« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »

好奇心は少女を殺す「少女が知ってはいけないこと」

少女が知ってはいけないこと 「そりゃやっぱり×××でしょうゲヘヘ」なんて邪な心で読んだら、豪快に投げられた。

 少女論のフリをしているものの、本書は物語論、しかもアニミズム的説明知まで深堀りしている学術寄りの論文集。ギリシア神話や北欧伝承、古事記、ディズニー映画「美女と野獣」を読み解いて、「説明知としての物語」を詳らかにしている。

 amazonにある惹句「大人のための物語論」は絶妙で、「眠れる美女」が起きないことをいいことに、イタして孕ませたりする伝承や、天真爛漫な「ラプンツェル」を○○して××する挿話など、「オトナの」要素に事欠かない。(余談だが、「ラプンツェル」は、ディズニープリンセス映画として来夏に公開される。○○して××するところは物語の性質上不可避なので、どう演出されるかが見所)

 実は、お題そのものに欺瞞が隠されている。「知ってはいけない」という禁止は、禁止対象を示すことになり、そもそも知らずに済んだことをわざわざ伝えることになるから。さらに、禁止することで好奇心はかきたてられ、どうしても「知りたくなる」から。

 エヴァ、パンドラ、プシュケ、そして青ひげの処女妻を例にあげ、禁じられたからこそ強烈な誘惑が生まれ、その意味を丹念に追いかけていく。

 もしも、本当に食べて/開けて欲しくないのであれば、最初から果実/鍵にアクセスさせなければよかったのだし、禁止の言葉も不要だったはずだ。

 しかし、「知ってはいけない」と禁じられる。青ひげの小さな鍵が象徴的だ。鍵は禁忌と同時に侵犯のメッセージを与えている。つまり、「開けるな(=開けろ)という二重のメッセージ」を伝えているというのだ。この二重のメッセージから、エヴァを誘惑した(とされる)蛇の正体が明かされるのだが、それを知ったときは本当に驚いた(蛇とは侵犯のメッセージを伝える神自身)。

 もちろん、そんな深読みをせずに、フェミニストが喜びそうな方面にも目配りしている。すなわち、奴隷としての結婚システムを成立させるための、仕組まれた「無知」だ。

 女性の体の性的所有や、相互束縛の契約としての結婚システムを成立させるためには、女は無知であるほうが望ましいとされていた。その戒めとして、「知ろうとする」女が災厄を招くストーリーが生まれたのだという。知を得ようとする女の侵犯こそが、人類のさまざまな不幸の根源にしたい意思こそが、そういう物語を生んだんだとするんだ。

 つまり、「無垢な少女」が市場価値を持つために、肉の悦びや妊娠出産、結婚生活の現実を「知ってはいけない」とするオスイズムを読み取ることができる。

 でもって、ディズニー映画「美女と野獣」を紹介されると、とても意味深に見えてくる。ヒロイン・ベルは、「読書する女」なのだから。女性の「知」は男性にとって不都合だったはずじゃないの?という視線で追っていくと、著者が「ベルが手にしている本をよく見ろ」と指し示す。何度も見たことがあるが、気づかなかった!(本書と映画の両方のネタバレになるので、ここもマウス反転にするね)

アニメをよく見ると、彼女の読んでいる絵本は、実は『美女と野獣』の絵本そのものだと気づきます。彼女は、彼女自身の物語に読みふけっています。そして、ストーリーに魅了されているのです。「彼女はすてきなプリンスにであう/でも第三章前には気づかないのよ」。もちろんこれもベル本人の運命なのです。

 彼女が浅薄なのか、気づかない「運命」なのか。その行く末はもちろんご存知だろうが、著者はプラトニックと肉欲のパラドクスからも読み解いている。解説手法はいささか強引にもかかわらず、次にDVDを見るときは何倍も「興味深く」なっているはずだ。

 よく知っているはずの童話が、まるで見慣れないものに化ける。「少女が知ってはいけないこと」に込められた意図を、ご堪能あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

だめな国は何をやってもだめ「最底辺の10億人」

最底辺の10億人 「だめな奴は何をやってもだめ」という箴言は、国にもあてはまるのかもしれない。

 すなわち、「だめな国は何をやってもだめ」。国家まるごと腐りきっており、大統領から警官まで賄賂と蓄財に勤しむ。国家経営は破綻し、令状のない逮捕、裁判のない拘留、嘘選挙がまかりとおる。行政機関は国家資本を強奪するために存在し、軍部の武器は国内に向けられている。

 まず、資本が流出し、次に教育のある労働力が逃げ出す。大統領命令でお札を刷りまくり、「超」のつくハイパーインフレになる。援助は指導者の蓄財にまわされ、海外の銀行に貯め込まれる。社会資本として回転しないから、経済の発展もない(アフリカ最貧国の指導者の多くは、世界でも超富裕階級に属している)。

 そして、外からの非難に対し、大統領は「レイシスト」だと反撃する。国家の荒廃は「元」宗主国の陰謀だと断じ、仮想敵をつくりだすことによって自分への不満をすりかえる。結果、部族間の殺し合いから大殺戮に至る。地下資源をめぐる殺し合いが続き、子ども兵が跋扈する。利権から排除されたグループとの対立は激化し、部族間憎悪から内戦へ。

 では、反政府の立場ならよいのかというと、そうでもない。反政府運動という美名の陰に「ビジネス」見え隠れする。暴利をむさぼった大統領が選挙に負けると、今度は政府を追及する立場になる。しかも、ためこんだ莫大な資金を使って。

 いまの行政を司る人「だけ」が問題なのではない。他に代えても同じ腐敗を別の人が招き、やるだけ無駄。カネをかせぐ血縁者にぶらさがる体質が「文化」なら、誰を指導者にしても、その地縁・血縁者が群がり、たかり、国家資本は毟られる結果となる。

 全てとは言わないが、こうした「失敗」から逃れている国は極めて少ない。政府が比較的「まとも」で、まがりなりとも国づくりを進められているボツワナ、ガーナ、ウガンダ、マラウィが例外中の例外だろう。

アフリカ苦悩する大陸 (日本の)新聞雑誌で知った気になっていたが、ここま酷いとは。「アフリカ 苦悩する大陸」と併せて読むと、アフリカの貧困は文化病なのかと思えてくる

 アカウンティングも知らず、モラルのかけらもないような奴が国家財政を担うなんて、オオカミにヒツジの番をさせるようなもの。このカリカチュアを笑えたらいいのだが、残念ながら現実なのだ。山形浩生氏が中央公論で「自業自得」と言っていたのはひどいなぁと腹立ててたが、ああ、たしかにこれは「自業自得」だ。

 こうした実態が徹底的に解説されている。読んでる自分の目を覆いたくなる。著者は、失敗国家から脱出できる「期待値」を計算している。59年だという。それぐらい時間がかかるということは、もう何をやってもだめなんじゃないの?

 本当だろうか。ホントに、何をやっても無駄なのだろうか? 著者は、「私たちの手ではそれらの国を救済することができない」と断りを入れておきながらも、

 1. 公的資金を活用する独立サービス機関(行政の卸売り的組織)
 2. 予算の出入り、監視、および追跡調査する体制
 3. 常備組織としての軍部の編成と、素早い軍事介入

を提言する。そしてこれらを裏付ける組織的なバックアップとしてG8の活用を提案している。どれも強力な効果がありそうだし、部分的には実績を挙げてきていることも理解できる――しかし、インセンティブがないのだ。国家運営に対し、憲章の必要性を訴えるが、強制力がない限り、画餅にすぎない。

 動機はいろいろあれど、先進国が「動く」ときがある。たとえば、外交ポーズや利権支援の批難をかわすため、カードのように予算がきられる。あるいは、着々と油田やレアメタルの開発契約を進めている中国を牽制する動機もありうる。地下資源に誘引され、資本投下のために警察国家の必要性が謳われ、実現されることもある。

 しかし、それはパワーゲームやビジネスの産物としてであって、貧困をなくすために国家として本気で取り組もうとしているわけではない。著者は人道的配慮や安全保障がインセンティブになりうるといっているが、誰がそれで自軍を動かすだろうか。ルワンダは国際的な利権がないから軍事介入がなかったんじゃぁなかったっけ?

 軍隊はカネだ。国益にならない限り、どこの国もビタ一文も出せない。かろうじて国際協調の免罪符である平和維持軍があるが、3.でいう臨機応変で素早い介入は実現できるのだろうか。「世界政府」「ビッグ・ブラザー」の単語がとても魅力的に見えてくる。

 じゃ、民間は?

 たとえばNGO。著者は、NGOがつくる幻想を「えせヒューマニズム」と断じている。「貪欲で豊かな世界が貧しく弱い世界にルールを強制している」というNGO主張こそが自己満足あり、短絡的な道義的闘争の場をでっちあげているというのだ。

 あるいは、セレブリティたちのチャリティは、先に述べた外交ポーズを演繹するための一手段にすぎないのかも。先進国の指導者たちにとって、セレブリティたちと同じカメラ・フレーム内に納まることがインセンティブになるのかね。

 そうした援助も、「ない」よりはマシなのだろうか。援助が軍事費に化け、指導者たちの私腹の肥やしになる様を見せ付けられると、「だめな国は何をやってもだめ」という文句がふたたび浮かぶ。収入の1%を寄付してきたけれど、全く無駄なことだったのではないかと思えてくる。

 そんな「お作法」や「お上品なお手続き」を一切カッ飛ばして、私設軍隊を編成して国家丸ごと乗っ取るほうが、早い安い上手いんじゃぁないの? このプランは小説のように奇だが現実にあった(失敗したけど)。チャリティのカリスマである元ロックスターは、ぜひF.フォーサイスを見習うべき。

 いずれにせよ、だめな国の現状も将来も、絶望的に見える。本書のどこを読んでも希望なんてない。だからこそ、アフリカの発展に尽力している山形浩生氏には頭が下がる。何の縁もないのによく頑張れるなぁ、と尊敬する(たぶん彼は「それが私の仕事だから」とか言いそうだけど)。

アフリカ・レポート いま松本仁一「アフリカ・レポート」を読んでいるが、この絶望感を加速してくれる。より具体的に「だめ」さ加減が分かる。「だめな国は何をやってもだめ」――ああ、わたしが間違っていますように。誰か反論してほしい、この認識が誤っていると

| | コメント (20) | トラックバック (5)

飲んだら読むな、読むなら飲むな「ウルトラヘヴン」

 読むクスリなんだが、週刊文春の小話集ではない。読むドラッグ、しかも「最上級のペーパー・ドラッグ」だ。

 オビにある、謳い文句に偽り無し。酔って読むとダイレクトに作用してくるので、かなり危ない。アルコールは感情や感覚の増幅器にすぎないから、飲みながら読むとバッド・トリップになること請合う。呑んでジェットコースター乗っちゃダメのと同じだし、アルコール入りセックスが深いのと一緒。

Ultra1_2Ultra2

 近未来――多種多様なドラッグの発明によって、好みの精神世界を体験できるようになったはいいが、違法ドラッグの危険性も桁外れになっている。「人間やめますか」どころじゃない、人間じゃないナニカにまでなろうとするのね。

 見所というか酔いどころは、究極のドラッグを求める主人公のトリップシーン。皮膚の表裏の区別がつかなくなり、体そのものが裏返しになる感覚や、メタ現実を時系列に、しかも何層にもわたって知覚するイメージ群がすさまじい。主人公だけでなく、読んでる自分までもが微分されてる気分になってくる。

 さらに、知覚とは、脳により咀嚼されたデータにすぎないことが、よく分かる。あるシーンで、「情報未処理」の状態である赤ん坊そのままの世界を「視」る。遠近感デタラメで、全体は部分を構成しており、平衡感覚は完全に喪われている。一瞬一瞬が妙にクッキリとして、まるで高精密映像のパラパラマンガで現実が成り立っているような、そんな感覚を「理解」できる。

 つまり、ホントはそこまで「解析」できるにもかかわらず、通常の脳だとそこまで追いつけないのだ。だから、無数の諸相の最大公約数的なところをパターン認識して誤魔化している――そんなことを、主人公と一緒になって「理解」する。

 たとえば、いわゆる麻薬中毒と似ているかも。疑似体験として、視界が脈打っているような錯覚なら、↓のyoutubeで確認できる。最後まで画面を見つめた後、モニタの「外側」を眺めてみよう(視聴注意!気分が悪くなったらすぐ止めること)

 これは、脳による映像情報の処理をいじったもので、網膜に映っているけれど「視」ずに見たことにして補っている部分がうねっている。

 あるいは、蓮コラ(蓮イボ)が忌み嫌われることも同様かと。脳が自動的に処理している「顔」や「体」への変換を拒絶しているため、見流せない映像と強制的に向き合わされる。この、脳がいうことをきかない気持ち悪さこそが、生理的に嫌なんじゃぁないかと。実際、トリップシーンには、蓮コラっぽい表現もあるので、用心用心。

 本書は、masashiさんオススメで出会えた傑作。masashiさん、ありがとうございます。幾重にも崩壊した現実、狂ったアフォーダンス、怒涛の幻想世界を、何度でも安全に(?)堪能できますな。ただし、「飲んだら読むな、読むなら飲むな」と声を大にして言いたい。でなきゃ「混ぜるな危険」と大書きしておかないと。

 使用上の注意をよく読み、用法・用量を守り、覚悟キメてお使い下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年10月12日 - 2008年10月18日 | トップページ | 2008年10月26日 - 2008年11月1日 »