« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

親になったら読むべき6冊目「子どもにいちばん教えたいこと」

 子育ての目的はただひとつ、「子どもを大人にすること」だ子どもにいちばん教えたいこと

 つまり、躾や学校教育だけでなく、一人でやってくための生活スキル(料理・掃除・洗濯)も重要。さらに、困難な事象に対処するための問題解決のスキルも外せないし、なによりも人を信頼し、うまくやっていくコミュニケーションスキルは、親の責任だ。

 こんなこと言うのは、わたしに欠けている自覚があるから。親になって初めて「教育」を考えるようになった。子どもといっしょに、自分が教育しなおされている感覚。いや、もっとハッキリ言うなら、子どものおかげで、わたしが「大人」になれたんだ。

 だから、育児書を読むのは、半分以上わたしのため。今回は、小~中学生の教育に携わる人にとってかなり有用な一冊を読んだので、紹介する。

■ どんな本?

 理想の教育のひとつの形が示されている。いや、フィクションじゃない。ロサンゼルスの移民家庭の小学5年生を受け持つレイフ・エスキス教師の体験記だ。

 このクラスは、毎年シェークスピア劇を上演し、英語が第2言語である子どもたちを続々と名門大学に進学させている。文字通り、指導次第で子どもは驚くほど伸びることを実証している。

 ただし、「ティーチャー・ハック集」としてしまうと大事なものを読み落とす。実際、いくつかのノウハウは賛成しかねるし、特に「教室内ヴァーチャル通貨でお金の教育」なんてやりすぎだ。それでもオススメするのは、ノウハウの根底に「子どもを一人前にする」発想があるから。

 もちろん、教育の現場で即効くやり方も紹介されている。「暗算ウォーミングアップ」や「数タイル問題」なんて先生が知ったらすぐに使いたくなるだろう。でも、それだけじゃないんだ、わたしが子どもと一緒にやりたくなる、そんな楽しい「学び」が紹介されている。

■ どんな先生?

 著者、レイフ先生がどんな教師なのかを知るには、子どもたちとどんな関係を築いているかを知るほうがてっとりばやい。こんなエピソードがある。

去年、ある先生にひとつ質問しようとしました。そしたら、その先生は怒って言いました。「それは前にも教えたでしょう。あなたは聞いていなかったのね!」って。でも、ぼくは聞いていました!ただ、理解できなかったんです。レイフ先生は、ぼくが理解するまで、500回でも答えてくれます。
 もしある生徒が掛け算で悪い点数をとったら、それはたった一つのことを意味する。彼がまだ掛け算のスキルを理解していないということだ。だから喜んでふたたび彼に教える――そんな先生。

 あるいは、テストは温度計みたいなものだと断言する。温度を測る代わりにスキルの習得度を測る道具にすぎないと。テストの低い点数が世界の終わりではないことを子どもたちは理解する必要があると説き、そう実行している。つまり、テストは(隣の子/教室/学区ではなく)過去の自分と比較するためのモノサシとして使うのだ。

 そして、本当に大事なことは、人生のもっとも重要な問題――性格、正直さ、道徳心、寛大さなどに関する問題は、標準テストに出題されない、だからこの教室で学んでほしいと訴える。

 では、「ココロを育てる先生」なのかというと、それだけではない。子どもを学びに向かわせるユニークな手法が紹介されている。たとえば…

■ ティーチャー・ハック1 : 暗算ウォーミングアップ

 暗算ウォーミングアップは、授業のイントロダクションとして行われるゲーム。計算に強くなるだけでなく、メートル法や分数、科学、歴史、文学で用いられるさまざまな「数字」に詳しくなる。こんなカンジで進められる(生徒は、それぞれ0~9の数字が記入されたタイルを持っている)。

  「オーケー、全員、7という数字を思い浮かべて(全員考える)
   それに4をかけて(子どもたちは黙って28を思い浮かべる)
   それを倍にする(56)
   そこから50を引く(6)
   答えは?」

生徒たちは即座に6のタイルを掲げる。
この暗算ゲームのいいところは、算数に閉じないところ。

  「アメリカ合衆国の州からはじめよう(50)
   それに1ダースの数を加えて(62)
   それから最高裁判事の人数を引く(9を引いて53)
   それにフォートナイトの週の数を加える(2なので55)
   それを11で割った数は?」

全員が5を掲げる、という按配だ。このゲームの利点は、全ての子どもが参加するところ。全員が正しいと信じるタイルを掲げる。名前は呼ばないので、誰も注目されることがなく、とまどいの恐怖は消え去る。全員に答えを掲げさせることで、誰が理解し、誰が助けを必要としているか即座に分かる。

 レイフ先生は知っている。合衆国の小学校のほとんどの教室は、恐怖によって管理されていることを。問題は、多くの教師たちが教室の秩序を保ちたいと願うあまり、秩序を保つためなら何でもするところにある。なぜ著者が知っているかって? それは、同じ罠、つまり目的が手段を正当化する罠にハマったことがあるからだ…と告白している。

■ ティーチャー・ハック2 : 数タイル問題

 百聞一見、マーシーのウェブサイトをどうぞ→[ Mercy Cook Math ]要するに虫食い算なんだけれど、ミソは問題文にある。タイルが0から9しかなく、虫食いの穴は10と決めてある。つまり、同じタイルは二度と使われないというところ。訓練をつむことで、カード全体を分析することができる。

 この「暗算ウォーミングアップ」と「数タイル問題」でゲーム感覚で算数に親しむことができる――というよりもむしろ、「問題を解く」ことが非常に戦略的なゲームに感じられるはず。次の「選択肢の罠を推理する」なんて(選択式問題に悩まされた人なら)ひざを打つ授業だろう。

■ ティーチャー・ハック3 : 選択肢の罠を推理する

 レイフ先生は、黒板にこう書く。

    63
  + 28
  ―――

    A

    B

    C

    D

 そしてふり返ってこう言う。

「よろしい、みんな。これがスタンフォード9テストの問題だとしよう。みんなも知っているように、きみたちの将来の幸せや成功を決め、銀行にあずける金額も決めるテストだ(子どもたちの間から忍び笑いがもれる)。誰か答えられる人?」

 もちろん「91」と答えるだろう。だが、重要なのはここから、レイフ先生は続けてこう言い出すのだ

レイフ「たいへんよろしい。Cは91にしよう。Aにどんな数字がくるかわかる人は?」
イセル「35です」
レイフ「すばらしい!どうして35なんだい、イセル?」
イセル「足すかわりに引いてしまったときの答えだからです」
レイフ「そのとおり。Bに入る間違った数字はどうかな?」
ケビン「81です。1繰り上げるのを忘れたときの数字です」
レイフ「また正解だ」

 このクラスでは、多肢選択式テストが念入りに工夫されていることを学びとる。一つの正しい答えがあって、あとはでたらめに間違った答えが並べられていることはめったにない。問題をつくる人はどこでつまずきやすいかを予想し、そこに罠を仕掛ける。生徒たちは推理して、罠を突き止め、回避するのを楽しむのだ。

 生徒たちは20問の選択式テストを受けるとき、それを80問のテストとみなす。生徒の仕事は、20個の正しい答えと60個の間違った答えを発見すること。正解を一つ選ぶことだけでは済まされない。なぜそれを選んだのか説明を求められる。さらに、他の答えがなぜ不正解なのかをも説明しなければならない。そうすれば、生徒たちは提示されている全ての選択肢を見、考え、分析することを余儀なくされる。

■ 世界一やさしい問題解決の授業

 同名の本があるが、ありゃMECEやロジカルシンキングを学校生活にあてはめた手引書。レイフ先生の授業こそ、文字通り「世界一やさしい問題解決の授業」だろう。

 漫然と問題を出して答え合わせをするのではなく、問題を解決するプロセスのロードマップを提示し、実際に適用させている。学期の初めに生徒全員は次のロードマップを受け取り、まず「問題解決のやり方」について学ぶ。

  1. 問題を理解する
    鉛筆を置く
    関連するデータを集める

  2. 適切な戦略を選ぶ
    絵を描く
    算法を選ぶ
    予測し、チェックする
    パターンを探す
    図表をつくる
    考えをまとめて整理する
    さかのぼって考える

  3. 問題を解く
    鉛筆を持つ

  4. 分析をする
    わたしの答えは意味をなすだろうか?

 問題にぶつかったとき、生徒はどのプロセスで「問題」だと認識したのかを、このロードマップによって知り/伝えることができる。そして、このマップに立ち戻ることによって「どうすれば」次のプロセスへたどり着けるかをも見ることができる。

 「問題の解き方」を具体的に示し、適用させる教師はめったいにいない。

 生徒が問題を解くのに苦労していると、教師はしびれを切らして、「頭を使え!」と怒鳴る。頭を使え? それはいったい、どんな意味なのだろう? この命令で、いい結果にいたった人などいたのだろうか? この教師は「頭を使え」を「以前に教えた解法を適用せよ」といいたいのだろう。ロードマップでいうならばステップ2で適切な戦略を選ぶアシストが必要なことがわかる。

 いっぽう、「もう一度読んでごらん」はどうだろうか? これはふつう、生徒が勇気をふりしぼって教師に応援を頼んだときに発せられる。そして「もう一度読んでごらん」と命令されると、あまりに怖くて次のように答えられない。「あの、先生、何回も読んだのですけれど、まだ分からないのです、助けが必要です」―― ステップ1でつまずいているのだから、問題そのものの解説が必要だ。

 これをくり返すことによって、問題にどう取り組んでいけばいいかを「自分で」知ることができる。応用範囲は算数や文法にとどまらないことは指摘するまでもない。

■ わたしの学び

 ドキッとするようなこともある。いまのわたしの悩み「子どもとお金」についてだ。

 子どもに手伝いをしてもらって小遣いを与えることについて、嫁さんと意見が分かれている。嫁さんにしてみれば「家の手伝いをするのはあたりまえ。報酬として小遣いを渡すのはおかしい」という。いっぽうわたしは、「労働と報酬はリンクしていることを学ばせたい」と考える。これは「○○したからお金ちょーだい」とか、「お金をくれたら△△してあげてもいいよ」という態度を促すそうな。

 本書にはこうある。

子どもに雑用をしてもらってお小遣いをやるのはかまわない。わたしたちの資本主義のシステムはそのように動いているのだから。けれども危険なのは、正しいふるまいをしたからといって子どもに贈り物や金銭をやることである。正しい行動は望まれるものであって、報われるものではないことを、子どもに示す必要がある。
 この悩みは尽きないだろうが、「正しい行動は望まれるものであって、報われるものではないこと」はわたし自身の態度で示していきたいもんだ。つまり、「正しいからする」行動には見返りを求めてはいけないってね。

 まだある。自分の人生に満たされない思いをしている人に、次の一文は刺さるかもしれない。

からかい半分で、わたしは生徒たちによくこんなことを言う。
「きみたちはわたしのために歯をみがくのか?」
「わたしのために靴のひもを結ぶのか?」
「そんなことはバカげているのはわかるだろう?」
それなのに、多くの子どもたちは依然として教師を喜ばせることに日々を費やす。親を喜ばせたいという欲求はさらに強い。多くの子どもたちは親を満足させるような大学を選ぶ。そうした子どもたちは、成長して欲求不満の大人になり、仕事を嫌い、なぜ自分の人生がそれほどまでに満たされないのか理解できない。
 親や教師など、周りの人々を喜ばせるために自分の人生を決定してしまっているのなら、それは大きな不幸だろう。わたしがどこまで取り戻せるかわからないが、満たされない思いの何割かはここから来ていることを痛感させられる。

 スゴい先生がいるもんだ。いわゆる、セミナーや印税や顧問料で暮らしている「元教育者」ではない。毎週のように校内暴力や器物破損事件が発生し、警官の姿が絶えない荒れた学校で、奇跡のような教育を実践する小学校教師だ。

 小学生の子どもを持つ親に、ぜひ読んでほしい一冊。

 これまでの「親になったら読むべき」5冊は、以下をどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

学力低下の本当の原因

 教育の荒廃が叫ばれている。

 学校、保護者、子ども自身、そしてそれらを取り巻く環境――官僚、政治家、教育委員会、地域社会が制度疲労に陥っている。教育亡国論が喧しくとも思考停止と非難合戦、手をこまねいているばかり。教育現場は完全に活力を失っており、責任転嫁の応酬に明け暮れている。

■ 教育改革の担当者は誰か?

 象徴的な例を、いくつか挙げよう。ひとつめは、NHK世論調査(※1)だ。「教育改革の担当者は誰か?」という問いかけに対し、こんな結果が得られた。

 注目すべきは、教育のまさに現場にいるはずの「教師」と答えたのが、たった8%ということ。あまつさえ、「父母」と答えたのがわずか2%は情けない。いわゆる「お上」任せである。「教育」は政争の具に貶められ、人質化している。そして、いまどきの教師、両親は、当事者意識を完全に欠如しており、犠牲になるのは子どもたちだ。

■ 4本脚のニワトリ、絵の具でできる「きな粉」

 もうひとつの象徴は、生きるチカラを失いつつある子どもたちだ。フライドチキンとしてあれほど食べ親しんでいるにもかかわらず、絵を描かせたところ、なんと4本脚のニワトリができあがった。一人二人ではない、小学校三年生の1クラス27人のうち5人が4本脚のニワトリを描いたのである(※2)。生きていく上で基本的な何かを欠如したまま大人になるということは、そのまま日本社会の崩壊につながっている。

 フライドチキンは「料理するもの」ではなく、「買ってくるもの」になっている。子どもたちを取り巻く共同生活体が資本主義化され、弁当から惣菜まで商品化される昨今、子どもたちの現実への認識が抽象化されている。中学生とのやりとりを引こう。

   教師「これは『きな粉』よ、なにからつくる?」
   生徒「小麦粉/米/魚/絵の具の粉/じゃがいも/トウモロコシ…」
   と珍答続出である。「大豆よ」と教えると、「ダイズってなに?」と続く(※3)

 子どもたちは、つめこみとふるいわけの教育によって生きる能力を失っている。差別・選別の教育のなかで、子どもの人間的な成長と能力・学力の発達のゆがみが、できない子ども・授業についていけない子どもを大量に生み出している。

 その結果、 現実的感覚の衰弱、学習意欲の喪失と学習に対する拒絶反応、生きがいと生きる喜びの喪失、非行・自殺の増加と低年齢化など、深刻な子どもの人間性の疎外が広がっている。

 子どもは既にSOSを発信している。保健室からだ。多くの子どもたちは、保健室を学校の中で体も心もいちばん休まる、もっとも人間的な場所だととらえている。勉強がおもしろくなくて、頭が痛くなり、保健室で養護の先生と話をするのがいちばん楽しいという(※4)。

■ しつけができない親たち

 学校教育と家庭教育を混同する父母があまりにも多い。しつけの責任を全うせず、教師に代役を求める、あるいは教師がしつけるのがあたりまえという親たち。

  「先生、うちの子は食事のとき、行儀が悪くて困ります」
  「口のききかたがぞんざいなので、しかってやってください」
  「寝転がってテレビばかり見ているので、先生から叱ってやってください」

 最近の親は、先生はサラリーマン的で十分なしつけをしてくれないというが、勘違いもはなはだしい。しつけは家庭でするもの。どうして親は子どもを放っておくのだろうと言いたくなる。人の話を聞くとか、食事の仕方とか、服の着方といった基本的なしつけを教師に任せないで欲しい。これは小学四年生担任の悲痛な叫びだ。

 政府の調査報告(※5)によると、家庭のしつけは「このごろのほうがよくおこなわれている」は、わずか2割という。さらに、「昔の方がよく行われていた」4割の回答が得られている。文字通り、「昔はよかった」が現実になっている。

 核家族化が進み、経験豊かな古い世代からの子育て経験の伝達があやふやになった。また、生活空間の狭さが家庭内の人間関係を必要以上に密接・濃厚なものにした。育児に対して自信がもてない母親が両極端に走り出している。ひとつは、自信喪失なまま子どもを放置し、他に依存する「無責任ママ」。いっぽうは、しつけがなんたるかをしらず、ひたすら子どもの幸せのみを願い、学歴社会のなかで「過保護教育ママ」となる。完全放置と過干渉に、子どもたちは宙づりにされている。

■ 無脳教師が国を滅ぼす

 教師も問題がある。

 都内の私立女子高で、日直の生徒が日誌に「今日は大掃除をした」と書いたところ、担任の先生が「誤字に注意せよ、掃除ではなく、掃事だ」と指摘した教師がいる。

 また、成就を「じょうじゅ」と読んだ女生徒に対し、「せいしゅ」と読むのが正しいと言った先生は、クラスじゅうからクスクス笑われた。先生は気色ばんで「素直さがない」とその女生徒を戒め、クラスは大混乱になったという。

 教師の人格や能力とは無関係に子どもも親も従順な態度を取るため、勘違いする教師が出てくる。あたかも権威が己自身にあると勘違いをし、自己満足の塊となり、小さな権力者の座に甘んじ、横暴な振る舞いに自ら陶酔している。子どもを人質に、小さな教室の女王、あるいは王たろうとしている。

 教師が授業の事前準備をすることはない。業者が提供する、教師用指導書別冊、別名「赤本」で全てまかなえるからだ。この「赤本」は、教科書をベースに、教えるポイントが赤字で注釈されていることに由来する。

 サボリが常習化している、いわゆる「サボ教」も問題である。都内の区立中学の教師を挙げよう。つっぱりの授業妨害を制止できず、タバコも注意できず、自責の念に駆られて気力が断ち切られ、挫折感に襲われる。酒を一杯ひっかけて勢いよくとびだそう――気づくと背広にネクタイ姿で酔っ払ってふとんの上にころがっていたという(※6)。教育者の前に人間的にいかがなものかという好例である。

 その反面、教師のオーバーワークも指摘されている。一例を挙げよう。東京都港区で、生後6ヶ月の乳児をかかえる小学校の女教師が自殺した。「育児疲れでは…」と口を濁しているが、一部の母親が「規定いっぱい産休をとるような教師にうちの子を任せられない」と突き上げていた事実が明るみに出、その圧力が先生を死に追い込んだのだ(※7)。

 小学生まで巻き込んでいる受験戦争へのあせりが、トゲのある言葉となって先生の心を傷つけている――
























30~40年前の話だけどな。

 1960-1980年代の教育論を読み漁ってみた。もし今の教育が失敗しているのなら、その原因は過去にあるはずだってね。

 ところが、分かったことは、当時も今と変わり映えしないという事実。「自然との触れ合いの喪失が、衝動的な子どもを増やしている」とか、「若年の自殺の増加、残虐な犯罪を犯す若者の原因は、○○教育に尽きる」といった論ばかり。いま教育の荒廃を嘆いている連中は全滅だね。連中が「子ども」だった頃も、

    子どもたちは落ちこぼれ、疲弊し、人間性を失っており

    親は放任無視か過保護で、しつけすらできていない

    教師は無能か意欲がないか、その両方

なのだから。これが事実かどうかは別として、マスコミはこんな論調だ。どこか荒れてる所に取材してはネタ化して、だから○○はダメだ、とくる。○○にはその時代の標的――臨時教育審議会、中央教育委員会、新学習指導要領、能力主義教育――が入る。つぎは「ゆとり」かね。ちなみに、臨教審の打ち出した「ゆとり教育」に当時のマスコミは大絶賛してたことを申し添えておく。自己批判の必要すら感じない無脳っぷりは、ぜひ見習うべし。

 最近では朝日のAERAがいちばんの叩き屋だが、当時は読売新聞社会部が権勢を誇っていたね。花道からツマ弾きにされた連中が、社会正義の名を借りて、ウップン晴らしをしようとするのは、とても人間的だ。しかし、ちょっとは昔の記事を見ようよ。ホラ、常考すぎて今じゃ言う人もいなくなったけれど、ネットじゃこう言うぞ、「過去ログを読め」ってねッ

 「学力低下」の本当の原因は、「学力低下」にしたい人たちがどこにいるのかを探すことで、見えてくるんじゃぁないかと。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
年を伏せてダマすような書き方をしてゴメンナー。注釈と出典は以下のとおり。

(※1)1967年のNHK世論調査。親も教師も、40年前から変わっていないね
出典:こんな先生はヤメテしまえ(佐藤弘毅著/日新報道出版/1976) p.223
(文部省39%、政治家39%、企業11%、教師8%、父母2%)

(※2)1963の調査、ちなみに10年後もほぼ同じ結果が出たそうな
出典:子どもの学力と能力(坂元忠芳/青木書店/1976) P.209

(※3)1982年の話。ウケを狙ったんじゃないかと
出典:子どもの重荷を共に背負って(小柳恵子/日本生活教育連盟/1982)

(※4)1960後半の調査報告。この頃、「保健室登校」という言葉がなかっただけ
出典:(※2)P.83

(※5)1971年の総理府の調査。30年前
出典:(※1) P.133

(※6)1984年6月読売新聞連載レポート。昔は「おおらか」だねぇ
出典:教師追跡レポート(読売新聞社会部/読売新聞社/1984)

(※7)1979年4月13日毎日新聞。今も昔も、教師の自殺は格好の新聞ネタ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「いまどきの若者はダメだ」シリーズ、爺婆が「最近の若者は○○だ」と言い出したとき、思い出し笑いできるぞ。

最も古い「最近の若者は…」のソース
「最近の若者は本を読まない」本当の理由
近ごろの若者は当事者意識がなく、意志薄弱で逃げてばかりいて、いつまでも「お客さま」でいる件について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 うん、もちろん「オマエに都合のいいデータだけを取捨選択しているからだろ?」というツッコミは正当だ。ただし、これがマスコミの口から出た瞬間、オマエモナー と撃たれることは言うまでもないけれど。

| | コメント (15) | トラックバック (4)

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »