« 科学とSFの界面活性剤となる三冊 | トップページ | このロビンソンが面白い「フライデーあるいは太平洋の冥界」 »

ドラゴンの飼いかた教えます

ドラゴン飼い方育て方 ドラゴンブリーダー指南書。

 タイトルは「ドラゴン ――飼い方 育て方」。読めば必ず、ドラゴン飼いたくなる。ドラゴンとは何か?から始まって、コカトリス、ピアサ、サラマンダー、ヒドラ、タラスク、水龍など、品種ごとの特徴や飼育の上での注意点がフルカラーイラストで丁寧に説明されている。備品や設備、えさから健康管理まで、最高のドラゴンにするための秘伝(?)が明かされている。上級者(?)向けに、卵や幼体からの孵化・生育のコツから、品評会での審査基準まで、まさに至れり尽くせり。

 小学生の息子に与えたら、大喜びで読み始める。いちおう児童書なのだが、ルビがないし文体も硬めの解説書となっている。「デルトラクエスト」「ビーストクエスト」で洗礼を受けているので、ドラゴン譚の素地はある。特に、「物語」の体裁をとっていないところがいたく気に入ったようだ。

 西洋からインド、果ては南アメリカまで、様々なドラゴンがいる。変種・珍種(?)に気をとられているようだ。剣と魔法のファンタジーに出てくる、翼があって炎を吐くといった、固定化されたイメージを揺さぶってやろう。マンガやゲームでおなじみの、キャラクター化されたシェンロンやチキは出てこないのが残念。

 装丁がまた凝っている。ソフト地のいかにもな表紙に、古文書のようにひも綴じが演出されている。さらに、ギザギザのページ断ちが雰囲気と所有欲を掻きたてる。これを傍らに、ドラゴンが出てくる物語を読むのも一興。

エラゴン ためしに「エラゴン」を読んでみる――が、いくらも経たないうちに気づく。これ、星球大戦やがな!息子はまだ観てないので、オマージュとリスペクトとインスパイアに満ちたこれを"オリジナル"として受け取るんだろうな… いやその前に、映画版「エラゴン」を見せるという手もあるな。

|

« 科学とSFの界面活性剤となる三冊 | トップページ | このロビンソンが面白い「フライデーあるいは太平洋の冥界」 »

コメント

ドラゴンものなら、最近刊行されたテメレア戦記、古くはなるものの、上質なファンタジーとして読めるパーンの竜騎士はオススメです。
ただパーンの竜騎士は入手しづらいのがネックで、再版してくれないかなぁと願ってます。

投稿: もすけ | 2009.06.19 16:39

>>もすけさん

オススメありがとうございます。ファンタジーの師匠である嫁さんから、どちらも強力に薦められています。特に「竜の戦士」はファンタジーと思いきやSFという傑作だそうで、期待しています。

投稿: Dain | 2009.06.20 07:18

「ドラゴンランス戦記」
僕の中での永遠のファンタジーキングです。

投稿: ER | 2009.06.20 11:57

>>ERさん

オススメありがとうございます。これは面白そう、王道をしっかり描いている物語のようです。ぜひ手にしてみますね。

投稿: Dain | 2009.06.20 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/45384495

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンの飼いかた教えます:

» デルトラクエスト7つの宝石情報 [趣味全開ブログ]
デルトラクエスト(4(嘆きの湖編))商品価格:410円レビュー平均:4.5デルトラクエスト(3(ニジとドッジ編))商品価格:410円レビュー平均:4.5デルトラクエスト(1(秘密のベルト編))商品価格:410円レビュー平均:5.0デルトラクエスト2商品価格:3,591円レビュー...... [続きを読む]

受信: 2009.07.14 10:10

« 科学とSFの界面活性剤となる三冊 | トップページ | このロビンソンが面白い「フライデーあるいは太平洋の冥界」 »