« 体験を追走する「黄金探索者」 | トップページ | お尻を理解するための四冊 【紳士限定】 »

自分の狭さを思い知る「若き日本人の肖像」

若き日本人の肖像 集合写真というのが苦手だ。

 撮られたわたしは、いつもヘンな顔をしている。シャッターのタイミングで必ず誰かが目を閉じて、幾度も撮りなおしているうちに、ダレてくる、疲れてくる。ウンザリしはじめた頃に撮ったショットが「ハイ、OK」となる。結果、不機嫌でボンヤリしたわたしが記念写真となる。撮られる側の空気が読めないから、みんなが勝負顔なのに自分だけ笑ってたり、その反対に、自分だけポーズ決めてたり。

 しかし、集合写真を見るのは好きだ。

 懐かしい人を好きなだけ見つめることもできるし、わたしみたいに"浮いた"誰かを探すのも愉しい。日付や背景からそのときのことを思い出す。たいてい痛テテな気分になる。過ぎてしまえばいい思い出なんて嘘、過去はいつも痛いもの。穴掘って埋まっておきたくなる。

 では、自分が写ってない写真はどうかというと、これまた見入る魅入る。

  ・劇団
  ・子供会
  ・青年団
  ・祇園祭
  ・お花見

 撮影者・吉永マサユキが10年かけて撮りためた、総勢3600人を超える集合写真集。さまざまなグループの、それぞれの記念写真・集合写真が並んでいる。ごくフツーの人たちの「ハレ姿」。よく目を凝らすと、そこに見知った誰かの顔を見出すかもしれない。あるいは、撮られた覚えのない自分の姿を見つけるかも。

 さらに、それほど身近でない同好会の集合写真も大量にある。世の中には、実にいろいろなグループがあるものだ。自分の世界の狭さに、あらためて驚く。メンバーそれぞれ、自分の生活があり、人生があるのだろうが、集合写真のフレームに収まるとき、見事なまでに同じ顔つきになる。この傾向はいわゆる「族」というカテゴリに属する人に顕著で、グループとしての「顔」があるようだ。

  ・拳法同好会
  ・ちんどん屋
  ・ボクシングジム
  ・闘犬会
  ・右翼
  ・レーシングチーム
  ・黒服会
  ・浅草ロック座
  ・矢沢永吉応援団
  ・ヤクルトスワローズ私設応援団
  ・ゴスロリ
  ・暴走族
   etc...

 グループの「顔」は、それぞれのチームカラーのように揃っている。例えば、青森ねぶた祭のカラスハネトの集合写真がある。カラスハネトとは、傍若無人の振る舞いをする連中を指すのだが、そのトレードマークは黒装束(=カラス)ではなくなっている。おそらく警察などのカラス族対策で、黒を避けたのだろうが、写っている顔は示し合わせたかのように一緒だ。夫婦の顔が似てくるように、族の顔つきも似るのだろうか。

 あるいは、ヤン坊たちのメンチの切り方が驚くほど似ている。上目遣い、顔をしかめる、手指のポーズ、(本人は独創的のつもりなのか)背中を向ける、ふりかえる…時代や地域を越えて、全くといっていいほど、変わっていない。これは、歌舞伎の大見得の亜流みたいなもんだと納得する。

 被写体のグループだけで通用する旗印や、内輪向けの惜しみない笑顔にとまどう。まるで、電車で隣り合わせた女の子のプリクラ手帳を見てしまったようだ。その一方で、いくらめくっても好奇心が尽きないのは、ファインダー越しにグループの連帯感が強烈に写りこんでいるから。

 自分の"狭さ"を思い知る一冊。

|

« 体験を追走する「黄金探索者」 | トップページ | お尻を理解するための四冊 【紳士限定】 »

コメント

YO!写真集マッテマシタ

>スティーネ・ラーセン「あたしたち十代!:デンマークっ娘たちの生と性」

荒木経惟氏の「こりゃ、ヌード写真集だね」という紹介文から始まります。きっと女性カメラマンが、かなり「ビューティーフェイス」ゆえにアラーキーの名言が飛び出したかもね(笑)。デンマークに住む13歳から19歳までの「少女」を女性カメラマンが撮影しているがゆえに、ふとした「横顔」や露骨な「素顔」が垣間見れる一冊。


「顔」は人間だけじゃない。街にだって「横顔」は存在します。

>迫川尚子「日計り(ひばかり)」

は、13年間という長きに渡り、「新宿」を撮り続けてきた、一瞬の出来事の数々。少女を見れば、椎名林檎「歌舞伎町の女王」のように、この娘は生きていくのだろうか、という妄想だって膨らんじゃうかも。あ、ちなみに「日計り」とは「ヘビ」のことね。

投稿: シュークリーム | 2009.07.04 09:56

>>シュークリームさん

オススメありがとうございます。惹句がうまいですねー
「デンマークっ娘」をチェックしてみようかと。

投稿: Dain | 2009.07.05 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/45522616

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の狭さを思い知る「若き日本人の肖像」:

« 体験を追走する「黄金探索者」 | トップページ | お尻を理解するための四冊 【紳士限定】 »