« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »

未来の再読が深まる「座右の名文」

座右の名文 やさしい口ぶりですっぱり斬りおとすレビューに、おどろいたり、ほほえんだり。

 高島俊男氏が選んだ10人の文章家のレビュー。書評というよりも人物評というべきか。辛口のイメージを持っていたけれど、「すき・きらいがはげしい」というべきかも。とはいえ、膨大な読書量に支えられた分析は、信じないよりも信じたほうが、だんぜん面白い。

 氏が選んだ10人とは、

   新井白石
   本居宣長
   森鴎外
   内藤湖南
   夏目漱石
   幸田露伴
   津田左右吉
   柳田國男
   寺田寅彦
   斎藤茂吉

 そうそうたるメンツだ。だけど氏にかかると、おいしく料理されてしまう。全員が全員、キャラ立ちすぎに描かれていて、可笑しい。例えば本居宣長。闘争的な人物だったらしいが、「玉勝間」を出してきてそんなことはないという。「おだやかで、むしろ常識的な人」らしい。

 そういうもんかと信じかけると、それは「玉勝間」だけの印象で、ほかの著作だと違うと言い出す。

ほかの著作をみると、これはなかなか常識的どころではない、非常識もひどいもので、ほとんど頭がおかしいんじゃないかと思われるくらいの神がかりのようなことを、金切り声で言いたてている
 まさに「これはひどい」を地で行く人だったんですな。面白いのはこれで終わらず、氏は「玉勝間」しか読まないという。つまり、本居宣長がどうとかというよりも、「玉勝間」がすきだから、それを読む。文句あるかという態度が透けてみえて、ほほえましい。あるいは、「せめて死ぬまでのわずかな間、勝手に読ませてもらうよ」といった頑なさも一緒に感じ取ることができる。そう、これは書評、人物評とともに、氏の口ぶりも楽しめる。

 なんて、ほほ笑んでいると、ぎょっとするような「読み」を見せつけられてトリハダが立つ。漱石の「坊ちゃん」だ。氏に言わせると、「坊ちゃん」は探偵小説であり、恋愛小説であるという。さっぱりとした性格のはずの坊ちゃんの態度や心理に「異様さ」を見つけ出し、容赦なく突きつける。キャラクターの一貫性のなさをあばいて、その薄気味悪さを指摘されると、なるほど「探偵小説」として読むと面白いかも、という気になってくる。

 ここの読み解きがミステリのネタバレのように面白いので、立ち読みするなら漱石の章をどうぞ。きっと「坊ちゃん」を再読したくなるぞ。

 森鴎外も面白い。彼の人生は結局のところ、「役を演じつづけた生涯」なのだという。軍人の鑑、理想的な父親、良き夫、子煩悩の家庭人――鴎外は、どこから見ても非のうちどころがない人だったという。その反面、彼自身は、「自分は演技をしている」という意識を持っていたと分析している。つまり、期待される人物たらんという自意識こそが、鴎外の外見を作っていたのだと。

自分が生きたいように生きるということはついにできなかった。つねに他人の期待どおりの人間になろうとして、そのとおりにやってきた。これがほんとうの自分であろうか、ほんとうの自分はちがうんじゃないか、と思うこともある。この意識がはっきり出ている「妄想」という作品がある
 「妄想」、読みたくなるでしょ? 大丈夫、すぐに引いてくれているから。で、引用を読んでみると確かにそうかも、という気になる。わたしが読み落としていた面を、まるまる補ってくれて、たいへんありがたい。再読を深めさせてくれるし、全読に挑戦してみたくもなる。いいひと教えてくれたマグナたん、ありがとう。

 これから手を出す人も、再読する人も、手元においてレファランスしたい一冊。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ハッピーダンスコレクション」が家族で奪い合いになっている件について

ハッピーダンスコレクション 「ゲームで子育て」シリーズ最強の一本。

 ゲームって独りでするものだと思ってた。せいぜい対戦・共同プレイするぐらいの閉じたものだと(ネット越しになっても同様)――が、この一本で完全に覆された。これは「場」というか雰囲気そのものを生み出すゲームだな。まさに、Wii のコンセプトそのものが具体的な形になっている。

■ 園児から三十路まで、かんたん、たのしい、けど深い

 操作はリモコンもって踊るだけ。プレイ中はボタン不要。中学2年のアイちゃんの動きに合わせてリモコンを振る。次にどう動くのかは矢印で知らせてくれるので、かんたんカンタン。バラードにあわせて大きく輪を描いたり、ポップにくるくる回したり、とにかくやってて愉しい。

 しかーし、「振るだけ」だと甘くみてるとペケ。パラパラのように「手だけ」で動かすとミス判定されやすい。リモコンの「位置」を補足しているようなので、高得点(8割以上)を狙うなら、カラダぜんぶ使ってアイちゃんと動きを合わせよう。数曲踊るとハァハァできるぞ。「判定がシビア」などとおっしゃる方がいるが、あれはアイちゃんへの愛が足りない。もっと彼女を感じて、シンクロ率を上げるんだ。

■ 嫁と「ごまえー」

 「家庭用ゲーム機で育って、いま子どもがいる世代」を狙った選曲なんだろうけれど、見事にツボに入った。ラインナップの一部はこんなカンジ…

夏祭りジッタリン・ジンでなくてWhiteberry
Choo Choo TRAINZOOでなくてEXILE
TogetherポケットモンスターDP
プリキュア5 スマイル go go!Yes! プリキュア5
ハッピー☆彡きらりんレボリューション
赤いスイートピー/夏の扉松田聖子メドレー

 恥ずかしいのは最初だけ、すぐにノリノリになる。同時プレイは2人までなんだが、観ているほうもシているほうも、いっしょになって笑って踊れる。カラオケ字幕になっているので、子どもがオドって親がオケるもアリ。

 わたし的には、嫁さんがテレながら「ハニー☆フラッシュ」を決めたときにゃ萌えたね。あと、「Go my Way!」をネコミミつけて踊ったのは思い出しただけでドキがムネムネするね、まったくヘンタイだったらありゃしない。同様に「嫁とモー娘」や「嫁と聖子ちゃんごっこ」もイケる。

■ ギャルゲとして楽しむ「ハッピーダンス・コレクション」

 主人公のアイちゃんがいい、ほっぺたが落ちるほどカワイイんだこれが。

 ストーリーモードでは、彼女のサクセスストーリーになる。ほら、少女育成ゲームとかで「稽古事」とかあるだろ。あの、やらせるほうはコマンド選ぶだけという不合理を解消している。つまり、少女の出世を目指すなら、オマエが踊れYO! 一緒になって――というやつ。

 うまくいかないときもある。目標点に到達できず、「どーしよー」と泣きぬれる彼女に己が非力を感じるときもある。コンサートを大成功させて「アンコールッ」の大合唱にうれしさを爆発させる瞬間もある。彼女と一緒に汗をかき、彼女と一緒に涙を流す。苦しさも感動もわかち合う、これぞ育てゲーとしてのギャルゲの到達点ともいえる。

 さらに、着せ替えが鬼神のごとく充実してる。ステージや曲・客層にあわせ、衣装や靴、アクセサリーをとっかえひっかえするのだ。色やイメージの統一性もちゃんと評価されているようだ。「Choo Choo TRAIN」のとき、ZOOっぽいやつ(ジャミロクワイみたいな帽子)にしたら高評価だったw

 ただし、この衣装やアクセも無料(タダ)ではない。同じステージを再挑戦することで、いわゆる経験値のように「稼ぐ」必要があるが、それがまた楽しい。で、湯水のごとく買い与えるのだ。この感覚、(やったことはないけれど)アイマスキャラに服を買ってやるのと一緒なんだろうね。あるいは、自分の娘が大きくなったら同じことする馬鹿親になるんだろうね、わたしゃ。

 恋人、同居人、親・子、パートナーがいる方には、まちがいなくオススメ。リビングが楽空間になること請合う。ひとりもんは――恥ずかしさをクリアすればおk

| | コメント (5) | トラックバック (0)

幻の写本に隠された、とてつもない数学「解読!アルキメデス写本」

アルキメデス写本 古文書解読の緊張感とアルキメデスの解法のカタルシスを味わう一冊。

 ボロボロの祈祷書に、アルキメデスの「C写本」が隠されていた、という話。最新の画像解析技術により、幻の写本の全貌が現れる。

 この写本、かなり数奇な運命をたどっている。970年ごろ羊皮紙に書かれ、1229年ごろリサイクル本として消され上書きされ、さらに削られた上に絵が描かれている。保存状態は劣悪でカビまみれ。言及されてないものの、「におい」も相当だろうね。

 これを解読するんだ。X線画像化技術、古文書学、文献学、数学などの知識を総動員したチームが組まれる。あらゆるコネとツテをたどって、粒子加速器シンクロトロンを使ったスキャニングまで成し遂げている。

 そのプロジェクト進捗が笑ってしまうほどリアルなんだ。つまり、カネと時間を食いまくりで遅々として壁にぶつかって急展開で、不謹慎だが面白すぎる。また、プロジェクトマネジメントの真髄(専門家を集めたら、信じて任せる)が裏方から描かれており、妙な親近感がわいてくる。どこのプロジェクトも似たようなもんなのね。

 本書の構成はとてもユニークだ。奇数章と偶数章で著者が異なり、ひとつのアルキメデス写本をふたつの観点から追いかけている。

 奇数章では、写本の運命と解読プロジェクトが述べられており、ここだけでも充分読み応えがある。パピルスの巻物から羊皮紙の冊子本へメディアが「アップグレード」していく過程は、知の自然淘汰を目の当たりにさせてくれる。さらに、かろうじて読み取れる文字から文を拾い出すところなんて、解読の瞬間に立ち会っているような臨場感に、こっちまでドキドキさせられてしまう。

 では偶数章は?

 偶数章はアルキメデスの数学のオーバービューと、写本解読の成果が解説されている。この「アルキメデスの数学」がスゴいんだ。説明のしかたが上手くて、勉強不足のわたしでも「あっ」と驚ける。

 アルキメデスの数学の魅力は、どんでん返しのミステリを読み解くようだ。その特徴を著者は、「円を正方形にするとてつもない数学」だと評する。「円を正方形に?」もちろんわたしは半信半疑だ。そんなまなざしをヨソに、アルキメデスは何かとんでもない求積をやると宣言し、説明しはじめる。

 一見したところ、本題とは無関係にみえる作図や思考実験を深めていく。ひとつひとつのステップは疑いようもなく明らかで単純なんだけれど、もとの話とかけ離れている(ように見える)。だから疑うというよりも困惑してくる、これが一体、なんの証明になるのかと。

 どんどん積みあがった作図と論証にいいかげんウンザリしてきたころ、アルキメデスは、いきなり全ての論証がどう組み合わさっているのかを見せつける。あれほどバラバラに見えていた証明が、実は最初の求積問題のための巧妙な伏線だったことに気づく。

 何かばかされているような気になって、もういちど論証を最初から読んだ瞬間、「わかる」。一気呵成に理解が押し寄せてくる。一瞬、宙に浮いているようなめまい感に襲われる。

 たとえばわたしの場合、放物線の切片の求積問題がそうだった。幾何学的な図形を物理的な物体とみなし、物体を数学的に扱うことで、解に至っている。まとめると簡単そうに見えるのだが、実際その「エウレカ」の瞬間は、文字通り手品を、しかもタネもシカケもないやつを見ているようだ。ミステリ読んでて、ラストのどんでん返しが鮮やかすぎて、思わず冒頭から読み直したことはないだろうか? あんな感じ。

 プロジェクトの大部は[アルキメデスのパリンプセスト](英語)から見ることができる。また、解読された内容の解説は、「よみがえる天才アルキメデス」にある。読むべ。

 本書は、[冒険野郎フンボルトと数学王ガウスの物語「世界の測量」]のコメントで金さんさんに教えていただいた。素晴らしい本を紹介していただき、ありがとうございます。金さんさんのレビューは、[読了『解読! アルキメデス写本』]。「アルキメデスが積分の概念に到達していたとは!」と驚いているが、わたしの勉強不足でそのスゴさが分からなかった(読んだら沁みた、そのスゴさ)。同様に、数学の得意な人なら、この惹句になるだろう。

2001年、アルキメデスが実無限を知った上で数学に応用していたことがはじめて明らかになった


| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »