« 「詩学」は原則本 | トップページ | 娘親限定「女の子が幸せになる子育て」 »

「自分を信じろ、好きを貫け」と160年前に言った人

自己信頼 それは、ラルフ・ウォルドー・エマソン。ソローやニーチェ、宮沢賢治や福沢諭吉などに影響を与えた哲人で、その第一級の論文「自己信頼」の新訳版を読んだ。

 これは自己啓発の原本・原液。今でもコピペされることもちょくちょくあるので、皆さんの目にとまることもあるかと。自己啓発好きなら、全ての行に強烈に反応するだろう。言い換えるなら、これが祖にして極意なので、本書をマスターすれば、コピペ本は要らなくなる。

 たしかに、D.カーネギー「道は開ける」や、S.コヴィー「7つの習慣」を思い起こすような一節もあったが、本書はもっとシンプルだ。そのキモはこれに尽きる――自己信頼(Self-Reliance)。自分の考えを徹底的に信じて、付和雷同せず、自己をよりどころとして生きろ、というのだ。

 さらに、社会が規定する「善」や「良識」といった名目に惑わされるな、と説く。それがほんとうに「善」かどうかを【自分で】探求し、内なる声に従えという。善や悪は単なる呼び名にすぎず、簡単に他の言葉と置き換えられる。正しいものは、自分の性質に即したものだけであり、悪いものは自分の性質に反したものだと断定する――淡々粛々としたアジテートに、読み手はヒートアップするかもしれない(書き手はいたって冷静)。

 そして、自己信頼から遠ざける原因として、一貫性への強迫観念を指摘する。過去の自分の行動に縛られ、今の自分の自由な立場を放棄するのは愚の骨頂だと。分別ぅ?なにそれ?オフィシャルでの言動に囚われ、記憶の屍を引きずり回すようなことをするなという。矛盾を恐れるな、常に現在の視点から検証し、日々あたらしい一日を生きよという激励は、読み手に向かっているというよりも、エマーソン自身のためのメッセージなのだろう。

 ただ、彼の主張を推し進めると、「この本そのものも捨てよ」になる。読むのは自由だが、それに囚われるな、自分の内なる声こそが神聖なのだから、となる。凡百の「成功本」は本書のコピペであったとしても、この本質まで透徹したものは、ほとんどない。100冊の成功本を読んで悦に入っているより、1冊の本書に背中を押されてみるがいい。

 人生に、突破口を。


|

« 「詩学」は原則本 | トップページ | 娘親限定「女の子が幸せになる子育て」 »

コメント

この書評を読んだとき、頭に一人の男が浮かんだ。
「お前が信じる、お前を信じろ」

つまりは、そういうことである。

投稿: hage | 2009.03.05 15:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/44245977

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分を信じろ、好きを貫け」と160年前に言った人:

» 自己信頼[新訳] [書評リンク]
書評リンク - 自己信頼[新訳] [続きを読む]

受信: 2009.03.06 13:38

» コヴィ博士「7つの習慣」を斬る:人生のシナリオ ミッション・ステートメントを書く [ビジネス快進撃 ビジネスマナーのメルマガ]
あなたの人生の方向を見定め、人生の目的を持つために大きな効果をもたらす方法の1つに、「ミッション・ステートメント」というものがあります。人は「不変の中心」がないと変化に耐えにくいものですが、あなただけの不変の中心となるものがミッションです。即ち、ミッション・ステートメントとは、あなたの個人的な憲法であり、信条や信念ともいえる「自分はどうなりたいのか」「自分は何をしたいのか」「自分は何も基盤として生きていくのか」と記したものです。例えば国の憲法が他の法律を制定する基準となり、国民の権利と責任を定義する... [続きを読む]

受信: 2010.02.10 19:34

« 「詩学」は原則本 | トップページ | 娘親限定「女の子が幸せになる子育て」 »