« 【PMP試験対策】 試験の傾向 | トップページ | 「ソングライン」はスゴ本 »

セックスと噂とメルセデス・ベンツ「クーデタ」

クーデタ アフリカを舞台とした、アメリカの小説。

 池澤夏樹はたくさんのいい小説を書いているが、なかでも「マシアス・ギリの失脚」が傑作。太平洋に架空の島と共和国をしつらえて、日本と深いつながりをもつ主人公を中心に、亡霊と巫女と霊力を紡ぎだす。面白いのが、架空の南国の島のお話なのに、そこに日本の姿が影絵のように浮かんでいること。主人公は日本に留学し、日本と貿易し、のしあがった結果、大統領にまで出世するのだ。

 ところで、アップダイクのこの「クーデタ」も、いい小説だ。アフリカに架空の共和国をしつらえて、アメリカと深いつながりをもつ主人公を中心に、噂と幻影と信仰を紡ぎだす。面白いのが、架空のアフリカのお話なのに、そこにアメリカの姿が影絵のように浮かんでいること。主人公はアメリカに留学し、帰国後クーデタを起こし、大統領にまでのしあがる。翻訳は、池澤夏樹。

 開始数ページでこの事実に気づき、ニヤニヤしながらの読書となった。もちろん池澤は「クーデタ」から想を得たはずだが、「マシアス」のほうがずっと豊穣な物語に仕上がっている(しかもラストは鮮烈!)。フレームが共通しているだけで、中身は別物。ちがう食材を同じレシピでいただく感覚なのだ。では、本歌「クーデタ」は貧相かというと、そうでもない。作者が描きたかった「アメリカ臭」が鼻についただけ。

 著者アップダイクは、アメリカを「外から」見ようとしたのだろう。まずアフリカに架空の国を用意し、地勢や歴史、経済状況、風俗や国民性を捏造する。そして、そこへ援助の右手と搾取の左手をひっさげて、アメリカを登場させる。ただ、そうすると単純な対立項なので、わざわざ主人公をアメリカ育ちにして、いまではアメリカを憎む(同属嫌悪?)キャラに創りあげる。経済的に豊かだけれど精神的に貧しい留学時代の思い出と、その逆の現在を対照化させる手法が上手い。

 援助物資の山でプレゼンするアメリカ人外交官を、物資もろとも焼き殺したり、国王を斧で首チョンパしたり、グロテスクな見所がいくつかあるが、基本的にこの主人公、何がしたいのか分からない。まるで自分で自分を騙しているかのごとく行動しており、読み手は彼の運命に同情も同調もできない。まるで、アメリカという幻影から逃れるために、ムリヤリ自分で夢を見ているかのよう。

 「豊かな」アメリカを外から見るための装置――30年前は有効だったが、いまでは幻影は晴れ、生々しい痛々しいアメリカが現実だ。「ウサギ」シリーズは未読だが、「セックスとアメリカと信仰」のテーマの延長だとするならば読まなくてもいいのかな?

 「失脚」の主人公マシアス・ギリも、「クーデタ」のエレルーも、頂点までのぼりつめ、真っ逆さまに失速する。高みを目指せば目指すほど、落下エネルギーもすさまじい。その登りっぷりと堕ちっぷりは、あわせて読むと面白いかも。

マシアス・ギリの失脚

|

« 【PMP試験対策】 試験の傾向 | トップページ | 「ソングライン」はスゴ本 »

コメント

「マシアス・ギリ」ですか。
懐かしいなあ。
南の島の大統領。巫女。そして、カップヌードル。
こんな、三題話みたいなのが、ラストは思い出せないのに、強烈に頭に焼き付いています。
楽しい読書体験だったのを覚えています。
「クーデタ」にも興味が湧いていますが、
「マシアス」の時のような楽しい読書だといいと思います。

投稿: よしぼう | 2009.09.21 22:05

>>よしぼうさん

ラストは「クーデタ」の一節を、ほうふつとさせます。「高みに上るのは、より勢いよく墜落するため」───そんな趣旨の台詞がでてきますが、まさにそのまんま。読んだ時期にもよりますが、わたし的には「マシアス」が楽しい読書でした。

投稿: Dain | 2009.09.22 01:44

いつも本を選ぶ参考にさせていただいています。
ところで、NHK教育の「知る楽」ってご存知ですか?たまにへ~っていうテーマが放送されてたりするんですが、10月11月の毎週月曜は池澤夏樹さんが「世界文学全集」についてお話しされるようです。「クーデタ」もラインナップに入っているようです。どんな話をされるのでしょう。ちょっと楽しみです。
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/mon/index.html

投稿: はうるるる | 2009.10.04 23:02

>>はうるるるさん

おおっ!
忘れていました、教えていただき、ありがとうございます(ジャストタイミングの情報です)。録画予約しておきました。池澤氏の解説のノリから想像するに、「マイトレイ」と「フライデー」の回のノリが期待できそうです。

投稿: Dain | 2009.10.04 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/46267391

この記事へのトラックバック一覧です: セックスと噂とメルセデス・ベンツ「クーデタ」:

» 『クーデタ』 ジョン・アップダイク [Akasaka high&low ]
アップダイクによるアフリカの仮想の国を舞台にしたドラマが『クーデタ』。前王をクーデタで葬り去った大佐が君臨し統治した国クシュと留学先のアメリカでの生活や去就を自ら語るフィクションは、南米を舞台にしたガルシア=マルケス作品のアップダイクヴァージョン。 1978年に発表された本作では主人公エレルーや他の登場人物にも教養があり、舞台がアフリカでも巨匠の本領が発揮される場面は多くあります。 翻訳の池澤夏樹は大統領の羨望である先進国の商品名をそのまま(Coca Cola、Kelloggなど)英字で表記し... [続きを読む]

受信: 2009.10.19 22:13

« 【PMP試験対策】 試験の傾向 | トップページ | 「ソングライン」はスゴ本 »