« 究極の、"ものがたり"「オデュッセイア」 | トップページ | 「死ぬときに後悔すること」ベスト10 »

【PMP試験対策】 なぜPMP試験を受けるのか?

 【PMP試験対策】は、PMBOK4版をベースに、PMP試験の傾向と対策をまとめるシリーズ。

─────────────────────────────────

 人それぞれだろうが、「業務命令」な方が多いようだ。リーダー級の仕事を任されているうちに、「そろそろどうだ?」と勧められ、泣く泣く準備をしている話を聞く。たしかに忙しい毎日で勉強時間を確保するのは至難の業だが、ちょっとアタマを切り替えてみてほしい。PMBOKは読みどころがあるぞ。

 まず、苦労話がにじみ出ているのが面白い。ベースとなるPMBOKガイドは、タテマエとしては、「プロジェクトマネジメントの"ベター"プラクティス」なのだが、あちこちで「こんなことをしてはいけない」という怨嗟のようなグチを垣間見ることができる。共同執筆・共同レビューのドキュメントなのだが、皆さん苦労しているんだなぁ、と思うとニヤッとできる。

 あるいは、PMとしての「ハク」がつくことを考えてみよう。本家の米国では、「プロジェクトマネージャー」は一種の専門キャリアといえる。予算策定から人事(の一部)までを担っており、日本でいうならシニアマネージャー(部長)級だろう。ニッポンは違うぞ
という意見もごもっとも。貧弱な権限と、過大な責任を負わされるのがニッポンのPMかもしれないが、それでも、「会社の肩書き」を超えるキャリアに仲間入りすることができる。

 Rita本によると、「まるっきり人生を変えた」という人が出てくる。国際的な資格を取得したということで、その人の能力が(周囲から)見直されたという。これは、ありうる話。試験勉強ひとつでその人が有能になるとは思えないが、「あの人がPMPを…」的な目で見られるようになったのだろう。もちろん、PMPホルダーだからといってプロジェクトをスイスイまわせるとは限らない。だが、周りは、そうは見ない。

 結局これは、吉と見るか凶いと見るかの違いだ。「PMPホルダーだから、あいつにやらせてみるか」は、チャンスになる。ひょっとすると腐臭ただよう爆弾プロジェクトを押し付けられるかもしれない。それでも、持ってないときよりは、PMとしてのチャンスは巡ってくる。さらに、(挑戦すれば明白だが)この試験は、とても実践的だ。「こんなときどうする?」「あんなときどうしたらいい?」といった状況で、いかに"ベター"な解決策を選ぶか、教訓(Lesson Leaned)を得られるのだから。

 プロジェクトマネジメント、この言葉にピンとくる方は、ぜひ挑戦してほしい。

─────────────────────────────────

PMBOK4日本語 【PMP試験対策】シリーズについて。

 ベースは、PMBOK4版と、"PMP Exam Prep"、通称Rita本の2本立て。PMBOK4版は英語版のみリリースされており、日本語版は7月だったのが延期され、9月に流通予定。"PMP Exam Prep"は、Ritaという方が書いており、最強の試験対策本。3回読めば合格できるという触れ込みだが、厚い・デカい・英語で書いてある。3版であれ4版であれ、PMBOKガイドがあれば読み進められるようにまとめるつもりだ。

 いわゆる20代後半から30代の中堅社員向けの、プロジェクトマネジメントにおけるガイドになればうれしい。過去の記事は、以下のリンク先が入り口となっている。PMBOK2000やPMBOK3版が元となっているため古さは否めないが、「PMIイズム」「PM的思考」は学べる。ぜひ参照してほしい。

   【PMP試験対策】 PMBOK2000版
   【PMP試験対策】 PMBOK3版


|

« 究極の、"ものがたり"「オデュッセイア」 | トップページ | 「死ぬときに後悔すること」ベスト10 »

コメント

久しぶりですね、PMP話。私は完全に会社強制命令取得でして、「1回で受からなかったら、2回目の受験は個人負担」という会社伝説におびえて1回で受かるよう努力しました。会社からの受験対策はネットのe-larningで、自宅で毎朝していた記憶があります。で今のPOBOKって4版というのですね。PMBOK2000で受かったから今のPMBOK、実は読んでません。仕事でもPMPだといっても自分の部署だと知らない人のほうが多くて(異動になったせいです)、ITILのほうがまだしられているかなあ。私はファウンデーションもってますけど、DainさんはITIL取れ(といっても簡単ですけど)とかはいわれませんか。

投稿: ぺーすケ | 2009.08.07 13:38

私のPMP合格への道のりです。
http://blog.livedoor.jp/kakobon/archives/50690922.html
よろしければ お読みください。

投稿: kakobon | 2009.08.08 00:04

>>ぺーすケさん

「2回目の受験は個人負担」ってスゴいですね、5万円の自腹ですか…
ITILは思案中です。会社がやいのやいの言い出したら、受験をマジメに考えます。


>>kakobonさん

合格おめでとうございます、苦労がしのばれる体験記ですね。「PMBOKバラバラ」は、わたしもやりました(分厚くデカいですもんね)。そして、PMBOKの読み方での指摘「統合マネジメントをいきなり読むと、時系列に沿わない」ことは、確かにそのとおりだと思います。わたしもそこで戸惑い、まさにkakobonさんのやったとおりのことをしましたもの。

投稿: Dain | 2009.08.08 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/45857518

この記事へのトラックバック一覧です: 【PMP試験対策】 なぜPMP試験を受けるのか?:

« 究極の、"ものがたり"「オデュッセイア」 | トップページ | 「死ぬときに後悔すること」ベスト10 »