« やっぱり尻が好き「お尻とその穴の文化史」 | トップページ | 喫煙者の命の値段は高いか安いか「人でなしの経済理論」 »

「本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本」がスゴい

本の未来をつくる仕事・仕事の未来をつくる本 一冊のうちの、どちらもスゴ本。

 「どちらも」という言い方をしたのには、ワケがある。

 なぜなら、本書は右開きにも左開きにもなる、両面仕立てなのだ。右開きのタテ書き側は、「本の未来をつくる仕事」というタイトルで、ブック・コーディネーターとして手がけたプロジェクトが紹介されている。左開きの横書きサイドでは、「仕事の未来をつくる本」という題名で、会社を辞めてから今に至るまでの仕事のノウハウを抽出し、同世代向けへのメッセージにしている。レコードならA面B面なのだろうが、本書はどちらも「A面」であるところがミソ。

      「本の未来をつくる仕事」 ≡ 「仕事の未来をつくる本」

という本書そのものが、昨今の書籍の流通・販売についての問題提起と解決事例となっているところがスゴい。「一冊で二度おいしい」というよりも、むしろ「一冊で二倍うまい」というべき。

■ 本の未来をつくる仕事

 まずは、「本の未来をつくる仕事」。「本が売れない」とお悩みの出版・流通関係者の方は、頭ガツンとやられる一冊(の半分)となっている。いままでの"本"観からブッ飛んだアイディアをごろうじろ。

 たとえば、古本の文庫がクラフト紙に包まれている。中身が見えない代わりに、その本の一節を引用したテキストが印刷されている。なんだシズルかと侮るなかれ。もう片面には、なんと住所とメッセージを書く欄が印字されているのだ。

 つまり、これは本を「絵葉書」にしてしまったのだ(実際、210円のゆうメールで送達可能)。購入者はこの「絵葉書」を選ぶ際、引用文から類推するだけでなく、誰に贈るかも考える愉しみが生まれてくる。タイトルや著者といった先入観をとっぱらったところで本を選ぶという体験だけでなく、贈った相手に「どうだった?」とコミュニケーションのきっかけになる。

 あるいは、この「非マスプロダクトとしての本」という発送がスゴい。本というものは、印刷された段階ではマスプロダクトといえるが、何かしらの書き込みが加わった瞬間に、世界に一冊しかないオリジナルなものとなる。通常ならば「書き込み有」でブックオフで100均箱にされてしまうのに、これを逆手にとって、むしろ商品価値が上がっている、と考えるのだ。

 このコンセプトをもとに、訪れた人が任意の色とペンを選んで、好きな本に自由に書き込みをすることができる。昔の図書館の貸出カードのように、名前と日時が記録する用紙が添付されており、自分の痕跡を残すことができる(飲み屋やラブホの"ノート"やね)。本は期間中展示され、購入者は後日、郵便で届けられるという仕組み。何が書き込まれているかのドキドキ感は、購入者のもの。「本とはノートだ」と喝破したのは松岡正剛だが、ここではさらに一歩進めて、複数人による「シェアードされた知」として本と向き合える。

 まだまだある。一部を抜粋すると、こうなる。

  • 会員制・予約制・入場料制、新しい本との出会いを提供するブックルーム
  • 本が一冊もない書店 (←コロンブスの卵!)
  • 本好きの美容師を呼んで「あなたの一番好きな本を一番かっこよくカットしてください」
  • 文庫本のカバー背だけを使ったコラージュ的平面作品
  • カバーを外した文庫本の表紙をくりぬいて、フォトスタンドにする
 著者・内沼晋太郎の手にかかると、本が「本」っぽくないのだ。本・書籍・書物を、わたしとは異なる観点から捉えなおし、関係を再構築しているかのようだ。「本→読むもの→書店、amazon、図書館」といった"閉じた"発想しかできないわたしには、驚くばかり。

 こうした成果を通じ、著者は、ある仮説が事実である手ごたえを見つける。出版不況といわれるが、出版業界「の外側」には、本を取り扱いたいというニーズを指摘する。一方の出版業界の側にも、既存の流通システムに疑問や限界を感じていることも事実だ。そして、そうした「枠」を超えた取り組みを、具体的なプロジェクトの形で見せてくれるのだ。

■ 仕事の未来をつくる本

 次は、「仕事の未来をつくる本」。「自分の仕事」に自信が持てない人が読んだら、頭ガツンとやられる一冊(の半分)となっている。やりたいことを考えるにあたり、「お金をもらう仕事」と「お金をもらわない仕事」の違いを意識しながら、戦略的に仕掛ける「しかけ」そのものを解説する。

 もちろん、「定職+週末起業」や「定業+バイト」の2足のワラジの話はよくある。しかし著者がスゴいのは、片いっぽうのワラジを「お金をもらわない」と位置づけてしまっているところ。ただ内的に消費する「趣味」ではなく、外側へ向かって立ち上げる活動(プロジェクト)だと強調する。

 では、金銭に結びつかないことが「仕事」になるのかって?まぁ結論を急ぎなさんな。

 著者はまず、「お金をもらわない仕事」を見つけろという。ポイントは「やりたいこと」を実現するというよりも、「なりたい感じ」のイメージを抱いて、そのイメージを「かけ算」で少数派にせよという。つまりこうだ。自分の好きなもの、経験があるもの、誰かの相談に乗れるようなモチーフを、複数組み合わせるのだ。

 たとえば「花」×「売る」なら「花屋」にしかならないので普通だが、「花」×「食べる」だと、Edible Flower になって、ちょっと意外。さらに、「花」×「食べる」×「音楽」だとどうだろう。花を敷き詰めたクラブイベントで、食用花を使ったフードを提供し、花にあわせて選曲したDJをやる――単純なアイディアがかけ算を経ると飛躍的に希少なものになっていく様が面白い。

 さらに、「お金をもらわない仕事」に強度をつけるために、戦略的アルバイトを推奨する。キャリアや銭金のためではなく、上記のモチーフを裏付ける経験を積むことを目的としたアルバイトだ。漠然と「社会経験を積む」とはまるで違って見えてくるだろう。他にも、業界の全体像を知ることで、業界「の外側」からの位置を自覚して斬りこみができるという指摘や、旗印は鮮明にして、メンツは疎結合の方が合うという考えは、たいへん参考になった――というか、意識して自分のモノにしたい。

 そして、「お金をもらわない仕事」が「お金をもらえてしまう仕事」にシフトするかもしれない。ところが、ここでもまだ、「お金をもらわない仕事」にこだわるのだ。最初に「お金をもらわない」と定義した仕事で食べていけるようになったら、それは「お金をもらう仕事」として扱えばいい。しかし、だからといって「お金をもらわない仕事」をしなくてもいい理由にはならないのだ。

 なぜなら、「お金をもらわない仕事」は、「お金をもらわない」という前提で成立しているのだから。ややこしくてすまぬ。著者はもっとズバリとこう言い表している。

繰り返しになりますが、「お金をもらう仕事」である限り、フィールドは競争の激しい、「資本主義経済」です。しかし、「お金をもらわない仕事」は、「お金はいりません」といえるからこそ、「ビジネス」を度外視した、「見たことも聞いたこともないもの」を生み出せるのです。「お金をもらわない」ということの強みは、そこにあります。
 「やりたいこと」が実現できてハッピーだった人が、いつしか「(やりたいことが)お金になってうれしい」に変わり、いつしか「お金がもらえないと嬉しくない」に変わってしまう――著者は、その危険性を指摘する。これは、たくさんの起業家が踏みしめてきた地雷道やね。似たような道に入り込んでいるわたしにとって、よい戒めとなったナリ。

自分の仕事をつくる その一方で、デザイナーの西村佳哲が書いた、「自分の仕事をつくる」[レビュー]を強烈に思い出す。いい仕事をする人は、「働きかた」からして違うはずなのだが、まさにその通りだと確信できる。やり方が違うから結果が違う。いい仕事をする人のセンスは、まず最初に、「働きかた」を形作ることに投入されている。

 もちろん出発点は「自分」なんだが、仕事を通じて、他の誰も肩代わりできない「自分の仕事」をすることになる。資本主義経済で生きていくことには変わりがないが、その外側からの発想を得るためのやり方(=お金をもらわない)がスゴい。これも「働き方」の具体的な一つだと思う。マネするというよりも、わたしの中で実現していこう。

 本そのものと、本が置かれる場所と、本に込められたメッセージを通じて「人」が見えてくる、なによりも、著者・内沼晋太郎がスゴい。そういうスゴ本。

|

« やっぱり尻が好き「お尻とその穴の文化史」 | トップページ | 喫煙者の命の値段は高いか安いか「人でなしの経済理論」 »

コメント

「本の未来をつくる仕事」から読んでいるところですが、確かにスゴ本ですね。#16のBOOK BUREAUを利用して、近所の商店街のシャッターの閉まったスペースに個性的な本屋をぜひオープンしてほしいと思いました。

投稿: ぺーすケ | 2009.05.16 15:40

>>ぺーすケさん

おっ、タテ書きから読んでいるのですね。
紹介されているプロジェクトはどれも独特なので、目玉になるかと。ただ、今までの本の概念を壊すようなアイディアばかりなので、実現するには抵抗感もあるかもしれません。

投稿: Dain | 2009.05.17 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/45015359

この記事へのトラックバック一覧です: 「本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本」がスゴい:

» 「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」にて、ご紹介いただきました。 [本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本]
古今東西の「スゴ本(=すごい本)」を紹介する人気のブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」にて、ご紹介いただきました。 「本の未来をつくる仕事/... [続きを読む]

受信: 2009.05.16 00:28

« やっぱり尻が好き「お尻とその穴の文化史」 | トップページ | 喫煙者の命の値段は高いか安いか「人でなしの経済理論」 »