« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

いま読むべきスゴ本「ルーツ」

 これはスゴい!2008年No.1スゴ本。

ルーツ1ルーツ2ルーツ3

 読もう読もうそのうち読もうと思っていても、タイミングというものがある。

 アレックス・ヘイリーの「ルーツ」は、まさに今だと感じた。強制的に連れてこられ、家畜のように働かされ、実質的に米国を支えてきたアフリカ系アメリカ人――その末裔が大統領になろうとしているのだから。

 だから読んだ、30年の積読を経て。

 合衆国の黒歴史ともいえる黒人奴隷の問題を真正面から描いた本書は、1977年のピューリッツァー賞を受賞し、世界的ベストセラーとなり、TVドラマ化され、一大センセーションを巻き起こした。「クンタ・キンテ」といえば、ご存知の方もいらっしゃるかと。

 本書の体裁は「小説」なのだが、著者が12年かけて自分の祖先を調べあげた集大成でもあるため、ファクト(事実)とフィクションを掛け合わせた「ファクション」と呼ばれている。親子七代、200年に渡る壮大な物語をまとめると(まとめられるのか!?)、「あらゆるものを奪いつくされ、失いつくしたとしても、それでも一歩一歩、自分の生活を築いていく系譜」になるだろうか。

 白人社会の黒人への仕打ちは、今あなたが想像したとおりで合ってる。どうかフィクションであってくれと祈りたくなるような強烈さだ(なかでも奴隷船の描写はかなりキツい。ここだけ劇薬指定)。そして、何度も脱走を図るクンタ・キンテに白人がやったことは、文字通り息を呑んだ。あまりの非道さに、思わず本から目を背けた。だが、クンタ・キンテは「人」ではなかったのだ。それが「あたりまえ」の時代。

 もちろん、そのパラダイムは合衆国の歴史の中でゆっくりとシフトしていく。しかし、そのスピードはあまりに遅く、情報はなかなか伝わらない。歴史の回転がもう少し早ければ避けられたはずの悲劇的運命に、宿命のように突入する。

 読者は、歴史の鈍重さにもどかしい思いをするとともに、米国が何よりも大切にする「自由」が、いかに高い代償を払ってきたかを知ってゾっとするに違いない。Tumblrで知ったんだが、

   ないから生まれるんだ
   中国人は道徳心が無いから儒教が生まれた
   日本人は勇気がないから武士道が生まれた
   アングロサクソンはずるいからフェアプレーの精神が生まれた

 これに、「アフリカン・アメリカンは束縛されてきたから、自由が生まれた」が加わる。アメリカンにとって「自由」は特別な言葉かもしれないが、アフリカン・アメリカンが言うと、いっそう深みが加わる。

 問題は「色」だけではない。裕福な白人と貧乏白人、奴隷と自由黒人、先住インディアンと混血、メソジストとバプチスト、開拓民と新興移民――「色」に限定されない差別問題がわんさとでてくる。

 著者は、黒人奴隷の一人に、こう言わせる「肌の色が白いからといって憎むのは、肌の色が黒いからといって憎むのと同じではないか」。問題を白と黒の差別だけに限っていては、白と黒の問題自体も解決できない。もうひとつ視点を上げ、そこを抜け出す必要を訴えているのだ。

 それでも、読み進めると不安になってくる。クンタ・キンテだけで半分以上を費やしているので、大丈夫だろうか、終われるのか?という気になる。冒頭に家系図があり、壮大なネタの開示にもなっている。著者ヘイリーにたどり着くまで、たくさんの血縁のバトンがリレーされるのだから、この調子でいけるのだろうかと心配になってくる。

 しかし、その心配をヨソに、現代に近づくにつれ「語り」のスピードは加速度を増す。それこそ「今」の引力に吸い込まれるかのように、ぐんぐんと時間経過が増していく。黒人の歴史は混血の歴史でもある。アフロ、アイリッシュ、インディアン…さまざまな種を併呑しながら、怒涛の勢いで歴史が迫ってくる。

 そしてラスト数ページ、「あっ」と驚いた。

 「どんでん返し」ではない。新事実や新解釈なんてない。ヘイリーは真っ正直にこの物語を書く経緯を説明し、その動機に従って"ルーツ"をたどり始める。その件を読んで初めて、この長い長い話は、形を変えた現代の伝承でもあったことに気づかされる。血のバトンの"ルーツ"を遡行するとき、そこまでの長い長い語りが、それこそ走馬灯のように読み手の内側を照らし出す。

 そして、彼が「その場所」で見たものを知ったとき、彼と同じようにむせび泣いているわたしがいた。このファクションは、円環を成している!

 興奮冷めやらぬまま最終ページになってしまう。もっともっと読みたかった。話の途中でいなくなった人たちは、どうなったんだろう? どこへ行ってしまったんだろう? 幸せなその後を送れたのだろうか? 別離は突然かつ音沙汰なしなので、後ろ髪を引かれるように読んできたのに。

 本書のサブタイトルは、"The Saga of an American Family"だという。ああ、確かに。アメリカの黒人を代表者を選ぶならば、クンタ・キンテのような奴隷の子孫を真っ先にあげなければならない。そう、現実にそうなるように――

――などと書いてきて、ハタと気づく。バラク・オバマは確かに「アフリカ系アメリカ人」だが、"African American"と聞いて真っ先に思い浮かべるクンタ・キンテたちの末裔ではないことに。

 African Americanは、いわゆる"Black"を政治的に正しく表現するための語で、必ずしもアフリカから強制的に連れてこられた人の子孫に限らない。あたりまえっちゃーあたりまえなのだが、自発的にやってきた人も"African American"と呼ぶ(ネタ元:wikipedia : African American)。バラク・オバマは後者にあたるのだが、みんな(特に米国の有権者)は知っているよね、常識的に考えて。でもなんだろう、この肩透かし感は。勝手に思い込んだわたしのあやまりなんだけれど。

 「ルーツ」に圧倒されたからだろうか。いずれにせよ、生きてるうちに読んでおきたい本が、生きているうちに読めてよかった。そういえるスゴ本。

| | コメント (7) | トラックバック (3)

「アフリカ・レポート」から行動する

アフリカ・レポート アフリカの現状を活写した一冊。入口としても(日本語で読める)最新情報としてもオススメ。

 「なぜアフリカは貧しいのか?」への回答は、「植民地として搾取されてきたため」になる。何百年に渡って欧米に強奪され続けてきた結果、インフラや行政機能の崩壊、疫病の蔓延、治安の悪化から内戦・内乱に至り、貧困を生む負のスパイラルをまわす。

  • 160,000%を超えるインフレ率、ジンバブエ
  • 鉱物資源の利権をめぐって腐敗した国家、コンゴ
  • 無政府状態+内戦状態が10年余に続くソマリア
  • 血まみれダイアモンド利権で殺し合いが続いた、シエラレオネ
 しかし、「なぜアフリカは貧しいままなのか?」には、異なる回答が出始めている。最近読んだ2冊(「アフリカ 苦悩する大陸」と「最底辺の10億人」)には、政府や指導者層に問題があることがはっきりと述べられている。大統領や政府が無能無策なだけでなく、国民を食い物にして私腹を肥やしているからだという。

 もちろん、この2冊の著者が英国白人だから、とナナメに見ることもできるし、「おまえが言うな」と聞かないフリもできる。しかしながら、日本人のジャーナリストである松本仁一も、同じ実態を指摘している。政府の腐敗がいかに国をだめにしているかが淡々と明らかにされており、「かわいそうなアフリカ」が刷り込まれた読者であればあるほど、タブーに触れている気分になるに違いない(わたしがそう)。

 このタブーを破って、アフリカ政府の腐敗を批判する人もいる。国連機関や援助関係で、実際に現場を見てきた人だ。そのたびに政府の側から「You're RASIST(あなたは人種差別主義者だ)」と返されるという。「政府がうまくいかないのは、植民地支配で教育訓練の機会を奪われたためだ。それなのにあなたはわれわれを差別して…」という理屈だそうな。

 そこで山形浩生さんこのコメントを思い出す。「何でも人のせいにする病」は、本書でも見事にあてはまる。

たとえばジンバブエのいまの惨状は、すべてを白人のせいにして白人の土地を没収し、それで生産力が落ちるとそれを外国企業のせいにして外国企業の資産没収を宣言し……という、何でも人のせいにする病の極端な例です
 まるで、子どもの無茶苦茶なわがままがまかり通る悪夢を見ているようだ。国に愛想をつかした人は脱出し、慢性的な人材不足に悩まされることになる。教育を受けた良識的な人材を外へ押し出そうとする内圧は、そうでない人びとを取り込もうとしているように見える。

 いっぽうで、前2冊の著者からは書きにくい視点も描かれていて面白い。「コーペラン」というフランスの行政顧問の話だ。セネガル独立直後、官僚は育っておらず、フランスは援助名目でこのコーペランを大量に送り込んだという。行政はコーペランが牛耳り、官僚でしか知りえないような非公開情報――ダムの建設予定地など――を横流しすることで、フランスの「国益」に貢献することになる。独立とは名ばかりで、形を変えた実効支配はまだ続いているようだ。

 さらに、アフリカにおける中国の存在感が興味深い。たとえば、2004年10月に中国とアンゴラの間に結ばれたODA融資契約だ。中国は20億ドルを融資し、アンゴラは石油で返済するという。内容は「住宅建設・道路・鉄道の補修」で、20億ドルのほぼすべてを中国の国営企業が受注した。労働者も設備も資材も中国から運び、アンゴラ人労働者は雇われなかったという。いわゆる「ひも付き」だと思われるが、ここまで徹底するのは珍しい。

 その一方で、商機を求めてアフリカに雄飛する中国人の猛烈ぶりも紹介されている。商売上手の中国人を狙って強盗事件が起きるが、文字通り「石に噛り付く」ように店を守る。したたかに成長するコミュニティを見ると、ハード・ソフトの両面で中国の存在感が増していることが分かる。欧米が引くのなら、中国を入れればという判断がなされているのかもしれない。

 真暗な前半と異なり、本書の後半はNGOの自立支援や日本人企業の自助努力が紹介されているが、「とってつけた」感が強い。草の根的活動に目を凝らせば、もちろん希望はあるだろうが、ODAとして毎年数百億つぎ込んでいる日本政府の影が薄いのはなぜ? ――で、冒頭へ戻る。援助漬になった企業と結託して甘い汁を啜っている腐敗した政府に。

 でも、絶望はしない。

貧困の終焉 以前のエントリ「だめな国は何をやってもだめ『最底辺の10億人』」で、アフリカの現状をあまりに否定的にとらえていた。そのコメントで、Yuu Arimuraさんからキツい言葉をもらった。感情的な言葉ながら、目の覚める思いだ。「最底辺」を読んだとき、そのあまりの救いのなさに、わたしは短絡すぎて冷静でいられなくなっていたに違いない。「だめ」と斬って捨てるのではなく、徒に絶望するのではなく、わたしにできることはまだあることに気づいた。まずは、akiraさんhsksyuskさんのオススメに従って、「貧困の終焉」を読んでみよう。それから、ODAの使途について働きかける方法を調べてみよう。

 上に挙げた方に限らず、さまざまな場所で有用なコメント・アドバイスをいただき、ありがとうございます。読んでレビューするだけでなく、募金で自己満足するだけでなく、も少し具体的に動こうかと。アイディアがありましたら喜んで承ります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

この本棚がスゴい「本棚2」「本棚三昧」

 スゴい本棚を見るとウラヤマシイが、素直に言えない俺ガイル。

 「ふんだ、どうせ死ぬまでに読みきれないでしょうしー」とかツンデレぽく腐してみるものの、やっかみにしか聞こえないね。図書館パワーユーザーの看板はおいそれと下ろせないので、こうして人さまの本棚でガマンすることになる。

本棚2 まずヒヨコ舎の「本棚2」がいい。

 本を糧にして生計を立てている人たちの本棚は、やっぱりスゴい。物量だけでなく、その人の「色」がよく見える。図書館や書店は、よくも悪くも最大公約数的な選書をしているのと好対照を成している。

 たとえば、どう見ても古本屋の倉庫にしか見えない岡崎武志の本棚群は必見。氏に言わせると、「捨て犬を連れて帰るって感じ」なんだそうな。「それでこんなふうになっちゃったんですね」と次ページの本の洪水を見ると、嫁子がかわいそうに思えてくる("逆"なのかもしれないが)。

 それから、COCOさんとこのは危険だ。SFSFSFSFSFミステリミステリミステリミステリミステリで埋め尽くされている。好きな人が入ったら二度と出て来れない強力な磁力を発しており、見るのも毒な空間となっている(紹介してくれる"早川さん"がまたカワイイんだこれが)。

 大爆笑なのは、都築響一のセリフ。

本の場合、本当にもってなきゃいけないものなんて、ほとんどないと思うんですよね。できれば本はゼロにしたいんですね。そのとき必要なものだけ買って、終わったらチャラにするのが理想。
 激しく同意だ正論だ、うなづきながらページをめくると――ちょwwおまっwwwっとなる。なるほどこれが現実か。あふれる本たちが、かろうじて棚にハメこんであるといった様子にハラ抱えて笑わせてもらった。

 もちろん、ちゃんとコントロールできている人もいる。やくみつるや有栖川有栖の整然とした書庫は理想的だし、山崎ナオコーラの本棚はいい本を厳選しているのがよく分かる。

 「本棚2」では、以下の人の本棚を覗くことができる。と同時に、本にまつわる近況報告・悲悲こもごもを味わうことができるぞ。夢枕獏のマイブームが「鋼の錬金術師」、菊池秀行は「彼岸島」にハマっているそうな。いかにも「いかにも」で笑える。

  ・ 有栖川有栖
  ・ 安西水丸
  ・ 岡崎武志
  ・ 神林長平
  ・ 菊地秀行
  ・ COCO
  ・ 立本倫子
  ・ 都築響一
  ・ 西加奈子
  ・ 藤本やすし
  ・ やくみつる
  ・ 山崎ナオコーラ
  ・ 山村浩二
  ・ 夢枕獏

 ちなみに、同シリーズの1巻目「本棚」だとこの方の本棚になる

本棚三昧 次は、藤牧徹夜が撮った「本棚三昧」がいい。

 コンセプトは、「人の本棚をお腹いっぱいになるまで見てみたい」だから。上で紹介した「本棚2」と異なり、ひたすら本棚写真が続く。

 いちばん美しいのは、いしいしんじの本棚。「ほとんどいただきものですよ」と断りを入れているものの、微妙に統一感がある。あふれて床積みされた本も含め、つい手にとって見たくなる、わたし好みのラインナップ。

 成功本好きっ子が必見なのは、和田秀樹の本棚。出力は入力に従う格言まんまの本棚。古今東西のビジネス本・成功本・タネ本がぎっしりと詰め込まれており、ここからつまみ食いされているのかーと感慨深い。あの膨大な著書は、一種の要約者・編集者としてのアウトプットなんだろうね。

 なんとなく予想がついたのは辛酸なめ子さんとこ。「X51.ORG THE ODYSSEY」と中沢新一が仲良く鎮座しているのを見ても違和感わかない。新明解が絶対あるだろうなと思ってたら、ちゃんと隠れるように奥に納まっていたし。

 「殺し屋1」の山本英夫のセリフが潔い。

   本は読むものではなく、買うもの。なので、ほぼ読んでいないです

 その本棚は推して知るべしなんだけれど、さすが漫画家。いいマンガばかり揃ってますな(バラバラだけど)。「ザ・ワールド・イズ・マイン」と「不思議な少年」、「国民クイズ」と「ハッピー・ピープル」が仲良く並んでいるのを見るのも興味深い。

  ・ 建石修志
  ・ 川口葉子
  ・ 和田秀樹
  ・ 山本英夫
  ・ 名久井直子
  ・ 梅津数時
  ・ ヴィルジニー・オスダ
  ・ 北村ケンジ
  ・ 伊藤悠
  ・ 玄侑宗久
  ・ 青木径
  ・ 吉武利文
  ・ イナキヨシコ
  ・ いしいしんじ
  ・ ニコラス・ミアリ
  ・ 酒井直行
  ・ パルコキノシタ
  ・ 山本知子
  ・ 穂村弘
  ・ 天辰保文
  ・ 辛酸なめ子
  ・ バログ・マールトン
  ・ 祖父江慎
  ・ 平朝彦
  ・ 喜入冬子
  ・ 高田純次
  ・ モーガン・フィッシャー
  ・ 米原康正

 両方の本棚本を比べて見ると、共通していえるのは、「アウトプットはインプットに従う」こと。いい本・芸・味を出している人は、相応のインプットが本棚に現れているね。だから、次に自分が読む著者を、ここに出ている本棚から選ぶというのもいいかも(わたしの場合は、山本英夫の作品になる。いい本棚なんだこれが)

 それぞれの本棚本の違いを少し。

 まず、「本棚2」は、光の入り方とか空気の色を出そうとしている。つまり、本棚の「中身」よりも、本棚の"たたずまい"を写しとろうとしており、その人にとって本棚がどんな存在なのかがよく見える。反面、書名は潰れちゃっている写真多し。

 次に、「本棚三昧」は書名をクッキリを出そうとしている。部屋の感じとか、その人を立たせてみるとかいった小細工をせず、本棚の「内側」だけを際立たせている。おかげで、文字通り「お腹いっぱい」になるだろう。

 そうさ、「死ぬまでに読みきれない」なんて、みんな知ってる。それでも集めてしまうんだろうね。いや、集まってくるんだろうね、自分「を」好きになった本たちが。ジョン・ラスキンのいい警句がある。

     「人生は短い。この本を読んだら、あの本は読めない」

 本は選びたい。これは、わたしへの、戒め。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »