« 歴史を後ろからみる「名誉の戦場」 | トップページ | 形而上の快楽「小説のストラテジー」 »

「世界を変えた100日」はスゴ本

世界を変えた100日 歴史の瞬間に立ちあうスゴ本。

 写真技術が誕生してから現代にいたるまでの、「世界の特別な一日」を100日分まとめて見る。

 ページをめくるたびに、声がもれる。いつか見た決定的瞬間から、見たことのない歴史へ行き来する。花に埋もれたダイアナ妃の写真、ずぶぬれで「壁」を壊す人々、真っ二つに折れ落ちるビル、巨大な打ち上げ花火と化したスペースシャトル。

 あるいは、いわゆる歴史上の人物の年齢を追いこしてしまっている自分に気づく。もみくちゃな歓迎を受けるカストロは33歳だし、モール地区を埋め尽くす群集を背負っているキング牧師は34歳だ。伝説化される人物を取り巻いている時代の空気が一緒に写しこまれている。彼等の偉大さとともに、それを支える時代の熱がふりかかってくる。

 知ってるはずなのに、既視感のない写真がある。チェルノブイリをテーマにしたものがそれだ。「石棺」がどーんと写っているんだろうなぁと思いきや、災厄から20年後に撮影された、ある少女のポートレイトだった。同時代の一人として、チェルノブイリの映像を見てきたつもりだが、この9歳の少女ほど衝撃を受けたものはなかった。彼女にとって、チェルノブイリはリアルタイムそのものなんだ。

 武器としての写真、プロパガンダの道具としての写真もある。士気高揚を目的とした合成写真を使ったソビエト当局や、俳優を使った「やらせ」写真を撮ったパリ・コミューンの事例が面白い。死屍累々のゲティスバーグを見たら、南北戦争の大義に疑問を感じていたかもしれない。

 その反面、「インディアン大虐殺」や「広島、原爆投下」などは、メッセージ性が極端に少ない。センセーショナルなあれとかあれ(リンク自粛)の代わりに、キャプションがないと分からないような肖像なのだ。原書は米国のナショナル・ジオグラフィック。空気を読んだ「編集」から、逆に"nationally correct"をあぶりだすのも面白い。ちと意地悪な読みだが、写真で歴史が「作られる」過程も追体験できる特典があるぞ。

 ネットならではの一枚もある。ウェブの生みの親といわれているティモシー・バーナーズ=リーの「顔」。2304枚のウェブページを用いて、一枚の肖像画に仕立てあげている。最初のウェブサイトが立ち上げられたのが1991年8月6日。昔は昔なんだけれど、歴史あつかいされると違和感を感じる過去。そうした「昔」から、教科書で学んだような「歴史」まで、地続きでつながっていることを実感する。

 昔と歴史のつながり感を、リアルに感じる一冊。

  1851/05/01  第1回万国博覧会開催
  1854/10/25  「死の谷」に向かった600の兵
  1857/11/18  英国軍、籠城の地獄絵
  1858/01/30  不運続きの超大型蒸気客船
  1859/06/30  激流の上の綱渡り
  1863/07/03  南北戦争、死の行進
  1865/04/14  リンカーン大統領暗殺
  1869/05/10  米大陸横断鉄道の完成
  1869/11/17  スエズ運河開通
  1871/03/18  パリ・コミューンの蜂起
  1889/05/06  エッフェル塔、公開
  1890/12/29  インディアン大虐殺
  1897/06/22  英国女王、栄光の式典
  1990/01/24  第二次ボーア戦争の失策
  1903/12/17  ライト兄弟の初飛行
  1905/05/28  日本海海戦
  1905/06/14  戦艦ポチョムキン号の反乱
  1908/09/27  フォード、T型車を発表
  1909/04/06  初の北極点到達
  1909/07/25  ドーバー海峡初横断
  1911/07/24  マチュピチュの発見
  1911/12/14  南極点、発到達
  1912/04/14  タイタニック号沈没
  1913/06/08  ある女性運動家の抗議死
  1914/06/28  第一次世界大戦前夜
  1915/04/24  アルメニア人代虐殺
  1917/10/25  ロシア10月革命
  1917/11/20  史上初の戦車戦
  1919/01/04  ドイツの革命危機
  1919/06/28  ベルサイユ条約調印
  1922/10/28  ムッソリーニのローマ進軍
  1922/11/26  ツタンカーメン王の墓発見
  1927/05/21  大西洋横断飛行の成功
  1929/10/29  世界大恐慌
  1929/11/29  南極上空、初飛行
  1930/04/05  ガンディーの塩の行進
  1934/10/16  毛沢東の長征開始
  1936/08/03  ヒトラーの夢砕く勝利
  1936/12/10  王位を捨てた英国王
  1937/04/26  ゲルニカ空爆
  1940/05/10  ナチスの電撃戦
  1940/09/07  ロンドン大空襲
  1941/12/07  真珠湾攻撃
  1943/01/31  ドイツ、冬将軍への降伏
  1944/06/06  ノルマンディー上陸作戦
  1945/04/11  ホロコーストの終焉
  1945/08/06  広島、原爆投下
  1947/08/15  印パ分離独立
  1948/05/14  イスラエル建国
  1948/06/24  ベルリン封鎖
  1949/02/01  巨大望遠鏡の初使用
  1950/09/15  朝鮮戦争、仁川上陸作戦
  1952/07/02  小児麻痺への勝利
  1953/02/28  DNAの分子構造発見
  1953/05/29  エベレスト初登頂
  1954/03/09  マッカーシズムの終焉
  1956/09/09  プレスリー、テレビに出演
  1956/10/23  ハンガリー動乱
  1957/09/04  ある黒人生徒の初登校
  1957/10/04  人工衛星第1号
  1959/01/02  キューバ革命軍の勝利
  1959/07/17  人類の祖、発見!
  1960/01/23  地球、最深部に到達
  1960/09/26  大統領選、テレビへ
  1962/10/24  キューバ危機
  1963/08/28  キング牧師の演説
  1963/11/22  ケネディが暗殺された日
  1966/05/16  文化大革命
  1967/06/01  ビートルズ「バンド」を組む
  1967/06/05  第三次中東戦争
  1967/07/06  ビアフラ内戦と飢餓
  1968/05/14  パリ、五月革命
  1968/08/20  チェコスロバキア侵攻
  1969/07/20  人類初の月面着陸
  1969/08/15  ウッドストック開催
  1972/02/21  ニクソン大統領の中国訪問
  1972/09/05  オリンピック・テロ事件
  1974/08/09  ニクソン大統領の辞任
  1975/04/30  サイゴン陥落
  1977/10/26  最後の天然痘患者
  1979/01/07  ポル・ポト政権崩壊
  1979/11/04  テヘラン米大使館占拠
  1980/08/31  「連帯」認められる
  1985/05/16  オゾン層破壊
  1985/07/13  「ライブ・エイド」開催
  1986/01/28  スペースシャトル爆発事故
  1986/04/26  チェルノブイリ原発事故
  1987/05/04  世界、エイズ対策に動く
  1989/06/04  天安門事件
  1989/11/09  ベルリンの壁崩壊
  1990/02/11  ネルソン・マンデラ解放
  1991/08/06  ネット時代の到来
  1997/02/22  クローン羊の誕生
  1997/08/31  ダイアナ元皇太子妃の死
  1998/12/19  大統領の弾劾裁判
  2000/09/28  第二次インティファーダ
  2001/09/11  米国同時多発テロ
  2003/03/20  イラク侵攻
  2004/12/26  スマトラ島沖地震
  2005/08/29  ハリケーン・カトリーナ

|

« 歴史を後ろからみる「名誉の戦場」 | トップページ | 形而上の快楽「小説のストラテジー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/43877018

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界を変えた100日」はスゴ本:

« 歴史を後ろからみる「名誉の戦場」 | トップページ | 形而上の快楽「小説のストラテジー」 »