« このロビンソンが面白い「フライデーあるいは太平洋の冥界」 | トップページ | レイプは適応か »

美女と宇宙

世界一の美女になるダイエット 「世界一の美女になるダイエット」のメッセージは、シンプルかつパワフルだ。

 曰く、「あなたは、あなたが食べたものでできている」。だから、美女になるためには、美女になるような食事をしなさいという。「ダイエット=減量」を信じ、修行僧のような禁欲的な食事をしている人には、まさに目ウロコだろう。「これを食べたら美しくなれるか?」と自問することで、栄養について学ぶのだ。

 「いま口にしたものが、10年後のあなたを決める」とか、「肌はあなたの内臓そのもの」といった、ドキっとさせられる(けど正論な)寸鉄と、ダークチョコレートやアーモンドを活用せよという具体的なアドバイスが詰まっている。世界一の美女をめざすならともかく、全部を実行するのはムリというもの。できそうなことだけを取り入れればよいかと。

 例えば、「白いもの」は避けなさいという。要するに精製されたものを指し、白砂糖だけでなく、白米や白いパンも含まれる。白いゴハンがどうして?と思っただが、血糖値が急激に上がるのはよくないそうな。だから玄米やライ麦パンといった「白くない」もので炭水化物を摂れという。

 食べ物を味方につけることで、美しくなれというメッセージは、そのまま、わたしは、わたしが食べたもので作られていることを強烈に思い起こさせる。リチャード・ウォーカー「人体」によると、人体細胞の寿命は以下の通り。

   小腸細胞 … 36時間
   白血球   … 13日
   赤血球   … 120日
   肝細胞   … 500日
   神経細胞 … 最高100年

 人間のカラダは数ヶ月で入れ替わっていると言われるが、脳や神経細胞は文字どおり一生モノ。30日間マクドナルド生活を続けるドキュメンタリー「スーパーサイズミー」の場合、小腸と白血球は完全にマクドナルド製に入れ替わっているのかね。

エレンの宇宙 では、そうした「わたしのカラダ」の元となっている食べ物はどこからやってきたか、そして、食べ物となる前の動植物の元はどこからやってきたか、さらには、物質の元はどこからやってきたか――を辿っていったものが、「エレンの宇宙」。ある少女の体内に宿る電子を「エレン」と擬人化し、彼女が過去を思い出す形で物語が進められる。

 エレンはかつて、少女が食べたリンゴの一部であり、そのリンゴの木が生えていた土の一部であり、その土は地球の一部であり、地球最初の生物であり、銀河を通ってきたガスの一部であり、宇宙で最初の星の一部であり――と、ビックバンまで遡及する。無から有はできない。わたしのカラダは宇宙の一部なのだから、「わたしは、宇宙でできている」という、至極アタリマエなのだが気づきにくい結論に、腹から納得できる。全は一であり、一は全なのだ。

 本書がユニークなのは、物理学的観点から見た「宇宙」を、逆向きに描いているところ。宇宙の誕生から始まって現在に至る時間軸・スケールで語るのではなく、「いま・ここ・わたし」から遡上するように視点が移っていく。ミクロからマクロへと莫大な広がりはあるものの、わたしの延長上であるというつながりを絶やさないように進めている。

 さらに、メタファーが面白い。宇宙空間の「濃さ」をマグカップに入った気体分子で喩えたり、銀河の渦巻きを「星が渋滞しているところ」と表現したり、直感的にわかりやすくなっている。余談になるが、著者のブログの「三毛猫はどうしてできるか」シリーズのわかりやすさは超絶的。ぜひご賞味あれ。

|

« このロビンソンが面白い「フライデーあるいは太平洋の冥界」 | トップページ | レイプは適応か »

コメント

ちょっとだけ、違う観点からの書きこみです。

食品に「安全な食べ物」なんて今や「無い」と思っています。それは、価格競争(コストダウン)というグローバル化がもたらした弊害です。

有機農法で育てられた野菜が「安全」とか、「○○農園」のトマトは、オーガニックだから「安心」って本当なのって思います。特に、オーガニックというソフトな言い回しをしてますけど、要するに、その肥料は「糞(うんこ)」ですな(笑)、おそらく牛糞を加工したものが一般的です。

その加工される「牛糞」自体だって怪しい(どんなエサ食ったうんこなの?)と疑ってしまう。だってグローバル化(価格競争)から、金もうけから、誰も逃れられないから。

一即多・多即一で、西田幾多郎を思い出しました。田中久文『日本の「哲学」を読み解く』、中村雄二郎「西田幾多郎」の再読しよっ、と。いつもサンクスです。

投稿: シュークリーム | 2009.06.25 07:41

>>シュークリームさん

もちろん、食品の安全神話は、「神話」です。
逆説としての「スーパーサイズミー」の亜流の実験が面白いです。つまり、マクドナルド「だけ」で、ダイエットする「Me and Mickey D」や、メラブ・モーガン、ヴィム・メイの「実験」は、安全にするのもしないのも、ヒトであることを痛感させられます。

参考 Wikipedia:スーパーサイズミー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%BC

投稿: Dain | 2009.06.25 22:50

>>Dainさん

もいっちょ!セイゴウ風「カタルトシメス」

特定の「食品(マクドやオーガニック食品)」を、どの頻度で食べるか、という問題ではないかも。

ひとが「食品自体」を、選んでも選んでも資本主義(利益)市場主義経済から、あらゆる「食品生産」において、一線を画する覚悟がなければ、その食品がもたらす悪影響からは逃れられませんな。

何万分の一の確立で起こる難病奇病の原因が、近代の過度な「グローバル化食品」が原因ではないのかと、個人的には感じています(狂牛病や遠位型ミオパチー =筋肉が消失していく病気)。

「神話」というキレイな言い回しではない、二人の「現実(リアル)」。

木藤亜也「1リットルの涙」。

遠位型ミオパチー 筋肉がきえていく。
http://www.youtube.com/watch?v=o2zNUVxbz-I

投稿: シュークリーム | 2009.06.27 08:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/45446097

この記事へのトラックバック一覧です: 美女と宇宙:

« このロビンソンが面白い「フライデーあるいは太平洋の冥界」 | トップページ | レイプは適応か »