします。ただ、この2つの作品がたまたまですが、構成があまりに似すぎていたのは、どうかなと思ってはしまいました。

浦沢 直樹さんは、「PLUTO」のみ完読しました。すごいと思いました。原型のアトムの物語をまともに読んではいないので、比較はできませんが、みごとにご自分の作品に昇華していると思います。
アニメになるなら、3Dのアトムより、こちらを是非みたいです。
笑えたのは、お茶の水博士がリアルに描かれるとこうなるのかというところです。

投稿: ざわ | 2009.10.02 19:15

シェイクスピアは読んでも面白いのですが、やはり舞台を観なければと思います。

私が一番印象に残っている舞台は、記憶に間違いがなければ、やはり「リチャード三世」でNHKのテレビで野村萬斎さんがやったもので、豪華な舞台装置はいっさいなく、登場人物が全員スーツ姿で演じている舞台でした。面白く引き込まれて観たのを覚えていますが、さすがシェイクスピアで役者が演じると、ないはずの豪華なセットや衣装が見えてくるんですね。

前回書いた舞台も最近のものですが、「リチャード三世」は相変わらず人気らしく、「国盗人」の題で、日本版がやはり野村萬斎さんによってつい最近演じられたのも印象に新しいです。

それと余談ですが、劇団新感線も最近はシェイクスピアを積極的に演じています。井上ひさしさんの「天保十二年のシェイクスピア」(シェイクスピアの名場面を集めて時代劇を作った、ものすごい舞台。必見。)やマクベスをロックにのせてやった「メタルマクベス」などをやっています。古典であるだけでなく、血沸き肉沸き踊るエンターテイメントで、演劇の基本でもあるせいでしょうね。

投稿: よしぼう | 2009.10.03 00:20

>>シュークリームさん

9000円を高いと見るかは、出し物次第でしょうが、それをどう受け止めるかは、好みの話になりますね──となると、嫌いな方は滅法キライになるでしょうし…幸か不幸か、わたしは未見なので、(好き嫌いになるのも含めて)反応が楽しみです。

トレースについては、特にどうとも思っていません。反対に、作り手が「元作品をどう解釈しているか」が透けて見えると、してやったりと思ったり。さらに、「わたしならこうする!」とまで反応させると嬉しい。

ただ、もっとスゴい作品だと、そんな小さいわたしを呑みこんでしまうでしょうが…もしそれが9000円なら、「安い」と思います。


>>ざわさん

早速入手しました。手ごろなボリュームなので、さらっと楽しめそうです──が、図書館の積読山がすでにできており、埋もれそうですー

   > 頭をからっぽにして楽しい舞台を見たいという方には、
   > そこそこ楽しめるような気もします

あ、これは貴重なアドバイスです。どういう風に楽しむのかを知らないと、戸惑ってしまうかもしれませんので。サーカス活劇のように受け取ればいいのでしょうか…

「PLUTO」はボチボチ読んでいるところです。手塚作品を先に読んでいるので、「演出」の妙が楽しみどころです。


>>よしぼうさん

   > 野村萬斎さんがやったもので、豪華な舞台装置はいっさいなく、
   > 登場人物が全員スーツ姿で演じている舞台でした

それは観たい!ちょっと探してきます(ガラッ

スゴ本探しの中で、「物語の原型」じみたものに気づいていくうち、そうしたものの集大成に触れてみたいという欲求がむくむく育っています。舞台はまさにそういうものなのですね。演劇には縁のない人生でしたが、このトシでハマりたくなっています。

投稿: Dain | 2009.10.03 10:03

身近な所で、舞台演劇の集大成は、やはり「歌舞伎」だと思います。

中村吉右衛門の弁慶、片岡孝夫(現・仁左衛門)の富樫の「勧進帳」は、「血が騒ぐ」ほどのスゴ舞台でした。一方で、同じ歌舞伎役者で世間では名門と言われる市川団十郎や尾上菊五郎の「勧進帳」は…正直観ていて苦痛でした。「同じ」出し物なのに…不思議です。この不思議さって、例えるなら同じ料理でも、プロとアマが作るものは違うって「感覚」かも。レシピは同じなのに、って。これも「好みの問題」なんですかね???

レーモン・クノー「文体練習」や洋菓子職人の辻口博啓の100種類のイチゴのショートケーキは、創造的かつ想像的。ジャンルは違うけど、それ自体がシンプルな「情景」「ケーキ」をアレンジできるって、やはり普通じゃ出来ん。

仮に蜷川幸雄がオリジナルな勧進帳を演出したとしても、吉右衛門・孝夫の勧進帳を越えて心から面白いと思えるのかな?と。

創作云々の理屈を超えた(歌舞伎)俳優の「伝統の血」「凄味」「技巧」が、吉右衛門・孝夫は優れているのかなと思います。実際、主演の歌舞伎俳優は、役者兼演出てな役割をになっております。

ちなみに野村萬斎さんの全員スーツ姿やシンプルな舞台装置の演出は、日本の舞台演劇では昔々から、つかこうへいが、よーく使う手法です。

あ新感線の舞台は少しだけならユーチューブで観れます。是非お試しを。

投稿: シュークリーム | 2009.10.03 22:57

簡単な落ち穂拾いを。
小谷野敦氏の本の署名。
○夏目漱石は英文学に、あえて歌舞伎などの江戸文芸の影響をみる本→「夏目漱石を江戸から読むー新しい女と古い男」(中央公論社)
○わが国の文学史を、男色なども組み込んだ男中心の文学史としてとらえなおす本→「『男の恋』の文学史」(朝日新聞社)
もちろんそれだけの内容の本ではありませんが、内容は誤解されるのを承知でまとめました。誤読とかもあるかもしれませんが、了承して下さい。
NHKのスーツ姿の舞台。
野村萬斎氏と書きましたが、後で考えると、
歌舞伎の世界の尾上辰之助氏の舞台で、かなり有名な舞台のようです。
「リチャード三世」は彼の当たり役だったようです。
だから、見事にハマっていた記憶があります。
「国盗人」の方は、書いたとおり、野村萬斎氏の舞台で、狂言師の彼に合わせ道具立てが狂言風です。
以上、補足と訂正です。参考にしていただければありがたいです。

投稿: よしぼう | 2009.10.04 00:06

>>シュークリームさん

ごめんなさい、わたしにとって「舞台演劇」や「歌舞伎」は身近ではないので、その喩えで伝えたいことは分かるのですが、ピンときません。遠目に観てええなぁとあこがれるようなものです。

それでも対照化できそうなのは、黒澤監督の「蜘蛛巣城」と、中島かずき脚本の「朧の森に棲む鬼」でしょうか。どちらもシェイクスピア「マクベス」をベースにしたものです(この場合もトレース?というのでしょうか)。食材はほぼ同じながら、レシピはまるで違うので、どちらも楽しめました(もっとも、「朧」「マクベス」は脚本を読んだだけですが…)。「マクベス」は男の弱さが、「蜘蛛」は欲のおどろおどろしさが、「朧」は熱さと儚さが際立って残っています。「みんな違って、みんないい」というやつですね。

シュークリームさんのように、「違いが分かる」ようになりたいのですが、まだわたしには遠いようです。


>>よしぼうさん

おお、補足ありがとうございます。これも縁なので、少し探してみようかと。ただ、うっかりハマってしまうと危ないかもしれませんね。自由になるフトコロが限られているので、セーブしながら漬かってみます。

「国盗人」は、字面からどうしても司馬遼太郎「国盗り物語」を想像してしまいます。一介の油売りから身を起し美濃一国を手に入れた斎藤道三の編がめっぽう面白いのですが──って、あれ?後知恵ながら、ひょっとして「リチャード三世」?これは再読リストに入れておかなきゃ。

投稿: Dain | 2009.10.04 01:51

>違いがわかる…

という小ばかしたものいいですかね?

でも実際、日本において、もっとも演劇舞台でお客をよべるのが「歌舞伎」です。蜷川でも中島氏(新感線)でもないです。

食材を変えれば、また違う味わいになるでしょうが、「歌舞伎」だって俳優という食材が変われば、味わいがガッンと変わります。すごいのは、レシピはそのままってところかも。もっと言えば、落語だって同じことかも。

舞台を体感したいなら、歌舞伎は、はずせないとおもいます。蜷川も中島氏(新感線)の舞台は「歌舞伎」をお手本にしたり、アイデアを頂いているはず。

日本の舞台全般や流れを知りたいならば、の話ですが。

ま、Dainさんのように、ネット上のブログで読書感想文をUPする分には要らないかもね。

投稿: シュークリーム | 2009.10.04 08:30

>>シュークリームさん

「違いが分かる」は、小馬鹿にした物言いではありません。もしそう受け取られたのであれば、ごめんなさい。わざわざカッコ「」でくくったのは、中村吉右衛門を始め、歌舞伎役者がネスカフェのCMに出ていたことを思い出したからです。

繰り返しになりますが、わたしにとって「舞台演劇」や「歌舞伎」は、よく分からない世界です。だから、「お客を呼べる」「アイディアを頂いている」と言われても、そうですねと相槌を打つぐらいしかできません。乏しい経験を総動員して、ようやく先の「マクベス」のお話ができる程度です。

そのため、歌舞伎の(しかも第一級の)目線でもって、新感線を評しようとしても、お話についてこれないのです。その評価が妥当なのか極端なのか、わたしには判断することができません。シュークリームさんは、同じ出し物でも俳優の違いによる出来不出来まで分かるのですから、わたしから見ると「違いが分かる」人なんだなぁ…とあこがれます。

限られた時間とお小遣いと、嫁さんの機嫌をやりくりして、少しでも触れられたら…という世界なのです。

投稿: Dain | 2009.10.04 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/46348839

この記事へのトラックバック一覧です: かわいそうなおう「リチャード三世」:

« 【PMP試験対策】 PMIイズムについて(その1) | トップページ | 終わらない終わり/終われない終わり「城」 »