« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »

「群衆の叡智」でスゴ本を探せるか?

 「群衆の叡智サミット2008」で沢山の刺激をもらった。まとめはKishiさんの「群衆の叡智サミット2008Spring行って来た」が秀逸。ここでは、わたしの関心「群集の叡智でスゴ本を探せるか?」について書いてみる。

 まず、「群衆の叡智」で目指している方向が、わたしが期待しているものと違うことが分かった。グンシューノエイチを分かりやすく言うと、「みんなの意見は、案外正しい」になるという。ずーっと、この「正しい」に引っかかっていて、今でも解けない。

 例えば、あの番組の最終回の視聴率は何パーセントかとか、このケースに入っているジェリービーンズは何個? といった、「正解」を求めるものが「群衆の叡智」なのだろうか? もしそうなら、「スゴ本」を探す作業はカンタンになる。みんなのオススメの最大公約数を拾っていけばいい(それは一般に「ベストセラー」と呼ばれるがね)。あるいは、Great Books のリンク集で事足りる。ネタがないときのラーメン特集さながら、どっかの雑誌の「徹夜本ベスト100」とか「ビジネスマン必読書100」をひたすらcopyればOK。

 しかし、ご承知のとおり、ここではそんなことをしない。だいたい「すごい本」なんて人によるし、読んだ時期によるし、だいたい読むときの気分にも左右される。昔はアレだった本が、歳とって読むとキタコレになったり、超オススメ本を薦めたらけちょんけちょんに評されたり、誰でもあるでしょ?

 だから、「正しい」なんてウソっぱち。せいぜい「これ読んだらガツンとキたよー」とか「それ読んで萌えたら、これもいけるぞ」ぐらいの『ゆるい』相関がなされるだけ。ハルヒとルイズならツンデレ属性だねとか、トフラーとドラッカーなら明日はどっちだ!?とか。

 さはさりながら、こういうリンクが積み重なると、話が変わってくる。ハルヒとルイズ好きは、手乗りタイガーも炎髪灼眼の討ち手も大好物だろう。そして、そんなリンクが積みあがってくると、きっと誰かが言い出すはずだ「オレなら春琴で御飯三杯はいける」ってね。あるいは、トフラーとドラッカー好きが集まると、「チャルディーニが具体的だよね」とか言い出すヤツが必ず現れる。好き × 好きは、「もっと好き」ではなく、「ちがう好き」を生み出す。

 これは、「みんなの意見」ではない。

 みんなの意見を集めるときに出てくる「ゆらぎ」みたいなもの。ツンデレキャラベストを作るときの、泡沫票みたいなもの。だって「春琴抄」はスニーカー文庫にないもの。そしてだ、ルイズ好きが「春琴」にハマるとくぎゅうぅぅぅとか言い出すはずだ(キャラ的にはタバサなのだが…)。

 多様な意見を集約しようとするとき、その方向からどうしても漏れる部分がある。わたしはソコに目をつけたい。「どうせランキングしたら○○か△△あたりが上位を占めるんでしょ」なんて「予想」には興味がない。「みんなの意見はだいたい正しい」だろうからね。

 ただし、こうした「ランキング行為」が無意味だといっているわけではない。むしろ重要なくらい。なぜなら、そうしたランキング行為のホットなところに衆目の視線が集まってくるわけだから。それだけ多様な意思が紛れ込む可能性が高くなるからだ。はてなブックマークの「最近の人気記事」は、視線が集まるからその多様性を吟味することができる。

 それならば、母数が多ければ多いほどいいんじゃない? とくるのだが、そうは問屋がおろさない。数が多すぎると「春琴」が埋もれてしまったり、流されてしまうからだ。はてなブックマークの集約方法が「鮮度と数」だけに由っているため、有意義だと「自分が思う」情報が流されてしまっているのと同じだ。

 じゃぁどうすんだよ? という疑問への回答が、このblogのタイトルになる。わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる。わたしはあなたを探す。なぜなら、わたしがまだ読んでいないスゴい本を、もう読んでいるから。

 あなたを探す方法は、いろいろある。

 あなたがブログでつぶやいた一言からGoogleで逆探したり、

 あなたがここで「○○が良いなら、これどうよ?」とオススメしたことが縁となったり、

 あなたと実際に会って確信したり(「こいつはスゴ本ハンターだ」ってね)。

 そして、一番てっとり早いのは、視線が集まっているホットな場所で探すこと(盛り場でナンパするのと一緒だね)。わたしの場合は、ブックマークしてくれた人がそれにあたる。ブログをもっていたらそこへ出かけて、わたしの興味と照らし合わせる。解析ツールを使ってリンク元をたどる。そして、あなたを見つけたら、今度はあなたからスゴ本を探し始める。カンタンだ、わたしが読んでいない本をピックアップすればいいのだから。そして、その本の評価もカンタンだ、Googleに放り込めばいい。ただし結果は鵜呑みにしない。このときには「あなた」の数はかなりに上る。複数の「あなた」がそれぞれどう評価しているかを両方から照射してあぶりだすことができる。

 スゴ本候補は、こうして選ばれているわけ。

 だからわたしがキアイ入れてレビューするのも分かるでしょ? コメントであれ、ブックマークであれ、フィードバックが得られるから。そのフィードバックをくり返すことによって、手に入れた「ゆらぎ」を「わたしの興味の範囲」つまり「わたしに閉じた世界」の外側へ押し広げることができる。似たような本ばかり読んでいる閉鎖空間の大将にならないための、こころがけ。

 「群衆の叡智サミット」では、多様な意見をいかに「集約」させるか、うまい仕掛けがないのかという方法が焦点になっているが、「集約」というスタンスに由っている限り、スゴ本はぽろぽろと抜け落ちていく。スゴ本を探すことについて言うならば、「みんなの意見」は役に立たない。ただし、みんなの意見が集まっているところにいる「あなた」を探すのには、けっこう役に立っている。

--

 おまけ。「あなた」を探す具体的な方法をご紹介しよう。↑の例は抽象的すぎるからね。

 まず、自分にとっての「スゴ本」をいくつか選ぼう。これだけはゼッタイ!というヤツだ。沢山あればあるほど精度は高まるが、やるのも大変なので3冊ぐらいが妥当かと。

 次に、それぞれの書名を「はてなダイアリーキーワード」にぶち込む。例えば、「カラマーゾフの兄弟」ならこんな結果が得られる。大事なのは、それを挙げている「人」だ。その人のダイアリーへ行ってみよう。

 それぞれの「人」は、自分の感覚で取捨選択すればいい。そして、それぞれのスゴ本から得られた人一覧のうち、重なっている人がいたら、それが「わたしが知らないスゴ本を読んでいるあなた」になる。最後の工程はちと大変なので、機械的にandをとってもいい。ただし、アルゴリズムに任せると、「ゆらぎ」は失われるかもしれない。

 お試しあれ。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

困ったオンナを黙らせる技術

困ったオンナを黙らせる技術 オンナの取扱説明書。「まだ」オンナに夢や希望を抱いているヤツは読んではいけない。

 主としてオフィスに生息する以下のオンナを如何に扱うかを主眼においている。著者に言わせると、次の10パターンすべてのオンナに対応できなければ、「オンナの気持ちが分かる」なんていえないそうな。やっかいながらも愛すべきオンナたちとうまくやっていくためのスキルを磨くことができる。

  1. キレるオンナ
  2. しつこいオンナ
  3. 逃げたがるオンナ
  4. やる気のないオンナ
  5. 浮いているオンナ
  6. メソメソ泣くオンナ
  7. 途中で投げ出すオンナ
  8. ひらきなおるオンナ
  9. 意地になったオンナ
  10. まわりを巻き込むオンナ

■ オンナが明かすオンナの本質

 とはいうものの、「極端」な事例ばかり並ぶ。書き手は現役の女医さんで、オモシロオカシクするために煽った書き方をしているのは見逃せない。「オンナから見たオンナの裏側」というやつ。

 例えば、「オンナの言葉は、その場かぎり」だという。オンナの言葉のほとんどは「その場かぎり」のもの、あきらめてくださいとのたまう。世の男性が嘆くとおり、女性の発言はしばしば整合性・一貫性に欠けるところがあるが、悪気はないそうな。ただただ、たわいもなくしゃべっているだけなんだってー

 あるいは、「オンナは行間やストーリーを無視して、シンプルな結論にしがみつく」そうな。「うちの旦那は冷たい」と断定する妻にそのストーリーや前後関係を求めてもムダ。オンナにとってそんなことは本当にどうでもよくって、「あのときこう言われた」「何々をしてくれなかった」という単純命題だけが、ポンと独立して思い出す仕組みになっているという。

 さらに、「オンナの辞書に『自己否定』はない」とか、「ダメ男に尽くすのは自己愛を満たしているだけ」などと、えらく挑発的だ。職場や家庭で翻弄されている男性陣にとっては、溜飲を下げる副作用もあるかも。また、「セキララなオンナ像」には著者自身も含まれていることが自覚的でよろしい。

 ただ、気になるのは、言葉の端々に「割り切っちゃいなよ」とか「しょせんムリムリ」といった投げヤリ気分が漂うこと。オトコとオンナは同じ生物とはいえ、別の生き物なんだから、相互理解は不可能、あきらめちゃいな―― というメッセージにゲンナリする。

 そんな、女性「性」を織り込んで、投げ出さずにつきあっていくのが男の本懐じゃないの? 「オンナだから」とテキトーにあしらっちゃったら、もったいないぞ。そういうメンド臭いところも含めて、オンナとつきあうのはかなり面白い経験だと思う。


■ 「ああ言えばこう言え!」想定問答集

 いちばん使えるのは、10パターンのオンナの発言に対し、「どうやって切り返すか?」を解説した問答集。(わたしを含め)ニブい男性陣にウレシイことに、「誤答」までしっかり網羅しているところ。例えば…

「勝手にすれば!?」への対応はこう。

 怒り心頭に達した最終通牒──といわれているが、実は違う。本当に気持ちが冷えて見切ったのであれば、こんなにエネルギー使って怒りをぶつけることなんてしない。ホントに愛想をつかせば、黙ってそっと行ってしまうもの。言葉の上でキレられているうちはまだ脈あり。

 逆に、ここまで激しいセリフをぶつけてくるということは、その女性にとってかなりの重要人物だということ。それくらい「身内意識・味方感覚」を持っていることの裏返し。だから、「そこまで僕のことを買いかぶってくれて、光栄だなぁ」とひそかにほくそえむべし。

 正解は、「面倒だからと、勝手なことをしない」だそうな。間違っても、「カチンときて、本当に勝手に振舞ってしまう」や、「面倒くさいので、とりあえず黙り込んでしまう」のはガソリンに着火マンになる。「こんなに期待していたのに、わたしのひとり相撲だった」と肩すかしにあった寂寥感を強烈に与えてしまい、話はどんどんややこしくなってしまう。

 怒りをぶつけてくるオンナからは、逃げちゃダメだ。「なぜ怒って突き放すのか?」という理由を、むしろ積極的に尋ねる態度が重要。「どうして?僕たちの問題じゃないの?」という突っ込みは、単にその場の彼女の怒りを鎮めるだけにとどまらず、彼女に「暗黙の期待」をあらためて示すことができる。つまり、味方感覚をくすぐるわけ。

 ああ、たしかにわたしは誤答をくり返してきた。んで、正論でもってやりこめたので、まさに最悪の選択肢を実行してきたわけね… とはいうものの、毎回毎回「誤答」してきたわけではない。ヒートアップする相方とは逆にクールダウンして「どこがマズいのか、どうすればいいのか?」を真摯に追求したときもある。「problem to us」の構図やね。

「バカにしてるよね」にはどう返すか。

 オンナは、自分の存在をどのくらい「重要視」されているか、ということにものすごく執着する生き物だそうな。必要とされたい、大切に思われたいという気持ちが強く、極端に言うと、その度合いがアイデンティティを形づくるすべてだという。だから、ひとたび「軽んじられている」と感じると、とたんにモチベーションのみならず、生命力すら低下させてしまう。

 で、(ここからが重要なのだが)そこに至った原因は、その場の会話にないんだって。往々にして、すこし以前の出来事からの因果であるそうな。積もり積もった何か。だから、まずその記憶をたぐり寄せるべし――って、ああ、これも思い当たる当たる。数時間から半日ぐらい前の、モヤっとしたイラっとした会話が、直接的に言及されなくてもトリガーとなっている場合が多い。お互い、口に出さずともわかる「何か」が口論の原因なのだから、仲がいいのか悪いのか分からんね。

 そして、思い当たるところを引き出しながら、素直にその態度を認めろという。「あなたをバカにしているのではない」というメッセージを強く伝えるためには、そう誤解されても仕方のないエピソードを思い出し、探し出す。

 見つかったら、その部分をあえてこちから話題にのぼらせ、部分的に認めてしまう。「そう誤解されても、たしかに仕方がないね」と。その上で、「でも違う」と釈明することが重要だという。とぼけたり全否定して片付けようとすると、傷を深めることになる。たとえオンナの被害妄想からであっても、怒らせた「何か」を探し出して謝ろうとすることが、最終的に彼女の心を癒すんだってー

 ううむ、眉ツバものとして聞いておこう。たとえ部分的にでも「ああ、あれ?wwwホントだよバカにしてたんだwwwそこだけwww」なんて言ったら刺されるよマジで――冗談さておき、怒らせてしまった何かを必死に探すのは男子共通のリアクションかも。

「どうせ、私、ジャマなんでしょ」のフォロー。

 いじけたオンナをどうリカバるか。あからさまなイヤミ・あてつけに対しては、カチンときてはいけない。わたしがやってしまう失敗は、「何が言いたいのか、はっきり言えば?」とか「そんなわけないだろ」、最悪は「結局○○なんだろ」とまとめてしまうところ。これでなんべん涙の雨を降らせたことか…オンナの極端な自己卑下は、単なる強いイジケの表現。だから、リクツで問答しあうとこじれた論争になるという。

 「どうせ」でイジケているときのオンナは被害妄想の鬼と化しているから、何か言葉を返せば返すほど、その言葉の中からネガティブな単語だけを拾ってインネンをつけてからんでくる。例えば、

なんでそんなこと言うの? → 「ソンナことですってぇ、どうせその程度よね」
おかしいなぁ、なんでそう思うの? → 「オカシイ?私の頭がオカシイってわけ?」

 こうなったら何も発声してはならない。「愛を込めて頭をコツンと」するのが得策。恋人など、もっと親しい関係であれば、腕や手をギュッとにぎることが効果テキメン。肩をギュッともんであげたり、手をポンポンとたたいたりするといいんだってー

 ボディタッチはちょくちょくしてるけれど、タイミングは意識していなかった。こういった重要な場面で使うと効果大なんだね。

■ 面白うて、やがて悲しき「オンナだけ?」

 自己中だったり自己憐憫のカタマリだったり、おかしなオンナの交わしかたを読み進むにつれて、当然のように「これって、ホントにオンナだけの話?」という恐ろしい疑問が現れてくる。もちろん、オンナに限らない。「ハハッ、オンナってバカだよな」と笑ってるオトコが焙り出されていることに気づく。

 例えば、「これやって!」「いいからやって!」とゴリ押しする人。「やってほしいこと」そのものよりも、その要求が通ることの方に重きを置く人がいる。その人にとって、「要求=プライド」の等式がシンプルに成立しているから。

 つまり、要求を通すことで、プライドが引き立てられていることを確認できるのだ。オトコ・オンナ、関係なくこんな人がいる。対応策は、そのプライドの重要性をきちんと認めてあげること。その上で丁寧キッパリ断る。

 あるいは、「こんなシゴト、ムナシイ」とやる気のない人。「Become 目標」ばかりを追求しすぎた結果だという。つまり、「○○というクルマを買う」「三年後には部長クラスに昇進する」というような、「わたしはこうなりたい(wish to become)」といった具体的な目標ばかり追いかけていると、満たしても満たしても、次の「欲しいもの」が出てくる。遅かれ早かれ、エネルギーが枯渇してくる。

 これには、「Being 目標」を明確に持っている必要があるという。「わたしはこうありたい(wish to being)」という日々の生きざまに対するセルフイメージを目標化する。たとえば、「人の意見に対し、できるだけ肯定的な自分でありたい」「変えられるものは、変える勇気を、変えられないものは、受け容れる心の平和を持ちたい」――って、これもオスメス関係ないだろうね。

 男女の性による違いから出発して、いつのまにか男女を超えた人性まで話を持ってくる―― 狙って書いたのならスゴ本級だけれど、著者に自覚はなさそうだ。もちろんそんなことはなく、途中からどっちともとれる「職場のコマッタちゃんの扱い方」話に陥っている。

 それでも、脳やら遺伝子をこねくり回して「オトコは○○、オンナは△△」と断定するクミコセンセやバーバラセンセよりは、うんと使える一冊。なんたって、実地のカウンセリングに基づいた知見だからね。


| | コメント (3) | トラックバック (1)

神話に一撃!「日本人のしつけは衰退したか」

日本人のしつけは衰退したか 家庭の教育力は低下している。そのため、青少年の凶悪犯罪が増加している。だから、家庭の教育力を高めることが、最も求められている。

 ホントだろうか?

 あるいは、「昔は家庭のしつけが厳しかった」とか、「最近はしつけに無関心な親が増えており、しつけは学校まかせ」といったイメージは、無条件に受け入れられているが、事実なのだろうか?

 リカセンセやウチダセンセあたりが放言してそな言説に、真ッ向から取り組んだのが本書。センセやマスコミが「常識」レベルで扱っている「家庭の教育力の低下」に思いっきりメスを入れる。「そもそも『教育力』って具体的に何?」からはじめ、戦前~現在にいたる文献・調査報告を集め、「しつけ」を立体的に解き明かす。

■ 「しつけ」の歴史的検証

 本書のメインテーマは、「しつけ」の歴史的検証。こんなカンジで展開する。

――もともと日本の伝統的な子供観は、「子供は自然に大きくなって一人前になるもの」だという考え方が支配的だったという。そのため、しつけや教育は家庭内よりも地域社会や学校に任せていたのが一般だったそうな。ごく一部の上流階級が、西洋風の考えを取り入れた幼少時の厳しいしつけや英才教育を施していたのが現実。

 それが昭和になり、中・高等教育が拡大していくとともに、経済構造の変容の中で、都市部を中心に新中間層が拡大してきた。この新中間層は、子どもを意図的な教育の対象とみなし、家庭を「教育する機関」として編成していったという。父親は外で働き、母親は家で家事・育児に専念するという性別役割分業が組み込まれ、なかでも母親こそが子どもの教育の責任を負っているという意識がうまれたのだという。

 いっぽうで、地域社会や村落共同体は、戦前期から子どもの社会化に対する影響力を弱めていき、高度成長期に最終的に消滅した。学校は立身出世機関として利用されてきた反面、「教育する家族」が広がる中で、相対的に影響力を失っていく――

 結局、「家庭の教育機能が低下している」のではなく、「子どもの教育に関する最終的な責任を家族という単位が一身に引き受けざるをえなくなっている」構図を描く。その中で、「昔は厳しかったしつけ」は一部の例外が拡大されている事例を追求し、「しつけの失敗→非行化」という物語がつくり出されていることを非難する。

■ セピア色の過去が暴かれていく過程が面白い

 いちばん面白いのは、常識の問い直しの過程で、セピア色のイメージの裏側が暴かれていくところ。いちいち資料や数字にあたりながら検証していくので、イメージだけで知ったかぶるセンセたちは恥かくかも。

 例えば、親ではなく、地域社会や丁稚奉公が教育的な役割を果たしていた、という主張の現実に目を向ける。一種のユートピアとしての村落共同体や、出世物語としての奉公制度のダークサイドを暴きたてる。

 たしかに、親がしつけなくとも祖父母、近所の人、若者組など、周囲の人々が人間形成機能を果たしていたことはあった。あるいは、丁稚・徒弟奉公や女中奉公の教育的な役割を否定することはできない。

 しかし、「村のしつけ」には差別や抑圧が組み込まれており、「目上」の人に礼儀正しいとは、忍従や卑屈さと表裏一体の関係であったことを指摘する。長男と次三男、男児と女児、家柄、家格の区別といった、微妙な差異付けの支配体系・隷属関係の上に成り立っていたことをあらわにする。

 また、奉公制度の教育的側面ばかりを強調するのは、あまりにも牧歌的だと返す。見ず知らずの他人の中に放り出され、低賃金で一日中酷使されてきたことや、雇う側は必ずしも教育的な意図を持っていなかったことを指摘する。さらに、過重な労働で病気になったり、虐待がしばしばおこなわれたことも検証する。

■ 本書の結論

 まとめると、こうだ。

 子どもを放任してたのはむしろ昔(高度成長期以前)で、今どきの親たちは、はるかに子どもに手間ヒマお金をかけている。現代の親たちは、「教育する家族」のマネージャーとして、しつけや教育の担当者、手配師、責任者の役割を果たしている。

 そして、童心主義・厳格主義・学歴主義の目標を同時に達成しようと奮闘する。つまり、子どもらしい心を持ち、礼儀正しく道徳的で、望ましい進学先に入学できるパーフェクト・チャイルドを作ろうとする。

 なぜなら、親たちは常に不安にさいなまれているから。「あなたの子が非行に走ったならば、すべてあなたの教育・しつけの失敗なのだ」という言説が、親を恫喝するストーリーとなる。子どもの人生の失敗 は、そのまま親としての無能さや人格上の問題を示すものになりかねず、親たちは、子育てに熱心にならざるをえなくなっている。

 著者である広田照幸氏は、御歳から察するに、サカキバラと同年代の子どもを育ててたようですな… ああ、なるほど。強い被害者意識はさもありなん。あのころは、子どもを扱うひと皆ハレモノに触る如しだった。マスコミが騒ぎ立てる「ストーリー」に振り回されたエネルギーが粛々と爆発する様を堪能できるぞ。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »