« 詐欺師の手引書、あるいは自衛のために「統計はこうしてウソをつく」 | トップページ | 魂をつかみとられる読書「精霊たちの家」 »

残酷な妖女のテーゼ「ファム・ファタル」

ファム・ファタル 女は美しい、女は恐ろしい。

 両者は固く結びついていることが分かる。女は美しいから恐ろしいのであり、恐ろしいから美しいのだ。恥も外聞もなく色を貪る吸精鬼、嫉妬の炎を宿した魔女、切断された男の首を抱えてイキ顔の淑女――ファム・ファタルとは、美しく、恐ろしい彼女たちを指す。

 本書はファム・ファタルのイメージを、「残酷」「神秘」「淫蕩」「魅惑」という4つのテーマに分類し、妖婦たちの諸相を名画や彫刻で紹介する。オールカラーで図版豊富なのが嬉しい。官能的な肉体に心を奪われると同時に、おぞましい姿にゾっとさせられる。あるいは、女の犠牲となった男の哀れな姿に同情する。エロチカル・アートは見るものの欲情をかき立て、記憶の奥に刷り込まれようとする。

  1. 残酷 サロメ/メディア/スフィンクス/メドゥーサ/ユーディット
  2. 神秘 イヴ/モナリザ/キルケ/パンドラ/セイレン/ロクセラーナ/クレオパトラ/ジョセフィーヌ/ロリータ
  3. 淫蕩 マリリン・モンロー/オンファーレ/デリラ/カルメン/ナナ/メッサリナ/リリス/バド・シェバ
  4. 魅惑 ヘレネ/ヴィーナス/フィリス/フリュネ/レカミエ/サバティエ/ハミルトン夫人
 わたしを惹きつけるのは、あらわになった肌や乳房だけではない。サロメやユーディットの傍らにある生首から目が離れない。なぜ、「半裸の女+生首」なのだろうか?

 解説によると、サロメは自分をフった男の首を所望したという。盆に載せられた生首を掲げてふふふと笑う彼女は、輝くほどに美しい。あるいは、自分の体に溺れた男が眠っているすきに、その首を刈ってしまうユーディット。きらきらした目、上気した頬とひたい、首筋から胸元にかけてバラ色に染まった肌。セックスの跡ありありとした女体と、血にまみれた男の死体はよく似合う。

 あるいは、神の警告をスルーする肝の据わったイヴがいい。傍らのアダムは陰部を隠したまま萎縮している一方、貪欲な目で果実を見つめるイヴ。下腹部が妙に膨らんでいるのはゴシック・ヌードの典型なのだろうか、それとも妊娠を暗示しているのだろうか、興味は尽きない。

 さらに、アリストテレスに跨ってムチ打つフィリスがすごい。アリストテレスは女性蔑視論者だったそうな。「あらゆる動物の世界を見よ、オスはメスより大きく、美しく、敏捷だ。人間もこれに変わるところはない」などと性差別的な発言を繰り返す哲人が、裸の彼女の前ではなす術もない。女を蔑視しながらも女から離れることができない男の偽善と二重性が暴かれている。

 また、メデューサの論考が面白い(髪が蛇で正視したら石化するやつね)。女のアソコを見たい欲望と、見ること(タブー)への恐怖がメデューサ神話に内在しているそうな。欲望と禁止を象徴しているのが、メデューサの首になる。フロイトじみた解釈だが、さまざまな「メデューサの首」を通じて、もじゃもじゃと乱れた蛇は陰毛で、「見てはいけない顔」が陰部であるメタファーが効いてくる。

 殺された男の血と、妖婦たちの唇の朱のコントラストが美しい。真っ白な肌には血の朱がよく似合う。上気した頬や満足げな様子は、性欲だけでなく食欲までも満たされたかのようだ。ところで、男の肉体はどこへいったのだろうか?ひょっとして…いやまさか…

 ひょっとするとセックスとは、男が「食べられる」行為なのかもしれない。したことを「食っちゃった」「いただいた」と表現する男がいるが、逆だ逆、食べられたのはキミの肉棒なのだ。男子の一部は草食系だが、女はすべて肉食系。男が密やかに抱いている、「食べられたい」欲求に気付かせてくれる一冊。あるいは女性なら、体の奥の"食欲"を刺激する(?)一冊。

|

« 詐欺師の手引書、あるいは自衛のために「統計はこうしてウソをつく」 | トップページ | 魂をつかみとられる読書「精霊たちの家」 »

コメント

本書の「魂を吸い取る声、セイレン」「永遠の小さな妖精、ロリータ」と、小川未明「赤い蝋燭と人魚」そして、リュック・ベッソンの映画「つめたく冷えた月」を観れば、Dainさんお気に入りのテーマ?(屍姦)?(少女愛)?という誘惑が、なぜ生じるのか、という疑問にたどり着きました。

俗っぽい例ですけど、公衆大便トイレで「ココでたばこ吸っちゃダメ」的な貼り紙を発見すると、ますます、たばこを吸いたくなりますな私(泣)。今吸いたい衝動(誘惑)を我慢するより、まさに今「吸いたい欲望」を現実化する方が、明らかにスリルでエロスです(笑)。自分の欲望を満たすことが最高の快楽、そこに他者(トイレ)に対する尊厳はありません。その瞬間において、自分が最高に気持ち良くなりたいから。

で、私の疑問は「ひとはなぜレイプするのか」へと続きます。「女性がSEXパートナーを選り好みしなければ、レイプは発生しない」ということを「善」とするならば、トイレでの喫煙を良しとするならば、今まさにトイレでたばこを吸うことにエクスタシーは生じない。だって普通だもん。

「ファム・ファタル→ひとはなぜレイプするのか→アナル全書」という流れが、タマラン(笑)。いつもサンクスです。

投稿: シュークリーム | 2009.07.21 15:16

>>シュークリームさん

どういたしまして。屍姦と少女への誘惑は、澁澤龍彦「少女コレクション序説」が良い入り口かと。少女愛と人形愛の相関から、屍姦ルートへ自然につながりますから(ただし、澁澤はそこまで言及していなかったように記憶しています)。

自分では気づかなかったのですが、ご指摘どおり、「ファム・ファタル→ひとはなぜレイプするのか→アナル全書」という流れで見ると、わたしの変態志向が見えてきますね。ぜひとも、過去の以下のエントリをこの流れに組み入れたいものです。

「罵ってけ!へんたいたーれん(M@STER VERSION)」を100回脳内再生する
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2007/11/mster_version10_a6cf.html

投稿: Dain | 2009.07.22 14:25

>罵ってけ!へんたいたーれん

いや~朝から、癒されました和みました超最高な変態SONGでした(大爆笑)。ん~でも100回はムリっぽい、日に3、4回くらいなら聞けるかも(笑)、あ同時に「らきすた?」ってアニメを思い出しました。

私、「視姦」にハマッテまして、だから「罵ってけ!へんたいたーれん」は、まさにカウンターパンチくらった感じで、説得力ありました(俺バカ!)

アナル全書の「第三章・本書の使い方」「第十二章・アナル性交・安全かつ快適に楽しむために」って項目を見るや否や、私のテンションは、ガッンと上がりましたね、アハハ。

澁澤龍彦「少女コレクション序説」の存在は知っていましたが、まだ未読です。映画「追悼のざわめき」とあわせ見れば面白いかも、早速試そ。

投稿: シュークリーム | 2009.07.23 10:19

>>シュークリームさん

ええまぁ、「罵ってけ!」は「もってけ!セーラーふく」の…ゲフンゲフン…ですから。伊織の「絶対に明日からは私の後ろを歩かないでよねっ」にぎゅんとくるようになれば一人前でしょう。

それから、「少女コレクション序説」はオススメです、スゴ本です。そのうち再読してレビューしますね。

投稿: Dain | 2009.07.25 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/45161721

この記事へのトラックバック一覧です: 残酷な妖女のテーゼ「ファム・ファタル」:

« 詐欺師の手引書、あるいは自衛のために「統計はこうしてウソをつく」 | トップページ | 魂をつかみとられる読書「精霊たちの家」 »