« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

ココロにガソリンを「ビジョナリー・ピープル」

ビジョナリーピープル 偽装された「成功」を、ずっと追いかけていたことに気づかされた。そして、エネルギー充填120%できた。やまざきさん、オススメありがとうございます!

 まず、自分が恥ずかしい。「カネ」や「名声」、「地位」など、世間の通りの良い"SUCCESS"を「わたしの目標」にすり替え、手帳に書き付け悦に入っていた。ベストセラーの成功本をマネすれば「成功」できると信じていた。そもそも「成功とは何か」を本気で考えていなかったことが情けない。

 その上で、自身と向き合うことができた。ビジョナリー・ピープルの「意義」「思考スタイル」「行動スタイル」と照らし合わせながら、わたしはどうなのか? をくり返し内省することができた。

■ 本書の「まとめ」

 本書を「まとめ」るのは簡単だ。世間一般の「成功」を捨て、改めて「成功」を問い直す。自分自身で成功を定義し、最低20年以上その分野で永続的に影響を与えている人を「ビジョナリーな人」と名付け、直接インタビューをする(なんと202人!)。そして、彼/彼女らに共通しているエッセンスをまとめあげたものが、本書だ。

 もちろん成功本好きにとっておなじみのスティーヴン・コヴィーやロバート・キヨサキもいるし、ビルならゲイツもクリントンも、ネルソン・マンデラもコントリーザ・ライスもジャック・ウェルチもクインシー・ジョーンズもいる(全リストは[ここ])。分野は脈絡なし、ただ一つ共通しているのは、継続して影響力を与えつづけている人に絞っていることだ。一発屋の成金はおらず、本質的な成功のエッセンス・オブ・エッセンスとでもいおうか。

 もちろん、本書を「あたりまえのことばかりじゃねーか」と腐すのはたやすい。しかし、「あたりまえのこと」をここまで突き詰めて調べ上げたレポートは、ないぞ。そもそも、そんな風に腐す奴は知ってるだけで実行しないからな。どうして断定できるかって? そりゃわたしがそういう奴だから。だから、次の問いかけはグサリと刺さった。

   なぜ今の今、私は自分の生きがいに打ち込んでいないのだろうか?

 本書を読むことは、この質問を抱えながら自分にとっての「人生の意義」を注意深く検証する作業になる。お手軽にTips/Hacksをつまみ食いすることが「読書」だと思ってる人には、ちとツライ経験になるかも。さもなくば自己欺瞞でコーティングして読み干すのもアリ(一切消化されないだろうが)。

 本書では、ビジョナリー・ピープルに共通するスタイルを、次の3つの観点から分析している。それぞれ相反することなく、表紙の3原色のように照らす。重なったところが白色、即ち自分にとっての成功で、ビジョナリーな人はそこを最大限にするため全力を尽くす。

  1. 意義―― なぜ、成功しつづけられるのか? その理由
  2. 思考スタイル――究極の変身は、頭の中から始まる
  3. 行動スタイル――生きがいのある人生を紡ぐ

■ 「意義」について

 まず意義がくる。ピンとこないなら元の"meaning"、つまり「自分の人生の意味」を考える、しかも徹底的に。これをやらないまま、「カネ」「チカラ」「スキル」といった借り物の成功を目指すのは、間違った山に登ることになる。もちろん、金なんて不要だとは書いていない。代わりに、金そのものを目標にしてしまうとどういう結果になるかがセキララとある。

 自分にとって「生きがいとは何か」を強く意識した後、自分の考えと行動を一致させて自分なりの意義を定着させる。この文に「自分」が3回出てきたが、冗長ではない。自分でやらなければ、意味がない。これを最初にやっておかないと、思考スタイルや行動スタイル「だけ」マネしても、永続的な成功はおぼつかない。目標それ自体が目標になってしまう恐れがあるからだ。

ビジョナリーな人は目標そのもののために目標を追いかけるようなことはない。彼らはまず、自分自身にとって大切な、意義のあるものを見出そうとする。つまり意義が一番先にくる。それによって残りのモデルが規定される。ビジョナリーな人は、適切な針路を維持し、生きがいとなるもの(意義)を追い求めるために真剣に行動しようとして、なんとしても自分の考えをまとめあげる

 第一部を読んでいて、ずっとアタマの中を流れていたセリフがある。

   なにがきみのしあわせ なにをしてよろこぶ
   わからないままおわる そんなのはいやだ

 そう、ひょっとすると、「わからないまま終わって」いたかもしれない。いや、そもそも自問すらしなかったかも。借り物の「成功」に振り回され、そいつを微分した「目標」を追いかけているうちに、割当て時間が尽きていたかもしれない。

■ 「思考スタイル」について

 最も響いたのは、「楽観主義のほうが、最終的にトク」ということ。ポジティブ教だと腐す人はいるが、言わせておけ。永続する成功にとってプラスの方向に働いている事実を確認できる。

 ただし、悲観主義がダメ、とは書いていない。必要に応じて悲観的な立場を取ることもあるが、それはリスクを秤にかけるときに限定されている。重要な選択をとるときは、「自分が大好きなほう」をその結果の良し悪しにかかわらず選べという。そのほうが、結果的に生き延びられる率が高いからだそうな。ウィンストン・チャーチルの「私は楽観主義者だ」は有名だが、重要なのはその続き「―― 楽観主義以外のものはどれも役に立ちそうにないからな」。

 もう一つ。思考スタイルはスキルのようにトレーニングできることは知っていたが、むしろ、いつでもそのスタイルで思考することの方がが重要だ。スイッチのように思考スタイルを切り替えるのではない。成功本を読んで成功できるような気分になるのは愉しいが、気分だけだ。例えば、スティーブ・ジョブズの次の箴言はどこかで読んだことがあるだろう。

   人に与えられた時間は限れられている
   だから、誰か他人の人生を生きて、その時間を無駄にしてはならない

ここで重要なのは、怒りでアタマが爆発しそうなときでも、この文を思い出すことができるかだ。こいつを手帳に書き付けるのもいいが、最終的には、どんなときにもこのスタイルで考えられるようにならないと。

■ 「行動スタイル」について

 ビジョナリー・ピープル202人は202通りの行動スタイルを貫いており、共通した行動スタイルは、ほとんどない。それでも奇妙なほど似通っているのは、「うまくいかないときの行動スタイル」だ。何か困難なことにぶつかったとき、ビジョナリー・ピープルは申し合わせたかのように、「こだわらない」。

ビジョナリーな人がすぐに退けるものの一つに非難がある。彼らと話をするとき、明らかに抜け落ちているとわかるのは、他の人に対する非難や自分の抱えている問題などをくどくど並べ立てるような人間的な性向だ

 もちろんビジョナリー・ピープルも人間だから、怒り狂い、悲しみくれ、非難をすることもあるだろうが、「すぐに忘れてしまう」。いつまでも泣き言をくりかえすようなことはしない。ノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ツツは、うまい言い方をしている。

「ものごとがうまくいかないとわかったとき、絶望的な気持ちになるのは当然だ」(中略)ツツは身を乗り出して、ささやくように言った。「それでもあきらめないことだ。感情は人生の中を駆け抜けていく嵐のようなものだ。味わった敗北感は、最終的に生み出したいものと比較すれば、取るに足りないものだ」と語っている

 「味わった敗北感」と「最終的に生み出したいもの」すなわち「意義」と比較しているところに注目。そのいっぽうで、自分で変えられることにはしっかりと目を向け、それに真正面から取り組むところが、これまた奇妙に一致している。「彼らは過去のツケを将来に回すようなことはしない」のだという。実際、いつまでも非難しているということは、問題に対処していることにもならないし、ましてや「意義」に向かって進んでいることにもならないからね。まさに「人事を尽くして天命を待つ」そのもの。

 さらに、ビジョナリーな人にとっても落とし穴になりがちな「間違った山に登る」事例も紹介されている。シェア至上主義のジャック・ウェルチが陥った罠はかなり笑える。ウェルチの会社を見学した人は、罠をこう指摘した。

「あるマーケットの規模を小さく見せかけて、ナンバーワンになっていると言えてしまうだろう。もし先頭にいると言いたければ、うまくいっているという評価をひじ掛け付きの椅子で生産量がナンバーワンという観点からすればよいだけの話だ」

 この失敗例は学ぶだけでなく、日々の行動に反映できる。すなわち、定期ふりかえりの際にこう自問すればいい、「持続させるべきものは何か」と。意義を理解し、自分の挫折ポイントから学習することに意識を集中させる。「ねばり強い持続性」はメリットとして見なされることが多いが、間違った目標に粘り強く頑張ることは悲劇だろう。なぜそれが「目標」なのか、どうやって確認したらいい?

■ もういちど、「意義」について

 ここで、最初の「意義」に戻ってくる。

 例えば、コヴィーの「第8の習慣」の話。彼の「すべてのことは最終的な目標を頭において始めるべきだ」と言ったことが誤解されているそうな。本来コヴィーが訴えたかったことは、頭においておくべき目標をどれにするのか自分で判断しろ、ということ。目標が合っているのか、違っているのか、分かるのは自分しかいない。しかも、真剣に、注意深く考え抜いた上でしか、判断することができない。わたしの人生の意味をつけるのは、結局、わたし。あたりまえのことなんだけれど、あらためて突きつけられたのは、「第8の習慣」でのたとえ話のおかげ。

「仮に読者が心臓発作に襲われたとしよう。生命の危機を前にしてどんな目標を最優先に設定するか。自分に残された時間の中で、何をするのが最も大切なことなのか。なぜ、自分が傷つかないかぎり、自分の将来を考えるのと同じ真剣さで、意思決定をしようとしないのか」

 ここで間違えてはいけない。真剣に目の前の仕事と取り組むことと、真剣に自分に取り組むことは、ひとまず別のものだと考えてみる。その上で、両者の重なるところと膨らませるところに注力すればいい。

 読むとココロを掻き立てられる。トム・ピーターズのような「尻に火をつける」感覚ではなく、ドラッカーのような「ゆるぎない意思をつかむ」気持ちになる。同時に、ココロにガソリンが注入されてくる。「人生に必要なものは、情熱、覚悟、能力」だと、コントリーザ・ライスは警告する。「この三つのうちどれをはずしても、いつまでも続けられる成功は得られない」。定期的に読み返して、これを「自分の情熱」「自分の覚悟」「自分の能力」で置換しよう。「7つの習慣」の刃を研ぐ(Sharpen the Saw)ように。


| | コメント (5) | トラックバック (2)

ガチ・ファンタジー「闇の戦い」

 どこか歪んだ小説ばかり好んで手にするのは、わたしが傾いでいるから。だから、こういう「王道」を読むと、わたしの歪み具合が浮き彫りにされて興味深い。

 「光と闇の戦い」というと陳腐かもしれないが、初版は30年前。今以上に言葉が力を得ていた時代だ。スレてないときに読んだなら、ハートを掴まれるに違いない。児童書なので、エロなし/伏線ミエミエという反面、ずばりストレートな面白さを堪能した。ストーリーはこんなカンジ――

―― 11歳の誕生日に「古老」としての不思議な力に目覚めたウィルは「光」と「闇」の戦いに巻き込まれていく。アーサー王伝説を下敷きに、「光」の使者となったウィルが、仲間たちとともに「闇」の脅威と戦う ――

 日常生活と異世界との交錯が面白い。「魔法」をどうやって体現させるか? 例えば、「ベルガリアード物語」や「ザンス」のように異世界をつくりあげてしまえば解決できる。しかし本書では、「目覚める前の普通の人間世界」がベースになっているため、語り手は「つじつま」を合わせる必要がでてくる。

 さらに、異世界だと思っていたところは、実は遠い過去だった(ということはつまり、魔法とは科学じゃねーか ! と膝を打つ)。魔法は「場所」や「血縁」と強い関係性を持ち、本来の名前で呼ぶことで影響力を与えられる。正しいスイッチを入れることで力を行使することと一緒。魔法と見分けが付かないぐらい、充分に発達した科学技術を見せ付けられる気分(←これはひねたオトナ読み)。

 どうして現実の世界を下地にしたのだろうか… と思っていると後半でハッとさせられる。ウェールズにそれこそ八百万とあるアーサー王伝説とリンクさせるため。あいにくと極東の島国とは無縁だけど、ウェールズやイングランドの子どもたちはワクワクしながら読んだだろうなー。

 アーサー王伝説って何? という方のために、ちょっと解説。モデルとなった人物はいるが、物語のほとんどがフィクションという人物。詳しくは[Wikipedia]へ。

ユーサーの王の子アーサーは、生まれてすぐに魔術師マーリンによって騎士エクターに預けられ、育てられる。十五の時に、鉄床に刺さった不思議な剣を抜き取るのに成功し、認められて王となる。王は信仰心あつい武勇と礼節の人で、よりすぐりの騎士たちを集めた円卓を誇っていたが、王妃グイネヴィアは騎士ランスロットと恋に落ち、王を裏切る。これがきっかけとなって大戦争が起こり、王は甥にあたるモードレッドによって重傷を負わされ、女たちに神秘の島アヴァロンへ船で運ばれ、姿を消す。

アーサーは「かつていまし、また来るべき王」と呼ばれ、祖国が必要とする時に再び現れて黄金時代を築くとされている。「ペントラゴン」とは「竜頭」を意味し、イギリスが危機にある時に最高権力を与えられる族長(王)を指す。ユーサーとアーサーはともにペンドラゴン。

 二元論は単純でいいねーと斜めに読んでいると、人の要素、上位魔法(魔法を定義する魔法)が出てきて多層的になる仕掛け。ラストを決定付ける「人の判断」「人の絆」「人の記憶」も、科学技術と対峙した場合のメタファーとして読むと面白い(一行たりとも示唆しちゃいないけどね)。
闇の戦い1闇の戦い2闇の戦い3闇の戦い4

 もの足りねぇ ! という方は、「ベルガリアード物語」をどうぞ。おっと、ハリポタなんてオススメしないでね、ファンタジー指南役の嫁さんに釘さされてるので→「あんなものより前に読むべきものがいっぱいあるでしょー」。次はバーティミアスかな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

エンジニアのモラルを鍛えろ「そのとき、エンジニアは何をするべきなのか」

そのとき、エンジニアは何をするべきなのか エンジニアとしてのモラルを鍛える一冊。

 昨今のモラルハザードを嘆くよりも、反面教師としたい。本書を通じ、職業人としての倫理の根っこがどこにあるのか内省できる。つまるところ、エンジニアのモラルとは、Professionalism に拠って立っている(と思うぞ)。そいつに気づくか、気づかないかだけのこと。

 例えば、タイシンギソー。「住まうわたし」視点からではなく、設計者や現場監督といった「エンジニア」の立場で考え直すと、本書がいきなり重たくなる。「IT業界だから」では済まされない。「技術者の倫理と社会的責任」が問われるタイミングは、かなり身近なところにある。

 たとえば、プロジェクトを引き継いだらズサンな設計であることに気づいた。直している時間もカネもない。たしかに酷い設計だが、ひょっとすると問題が表面化しないかもしれない。もちろん設計の責任はわたしにあるが、会社は「ほっかむり」を暗に迫ってくる ―― どうする?

 あるいは、会社が有害物質をタレ流していることに気づいた。法定の基準内には収まっているが、条例がザルだからであることを、あなたは知っている。会社のやり方に従うことで、給料をもらっているわけだし、今のところ査察が入る気配はない――どうする?

 エンジニアとしてなすべき判断と、会社の期待がズレるとき、どうすればいい?

 もちろん、それが安全上・道義上のラインまで届くようならば、あなたはためらうことなく自分の判断にしたがうだろう。モラル・ヒーローになりたいがためではなく、自らの Professionalism によって。「だってプロだもの」ってやつ。

 しかし、上記のような明確な形を取ることはまれだ。「腐った設計」に見えるのは自分だけで、チームにうまく説明できないかもしれない(結果、疎まれる預言者になる)。経営層の期待は、あなたが瑕疵に気づく「前」に伝えられるかもしれない。最初は小さすぎて気づかないかもしれない。

 さらに、モラルを超えたところで仕事をするエンジニアはどうなる? 倫理規定に「エンジニアリングは公衆の健康、安全、福利を最優先するものとする」が普通だが、爆弾や銃を開発するエンジニアは? あるいはエンジニアリングの決定を超えたところでなされた「スペースシャトル・チャレンジャー号の発射」は? (審議の席上で「技術者の帽子を脱いで、経営者の帽子をかぶりたまえ」はキツい)。

 ユニークなことに、本書は小説仕立てとなっている。エンジニアの主人公が直面する「ビミョーな問題」が次から次へと出てくる。それこそリッピングからタイシンギソーまで盛りだくさん。さらにストーリーから派生した形で「ボックス」という名で短いコラムが大量に埋め込まれており、これが議論を深め/広めている。

 いちばん唸ったのは、1972年ニューヨークに建てられたシティコープ本社ビルの場合(こーいうビルね→[THE CITICORP CENTER])。構造設計はウィリアム・J・ルメジャーひきいる会社が行っている。

 ビルが使われるようになって6年後、ルメジャーは設計通りに作られていないことに気づく。筋違いの鉄骨が溶接されておらず、ボルト締めのため、16年に一度起こりうる斜めからの大風に崩壊する危険があることがわかった(ちなみに、建築方式の変更の手続きは規定どおりになされていたそうだ)。ルメジャーは、自らの選択肢を考えた。

  1. 黙っていて、何も起こらないように願う
  2. 自殺する
  3. 自分自身で内部告発する

 結局、ルメジャーはビルのオーナーのところへ行き、全てを明らかにする。そして、保険代理店、防災チーム、建築会社の協力を得て、建物の補修を行うことになる――

 ―― んだが、ポイントは「誠実さ」ではなく、「16年に一度起こりうる大風」にある。これが50年に一度だったら? 大惨事がおきるとき、ほとんどの関係者は他界しているだろう。あるいは、100年に一度だったら? つまり、どの時点でそのリスクを受入れることができるのだろうか(いつ acceptable risk になるのか?)。この短いコラムでは疑問の形で終わっているが、一番深刻なのは、リスク受入れレベルが「良心」の秤に乗っていること。もちろんどの建築プロジェクトにもリスク管理規定はある。しかし、その適用は当人の胸先三寸に拠っていることをお忘れなく。

 実際のところ、「良心の秤」が試されるときがある。エイヤッて思い切れればなー、と思うときがある(もちろんあなただってそうだろう)。そんなときは、フルオープンにして、わたしの中で抱えないようにしている。関係者全員で共有することにより、保険をかけるわけだ。必ずしも共犯関係を築こうと考えているのではなく、「ここまでおおっぴらにしたら、ズルできないだろう」という思惑が働いている。

 エンジニアとして仕事をする上で、さまざまな判断が求められる。技術的なものなら明白だし議論もしやすいが、倫理的な場合だと独りで苦悩するかもしれない。本書はそうした悩ましい事例を網羅し、「どうする?」といった疑問で形にしてくれている。迷ってから紐解いてもいいが、今から鍛えておいたほうが健康的かも。

 願わくば本書に頼らなければならないような判断を求められんことを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »