« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月13日 - 2008年1月19日 »

面白くて、恐ろしい「その数学が戦略を決める」

その数学が戦略を決める ㌧でもないけど非常に説得力のある「やりかた」を知って大興奮する。いっぽうで、キナ臭さとウサン臭さも感じる一冊。

 本書で紹介される「絶対計算」は、あまりに強力&魅力的だ。「ご利用は計画的に」「使用上の注意をよく読んでお使い下さい」がピッタリ。たとえば…

  1. ワインの値段を、収穫した年の降雨量から予測する
  2. ハリウッド映画の脚本から興行成績を予測する
  3. 買い物履歴と離婚率
  4. 性犯罪者の保釈をするか否か「計算」する
  5. 症例データに基づいた医療

 IT技術革新によりテラバイト単位のデータ集積が可能になった。大量のデータを解析して相関関係を見つけ、未来を予測する絶対計算者(Super Crunchers)はスゴい。医者、政治家、評論家の「経験」や「直感」に基づく判断と同じどころではなく、それ以上の結果を弾き出しているのが痛快。

 たとえば、「ワイン」なんて典型で、降雨データからその土地で収獲されたワインの値付けの相関関係を見つける手法はお見事としかいいようがない。あるいは、一見したところ全く違う要素の相関関係を計算しつくすことで、意外な事実を見つける方法は、今だからこそできるようになったんだろう。

 いい話ばかりじゃない。VISAの「カード購入履歴と離婚率」なんてちょっとウソ寒い。カード履歴を元に「もうすぐあなたは離婚しそうですよ」と言ってきたらオーウェル的だが、「…こんな弁護士なんていかが?」とオススメしてくれる社会はやってきそうだ。

 タイムリーなのは、Life is beautiful の、「コンピューターはうそつかないので見逃さないで済む」らしいと、4章「根拠に基づく医療」がどんぴしゃ。デジタル化されたカルテから医師「たち」の集合知を抽出する試みが紹介されている。ただしこれを絶対視しているわけではなく、

専門家の色眼鏡を通したデータだけに頼るかわりに、診断はむしろ医療システムを使う何百万人もの人々の経験に基づくべきだ。実際、データベース分析は最終的には診断を下すにあたって何を調べるべきかに関する意思決定の改善につながるかもしれない。

という。微妙な判断が求められ、誤診リスクが高い場合、複数の医師に診断してもらうと安心だ。医師のリソースは限られているため、「蓄積された診断結果」にアシストしてもらうわけだ。「がん発見のための医療画像自動診断システム」なんて良例。

 ただし、モノには限度がある。症例・診断データベースを極限まで追求すると、未来世紀ブラジル(が古ければマイノリティ・リポート)な世界が見えてくる。本書では「グーグル診断」や「グーグル療法」をしている若い医師が紹介されているが、彼にはかかりたくないものだ。

 このように、これでもかというぐらい大量データ解析の例が挙げられており、無いのはコンビニPOSぐらいかと呟いていたら訳者解説でしっかりフォローされていた。山形浩生氏の翻訳本に共通して言えることだが、解説が二重マル。きちんとまとめているだけでなく、欠けている点を補ったり噛み砕いたりしており、解説だけで"読んだフリ"ができる(「誘惑される意志」なんて本文より解説のほうが明快かつ面白いぜ)。

 最後に、わたしの不安。回帰分析マンセーな論調にはウサン臭さとキナ臭さを感じる。そもそも回帰分析と事象との相関関係は説明されていないので。「だって膨大なデータが語っているんだもん」の賭け金はどこまで釣りあがるのか見えないのが怖い。カネじゃなく命まで懸かっている場合もあるからね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

オンナの建前からホンネを見抜く10問

オンナの建前・本音翻訳辞典 男性のコミュニケーション能力の低下に起因するモテ格差は、今に始まったことではない。本書があったなら、どれほど楽できただろうに… と、わたしも思っているから。

 つまり、オンナの発言の真意をくみ取れず、カン違いや軋轢を引き起こす鈍感男がモテない一方で、女性言語の読解に長けた一部のヤリチンの草刈場が現代の恋愛市場なんだ。来る本格的恋愛格差社会に備え、「オンナの建前<―>本音翻訳辞典」で保険をかけておくことをオススメ。

 問題を10問、用意した。オンナの発言のタテマエを見抜き、本音を当てて欲しい。デキる人は正答率10割だろうし、鈍感男なら1問だってムリ(解答・解説は反転表示)。解説はアレンジしてあるが、本書の方がおもしろい(かつエゲツない)ことを申し添えておく。

問1 : 「かなりこだわってるよね」、または「詳しいんですね」

答1 : 「ウンチクはもうやめて」

趣味の話題などで、こちらがトウトウと説明した後のリアクションでありがち。「こだわってますね」と指摘されているだけで、「素敵」とは一切言われていないことに早く気づくべし。「オレのこだわりを理解してくれたんだ」と勘違いすると悲惨な目にあうので、さっさと話題を変える。

問2 : 今度メシでもどう?の返事→「いいですね、タイミングが合えば行きましょう!」

答2 : 「行くつもりは一切ありません」

タイミングが合うことは、永遠にありえない。いきなり「イヤだ」とは言えないし、「OK」は約束まで与えなければ言質とられたことにならない。「機会があれば」も同様で、「こんどの金曜だと?」と具体的にツッコムと「今度はちょっと…」→「じゃぁ来週の金曜は?」→「来週もちょっと…」と無限ループに陥る。脈なしと判断して、さっさと退却せよ。

問3 : 「私服だと雰囲気違うね」

答3 : 「スーツだとわからなかったけど、ダッサ!」

あるいは「ダサい男と一緒に歩くのは苦痛です」という意味。多少でも脈が残っていれば、「こんど一緒に服買いに行く?」が使われることもある。嫁さんが"彼女"だったころ、言われたことがあるが、この意味だったとは…!

問4 : 「歩くの速いね」

答4 : 「気の利かない男だな、こっちの歩く速度に合わせろよ」が、ホンネ。すまん、今でも言われているわたしって...orz

問5 : 合コンにて…「皆さん、どんなお仕事してるんですか?」「どんなクルマ、乗ってるの?」「職場はどこにあるの?」

答5 : 「オマエら、カネ持ってンのか?」

ハイクラスなら「ああ↑~(語尾上がり)」だし、パッとしない業界なら「ああ↓…(語尾下がり)となる。結局カネかよ!と嘆かない嘆かない。相手のやり口がわかれば、こちらの受け答えが変わってくるはず。

問6 : 「男の人って、どうして~なんだろうね」と一般名詞「男」で意見を訊かれる。あるいは「もしもなんだけどね~」と仮定の話を振られる

答6 : 仮定の話や一般論といいつつアナタの性格が試されている。一番よくあるパターンは、「彼女がいるときに、タイプのコから好きですって言われたら、男の人ってどうするんだろうね?」という質問。「男」=アナタなので要注意!誠意ある回答をすべし。どうでもいい人にこのネタは振らないので、脈あり(ただし検査中)のステータス。

問7 : 「最近は忙しいの?」

答7 : 「デートに、誘って、ほしいな」

忙しい?→そうでもないよ、飲みにでも行こうか? という自然な展開へ向けたい女の子の戦略。近況伺いを装った、誘われ待ちだと判断すべし。女の子は自分からヒマだと言いたくない、聞かれて答えたい心理があるそうな。ただし、あまりヒマをアピールすると値踏みされるので、「ある程度の予定はあるが、時間をつくれなくもない」というのが正答。

問8 : 「私って、さびしがりやなんだ」

答8 : 「押せば落ちるわよ」

聞いてもいないのに「さびしがり」と申告してきたら、それは「かまってほしい」のサイン。スキを与えていただいていると解釈してもOK…なんだが、こういうオンナはたいてい粘着質で、やたら男を束縛するタイプなので気をつけろとある。

問9 : 「モテそうですね」

答9 : 「社交辞令で~す」

一見、いかにも「気がある?」と思わせるセリフだが、「手っ取り早く上機嫌にさせるためのリップサービス」だという。さらに「浮かれてモテ自慢をするような男は、後で笑いものにする」ことがある、用心用心。

問10 : 「一緒にゲームをやりたいな」

答10 : 「お持ち帰りOKよ」

マジに受け取って、ゲーム三昧させたら激怒される(たとえ表情に出さなくてもね)。あ、そこのまなめさん、女の子から「マリオカート教えてー」ときたら、「じゃあロケットスタートの特訓からね」なんて返してはダメですぞ。対戦プレイはベッドの中で!

 難易度の低いものを選んだが、どうだろうか? この後、ベッドへ近づくにつれ、レベルが飛躍的に上昇する。たとえば、

   「先にシャワー浴びていい?」

この秘密はウスウスわかっていたが、本書でもっとセキララな本音を知ることになった(もっと切迫してたのね)。あるいは、

   「もう眠い?」

この問いかけは、要するに「誘って」いるわけなんだが、知らずに眠ってしまって大目玉食らわないように。初めての交接だと、次が黄金パターンやね(茶番ともいう)。

  1. 男「一緒に寝ようよ(≠眠ろう)」と横になる
  2. 横になりつつ、女の子を一緒に引き倒して「眠くなっちゃったよー」
  3. 女「えー、もっと起きてて~」
  4. そのままsexにもつれこむ
 いちばん悲しい思いをしたのは行為後の、

   「もっと、いっぱい、したいな」

男泣きに泣いたよ、この本当の意味を知ったとき。たとえ枕詞に「よかったから」が付いていたとしても、女のホンネは残酷なもの。厳粛に受け止めよう。

 彼女たちは遠まわしに告げているんだ。ハッキリNOと言われる前に、さっさと退散しよう。OKサインは見落としがちなので気をつけよう。リアルのフラグは見えないし、選択肢がポップアップされることもない。脈アリでも頬はピンクに上気しない。

 女の子は真顔で(さりげなく)ボールを投げて寄越す。モテなモテないと嘆く前に、そのボール、見えてないんじゃないの? 彼女たちの生々しい本音に幻滅するのもアリだが、選球眼を養って、戦略を練り直すべし。

 今こそこのノウハウを結集し、おにゃのこに叩きつけて初めて真の勝利を得ることができる。この勝利こそ、討死していった男たちへの最大の慰めとなる。男子よ立て!悲しみを怒りに変えて、勃てよ男子!少子化社会は諸君等の力を欲しているのだ。

 ジーク・男子!健闘を祈る!

| | コメント (22) | トラックバック (4)

« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月13日 - 2008年1月19日 »