« ヒト臭くない知性「雷神帖」 | トップページ | ボリウッド的おとぎ話「ぼくと1ルピーの神様」 »

水瀬伊織がやって来たよ ヤァ!ヤァ!ヤァ!

アイドルマスター こんにちはこんにちは、新米プロデューサーのDainです!

 不思議なもので、「罵ってけ!へんたいたーれん」を1000回聴いて、CDじゃなくて箱○を買ったのでござる。もちろん偽装はカンペキで、嫁さんには「バイオハザード5のため」と拝みこんで許可を得たよ。

 だから起動できるのは子どもが寝付いた後で、嫁さんが起きているときはバイオ5。一緒に、「わー」とか「ひええ」と叫びながら、チェーンソーで喰らったり、ワニに喰われたりしているが、殺られても殺られても何ともないない。

 で、金曜日の丑三つ時。嫁さんは寝入っている。ハードな一週間だった。丸太のように眠りたい気分。でもプロデューサーに、俺はなる!目立つにはどうしたらいいの?友情よりも愛情?性格よければいいなんて、嘘だと思わないか?――古いリフレインが叫んでる。

 ついに起動。ネット界隈では、ゆきぽや美希の義兄が多いようだが、わたしにとって伊織以外に考えられない。「ど変態!」キミの言葉がまだ離れない。凍りついた時間が、逢えないままどれくらい経ったのだろうか。釘宮病の自覚症状はあるが、Ti型ではなく、I型なんだということを、いまさらながら思い知る。

 初仕事で緊張する伊織、パイタッチなんてできないよ!初オーディション合格のときは一緒になって踊ったよ!恋のチカラここにある。もうぜんぶ全部あげるからと、誰にも見せなかった「とっておきのボク」をさらけだす。

 で――だ。なじみの読者サマならお察しのとおり、もちろん嫁バレしたよ。そのへんの経緯はつまらないから省略ー、「リコンかな?かな?」と訊いたら、「慣れた、というかあきらめた」との御返事。開き直るその態度が気に入らないのだって。両手をついて謝ったって許してもらえそうもない。

 嫁さんは真で始めた。真かわいいよ真。嫁さん曰く、「子どもの前でやったら刺すからね。これ(iM@S)は、バイオ5よりも有害なんだから、いろんな意味で」。そしてボクは途方に暮れる。

 夫婦でiM@S、人生へのささやかな凱歌を、心の中であげる。ただ泣いて笑って過ごす日々に隣に立っていられることで、ボクが生きる意味になる。嫁さんに捧ぐこのアイドルマスター。

|

« ヒト臭くない知性「雷神帖」 | トップページ | ボリウッド的おとぎ話「ぼくと1ルピーの神様」 »

コメント

相変わらず素敵なご夫婦ですね。
ご一緒に学芸会の鑑賞でもされてはいかがですか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4722413

投稿: まふまふ | 2009.03.17 07:14

子供のプロデュースってのは大変そうですね

投稿: | 2009.03.17 08:15

まなめから

PSPでやれ

投稿: syuP | 2009.03.17 11:51

はじめまして
漫画関連の記事を楽しく読ませていただいております。
まったく興味のない類の本までもがおもしろそうにみえてしまうのが凄いですね。

 ところで
 私の相方は、私の疎い分野の傑作、アイドルマスターとかストライクウィッチーズを私に勧めてくれる有り難い人だもので、貴方の奥方に対するその苦労や喜びに、ある種の感動を覚えました。羨望や連帯感とは違うなにかだとは思いますが。

 試しに奥方に「世の中のあらゆるエンターテイメントは子どもにとって多かれ少なかれ有害だ、アイドルマスターはセーラームーンやプリキュア程度の影響だろう」などと主張して、家族でiM@Sを目指してみてはいかがでしょう、当方では責任は持ちかねますが。

投稿: みさいるシンちゃん | 2009.03.17 12:48

>>まふまふさん

ご紹介ありがとうございます、夫婦で正座して観ますね。


>>名無し@2009.03.17 08:15さん

Xboxでイメトレしてリアル・アイドルマスターを狙ってみたりw


>>syuPさん

それだと夫婦で2台必要になるし。


>>みさいるシンちゃんさん

嫁さんが攻略できたので、家族でiM@Sは最終目標になりますね。

ただ、子どもへの悪影響はなんといってもプリキュアでしょう。パンチやキックが上手になりましたもの。
いっぽう、ケロケロを熟読玩味している息子を見ていると、「ヲタクの子はヲタク」という言葉が頭をよぎります。

投稿: Dain | 2009.03.18 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水瀬伊織がやって来たよ ヤァ!ヤァ!ヤァ!:

« ヒト臭くない知性「雷神帖」 | トップページ | ボリウッド的おとぎ話「ぼくと1ルピーの神様」 »