« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »

「コンゴ・ジャーニー」はスゴ本

コンゴ・ジャーニー上コンゴ・ジャーニー下

 とんでもない旅行記。

 臨場感たっぷりの破天荒さに、最初は小説だと思ってた。それっぽい表紙は映画化されたスチルなんだと信じ込んでた。

 ところが、これが本物のノンフィクションだと知ってのけぞった。

 だいたい、赤道直下のコンゴ奥地に恐竜の生き残りを探しにいくなんてどうかしてる。しかも、そのために全財産を投げ打って追っかけるなんて、オツムがあったかいとしか言いようのない。

 蚊、ノミ、ダニ、シラミ、ナンキンムシ、アブ、ブユ、ツェツェバエ――血と汗を吸い、皮膚の下にタマゴを生みつけようとするやつら。爪の間や性器に入り込もうとする線虫・回虫・寄生虫もあなどれない。そしてゴキブリ!ベッドマットを持ち上げたらゴキブリがざーっとあふれ出る場面は全身トリハダ立ちまくり。

 マラリア、眠り病、梅毒、イチゴ腫、エイズ、エボラ出血熱、コレラ―― 描写のいちいちが克明で、読んでるこっちが痒くなる。風土病や感染症だけではない、人を襲うヒョウやワニ、ニシキヘビといった猛獣について、いちいち挿話とウンチクを並べ立てる。その恐怖におののきながら、いそいそと出かけるところは笑うところなのか?

 その一方で、めずらしい鳥の姿を目にして乱舞したり、ゴリラのあかちゃんを糞尿まみで世話したり、さらには幻の怪獣、モケレ・ムベンベを必死になって捜し求める姿は、これっぽっちも滑稽ではない。読者はそこに、正真正銘の「愛」と「狂気」の目を見るだろう。後半、「旅行記」のタガが外れ壊れ始める著者が怖い。この地に白人が長いこといると、おかしくなるらしい。

いつも飛び交っている怒鳴り合いの会話から解放され、真に孤独になれるのは、アフリカではこんな瞬間しかないのではないか――ふとそう思った。こうやって歩いているとき、真夜中にふと防水布の上で目覚めたとき…。アフリカで、自力だけに頼ろうとする人は危険だ。孤独は狂気に直行する。孤立した人間はいとも簡単に、さ迷う霊の餌食になってしまう。だから、友達どうしいつも一緒にいて、しゃべりつづけなければならない。
 書き口で興味深かったのをひとつ。呪術師がしつこく警告していた精霊が、著者に語りかけるシーンがある。マラリア熱に浮かされた頭なので、どうせ夢なのだろうと疑ってかかるんだが、その融合の仕方が魔術的リアリズムまんま。境目が巧妙に隠されており、読者も一緒になってつきあうハメになる。しかも、夢オチにさせないように書いているので、どこからがホントで、どこからか夢なのか終わっても分からない。マジック・シュール・リアリズムといったところか。

 著者のレドモンド・オハンロンは、筋金入りの探検家というべきだろう。イカダで太平洋を渡ったり、犬ぞりで極北を目指す冒険家というよりも、「○○が見たい、だから行く、どんなことをしてでも」というタイプ。

 訳者あとがきによると、最初はボルネオ。幻となりかけているボルネオサイを見たい一心で、かつての首狩族の地「ボルネオの奥地へ」(めるくまーる、1990)乗りこむ。冒頭から、やめたほうが…と助言したくなる旅だそうな。

 次がアマゾン。オリノコ川とアマゾン川にはさまれた熱帯雨林にヤノマミ族に会いに行く。サッカーのフーリガンを除いて、地球上で最も凶暴といわれる人々に会いに行くのだが、題名がイカしてる、「また面倒なことに(In Trouble Again)」(1988、未訳)だってさ。

 で、三番目がこの「コンゴ・ジャーニー」、上二つと比べるとはるかに危険な旅だという触れ込みだけれど、たしかに死んでもおかしくない。「安全な」場所で読んでいると、なんでわざわざそんなところへ好んでいくんだろう? という(彼にとっては)愚問がわきあがってくる。

 さらに、これで終わりではない。北大西洋の荒海で操業する漁船、「トロール船(Teawler)」(2003、未訳)に乗り込み、スコットランドの北海油田開発の基地「オークニー(Orkney)」(2008、未訳)で生活する。もはや「バイタリティあふれる」といった域は超えているぞ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

首が切断されるでしょうwww「巨匠とマルガリータ」

巨匠とマルガリータ 現実と幻想が濃厚に融合している怪作。

 ケタケタ笑って読んでもいいし、いくら深読みしても耐えられる、軽薄かつ堅牢なつくり。小説としてしっかりしていれば、その容器(うつわ)に何を入れても許される好例だね。

 単なるファンタスティックに走り出さない。リアリズムからつかず離れず、一定の間隔をおいている。この距離感が絶妙なので、ナザレ人のイエスが蝿まみれになって死んでゆく様が異常なほど克明に見える。さらに、モスクワじゅうを大混乱に陥れる荒唐無稽さをたぐり寄せてゆくと、スターリン時代の恐怖がズルズル剥けだしてくる。

 この「つながっている」感覚は、映画監督ミヒャエル・ハネケ(カフカの「城」 で有名)のコトバを思い出す。

衝撃的な映像にマヒしている観客に、暴力をどう見せるかは問題ではない。問題は観客に、その暴力が自分とは無関係ではないことをいかに自覚させるかだ
 1930年から、さらにソビエト連邦から遠く離れた「いまここ」へ、波状攻撃がしかけられる。次から次へと連鎖するグロテスクなユーモアに笑い転げているわたしにチャンネルが合わさる。天井から降ってくる紙幣を追いかけて、ひっこ抜かれた首を探しまわり、裸のオンナたちが大通りを逃げ惑うさまを笑いのめす。無関係どころか、当事者の気分だ!

 これは「夢に出るリアル」だな。

 そして、名無しの主役、「巨匠」は、当然ながら著者ブルガーコフと重なる。粛清の嵐が吹き荒れていた時代だ。悪魔のセリフ「そんなはずはない。原稿は燃えないものなのです」がナイフのように光って尖っている。不遇をかこったブルガーコフの強烈な意趣返しが効く効く。訳者が高尚な解説をぶっているが、すまんな、そんな崇高な深読みはワケ分からん。書いたものの出版が認められなかったとはいえ、ブルガーコフは小説家だ。だから、小説で復讐を果たしただけなんじゃぁないかと。

 そうそう、みんなの大好きな裸エプロンのメイドも出てくるぞ。それだけではなく、全裸のメイドも豚に乗って飛び回るぞ。圧巻なのは全裸の魔女がモスクワの夜空を全力飛行するところ(裸女が多いが気にすんな)。非常に映像的で、疾走感覚あふれまくり、アドレナリンだかドーパミンを感じて、彼女と一緒にドッキドッキできる。ラストはずいぶん先なのに、もうカタルシスを覚える。

 この狂気(狂喜?)は伝染するぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たのしんで、はたらくために「はたらきたい。」

はたらきたい。 すべての「はたらきたい人」にオススメ。

 「ほぼ日の就職論」という触れ込みだが、就職活動している人にとどまらない。「はたらくこと」の根っこまで掘り下げて、「ほらっ」て見せてくれる。糸井重里がいうには、

「はたらくこと」って、どういうことなのか。
それについての自分なりの答えは「大切にしてきたもの」を考えることで、見えてくるのではないだろうか。
 仮に、就職活動をうまくやるための「すぐ効く処方箋」のようなものを求めて読むと、完全に肩透かしを喰らう。いっぽうで、漫然と働いていながら「はたらくこと」について何らかのヒントが欲しかった人にとっては、読んでよかったな、と思える一冊になるだろう。

 企業の人事担当や、キャリアマネジメントの研究者など、いわゆる「就職のプロ」の話から、漫画家(しりあがり寿)やミュージシャン(ピエール瀧)など就職していない人たちにとっての「はたらくこと」、さらには「矢沢永吉」の中の人まで出てくる。

 読んでて嬉しいのは、「その場の空気感」みたいなものに触れられるところ。プロの編集のなせる業が、メリハリの利いた対話文をつくりあげている。話の息継ぎのようなちょっとした「間」が再現してあったり、どんな風な笑顔か分かるような(笑)が絶妙なタイミングで挿入してたり。

 いっぽう型破りなのは、就職面接での「パターン」や「定石」なんてうっちゃってるところ。むしろそうしたハウツーを否定し、「何を大切に思ってる?」とか「それ、楽しい?」と問うてくる。ニコニコしながら訊いてくるので、こっちはタジタジと考え込む。

 もちろん楽しいことばかりじゃないことなんて【お互い】分かってる。しんどいことだってある。仕事自体がイヤになるかもしれない。それでも、面白がれるところがないか、仕事の周りに楽しめる要素がないか、わたしの大切なものがないか、目を向けるようになる。じぶんにとっていちばん大切にしているものが、いまの仕事につながっていることを「幸せ」と呼ぶんやろね。

 ハッとしたのはここ。しりあがり寿がキリンビールに勤めていた頃の話。

面接官をやると決まったときに、人事部の人に相談したんです。人を選ぶということがよくわかってないんですけど、どうしたらいいんですかって。そしたら、その人は「あんまりいろんなことを気にしないで、自分がいっしょに働きたいと思う人を選んで」って言ってくれたんです
 そういや、ドラゴン桜外伝「エンゼルバンク」でも同じこといってたなぁ… 学生さんの就職論という体裁をとっているけど、すでに職(食)を得、キャリアを重ねている人には「はたらく論」あるいは「転職論」として有用だと思う。

 おまけ。本書の延長上にできた企画が面白い。「社会人がえらぶ人気企業アンケート」というお題で、社会人として経験や知識を培ってきた今、あらためて就職できるとしたら、どんな会社で「はたらきたい」と思うか―― というアンケート。学生さんとはちょっと違う、でも妙に生々しい(あるいは、切実な)結果をご賞味あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »