« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »

冒険野郎フンボルトと数学王ガウスの物語「世界の測量」

世界の測量 俗物ガウスと堅物フンボルト。ふたりの交錯する人生が面白い。

 れっきとした文芸書なのに、専門書のようなタイトルで損している。史実を織り交ぜながら書き手の自由にフィクションを作り上げている。この立ち位置は、時代小説と一緒。

 ガウスを奇数章、フンボルトに偶数章に重ね合わせ、二人の途方もない人生を描く。もしも「偉人」を等身大の人間として描いたら、傍目には「奇人」に見えるだろうね――その想像ど真ん中どおり、期待を裏切らない。

 まず、ガウスが不憫で不憫でならんかった。

 「数学王に、俺はなる!」とは宣言しなかったものの、彼の生涯で数学に費やされた時間はあまりにも少ない。生まれた時代を完璧に間違えてたね、生活の糧のためにその知性を使わせたのは神の誤算とも人類の失策ともいえる。その一方で、娼家と正妻を行き来し、ヤることと研究を両立させている世知に長けた一面が垣間見えて、非常に興味深い。

 たとえば、新婚初夜の話。突入のまさにその瞬間、惑星起動の計算ミスを修正できる方法を思いつく。ただちに書き留めたいが、新妻の足が巻きついてくくる。ガウスぴーんち!のあたりで、彼のイメージが木っ端ミジン切りされるぞ。知性と性欲、人類にとってどちらも必要不可欠なもの。

 次に、フンボルトがイメージどおりで激しく笑った。

 ほら、あの「フンボルト海流」の力強いイメージ、あのまんまの冒険野郎が熱帯雨林や活火山、大海原を駆け回る。雨・風・暑・寒・蚊・獣・病ものともせず、アマゾン川やアンデス山脈を憑かれたように探検する。使命感に衝き動かされ、精力的に動き回るフンボルトは実はホモ(しかも稚児スキー)なとこも面白い。彼の底なしの好奇心の根っこは、次のとおり。

このあたりから、と案内人が言った。死者の国がはじまるのです。私はここより先には行きませんので。謝礼を二倍にするから一緒に行ってくれないかと打診してみても、ガイドは拒絶した。この場所はよくありません!そもそもこんなところで何を捜す必要があるのですか、人間は光のもとで暮らすべきです。よく言った、とボンプランが大声で言った。
光というのは、フンボルトが叫んだ。明るさではない、知るということなのだ!

 ボンプランはフンボルトの共同研究者。その言動はサンチョ・パンサを彷彿とさせるが、フンボルトの無茶苦茶(だが大真面目)な様子が拍車をかける。そうなんだ、周りが見えない猪突猛進はドン・キホーテそのもの。もちろんフンボルトはキッチリ実績を出しているが、その視線には狂気じみた「世界を知りたい」欲望が見え隠れしている。

 ガウスの章は彼の意外な側面を、フンボルトの章は破天荒な冒険譚を楽しめる。このふたり、これっぽっちも似ていないじゃないかと思いきや、それは違う。ふたりは異なるやり方で世界を測量(はか)ろうとしていたんだ。ふたりとも同じ動機――知への欲望と、世界を理解したい願望――を出発点にし、フンボルトは踏破と収集で、ガウスは数学と抽象化を使ってたどり着こうとしたんだ。

 まるで違う人生を追いかけているうち、同じ思考へたどり着く。ここが本書の醍醐味。

 また、この書き口はとてもユニーク。上に引用したとおり、会話文のかっこ 「 」 がないんだ。原書の発話部分が間接話法だったため、その雰囲気を味わってもらおうと意図的にかっこを廃したそうな。おかげで地の文の描写と内省と会話が入り混じってて、一種独特な混乱を味わえるぞ。

 本書は、金さんさんのコメントで背中を押されて読んだ。金さんさん、ありがとうございます。おっしゃる通り「だまされたと思って」読んで正解でしたな。金さんさんのレビューは、読了『世界の測量』なんだが、後半がネタバレなのでご注意を。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

子どもと一緒に魅入る「ジャーナリスティックな地図」

ジャーナリスティックな地図 成功本をどれだけ読んでも、実行しなきゃ「読まなかった」ことと一緒。

 なので、「ドラゴン桜」を見習って、テレビの傍に地図帳を置いている。でもって、「ここ北京の会場では…」とか、「ドバイからのレポートです」というたびに、子どもと地図帳を開いている。

 これが、結構たのしい。

 グルジアやドバイの地政学的にビミョーな位置を確認しつつ、子どもには「ここは石油がたくさんあるんだよー」とか、「中国ってどれ?」といった地図遊びをする。戦争相手を地図で探せない人が大半という某超大国は、良い反面教師だ。ああはさせまい。

 いま、帝国書院のオーソドックスなやつ(2006年版)と、日本に特化した地図帳の2つ持っているが、面白いものはないかとブックハントで見つけたのが「ジャーナリスティックな地図」。

 現代社会における代表的な問題を「地図」の形で見える化している。問題の複雑性を地図の一覧性・視認性で表現してあり、諸側面を切り捨てるリスクはあるものの、課題の「場所」と「関係」が一目でわかる。

 たとえば、環境問題。石油消費量の多い国は大きく、少ない国は小さく縮尺を変えた「世界地図」だと、米国は破裂しそうなほど膨満する一方で、アフリカ大陸は枯れ木のように見える。あるいは、東京都心のヒートアイランド化を加速しているのは、じつはシオサイトのビル林だということが「見える化」されいて興味深い。

 環境、社会、政治経済、国際、文化のジャンルから、50のテーマが選び抜かれている。

環境

  1. 地球温暖化1(現象編) 地球温暖化によって何が起きるか
  2. 地球温暖化2(対策編) 急がれる地球温暖化防止への取り組み
  3. 北極をめぐる思惑
  4. 変わらない石油への依存
  5. 災害1(地震) 迫る大地震
  6. 災害2(風水害) 大水害の恐怖
  7. 街を熱くするヒートアイランド現象
  8. 積もり積もったごみ問題

社会

  1. 格差社会1(富の偏在) 広がる富の格差
  2. 格差社会2(職の不均等) 職の不均等がつくる格差社会
  3. 格差社会3(医療格差) 広がる医療格差
  4. 課題の多い日本の教育事情
  5. 世相を映す家計
  6. 古き良き時代「昭和」
  7. 引退を控えた団塊世代
  8. 日本人の病気と寿命
  9. 強まる少子高齢化問題
  10. 結婚に見る日本社会
  11. 離婚の背景
  12. 変わりつつある女性と労働
  13. 疲弊する企業戦士
  14. 自殺の背景にあるものは
  15. 広がる死刑制度の廃止
  16. あなたも参加する裁判員制度

政治経済

  1. 年金問題 噴出する年金をめぐる問題
  2. 国政選挙 日本の選挙の現状
  3. 政治的リーダー・国家元首・王室 世界の王室と政治的リーダー
  4. 企業1(日本の中小企業) ものつくり大国日本の中小企業
  5. 企業2(世界企業) 国を超える世界の大企業
  6. 株式市場 連動する世界の株式市場
  7. 通貨・為替 世界の通貨と米ドル
  8. 食問題 世界に頼る日本の食糧
  9. 水産資源 世界で高まる魚人気
  10. タクシーをめぐる規制緩和
  11. 特区でつかむビジネスチャンス
  12. 現実味を帯びてきた消費税アップ

国際

  1. 領土・領海問題 日本の領土・領海問題
  2. 北朝鮮問題 人ごとではない北朝鮮問題
  3. 未来の経済大国BRICs諸国
  4. 急速に発展する中国の光と影
  5. 外国人との共生
  6. 世界を動かすサミット
  7. 国連の可能性と限界
  8. 混迷が続くイラク情勢
  9. 絶えることのない世界の紛争
  10. 世界に展開するアメリカ軍
  11. 火花を散らすアメリカ大統領選挙
  12. 広がる自由貿易協定
  13. 価値が高まる知的財産権

文化娯楽

  1. IT社会 世界と繋がるIT社会
  2. マンガ・アニメ 世界で愛される日本のマンガ・アニメ
  3. アスリートの戦場 オリンピック
  4. サッカーは世界共通言語
  5. 人類の宝 世界遺産
  6. 身近になった海外旅行

 統計図だけ見てても飽きないが、それぞれのコラムやグラフを読み砕いていくと、どんどん興味が広がっていく(数値の妥当性やグラフの"意図"探しといった天邪鬼的な読みになるが…)。もちろん、世界地図、日本地図、統計資料も「いつもの帝国書院」さながら充実しているのがありがたい。

 政経や現社のサブテキストに読みふけった方なら、日を忘れる一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「こどもをやる気にさせる101の言葉」と「こどもをダメにする130の言葉」

こどもをやる気にさせる101の言葉 高校受験をひかえた子どもに向けたメッセージ集。

 ただし、それに限らないところがミソ。不安を抱いていたり、今のいま落ち込んでいる人も、本書から元気をもらえるかもしれない。むしろ、親であるわたしが勇気をもらっている。

 本書が気に入ったのは、その本質を冒頭にまとめてあるところ。つまり、こんな問いかけで始まっている。

こどものやる気を伸ばすためには、一体、どんな言葉で、どんなことを語りかければいいのでしょうか

 その答えは、とても簡単なものだという。否定語を少なくして、善いところを大げさなくらい誉めろというのだ。そして、欠点やダメだと思うところは目をつぶり、口やかましいと逆効果になることを心得よと。そうすることで、「自分は親に愛されており、周囲の人たちに大切な存在として必要とされている。生きていていいのだ」という自己肯定感をはぐくむことができる。これがない限り「やる気」は育たず、「やらされ感」のままムリヤリ机に向かわされることになる。

 ──と、このあたりまでは、ありきたりの育児書の延長に見えるが、続きがある。今度は大人たちに目を向けてこう述べている。

それにしても、大人たちは、どうして否定語を使ってしまうのでしょうか。わかりますか? それは、こどもを信じられないからです。「こどもを放っておいたら、どうなるかわからない」という不安がつのった結果が、否定の言葉となって、子どもに向けられているのです。その不安は、実は言葉をかける大人自身の不安とつながっています

 ああ、確かにそういう動機が心底にあることを否定できない。子どもに精いっぱい頑張って欲しいと強く望む心の奥に、「自分は全力を出し切って生きてこなかった」という後ろめたい気持ちは、確かにある。

 そういう「親」の気持ちも目配りしつつ、思春期の子どもに向けてどんなメッセージを発していけばいいのか、101の言葉にまとめてある。発信元が塾講師なので、おのずから勉強がらみのものが多い。それでも、先生たちの真剣さと熱が、単なる受験勉強を超えて迫ってくる。子どもに向けて「使う」ためでなく、読んでいるこっちもアツくなってくる。

 前著「子どもを追いつめるお母さんの口癖」とあわせて読むと、一層効果がある。見ているだけでヤル気がみるみるうちにしぼんでくるマイナス言葉のオンパレードだ。うっかり自分が使っていそうなので、反省リストとしても使えるかも(あるいは反面教師リストとして)。

 ベタなやつだが、わたしの心に響いたものをいくつかピックアップしてみよう(いかにもたんぶら向けかも)。

不安を感じないほうが怖いよ。

自分の状況をわかってないか、

無感情になっているかの

どちらかだからね。

でも、あなたは不安を感じた。

だから大丈夫。

 受験前に不安を感じない生徒なんて、滅多にいない。高校なんてどうでもいいと思っているか、自分の状況を把握していない子だけ。不安を感じるのが普通──この「受験」や「高校」をテキトーな言葉に置き換えてみよう。

一生に何度もあることじゃない。

だから、受験を楽しもう。

そして、人生のどんな場面でも

楽しめる人になろうよ。

 よく取沙汰される質問、「どうして勉強しなくちゃいけないの?」についても、納得のいく返事がある。

 たとえば、「将来の役に立つから」とか「人生を充実させるため」といった答えを耳にするが、実際にそんな問いをわが子からされたことがないんだろう。思考実験として屁理屈問答をシミュレートするのは楽しいかもしれないし、賢しらの中坊をやりこめる自説を開陳するのは痛快かもしれない。

 しかし現実は、そんなワイルドカードで答えられない。一般的な「学ぶための"方法"を身に着けている」という回答のほかに、本気で質問してくる子どもに応えてあげられるのは、これだろう。

まず、この質問をしてきたこどもの、将来の夢ややりたいこと、好きなことを聞いてみましょう。もしも、こどもに将来の夢や好きなこと、やりたいことがあるのであれば、それを手助けし、実現するために必要なのが勉強であり、学力なんだと説明できるでしょう。社会では、テストのように一つの正解があるのではないため、それまで培ってきた知識や考える力で、自分なりの答えを出すしかありません。これは、全ての夢に必要な力といえます。
もしも、そのこどもに夢や好きなことがまだないようなときは、それを見つけるサポートをしてあげることが大事です。そうして、こども自身が「自分の夢のために」勉強するという道筋を作っていくのが、一番の答えになるでしょう。

 その他に、「こどもが勉強を『嫌い』だという場合」や、「こどもが『いまは他にやりたいことがある』という場合」のそれぞれの対応がある。「どうして勉強しなくちゃいけないの?」への回答は、子どもの気持ちや状況に応じて変わってくるはず。文字通りケースバイケース、そのときのわが子の興味の方向・素質を鑑みて、一緒になってルーティングするのが適切だろうね。

 そして、適切な答えを言うだけではなく、適切なひとが言うべき。「なりたい自分」「ありたいアタシ」を実現していないような――こころのタマゴにバツがついたままのオトナの口から言われても、「夢? ハァ?」と白けるのがオチだろう。

 つまり、この答えにふさわしい親になれということやね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »