« カオスで懐古で「カルトな本棚」 | トップページ | この本がスゴい2008 »

疲れやすい人は「耳」を疑え

 「さいきん、疲れがたまって」はオッサンの常套句かもしれないが、そうとは限らないぞ。ちょっと革新的なことを起こしたので報告する。

 わたしの読書タイムは電車内。痛くて臭くて苦しいけれど、外部からの情報をシャットアウトして、本に集中する。むしろ、本に「逃げこんでいる」のが正解か。スゴ本に三昧してる間は、親爺の暴力的なワキガも女子高生の暖かい大臀筋も、微風ほども感じない。

 ただ、車内放送だけはいただけない。

 頭上からガナりたて、混んでいて申し訳ないとか、次の停車駅では1分ぐらい停まるとか、しようもないことをフルボリュームで強制的に聞かせる。しかも切れ目なく延々と。乗客を不愉快にさせることが目的なのであれば、かなり成功しているね。

 どうしてもガマンできないので、イヤーマフを試してみる――Peltorという工事現場用のものなんだが、 これが大正解。隣とまともに会話できないレベルが、すべてくぐもって聞こえる。完全防音ではないが、「静か」な環境を手に入れることができた。

 1週間ためした結果。まず単純に、本を読むスピードが上がった。当社比1.5倍といったところか。本に集中しているとはいえ、完全に遮断しているわけではなく、選択的にアナウンスを拾っていた。その振り向けている意識のうち、車内放送からムリヤリ引き剥がす必要がなくなったため、より集中できるようになったのだろう。

 たとえば、騒がしい雑踏でも、友人の声を選択的に聞き取ることはできる。同様に、騒音というより轟音というべき車内でも、本を読みながら必要なアナウンスを聞き取っているのは、耳からの音情報を取捨選択している。これは無意識でやっているとはいえ、かなり「耳」というかアタマを酷使していたのではないかと。わたしは、耳から入ってくる情報にあまりに無頓着だったといえる。

 それから、(こっちの方が重要なのだが)あまり疲れなくなった。「疲れ」は数値にしにくいが、症状でいうなら、肩コリが解消した、寝覚めスッキリ、肉体的などんより感覚がなくなったね。こころみに、イヤーマフを外して「音」にしばらくさらしてみたら、気づいたんだ、口のなかの血の味に。歯を食いしばるんだね、わたし。さらに、肩にえらくチカラこめていたことにも。カラダに負担かけて、「音」を拒絶していたんだね。

 数千円のイヤーマフで、これほど快適になるとは気づかなんだ。世の中にはノイズキャンセリング・ヘッドホンという素晴らしいガジェットがあるが、いかんせん手が出ない。安物もあるが、文字どおり安かろう悪かろう。スペックを見る限り、同質の環境を手にしたいなら、Boseの数万円するやつになる。フトコロに余裕がある人はどうぞ。お金かけないなら、耳栓だけでも一定の効果がみこめるかと。

 氾濫する広告からは目をそむけて、DSなりケータイみてればいいし、ひどい臭いはマスクでガードする人もいる。しかし、否応なしに耳に入ってくる「音」は盲点だった。「音」がストレスをうみ、ストレスが疲労をうむ。だから、「音」を遮断することで毎日の疲れを激減させることができるんだ。

 「疲れやすい」を自認する方は、まずご自身の「耳」を疑ってみてはいかが?

※参考になったリンク先
  イヤーマフ、耳栓比較体験記
  教えて!goo「耳栓・イヤーマフ について」


|

« カオスで懐古で「カルトな本棚」 | トップページ | この本がスゴい2008 »

コメント

PELTORのイヤーマフは私も使ってました。
職場が騒がしかった時期に集中するために購入しましたが、かなり効果ありました。集中力の持続にイヤマフは効果的ですね。
難点としては頭の締め付け感とパットのムレですが、アームを少し曲げて圧を調整したりパットに布を張ることで大体解決できました。
私はとりあえずで最高遮音性能のOptimeIIIモデルを購入しましたがDainさんのモデルは何でしょうか?

投稿: 柊 | 2008.11.26 23:36

Bilsomのイヤーマフ使ってました、主にカイシャで。
「今集中してるから話しかけるな」のアピールも出来て一石二鳥です。
柊さんと同様に圧迫感がそれなりにあるのが難点ですが、そこは馴れでカバーしました。
慣れるまでは静寂にびっくりするくらいだけど、ほんとに集中にはもってこいですね、イヤーマフ。

投稿: Dominion525 | 2008.11.27 10:59

>>柊さん

OptimeI(H510Aモデル)を購入しました。軽さを重視したのですが、ちょっと後悔しています。数十グラム重くても、防音レベルが最高のOptimeIIIにすればよかったのではないかと。


>>Dominion525さん

  > 「今集中してるから話しかけるな」のアピール

おお、そういう使い方もあるんですねー

疲労軽減のための防音でつけ始めたイヤーマフですがが、集中のための静寂ってのも、かなり重要なのかも。勉強の際に使ってみます。

投稿: Dain | 2008.11.28 02:09

OptimeIで本文程度の性能なら日常で集中に使うにはOptimeIで十分そうです。
OptimeIIIは全体的に静かになりますが物音は聞こえますのでノイズがない分余計に気になるときもあります。私の場合はイヤホンを入れてホワイトノイズなどを流すことで物音をフィルタしてましたが、それだとOptimeIでも同じでしょうし。
集中用途であればある程度の性能のイヤマフ+音楽orノイズがベストかなと。

投稿: 柊 | 2008.11.28 10:55

>>柊さん

  > ノイズがない分余計に気になるときもあります

ああ、たしかに。音が「ない」ことが不自然になって逆に気になってしまうわけですね。周囲が静かなときに、わざわざイヤマフしてみて、気がついたことがあります…こんな「静寂」は実に久しぶりなことに。心臓の鼓動が聞こえるぐらいですから。

投稿: Dain | 2008.11.29 10:49

出だしだけ読んだら、中島義道かと思った。

投稿: そふ | 2008.12.04 02:01

>>そふさん

you're kidding!

投稿: Dain | 2008.12.04 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/43236104

この記事へのトラックバック一覧です: 疲れやすい人は「耳」を疑え:

« カオスで懐古で「カルトな本棚」 | トップページ | この本がスゴい2008 »